前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『オンライン60/70歳講座/渋沢栄一(91)の見事な臨終の言葉』★『日中民間外交/水害救援援助に 尽力したが、満州事変の勃発(1931年9月)で国民政府は拒否した』★『最期の言葉/長いあいだお世話になりました。私は100歳までも生きて働きたいと思っておりましたが、今度はもう起ち上がれそうもありません。私は死んだあとも皆さまのご事業やご健康をお守りするつもりでおりますので、どうか今後とも他人行儀にはしないようお願い申します』

   

百歳学入門(234回)

「近代日本建国の父」渋沢栄一の名言②

  • 1931年(昭和6)夏、未曽有の大水害に襲われた中国

  • 1931年(昭和6)夏、中国各地は異常な長雨に見舞われ、7月には揚子江をはじめ黄河・珠江・松花江などの大河が一斉に決壊、未曽有の大水害となった。

  • とくに揚子江沿岸の洪水は80年来といわれ、日本全国とおなじ面積が水没した。被害人口の推定は3400万人、被害家屋400万軒、中国全土の耕地面積の27%が冠水した。日本では東京商工会議所が中心となって、8月24日「中華民国水災同情会」(渋沢栄一会長)を設立した。同情会は大々的な募金キャンペーンを展開するため、渋沢がJOAK(今のNHK)のラジオを通じて全国に呼びかけることになった。

  • 91歳の渋沢はこの時、気分のすぐれない日が多く、ひきこもりがちで、自宅を一歩も出ないで静養につとめていた。しかし、9月6日、JOAKは機材を運び込んで自宅から放送をすることになった。同日6時30分、放送は始まり、周囲の心配をよそに、渋沢の声はしっかりして、歯切れもよかった。放送はたいへん好評で放送を聞いて感動した人々から多くの募金が集まった。

  • 同情会は、集まった金で大量の救援物資を買い、「天城丸」をチャーターして現地に向かった。上海入港は9月20日、翌日出港して揚子江を遡河し、被害の中心地である武漢に向かう予定だった。

  • 救援物資満載のチャーター船「天城丸」が到着寸前に、満州事変が勃発。

ところが、ここで予想外の大事件が起きた。9月18日、関東軍が中国の奉天郊外で謀略によって満鉄を爆破したいわゆる満州事変が起きた。蒋介石を中心とする国民党の革命が満州に波及しないうちに日本の権益を確保する関東軍の暴走だった。この満州事変によって日本は二度とあと戻りできない滅亡への道に一歩を踏みだしてしまった。

国民政府は厳重な抗議の表明し、天城丸積載の救援物資は受け取りを拒否した。日本側は「この救援物資は一般国民の純粋な友情に発したもので、軍の政策とは関係のないので、まげて受け取ってもらいたい」と強く交渉したが、中国側は、「自分たちが未曽有の災害に苦しんでいるのをしり目に、関東軍が攻撃してきた」と激怒して受け取らなかった。

「同情会」本部はやむを得ず、天城丸を門司に帰航させて、寄付金、救援物資は寄付者に返還する措置をとった。ちょうどそのころ、渋沢は不帰の病床にあり十月には腸閉塞の症状を起こし、目に見えて衰弱していった。

  • 「臨終前の風景―公私峻別を最期まで厳重に守る」

  • かつての渋沢の仲の良い同僚の第一銀行相談役(元頭取)が最後の別れのあいさつにきた。渋沢敬三(当時第一銀行社員)が立ち会ったが、相談が涙ながらに「敬三さんを将来、頭取にするからね」と告げると、栄一は「それは違う。本人にやれる力があるんならやらしたっていいが、わたしの孫だからという理由だけで頭取にするのは、いかん」とぴしゃりと拒否した。そばで聞いていた敬三は最後まで公私峻別を厳重に守る態度に深く感動した。

渋沢の容態は気管支炎を併発し一層悪くなってきた。11月8日、表にたくさんの見舞い客が来ていると聞くと、渋沢は最後の力をふり絞ってはあいさつの言葉をおくった。

「長いあいだお世話になりました。私は100歳までも生きて働きたいと思っておりましたが、今度というこんどは、もう起ち上がれそうもありません。これは病気が悪いので、私が悪いのではありません。死んだあとも私は皆さまのご事業やご健康をお守りするつもりでおりますので、どうか今後とも他人行儀にはしてくださらないようお願い申します」。

