前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン/ベンチャービジネス講座』★『日本一の戦略的経営者・出光佐三(95歳)の長寿逆転突破力、独創力はスゴイよ④』★ 『国難に対してトップリーダーの明確な態度とは・・』★『終戦の『玉音を拝してー➀愚痴を止めよ。愚痴は泣き声である②三千年の歴史を見直せ➂そして今から建設にかかれ』★『人間尊重の出光は終戦であわてて首切りなどしない。千人が乞食になるなら、私もなる。一人たりとも首を切らない」と宣言』

      2021/12/27

 

  • 国難に対してトップリーダーはいかにあるべきか

1945年(昭和20)8月15日に歴史は大転換した。日本歴史上は始まって以来という敗戦、国難に見舞われ、出光は莫大な海外資産を一挙に失い、国内の石油精製施設、タンカー、港湾施設もほ破壊された。この時、出光は還暦60歳。 長年血みどろの苦労を重ねて築き上げてきたす財産も事業も従業員も失ない、二百六十五万円の借金が残された。

敗戦で社会は大混乱に陥り、日本政府も政治家も軍人も官僚も国民のほとんどが茫然自失、意気阻喪した。将来の見通しや、生活再建の方法など五里霧中のなかで、出光ただ1人といってよいくらい、終戦2日後の8月17日に次のような意気天をつく訓示を行っています。

  • 終戦『玉音を拝して』

この文章は『わが60年間第1巻』(非売品、社内用,昭和56年)に全文掲載されています。私(筆者)これを読んだ瞬間、へきへキするほどの天皇崇拝者、愛国主義者ながらその底に流れる一貫したヒューマニズム(人類愛)と人権尊重、公共精神と、満々たる自信と勇気、そのインテリジェンス(先見力)に感動しました。第4章で取り上げた渋沢栄一に共通する「道徳経済合一主義」と「公益資本主義」を100年前にすでに実践した先駆者ではないかと思いました。

この文章は明治生まれの旧漢字調の難解な文体ですが、当時の戦争中の大人がどのような意識であったのかがよくわかるので、ほぼ原文のまま掲載いたしました。

 

「15日畏(おそ)れおおくも玉音(昭和天皇の言葉)を拝し、御詔勅(ごしょうちょく、天皇の意思表示)を賜はり涙の止まるを知らず、言い表すべき通常なる言葉を持ち合せませぬ。私はこの際、店員諸君に3つの事を申上げます。

➀愚痴を止めよ。愚痴は泣き声である。亡国の声である。断じて男子のとらざる所である。ただ昨日までの敵の長所を研究し取入れ、己れの短所を猛省し、総てをシツカリと腹の中にたたみ込んで大国民の態度を失うな。

②世界無比の三千年の歴史を見直せ。三千年の歴史を見直してその偉大なる積極的国民性と広大無限の抱擁力と恐るべき咀嚼力(そしゃく)とを強く信じ、安心してゆうようせまらず堂々として再建設に進まねばならぬ。

➂そして今から建設にかかれ。しかしながら、焼け野が原におけるドン底生活、さらに加わわる新たなる負担、突破せねばならぬ建設の苦しみ、これらにたえ得るかの不安である。私は創業2、30年前、人生はかくも苦しいものか、死ななければこの苦しみより逃れる事はできないと苦しみ続けた。連続した苦しみは私を今日にしておる」

「艱難(かんなん)汝を玉にす」。苦労はつとめめてせよとは、店是であり私の座右銘。こん後の苦労が国家の前途に大なる結果をもたらすことになるならば我々はいかなる苦しみも堪(たえ)忍ばねばならぬ。

出光は、終戦の二日後に不安と途方にくれる従業員に対して「愚痴をいうな。世界無比の3千年の歴史を見直せ。そして今から建設にかかれ。」と高らかに宣言、聞いた従業員さえ驚くような意気軒昂ぶりでした。

