前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(65)』勝てない日本サッカーの原因は<ガラパゴスジャパン病>そのもの

      2015/01/01

     『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(65)』

 

●<W杯、ギリシャ戦で0-0で引き分けた日本のふがいなさ、

それ以上に未だ決勝進出のゼロに近い可能性を論議している
どうしようもない日本メディア

。厳しい現実に目をつぶって希望的な観測ばかりを伝える

お粗末な日本メディア。勝てない日本サッカーの原因は

私のブログで追及している<ガラパゴスジャパン病>

そのものなのだ。この点は後日、詳述する(前坂)

 

F氏からのコメント>

 

    お早うございます。日本の第二戦が終わりました。

    貴兄の予想通り、成果はありませんでしたね。コロンビア戦は

    ボロ負けで終わるのでは?

 

   1. それにしても、WCサッカーが地球を興奮のルツボにしています。

    オリンピックもかないません。戦争を止めさせる休戦協定の効果が

    期待できますね。日本のTV視聴率もピークで50%を越えています。

    世界平和のためにうまく活用したいものです。

 

   2. 改めて、スポーツは肉体と精神の無言の戦いであることを再認識

    させてくれます。ハイレベルでスケールアップした戦闘能力が現実に

    準備されて現場で発揮されなければ、勝利の女神は微笑んでくれま

    せん。

 

   3. 日本チームの勝利予想に関するコメントの喧しさ、一戦毎に本が

    書けるくらいです。選手も緊張を強いられる中で、インタビューに

    応えなければなりませんから、言いたくもない心境を反吐を吐く程

    言わされます。

 

    日本全体のサポーター、マスコミから勝って欲しいの大合唱、いつ

    の間にか、選手自体も 勝ちたい 〜 勝たねばならない 〜 勝

    てる と虚偽の暗示に掛かり、自己の実力の見極めやピッチ内の戦

    況の判断が上滑りになり、勝つ準備に手抜かりが有ったのではない

    でしょうか。

 

   4.   本物の修羅場で、相手と激突する中で、真の実力が出るものと改

    めて再認識しました。FIFAランク46位は正確です。

 

   5. 小生は、サッカーについては全くの素人ですが、小兵の日本人がパ

    スサッカーで勝てるには、何が必要か? 一つだけ感じた事がありま

    す。

    敵の守備体制が準備されてからでは、有効なドリブルや有効なパスを

    出すことは難しくなる、と感じました。

 

   6.  やはり、ボールを奪った後の速攻を可能にする脚力とスピードが

    無いと敵陣を崩す事は出来ないのでは?日本チームはボールを奪った

    後、常に遅攻でした。

 

    オシムが、サッカーとは90分間の脚力とスピード、と良く言い、練

    習でも選手が悲鳴を上げる程走らせていました。ザッケローニには

    これが欠けていたのではないでしょうか? 鍛え方が全く不足です。

 

    選手はチヤホヤされ続けてこの始末です。FIFAランク20位以内には

    とてもかなわいっこないという負け犬根性もどこかに有ったと思います。

 

 

●「イタリア紙がドローの日本代表を批判

 

http://www.daily.co.jp/soccer/w_cup/14w_cup/newsflash/2014/06/20/0007071595.shtml

 

 

 

●「ザック監督「勝つべき試合だった」―W杯 ギリシャ戦後監督会見http://brazil2014.yahoo.co.jp/column/detail
/201406200001-spnavi

 

●『サッカー解説者、「日本はアジアトップだが世界とは『
富士山とエベレスト』ほどの差」―中国メディア

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140620-000000
23-xinhua-cn&pos=
2

 - 現代史研究 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(304)『日韓外交衝突のルーツ』李氏朝鮮の攘夷思想で日本大使の拒絶、親書拒否で敵意を募らせ、征韓論が噴出

日本リーダーパワー史(304)   『日韓外交衝突の歴史を検証する』 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(189)記事再録/日中友好の創始者・岸田吟香伝②『 楽善堂(上海)にアジア解放の志士が集結』★『漢口楽善堂の二階の一室の壁に「我堂の目的は、東洋永遠の平和を確立し、世界人類を救済するにあり、その第一着手として支那(中国)改造を期す」と大書』

    2013/02/19 日本天才奇 …

no image
  日本メルダウン脱出法(651)「米国は中国に民主化してほしくない?」「再生エネ=最大の電力源、80%の目標に向かうドイツの戦略」など8本

    日本メルダウン脱出法(651)   「中国のAIIB …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(924)-人気記事再録『戦時下の良心のジャーナリスト・桐生悠々の戦い①』★『関東防空大演習を嗤う」を書いて信濃毎日新聞を追われる』★『以後ミニコミ雑誌『他山の石』で言論抵抗を続けた』

年1月26日記事再録  日本リーダーパワー史(33)戦時下の良心のジャ …

no image
日本リーダーパワー史(395)『尾崎行雄の「支那(中国)滅亡論」を読む(終)『清国に政治的能力なし-税関の役人はすべて外国人」

  日本リーダーパワー史(395) 日中韓150年対立・戦争 …

no image
百歳学入門(242)―『健康長寿歴史学入門」-目ざせセントナリアン(百歳人)へ、データー満載編(2008/2/27)

百歳学入門(242)― 『健康長寿歴史学入門」-目ざせセントナリアン(百歳人)へ …

no image
昭和外交史⑤ 日本の一番長い日 海軍省・軍令部 の最期

1 昭和外交史⑤ 日本の一番長い日 海軍省・軍令部 の最期 <米内海相、不退転の …

no image
日本メルダウン脱出法(636)「日本の政府債務は太平洋戦争末期に匹敵」「『安全策を取り、将来を危険にさらす欧州」など6本

日本メルダウン脱出法(636) 『本当のところ、どの程度危ないのか?日本の政府債 …

no image
『世界サッカー戦国史』④『西野サッカーはベスト16位に辛くも食い込み、さらにベルギー戦(7/3)での奮戦が期待される』★『西野監督の「名将」の証ーポーランド戦最後の15分間でコロンビアの勝利にかけた決断力(勝負勘)こそ、2次リーグへの突破を決めた名将の戦略』

『世界サッカー戦国史』④ 前坂 俊之(ジャーナリスト) 予選敗退確実とみられてい …

no image
速報(363)『日本のメルトダウン』低線量被曝の現状●市民と科学者による内部被曝者問題研究会の会見『福島のチョウの奇形』

速報(363)『日本のメルトダウン』   <3/11から1年ヵ8月―低 …