前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(236)『苦悩のNEC、「第2の創業」か「最後のともしび」か-日経』『いよいよ本格化する中国富裕層の資本逃避』

   

速報(236)『日本のメルトダウン』
★『苦悩のNEC、「第2の創業」か「最後のともしび」か-日経』
●『いよいよ本格化する中国富裕層の資本逃避』

前坂俊之(ジャーナリスト)

 
●『苦悩のNEC、「第2の創業」か「最後のともしび」か  :日経』
http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A90889DE1EAE7E1E6E6E2E2E2E1E2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;dg=1;p=9694E0E2E2E6E0E2E3E3E3EBE7E6
 
『関本、西垣の両元社長の確執、金杉元社長の急死で自己崩壊へ』
 
F国際ビジネスマンのコメント
『リーマンショック前まで、日経を始め日本のジャーナリズムから、トヨタを始めとした自動車業界だけが日本経済を支え、電機業界は貢献度ゼロ、特に日立製作所とNECは2大元凶と糾弾されて来ました。
 
日立は、グループの金属、化成、建機を筆頭に、本体も情報グループが善戦、ここ数年の不採算部門の大リストラも奏功し、此の所立ち直りを見せている。
 
一方NECは、日本の90年代のバブル崩壊以後、ほぼ20年近く事業構造の改革、収益の回復という大命題に解答を見出せていない。通信とコンピューターの屈指の名門が何故世間の期待に応えられないのか?が本題です。
 
1)NECの成長は、あの関本社長、社長在任は1980ー1994、の時代で終わりを告げ、二代前の小林宏治氏の時、1964ー1976、がC&Cで絶頂期を迎えております。
 
2)通信機器の心臓部、交換機、NTT納入の4社(NEC、F/J、日立製作所沖 )の内トップシェアはNECで、NTTからの天下りも数百人、内需が拡大する高度成長期はNTT需要をこなすだけで大変、東芝や日立が東電を始め九電力の需要に応えるのが大変であったのと軌を一にしています。
 
景気の山谷はあってもNTTと常に運命を共にしていれば安泰、NTTの要望を最優先し、その他は後回し、余計な事はしない方が良いというカルチャーが染み付いていました。
 
3)内需の一時的な落ち込みを輸出で補う、NECも交換機、電話機、無線通信機器などで海外投資は相当な規模で実施して来たがほとんど失敗し、唯一長距離マイクロ波網のターンキー輸出で名をなした位で、富士通の光伝送機器の海外事業ほどの成功例はない、NECの海外事業は撤退の連続であった。
 
4)日本の高度成長の終焉、NTT需要の激減に直撃を受け、事業ポートフォリオの根本的な見直し、海外マーケットへの不退転の進出など事業構造、需要構造の再創造に真正面から向き合わなければならない運命であった。
 
5)この様な厳しい経営の舵取りを強いられる中で、関本、西垣の両元社長の確執、嘱望された金杉元社長の急死など、不運も重なった。
 
6)人材面では、典型的な内需型企業であり、旧来事業を取捨選択し、新事業を創造して、世界戦略を立てられる
グローバルリーダーの育成はまだできていない。 又将来性の無い事業については大胆にシガラミを絶つ必要があるが、高齢者からの反対も多いと聞く。
 
全盛時代のNECと現在では落差が余りにも大きいので、再生には多大な困難が伴うが、外部からの経営人材の起用とか、若手の集団指導体制への展開など、人事面での思い切った施策を実行し、過去とのしがらみをスピーデイに整理しなければならない。
 
http://www.nikkei.com/tech/trend/article/g=96958A90889DE1EAE7E1E6E6E2E2E2E1E2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2;dg=1;p=9694E0E2E2E6E0E2E3E3E3EBE7E6


●『いよいよ本格化する中国富裕層の資本逃避』
(2012年2月3日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34466
『遠くまで及ぶ中国政府の力:民間企業に党細胞』http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34445

●『ギリシャとユーロ:崩れゆく経済』
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34464
 

 - 現代史研究 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 日本リーダーパワー史(241)空前絶後の名将・川上操六(29)「インテリジェンス」と『ロジスティックス』

 日本リーダーパワー史(241) 空前絶後の名将・川上操六(29) 1     …

no image
日韓歴史コミュニケーションギャップの研究ー『竹島問題をめぐる』韓国側の不法占拠の抗議資料』★『竹島は日本にいつ返る、寛大ぶってはナメられる』(日本週報1954/2/25)

日韓歴史コミュニケーションギャップの研究ー 『竹島問題をめぐる』韓国側の不法占拠 …

ダウンロード (1)
★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊺★『世界史を変えた男・明石元二郎』-『日露戦争勃発。児玉から「至急、ストックホルムに行き、ロシア反体制革命家を扇動して、ポーランド人と一体となって武力闘争を起こせ」との秘密命令を受けた』★『ロシアの植民地なった周辺各民族の革命家を一堂に集めて組織、資金提供、武器援助をしてロシア革命に火をつけた奇跡の男』★『「明石一人で20万人の兵に相当する」とドイツ皇帝は驚嘆した』

 『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(192)』ー『人工知能 病名突き止め患者の命救う 国内初か | NHK』◎『近い将来、人工知能は人間の手を離れる 機械の未来を予測した哲学者が警鐘を鳴らす理由』◎『人工無脳とは何か』◎『トピック「人工知能」のまとめ324件』◎『Microsoftが人工知能でGoogleに勝てる理由とは?』

   『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(192)』 …

no image
月刊誌『公評』7月号『異文化コミュニケーションの難しさ― <『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目>➁『小保方氏は科学者か、論理的な説明がなぜできないのか』

         2015/0 …

no image
高杉晋吾レポート⑫「脱原発」「脱ダム」時代の官僚像ーー元、淀川水系流域委員長 宮本博司氏インタビュー(中)

高杉晋吾レポート⑫   ダム推進バリバリの元国交省エリート、宮本博司が …

no image
『昭和戦後史の謎』-『東京裁判』で絞首刑にされた戦犯たち」★『 勝者が敗者に執行した「死刑」の手段』

東京裁判で絞首刑にされた戦犯たち  ― 勝者が敗者に執行した「死刑」の手段― 前 …

no image
速報(115)『日本のメルトダウン』<小出裕章情報>『2,3号機の建屋内は線量高い、工程表実現は難しい』『癌死者が続出する』

  速報(115)『日本のメルトダウン』   ★<小出裕章情 …

no image
日本メルトダウン脱出法(795)「激化する日中の鉄道建設受注バトルー実は本当に欲しがっている買い手は少ない?(英FT紙)」●「これが世界の現実だ~日本の安保法制に真正面から反対する国は1つもない」●「温暖化対策で米国がまた身勝手を言いそうな理由 米国の環境対策はどんな力学で動いているのか?」

 日本メルトダウン脱出法(795) 激化する日中の鉄道建設受注バトルー実は本当に …

no image
『日本世界史』-生麦事件、薩英戦争は英国議会でどう論議されたか②ー<英国「タイムズ」の150年前の報道>

 『日本世界史(グローバル・異文化・外交コミュ二ケーション史)』 <日 …