前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★『明治裏面史』/ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー, リスク管理 ,インテリジェンス(52)『宇都宮太郎は、思想的には大アジア主義を唱えていた。』★『孫文や黄興ら中国革命家たちを支援した犬養木堂、頭山満ら玄洋社の支援グループの一人だった』★『『辛亥革命百年の真実』『孫文を助けた大アジア主義者・犬養毅らの熱血支援』

      2017/08/18

                                 ★『明治裏面史』/

『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,

リスク管理 ,インテリジェンス(52)

 以下は宇都宮徳馬『暴民損民」徳間書店(1984年)より

 宇都宮太郎は、思想的には大アジア主義を唱えていた。それは、封建的なアジアの保存ではなく、アジア諸国の近代化によって、ヨーロッパの露骨な侵略を阻止しょうというところに眼目があった。

日本は明治維新によって近代化の道を歩み出し、列強による植民地化をまぬがれたが、中国は不幸にして半植民地と化し、なおも封建的な清朝の支配下におかれて、民衆はもがき苦しんでいた。

日本の明治維新以後の発展に強く影響を受けた人びとが、封建的な後進性の打破と列強の分割からの独立、国民的な統一をめざして闘っていた。これらの人びとと相携えて、アジア諸国の近代化と繁栄を築こうというのが父の考え方だった。

 明治25年9月、宇都宮は参謀本部付となったのは31歳のときである。この時、最初の意見書を彼が尊敬していた川上操六参謀次長に提出している。その後、大アジア主義者として日清英同盟を模索するようになる彼の思想的萌芽、国家戦略がその中に見える。

『意見書をの内容はロシアを隣国とする日本は「専守的防禦」で国を支えることは不可能であり、あくまで「進取的国是」のもとに「攻勢的防禦」を採らねばならないと説いた。人口密度の高さからも版図拡張は避けられず、今後、清国ならびにイギリスと同盟して、シベリア鉄道の完成前にロシアと開戦するべきだと提議した。川上次長らはこの論説を高く評価したという。のちに宇都宮が第二部長となったとき、日英同盟に清国を加えて東アジアを安定させようという構想の祖形として、この意見書に『昔時之夢』と題を付けて徳富猪一郎などに見せている。』(「日本陸軍とアジア政策―陸軍大将宇都宮太郎日記①」(宇都宮太郎関係資料研究会編、岩波書店、2007年刊 5P

 こうした発想から、父は中国革命と革命家たちに対して、当初から深い関心を抱いていた。ロンドンで三民主義の構想を練った孫文が、カナダを経て来日したのは、明治三十年八月のことだった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%AB%E6%96%87

 父と孫文、黄興

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E8%88%88

との交渉がいつ始まったかについて、詳らかにすることはできないが、孫文が明治三十八年にふたたび来日して、中国革命同盟会

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%90%8C%E7%9B%9F%E4%BC%9A

日本リーダーパワー史(203)『辛亥革命100年』・今後の日中関係のヒント②日本最大の革命家・宮崎兄弟はスゴイ!

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2835.html

坂本金弥邸宅で『中国革命同盟会』成立大会を開催す

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3293.html

を結成した頃は、まだロンドンの駐在武官だった。

ーーーーーーーーーーーーーーー

しかも、それ以前から孫文や黄興らとの交渉があったことを考え合わせると、私の父も明治三十年の当時、すでに革命家たちの支援グループの一人だったものと思われる。

また孫文らの国民革命派に対して深い共感を抱き、物心両面の援助を惜しまなかった犬養毅(木堂)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC%E9%A4%8A%E6%AF%85

や根津一

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%B9%E6%B4%A5%E4%B8%80

らと、父は終生、肝胆相照す仲だった。

日本リーダーパワー史(175)『辛亥革命百年の真実』『孫文を助けた大アジア主義者・犬養毅らの熱血支援』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3009.html

日本リーダーパワー史(204)『辛亥革命100年』・今後の日中関係を考える③『日本は西洋覇道より,東洋王道を目ざせ』ー孫文の遺言「大アジア主義」演説全文

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/2833.html

<世界が尊敬した日本人『アジアの共存共栄を目指した犬養毅』―パールバックはガンジーらとともに高く評価し

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/1747.html

【紙面シリーズセミナー】 辛亥革命から100年 孫文を助けた岡山県人たち  前坂俊之氏 (山陽新聞掲載)http://ashitari.jp/seminar.php?id=7

 

