前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『サバつりバカ日記』―鎌倉沖で雨にうたれてカヌーフィッシング! サバもイワシもこず、大海に降りしきる雨の波紋を1人楽しむ、

   

『サバつりバカ日記』―鎌倉沖で雨にうたれてカヌーフィッシング!
 
サバもイワシもこず、大海に降りしきる雨音、海面での丸い雨の波紋を1人楽しむ、芭蕉の心境じゃ
前坂俊之(カヌー釣りバカ30年)
 
 
5月23日(日)西日本では大雨・集中豪雨、関東も朝から雨の天気予報。

鎌倉も今にも降ってきそうな雨雲、それでも午前5時半から、『カヌー釣りバカコンビ』の川越さんと各1人の乗りカヌーで鎌倉材木座海岸からこぎ出したよ。

1週間、田舎に帰っていたので、海が呼んでいる、腕がムズムズ無性に出たくなったのよ。

 
それに大枚3万円もはたいて水中3メートルまで大丈夫な防水、オリンパスの水中デジタルカメラを買ったのじゃ。

毎回、カヌーフィッシングを写真ライブでいくぜ。!

ポイントはいつもより少し沖目。小坪沖合500メートル、水深18メートル。

シコイワシを追っかけてのサバ、アジ、スズキの回遊魚の水中大運動会の会場はこのあたり、早速第1投のサビキにイワシのパレード、底をイワシを引きずってヒラメをねらうがこれも不発。

そのうち、雨がポツリポツリ。

 
無風で全くフラットな海面に雨が落ちて丸い小さなクレーター上の波紋を描く。

ポツポツ、ザッーという静かな雨音だけが耳に響く。大海に浮かべた小舟に揺られて、静寂の中でじっと雨音と、100円ショップで買ってきたカッパにも雨音、雨だれがだんだん激しくなってくるのじゃ。

 
カヌーでもやっていないと、雨に全身をうたれ、見渡す限りの海一面が雨一色の世界などわからんじゃろう、

「海、雨は楽しい」「素晴らしい」-と大声で叫んだのじゃ。

釣りなどどうでもよい、顔を打つ雨の感触を楽しむ、これぞ自然のコミュニケーションじゃね。

 
魚はピタッと来ない。

先週は大運動会中のイワシもどこえやら。キスの竿にはぼつぼつキスやホウボウが久しぶりにきた。もっと沖合に移動してサバをねらうことにする。先週も結構大きいサバがきたしな。遊漁船などは、サバなどバカにして対象魚にしていないが、

細いキス竿でのサバを釣った時の折れんばかりの激しい突っ込み引きはカヌーフィッシングで一度でも体験すると病みつきになるよ、ホント!。てなわけで1キロばかり沖合に移動して、流し釣りを始めると、

竿がピクピクーグッーと大きく曲がるぞ。やっとおいでなすったね。あがったのは30センチほどのまあまあの型。すぐナイフで頭を落としはらわたをぬいて、クーラーに入れる。これがコツじゃ。

 

 
 
こうすれば鮮度は抜群、しめサバではない普通のサバの刺身でも、サバ茶づけにしてもこんなに旨いんのないね、やってみなはれ。
 
オモリ(20号)で底まで(25m)落とし、思い切りしゃくってコマセをまいて、上に上に探ってくると途中でククッーと一息置いて、ググッーと引く。合わせて巻くと型がそろったやつが4匹連続で来る。しかし、これだけじゃ、あとは沈黙と雨の世界。
 
「古池や蛙飛びこむ水の音」ならぬ、「大海にひとり竿さし、雨を楽しむ」の心境じゃったな。
 
10時納竿。サバ4匹、キス、ホウボウのみ、釣れてよし、釣れなくてなおよし、
雨の全身、全海のシャワーで、命あらわれ蘇るの心境じゃ、ありがとう。

 

 
 

 - 湘南海山ぶらぶら日記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<『鎌倉材木座Wサーフィン(11/28)ー冬のサーフィンこそアドベンチャーだよ。 体も心も勇気凛凛、超気持ちイイ!

 ★<サーファーズパラダイスKamakura> ◎『鎌倉材木座Wサーフィン(11 …

FullSizeRender[1]
『F国際ビジネスマンのカメラ・ウオッチ(94)』3/30日、満開初日の上野公園、弁天島を抜けて石段を上り、桜の回廊に。TV各局は桜中継の準備中➁

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(94)』   3/3 …

4444444444
★10 『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(168)』『オーストリア・ウイーンぶらぶら散歩➁』郊外の「ハイリゲンシュタット(Heiligenstadt)」で ベートーヴェンを偲ぶ。

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(168)』 『オーストリア・ウ …

IMG_0288
MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(6)』「フィレンチェぶらり、ふらり散歩(4/19-4/28)「ミケランジェロ広場からフィレンチェ市街を一望」

『MF・ワールド・カメラ・ウオッチ(6)』 「フィレンチェぶらり、ふらり散歩(4 …

no image
『Youtube鎌倉絶景チャンネル』>『鎌倉・奇跡の森『獅子舞』『紅葉谷』の紅葉のすべてー(12月8日現在)』

  『Youtube鎌倉絶景チャンネル』> 『鎌倉・奇跡の森『獅子舞』 …

no image
日本初公開ー百円傘の風力で「パドボフィッシング」(7/29)ー「魔女の宅急便」ならぬ「超(釣)人たちの「カサフィッシング」

   ★★『鎌倉カヤック釣りバカ日記』(7/29) …

no image
『Summer Time in KAMAKURA SEA』=<いよいよ夏よ、海よ!Zaimokuza Beachのシーズンじゃ>

『Summer Time in KAMAKURA SEA』=<いよいよ夏、海よ! …

no image
『鎌倉桜絶景チャンネル』『鎌倉花の寺、桜だより毎日中継(3/21)』覚園寺、源頼朝の墓、段葛、鶴岡八幡宮、台湾リス

『鎌倉桜絶景チャンネル』 『鎌倉花の寺、桜だより毎日中継(3/21)』 ☆『覚園 …

no image
『鎌倉・安らぎ・癒しチャンネル』ー『800年前の鎌倉時代の面影を残す<奇跡>の散歩道―朝比奈切通のせせらぎ、落葉の古道』

『鎌倉・安らぎ・癒しチャンネル』   『800年前の鎌倉時代の面影を残 …

no image
=『Severe winter in KAMAKURA SEA』と『老人の海』=『ラッキー!大カサゴのお出ましじゃ』

=『Severe winter in KAMAKURA SEA』と『老人と海』= …