  • 「人間尊重で、一人たりとも首を切らない」

  • 1945年9月からは中国や海外から約800人もの社員と家族がぞくぞくと引き揚げてきた。

  • 焼け野原と廃墟に化した国内は大混乱と食糧難のどん底で社会には失業者があふれ、出光にも仕事は全くなかった。

  • 9月15日には、「人間尊重の出光は終戦であわてて首切りなどしない。千人が乞食になるなら、私もなる。一人たりとも首を切らない」と宣言した。

  • 社員への月給は、戦前戦中に買い集めた書画骨董類を売ったり、借りられるところから借りられるだけ借りて社員の月給を出し続けた。

  • 目がますます見えなくなる中で、出光は足を棒にして仕事探しに奔走した。当時800万台あったラジオの3分の2は、使いものにならなかったが、GHQの依頼でラジオ修理を始め、旧海軍の山口県徳山燃料タンク(高さ10m)の底油の危険な回収作業にも命がけで取り組んだ。印刷、農業、水産、醗酵などあらゆる分野に参入して再建の足がかりをつかんでいった。

 - 人物研究, 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

インバウンド ジャパン2017(東京ビッグサイト7/19)ー『日本旅行者向けの人気TV番組「東京印象」(ソフトバンククラウド)★『『越境Go!』(越境ECに必要なすべてをワンストップで提供)』★『台湾・香港向けの楽吃購(ラーチ―ゴー)で越境ECできます』

日本の最先端技術『見える化』チャンネル インバウンド ジャパン2017(東京ビッ …

no image
日本メルトダウンの脱出法(553)【オピニオン】日本の防衛政策のシフトは限定的『世界で高まる地政学リスク、米軍には「疲れの色」

 日本メルトダウンの脱出法(553)    ●【オ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(254)/『国葬にされた人びと』(元老たちの葬儀)『伊藤博文、大山厳、山県有朋、松方正義、東郷平八郎、西園寺公望、山本五十六、吉田茂の国葬はどのように行われたか』

    2018/01/26 &nbsp …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑨ 「独フランクフルター・ツアイトゥング」(1907(明治40)年7月24日付>『韓国のハーグ事件と皇帝の退位』

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙が報道した「日韓併合への道』 …

陸羯南の日清戦争論⑤日清、日露戦争の原因は『韓国は中国の属国にあらず』

  陸羯南(くがかつなん)の日清戦争論⑤ 韓国問題が日清、日露戦争の原因―明治初 …

no image
日本リーダーパワー史(788)「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス⑤』★『日本史の決定的瞬間』★『撤退期限を無視して満州からさらに北韓に侵攻した傍若無人のロシアに対し東大7博士が早期開戦論を主張(七博士建白書事件)』★『七博士建議書の全文掲載』●『現在日本を取り巻く地域紛争の激化―北朝鮮・中国の軍事エスカレーションと比較しながら、この提言を読む』

 日本リーダーパワー史(788) 「国難日本史の復習問題」 「日清、日露戦争に勝 …

「終戦70 年」ージャーナリスト高杉晋吾氏が「植民地満州国の敗戦地獄」の少年体験を語る(3/3)

「終戦70 年」歴史ジャーナリズム)ージャーナリスト高杉晋吾氏が 「植民地満州国 …

no image
速報(420)日本のメルトダウン●『「あれだけやっても傍流だった」元ドコモ夏野氏』●『安倍首相、近隣諸国の神経を逆なで』

 速報(420)日本のメルトダウン   ●『「あれだけやって …

no image
『日米戦争の敗北を予言した反軍大佐/水野広徳③』-『その後半生は軍事評論家、ジャーナリストとして「日米戦わば、日本は必ず敗れる」と日米非戦論を主張、軍縮を、軍部大臣開放論を唱えるた』★『太平洋戦争中は執筆禁止、疎開、1945年10月に71歳で死亡』★『世にこびず人におもねらず、我は、わが正しと思ふ道を歩まん』

日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳③  &nb …

『リーダーシップの日本近現代史』(207)記事転載/ーお笑い日本文学史『文芸春秋編」①ー直木三十五『芸術は短く、貧乏は長し』 と詠んで『直木賞』に名を残す』●『菊池寛・文壇の大御所を生んだのは盗まれたマントだった。

 2016/02/13 /10お笑い日本文学史『文芸春秋編」 …