 明治四十四年に辛亥革命が起こって清朝が倒れ、孫文が臨時大統領に就任した頃、父は参謀本部第二部長として中国問題を担当していた。孫文らの南方革命派に有利な政策を推進しようとして、長州閥の清朝保護政策と鋭く対立したが、これは正論であった。

辛亥革命に対しては、国民の間でも、新聞界、実業界を含めて、元老山県有朋らの革命に干渉して清朝を保護しょうとする政府の政策を批判し、革命派に対する援助を叫ぶ気運が大いに起こったのである。

陸軍内部においても、その間の事情は同じであったらしい。私は父のような南方派と、長州閥主流派の北方派という二つの流派が、かなりはっきりした形で存在していたことを、後年、本庄繁(元大将)から聞かされた。

 もしも当時、日本に民主主義政党政治が確立していたならば、山県らの長州軍閥を中心とする官僚勢力の清朝保護政策を粉砕し得たことだろう。

この長州軍閥主流派の清朝保護政策、衰世凱擁護政策をみて、孫文に代表される中国の国民革命勢力は日本に背を向け、ロシア革命に関心を示すにいたった。山県の思想は、同じ長州閥の田中義一(元大将)に受けつがれ、済南事件など一連の諸事件を起こして、「若き中国」を末長く敵に回してしまった。

かくして清洲国を樹立し、清朝の廃帝を皇帝とし、中国本土を侵略するような、時代に逆行する馬鹿げたことになってしまった

しかし明治から大正初期にかけての日本のアジア政策は、ロシアのロマノフ王朝専制国家の危険な侵略政策に対抗した点においても、また日本の立憲政治が、アジアの近代化の希望であった点からも、充分に前向きであったことを、現在の日本人は思い起こす必要がある。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(2)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』②「ペリー黒船来航情報を無視、無策で徳川幕府崩壊へ②「オランダからの来航予告に対応せず、猜疑心と怯惰のため時間を無駄にすごした」【勝海舟)

    2015/11/19 &nbsp …

no image
速報(253)★『原発民間事故調報告書まとまる。これを見て<原子村>ではなく<ガラパゴス原子国家日本の悲劇>を考える

速報(253)『日本のメルトダウン』   ★『原発民間事故調報告書まと …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(64)』松山英樹の「ゴルフ米ツアー優勝」のNYT, USA TODAY, BBCの報道は>

       『F国 …

『オンライン講座/独学/独創力/創造力の研究③』★『「鎖につながれた知の巨人」南方熊楠の全貌がやっと明らかに。今こそ地球環境問題/エコロジー思想の元祖・南方熊楠に学ぼう(下)

  前坂 俊之(静岡県立大学名誉教授)   ●[宮武外骨と奇 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(72)「新聞界一致で「米英撃滅国民大会」開催」「米英撃滅・屠れ米英、我等の敵・進め一億火の玉だ」

 終戦70年・日本敗戦史(72)  大東亜戦争開戦の「朝日, …

no image
日本リーダーパワー史(344) まとめ 『日本最強のリーダーシップー西郷隆盛』はどこが偉かったのか』

日本リーダーパワー史(344)     まとめ&n …

no image
 日本リーダーパワー史(813)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉘『戦争は外交の1手段で、外交交渉が失敗した場合に戦争に発展する』★『日露戦争はこのケースで、日本側はなんとか外交で、日本が朝鮮を、満州はロシアに任せる「満韓分割論」を主張、ロシアは「満韓全面論」を譲らず、戦争に発展した』

   日本リーダーパワー史(813)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利 …

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ ウオッチ(232)』★『イスラエル探訪、エレサレムの旧市街の迷路を歩く』★『発掘されたエルサレム 各統治年代によって重層化した地盤』★『究極の聖地周辺は今も大規模な発掘が進行中』★『呼び込みの激しいバザール』

『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ ウオッチ(232)』 ハイファからテル …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑨ 1902(明治35)年2月24日 1902年3月26日『ノース・チヤイナ・ヘラルド』 『朝鮮と日英同盟』ー『1000年の長い眠りをむさぼっていた朝鮮』★『朝鮮が思考や理性に従って試みることは, すべて全くの狂気にほかならない』●『今の北朝鮮の狂気の行動形式を100年前にズバリと指摘している』

   ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響は」⑨  190 …

今年の日本エッセイスト・クラブ賞の『チェリー・イングラム 日本の桜を救ったイギリス人』の著者・ジャーナリスト 阿部菜穂子氏が6月28日、日本記者クラブで自著を語る。(動画90分)

  ★<ジャーナリスト 阿部菜穂子氏 著者と語る『チェリー・ イングラ …