前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<まとめ>『国難の日本史』『日本の決定的な瞬間にリーダーはどう決断、行動したのか』(ピンチはチャンスなり)

   

  <まとめ>『国難の日本史』

 

 『日本の決定的な瞬間にリーダーはどう決断、行動したか』

危機とは『危険』な『機会』のこと。

危ないチャンスである。危ないこと(ピンチ)を乗り越えれば好機(チャンス)となる。

ピンチをチャンスに変えるのがリーダーの責任である。

  

前坂 俊之(ジャーナリスト)

  

『日本史を変えた大事件前夜・組閣前夜の東條英機』

(2009/05/18)

 

 日本リーダーパワー史(139) 国難リテラシーを養う方法・
2次世界大戦敗戦とを比較する

(2011/04/08)

 

日本リーダーパワー史(152 国難リテラシー最後の首相・鈴木貫太郎、
木戸幸一、宇垣一成は敗戦をどうしたか

(2011/05/13)

 

日本リーダーパワー史(153)国難リテラシー「「すべての生物は逆境の時だけに成長する」(糸川英夫)

(2011/05/18)

 

日本リーダーパワー史(154)野球の神様・川上哲治の『常勝の秘訣』とはー「窮して変じ、変じて通ず」

(2011/05/20)

 

『池田知隆の原発事故ウオッチ』『最悪のシナリオから考えるー国難を打開するプログラムは』

(2011/05/23)

 

日本リーダーパワー史(158)『江戸を戦火から守った三舟の高橋泥舟の国難突破力-泥舟の槍・淋瑞の禅』

(2011/06/11)

 

梶原英之の政治一刀両断レポート(1)「政治の売り切れ」救うのは総選挙――『敗戦』に政治ゴタゴタはつき物

(2011/06/14)

 

日本リーダーパワー史(164)『江戸を守った山岡鉄舟の国難突破力ー『常在戦場の胆力、まず走りだしてから考えろー』

(2011/06/20)

 

速報(76)『日本のメルトダウン』<原発危機の最中(さなか)、組織を機能不全に陥れる不信感>ニューヨーク・タイムズ(6,12

(2011/06/22)

 

日本リーダーパワー史(166)『山岡鉄舟の国難突破力『金も名誉も命もいらぬ人でなければ天下の偉業は達成できぬ』

(2011/06/22)

 

日本リーダーパワー史(167)『敗軍の将・勝海舟の国難突破力『金も名誉も命もいらぬ。大バカでないと何もできんぞ』

(2011/06/24)

 

 日本リーダーパワー史(169)名将・川上操六(27)『イギリス情報部の父』ウォルシンガムと比肩する『日本インテリジェンスの父』

(2011/06/29)

 

速報(86)『日本のメルトダウン』原発安全神話 が福島原子力危機を招き寄せる時間を与えた(ニューヨークタイムズ6/26)

(2011/07/01)

 

梶原英之の政治一刀両断(3)『原発国策の果ての歴史に残る大惨事まず「国策」の座から引きずり下ろして脱原発に進むしかない』

(2011/07/04)

 

日本リーダーパワー史(194)<国難を突破した吉田茂の宰相力、リーダーシップとは・・>「首相なんて大体バカな奴がやるもんですよ。

(2011/09/22)

 

日本リーダーパワー史(

 - 現代史研究 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『百歳学入門』(211)-『日本の人口の高齢化率(65歳以上)は27.3%』★『2065年には約2.6人に1人が65歳以上、4人に1人が75歳以上』★『2015年では高齢者1人に現役世代2.3人が支え、2065年には1.3人となるが、社会機能はマヒする』

『百歳学入門』(211)- 『2018年高齢社会白書』によると、 ➀日本の総人口 …

no image
速報(468)『日本のメルトダウン』●『米軍史上、最も不人気な戦争が始まる」『世界で最も危険な韓国人、潘基文』

  速報(468)『日本のメルトダウン』   ●『 …

no image
日本リーダーパワー史(589)『陸軍工兵の父』上原勇作陸軍大臣の誕生と上原閥の形成ー明治の山県閥、大正の上原閥が陸軍を壟断(ろうだん)し、昭和陸軍の暴走の要因ともなった。

日本リーダーパワー史(589)  『陸軍工兵の父と言われる』-上原勇作陸軍大臣の …

no image
日本リーダーパワー史(468)「日中関係「第1次大戦前の英独」首相発言がダボスで波紋●「習主席の親族ら租税回避地で資産運用-英紙報道

 日本リーダーパワー史(468)   安倍積極外交の行方はど …

no image
日本メルトダウン脱出法(890)『舛添バッシングの裏に自民党・都庁職員との“政争』●『東国原英夫氏、舛添要一知事の発言を分析 「◯◯と言えば摘発されないんですよ」●『シャープ、最大7千人の削減検討 「雇用守る」鴻海一転』●『えっ、シャープ「雇用維持」ちゃうの!? 鴻海に人員削減策 (1/3)』

  日本メルトダウン脱出法(890)   ①、舛添知事の『公私混同金銭感覚!?』 …

no image
知的巨人の百歳学(141)-日本画家・奥村土牛(101歳) は「牛のあゆみ」でわが長い道を行いく』★『スーパー長寿の秘訣はクリエイティブな仕事に没頭すること』』

  『60歳から代表作を次々に出した奥村土牛』 芸術に完成はあり得ない …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(166)』『海外出張経費について、ロンドン市から返信あり!文字通り、舛添知事の豪遊とケタ違いだった』●『★小泉元首相インタビュー「原発ゼロやればできる!」「みんな安全って言ってたんだ。ほんと悔しいよ』●『多くの日本人が貧困に沈むのは、なぜなのか』

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(166)』   海 …

33333333333333
 <F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(206)> 『7年ぶりに、懐かしのアメリカを再訪,ニューヨークめぐり(5月GW)④』2階建バスツアーでマンハッタンを一周(1)(タイムズスクエアから乗車し、ロウアーマンハッタンへ向かう)★★『まさしくルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」(What a Wonderful World)だね!』

      <F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(206)> 『7年 …

no image
速報(92)『日本のメルトダウン』『原発事故処理「最終的には数十年単位」 首相が見通し,10年後に燃料取り出し>

速報(92)『日本のメルトダウン』   『原発事故処理「最終的には数十 …

no image
世界、日本メルトダウン(1018)-『トランプの政策顧問で対中強硬派と言われるピーター・ナヴァロ氏の「米中もし戦わば」(副題「戦争の地政学」を読む」●「米中戦争が起きる確率は「非常に高い」*「中華思想」のエスノセントイズム(自民族優先主義)、日中パーセプションギャップ(認識ギャップ)、コミュニケーションギャップ、歴史認識ギャップから対立がエスカレート、戦争が始まる」

世界、日本メルトダウン(1018)   トランプの政策顧問で対中強硬派 …