前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

知的巨人たちの百歳学(140)『一億総活躍社会』『超高齢社会日本』のシンボルー松下幸之助(94)『病弱だったことが成功の最大の要因です。健康だったら、 仕事も自分でやろうとして、そこそこの成功で終わっていたかもしれない』

      2015/11/12

 知的巨人たちの百歳学(140)

『一億総活躍社会』』のシンボルー松下幸之助(94)

 『病弱だったことが成功の最大の要因です。

健康だったら、仕事も自分で

やろうとして、そこそこの成功で

終わっていたかもしれない』

94歳  松下電器創業者  松下幸之助 (1894年1月27日~1989年4月27日)

松下は近代以降日本の実業家の中で、五指に入る成功者といえるだろう。

裸一貫、丁稚奉公から出発して自分の努力と才覚で、一代で日本を代表する世界的企業を築き挙げた。

松下は新聞記者から「成功の要因は何ですか」と聞かれた時、

「病弱だったこと。それが成功の最大の要因です」と語っている。

松下は、兄弟姉妹八人のなか三男の末子として生まれた

。病弱の家系で、松下自身生まれつき病弱で、子供の頃、父親が米相場で失敗して財産を失い、貧乏のどん底にあった。

一年ほどの間に兄二人、長姉も相次いで死亡。しばらくして残った姉二人も亡くなった。

幸之助も血痰を出し、結核で寝たっきりで医者の手が離れることがなかった。

こうした状態で松下自身は30,40代まで生きられまいと覚悟した。

病弱の身体では安定して勤務できないため、18歳で電灯会社を辞めて独立して商売を始めた。

健康に不安があったので、四十歳代まで養生しながら働き、人に仕事を頼る、任せざるを得なかった。

「人間万事塞翁が馬」

それがまた松下の成功を導く大きな要因になった。仕事を遂行するために、彼は「人を使う、人を育てる、人を生かす」

ことにすべての神経を集中し、それを経営の根本においた。人に任せて、どんどん仕事をやって

もらう人使いの名人となり、松下自身は経営に徹したのである。、

「病弱だったことが、今日の松下をつくったと思います。

もし、私がもし健康だったら、仕事もすべて自分で

やろうとして、そこそこの成功で終わって

いたかもしれない」と語っている。

  • 『病弱と寿命は別。弱い人は弱いなりに、順応した生活態度

  • をとるならば、頑強な人とは違った形で十分な

  • 社会活動もできますし、寿命を保てます

「身体と病気を大事に扱い、病気とも上手に付き合っていく」という松下のやり方は五〇歳頃まで続くが、無我夢中で働くなかで、だんだん健康、元気になってきた。

60歳の頃、易者に手相を見てもらったところ、長命の相ありといわれ元気百倍、彫刻家・平櫛田中の

「今やらねばいつ出来る、おれがやらねば誰がやる」に感激して、長生きに挑戦しようと決意した。

松下の健康長寿観は

  • 人間の寿命は九〇%が天寿で、残り一〇%は人寿。平生からの努力が必要。
  • 病弱だったら病弱なりに、天からの試練、修錬の場を与えてくれたと感謝して最善の努力をする。病弱は健康な人では思いつかない仕事や考え方に気づかせてくれる。
  • 病気と仲よくつき合う。病気を恐れて遠ざけていれば、あとから追いかけくる。反対に病気と仲よくすれば病気の方からが逃げていく。
  • 病気になったら、死ねば死ねと腹を固めて、残された人生を精一杯生きる。

晩年の松下は、松下病院の中に設けられた社宅から会社に通う、病院での下宿暮らしのような生活であった。

病院では規則正しい生活を送り、唯一の楽しみは晩酌。好きなお酒を毎晩小瓶に半分ほど飲んでいたが、

うれしい時は一本に増えた。

85歳のとき、インタビューに「特別の健康法はしていない。私は小さい頃から病弱な体質だったので、

健康には人一倍苦労しました。そこから得たことは、“病気を

恐れずに、病気を大事にしてきた”こと。

よわい身体を丈夫にしようとは考えずに、よわい身体のままに何とか健康を維持していこうと考えました。

一種の諦め、一病息災が、健康長寿、一病長寿につながったと思っています」と答えている。

 - 健康長寿 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
記事再録/ 百歳学入門(83)ー「少子超高齢社会」は「青少年残酷・老害社会」にしてはいけないー横井也有の<250年前の江戸の老人8歌仙と老害>で自戒する

 2013/10/15/ 百歳学入門(83)   …

no image
『オンライン講座/百歳学入門(54)』★『玄米食提唱の東大教授・二木謙三(93歳)の長寿法『1日玄米、菜食、1食のみで、食はねば、人間は長生きする』★『二木謙三博士の健康十訓ー①食べること少なくし、噛むことを多くせよ。②怒ること少なくし、笑うことを多くせよ③言うこと少なくし、行うことを多くせよ④取ること少なくし、与えることを多くせよ⑤責めること少なくし、ほめることを多くせよ 』

  2012/11/05    …

no image
「少子超高齢社会」は「青少年残酷・老害社会」ー横井也有の<江戸の老人8歌仙と老害>で自戒する

 百歳学入門(83)   ▼「江戸の老人8歌仙と老害」 &n …

no image
人気リクエスト記事再録『百歳学入門(204)』★『日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」・カゴメの創業者蟹江一太郎(96歳)の長寿健康・経営訓10ヵ条』

人気リクエスト記事再録『百歳学入門(204)』   百歳学入門(70) …

no image
百歳学入門(183)-現在、65歳以上の人は「2人に一人が90歳以上まで生きる時代」★『義母(90歳)の『ピンコロ人生』を見ていると、「老婆(ローマ)は1日にしてならず」「継続は力なり」「老いて学べば死しても朽ちず」の見事な実践と思う。

 百歳学入門(183) 老いて学べば、死しても朽ちず(佐藤一斎)   今年の「敬 …

no image
日本メルダウン脱出法(665)「歴史的機会逃す」など安倍首相の演説の韓中米メディアの報道」●「時代は「80日間世界一周」から80時間世界一周へ」など6本

  日本メルダウン脱出法(665) 「歴史的機会逃す」「終戦70年のしるし」安倍 …

no image
日本メルトダウン(957)『討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向』●『「日本のせいで巨額の金を失った」とトランプ氏、ヒラリー氏と初の直接対決で日米安保に言及』●『戦略なき日本の「お粗末」広報外交』●『安倍首相の呼びかけで自民議員が一斉に起立・拍手 「北朝鮮か中国」と小沢一郎氏が批判』●『東大、またアジア首位逃す 世界大学ランキング』

   日本メルトダウン(957)   討論初戦はヒラリー圧勝、それでも …

2-ひじきのやま
『リーダーシップの日本近現代史』(334)-『地球環境異変はますます深刻化」★『豊穣の鎌倉海も海生物が激減、魚クンたちは逃げ出してしまったよ』●『米離脱後のパリ会議の行方はどうなる』

  2017/12/27 「湘南海山ぶらぶら日記」記事再録 …

no image
知的巨人の百歳学(129)ー大宰相・吉田茂(89歳)の政治健康法②「こんな面白くない<商売>をしていて、酒やタバコをとめられるか」

記事再録2013/11/05 /百歳学入門(84) 大宰相・吉田茂(89歳)の晩 …

no image
知的巨人の百歳学(144)ー「玄米食提唱の東大教授・二木謙三(93歳)の長寿法『1日玄米、菜食、1食。食はねば、人間は長生きする』

    2015/03/28/百歳学入門(54)記 …