前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(142)』『女性が輝く社会・フランス、日本へのメッセージ』の感想>●「ロシア機墜落事件をエジプト政府の姿勢を糾弾」(ニューヨーク・タイムズ)

   

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(142)』

『女性が輝く社会・フランス、日本へのメッセージ』
http://m.huffpost.com/jp/entry/8504520

<F氏のコメント>
ご承知のように、ハフポストの記事は見逃せない内容が増えています。本件もこれからのインタビューの連載が非常に楽しみです。今回の登場人物に匹敵する女性は、日本には未だいないのではありませんか? ダイバシテイの思想の先頭を走っています。

リベラルの最前線を標榜して、フランスは個人、社会の在り方について実に広くて深い知的冒険を進めていますが、技術開発や経済発展の価値を重視せず?、国力では独に水を開けられています。

自然科学や経済成長の価値を重視する日独と実に対照的です。

小生は、個人的には 「オシャベリやカフェタイムを楽しみ、芸術を愛好し、労働よりバカンスを大事にするフランス人」が大好きですが、これに余り傾斜すると、国力の劣化が加速するのではと心配です。フランス人から、余計な御世話だ、と言われそうですが。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Resisting Bomb Theory, Egypt Finds Itself Increasingly Alone – The New York Times

http://www.nytimes.com/2015/11/07/world/middleeast/egypt-russian-plane-crash-investigation.html?_r=0

<F氏のコメント>

この記事は、今回のロシア機墜落事件をエジプト政府の目線でまとめ、その姿勢を糾弾しています。

私見ですが、事実の解明を拒み、因果関係を明確にしながら対策を講じて再発を防ぐという先進国の常道を尊重しない姿勢では、今後のエジプト国の再建は覚束無いのではと感じます。やはり修羅場で隠蔽するという致命的な欠陥が現れている様です。貧困国の矛盾がここでも露呈しています。

ロシア機墜落の件、英米を始め西欧は早々に、貨物室に爆薬が仕掛けられ、それが離陸後20数分で爆発した事が原因とし、ロシアも当初の否定から爆弾の可能性を容認し始めました。

ところが肝心のエジプト政府は、相変わらずこの爆弾説を終始否定し、他の要因へと世論を誘導する事に躍起になっているところです。

この記事は、ムバラク時代の航空機事故を例に引きながら、責任を決して取りたがらないエジプト政府の昔ながらの体質が今回も出来し、これを憤っています。

昨今のエジプトの通貨不安も取り上げ、ルクソールに負けない集客力のある世界的保養地シャルムエルシェイクの観光客が激減すると、特にロシア人とイギリス人という大票田が無くなると外貨収入に致命的な影響があり通貨不安を加速すると、そして観光業者の生活にも大打撃となり、これをエジプト政府は憂慮していると。

又空港保安体制の不備でテロ行為が実行されたと認めれば、エジプト政府の責任を起点に、ロシア、ロシア国民、他への巨額の賠償責任が発生して更に政府を窮地に陥れる、これを阻止しなければと考えている、と。

何れにしても、過去の例にならい、今回の事件を当初から政治的問題と捉え、事実を解明しないで有耶無耶にしてエジプトの負担を極小化したいという思惑が見え見えであるという。

墜落原因についての、エジプトと欧米の見解の亀裂は益々エジプトを孤立化させており、エジプトの斯様な姿勢は国家間の信頼を大きく損なうこととなっている、と言う。

http://www.nytimes.com/2015/11/07/world/middleeast/egypt-russian-plane-crash-investigation.html?hp&action=click&pgtype=Homepage&module=second-column-region®ion=top-news&WT.nav=top-news&_r=0 <http://www.nytimes.com/2015/11/07/world/middleeast/egypt-russian-plane-crash-investigation.html?hp&action=click&pgtype=Homepage&module=second-column-region&region=top-news&WT.nav=top

 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(162)』ー『BBCの動画では、橋の崩落現場をカメラマンが決死的に谷底まで撮影』●『石積み職人集団「穴太衆」が語る「熊本城」修復の課題とは!』●『熊本地震、トヨタが生産停止を拡大 電機も復旧に遅れ』●『100円ショップで備える命を守る20品』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(162)』   …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(102)記事再録/『明治以降、日中韓(北朝鮮)の150年にわたる対立、紛争、戦争のルーツは『朝鮮を属国化した中国」対「朝鮮を独立国と待遇した日本(当時の西欧各国)」とのパーセプション、コミュニケーションギャップの衝突である』★『 明治9年の森有礼と李鴻章の『朝鮮属国論』の外交交渉の見事なすれ違いにルーツがある』

 2017/03/16日本リーダーパワー史(780)記事転載 前坂俊之 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑱日本帝国最後の日(1945年8月15日)をめぐる攻防―終戦和平か、徹底抗戦か➂』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑱     『日本の最も長い日―日本帝国最後の日 …

無題
★5日本リーダーパワー史(778)『アジア近現代史復習問題』 小村寿太郎のインテリジェンス②ー『なぜ、日清戦争は起きたのか』●『朝鮮は日本の生命線、今ならまだ北からのロシアの侵略が朝鮮半島に伸びておらず、イギリスの南からの魔手もまだだ、問題は清国でその屋台骨は腐朽しており、将来のアジア人のアジア繁栄のためには、日清が堅く提携せねばならぬが、清国がこんなに脆弱では困る。速やかに目覚めさせる必要がある』

★5日本リーダーパワー史(778)ー 『アジア近現代史復習問題』 小村寿太郎のイ …

no image
日本メルトダウン脱出法(627)『ピケティの主張は日本経済には当てはまらない」『国の債務超過490兆円を簡単に減らす方法』

  日本メルトダウン脱出法(627) 『ピケティの主張は欧米に対して検 …

no image
日本リーダーパワー史(448)「安倍靖国外交④」日清戦争、日中戦争の経過に学び、オウンゴール・孤立外交は避けねばならぬ」

   日本リーダーパワー史(448)   …

no image
辛亥革命(1911年10月10日)百周年―日中関係逆転歴史資料②『社説一孫文氏を迎ふ』(毎日新聞)

  辛亥革命(1911年10月10日)から百周年― 逆転した今後の日中 …

no image
★5 日本メルトダウン・カウントダウンへ(897)安倍首相は消費税率引き上げを「2年半延期したい」と言明「政治家は信なくば立たず」 ★『政治が国民から信頼を失えば、国家は滅亡する」

  日本メルトダウン・カウントダウンへ(897) 安倍首相は消費税率引き上げを「 …

no image
3/11フクシマ原発事故か3年◎『土壌汚染フクシマの放射性物質のゆくえ』 中西友子・東京大学大学院教授の会見動画(90分)

   3/11フクシマ原発事故から間もなく3年 & …

1111
「老いぼれ記者魂ー青山学院春木教授事件四十五年目の結末」(早瀬圭一、幻戯書房)ー「人生の哀歓が胸迫る事件記者の傑作ノンフィクション!』

  「老いぼれ記者魂: 青山学院春木教授事件四十五年目の結末」 (早瀬 …