いよいよ最期の時が来た、昭和6年11月11日午前1時50分。日本資本主義の父・渋沢栄一は見事なその生涯を終えた」

(以上は渋沢雅英著「太平洋にかける橋―渋沢栄一の生涯」読売新聞社(1970年 475P)

 

 

 - 人物研究, 健康長寿, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(856)「トランプ圧勝は確実、しかし本選はヒラリーの理由党内の結束力に大きな差、経済の安定も強い追い風に』●『中国の「欺瞞」外交にオバマもいよいよ我慢の限界ー口では協調を求め、裏では米国に大胆に挑戦(古森義久)』●『人工知能が囲碁トップ棋士に勝つ時代に考える「知的職業」の未来』

日本メルトダウン脱出法(856) トランプ圧勝は確実、しかし本選はヒラリーの理由 …

no image
  日本リーダーパワー史(751)ー歴史の復習問題『世界史の視点から見ないと日本人、日本史はわからない』●『 真田丸で人気の真田幸村や徳川家康よりも、世界史で最高に評価された 空前絶後の名将は「児玉源太郎」なのである。』『世界史の中の『日露戦争』ー <まとめ>日露戦争勝利の立役者―児玉源太郎伝(8回連載)

  日本リーダーパワー史(751) 『歴史の復習問題『世界史の視点から見ないと日 …

no image
日本リーダーパワー史(592)『安倍首相への提言(1)ー明治以来、最高の戦略家・児玉源太郎と後藤新平の黄金コンビの 台湾統治のリーダーパワーに学べ

日本リーダーパワー史(592)  『安倍首相への提言(1) 明治以来、最高の戦略 …

no image
『日中韓150年戦争史』㉚『日中韓のパーセプションギャップの研究』ー「日本の中国異端視を論ず」(申報)

      『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓のパーセプシ …

no image
リクエスト再録『百歳学入門(207)』-<昭和の傑僧・山本玄峰老師(95歳)の一喝!>★『一日不働 一日不食。(1日働かなければ、1日食わず、食わんでも死なん』★『 力をもって立つものは、力によって亡ぶ。金で立つものは、金に窮して滅び、ただ、徳あるものは永遠に生きる。』★『 法に深切、人に親切、自身には辛節であれ』

百歳学入門(40)―『百歳長寿名言』 <昭和の傑僧、老師・山本玄峰(95歳)の一 …

晩年長寿の知的巨人たちの百歳学(111)戦後の高度経済成長の立役者・財界の巨人「電力の鬼」 の松永安左衛門(95歳)の長寿10ヵ条ー「80歳の青年もおれば、20歳の老人もおる、年齢など気にするな」

  晩年長寿の知的巨人たちの百歳学(111) 戦後の高度経済成長の立役 …

no image
速報『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止めるぞ、9日目ーガンバレ・日本!③

速報『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止めるぞ、9日目ーガンバレ・日本!③ …

no image
日本メルトダウン脱出法(786)「パリ同時多発テロ事件の裏に隠された悲劇の本質 」●「 実証:日本企業がリードする革新的テクノロジー」●「少しずつよい方向へ動き出した慰安婦問題 日本にとって事態が好転、その5つの根拠とは」

   日本メルトダウン脱出法(786)    「パリ同時多発テロ事件の …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(134)『本田宗一郎(84歳)』ー画家シャガール(97歳)に会ったいい話「物事に熱中できる人間こそ、最高の価値がある」

2015/03/11 / 百歳学入門(105) スーパー老人、天才老人 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(182)記事再録/★『高橋是清の国難突破力(インテリジェンス)②』★『「明治のリーダー・高橋是清(蔵相5回、首相)は「小さな 政治の知恵はないが、国家の大局を考え、絶対にものを恐れない人」 ★『政治家はすべて私心を捨てよ』(賀屋興宣の評)

    2019/09/25 &nbsp …