前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑲『開戦3ゕ月前の『英タイムズ』の報道-『満州撤退の最終期限10月8日が過ぎたが,ロシアは過去3年間と 変わらず満州に居座り続けた』●『ロシアは満州全体をおさえ、その前進運動をさらに朝鮮に拡大、竜岩浦に軍事基地をつくった。』●『日本は平和的な措置をとり.難局において,また紛争の長期化を通じ,日本は自制を保ち続けてきたが,これは日本が大国になって以来の最も称賛すべき特徴だ。』

   

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑲

 

1903(明治36)年10月10日

『英タイムズ』

 

『満州撤退の最終期限、10月8日が過ぎたが,ロシアは過去3年間と

変わらず満州と条約港の牛荘に居座り続ける。

 

本紙北京通信員が1900年の大晦日に,タタール(モンゴル)将軍の増とアレクセーエフ提督が満州に関し調印した画期的な協定の内容を打電してきてから3年近くになるが,提督はその後ロシアの初代極東総督に任命された。

 

同協定は民政機関を中国当局に再移管するという見え透いたヴェールの下で,満州の長南の最も重要な省を本質的にロシアの保護領とするものだった。イギリス政府はこの情報にかんがみ,ロシア政府から極東におけるロシアの活動の最新局面とされる本件について,「実情とも言うべきもの」を確認すべきであると判断し,ラムズド、ルフ伯爵に事の次第の説明を受けたサー・ヤールズ・スコット大使はそれを慎重は「本物」と見なしたのだった。

ロシア外相はイギリスの新聞の報道は全く根拠がないと言い,報道にあるような取決めはロシア軍当局と中国民政当局間の純粋に暫定的なもので.満州の以前の国際的地位の変更を意図した協定は存在せず,その地位も「牛荘その他におけるすべて」も,やがて「原状に復帰するだろう」と述べた。この言葉が語られてから2年半以上になる。

この件でロシアが中国政府に対し行った多くの連絡の最後に,満州撤退の最終日と設定した10月8日が到来し,過ぎ去ったが,本紙北京通信員の電報によれば,ロシアは過去3年間と変わらず堅固に満州と条約港の牛荘に居座り,同港の閲税収入は現在までに55万ポンドに上るが,これもロシアが手放さないでいる。

確かに中国は,レッサー氏が1か月前に行った条件付撤退約束のロシア側の一連の最新の条文に正式の同意を与えていない。だがロシア政府といえども,中国の頑固-いまだに頑固か否かは別として-を.国際道義を著しく欠くものとして利用するのは難しかろう。

レッサー氏の条文は,プランソン氏が4月に行った一連の非妥協的な要求の,いっそう驚くべき特徴は削ってある。だがそれらは,一時的に慎重に伏せられているとはいえ,実際に取り下げられたわけではないと理解されており,修正された条件でさえ,その真意は十分に明らかだった。

 それは,ロシアが義和団事件の機会をとらえて満州の諸省を領有して以来,一貫してとり続けてきた政策に全く合致したものだった。

同事件以降,ロシアは着実に,かっわき目を振らずに,満州における自国の

軍事的地位の強化を続けてきたが,その期間は数か月から今や数年間になろうとしている。

シベリア鉄道で諸要塞に軍隊をつぎ込み,また極東水域の海軍の増強と活動もそれに劣らず顕著だ。大鉄道事業の進展の中で占領し,建設してきた町も,恒久的な居座りの意図を同じくあらわにしている。

そして大連は,ロシアが最初は皮肉にも自由で実りある国際貿易港に指定したが,今や手ごわい軍事都市に転換され,外国人居住者も片手で数えられるほどに減った。

さらに意義深いのは,シベリア鉄道の旅行者が広く認めてロにするように,満州領内の路線,施設と駅の入念な工事とできばえに比べ,シベリア区域ではいたるところで不完全でおざなりな建設ぶりが目立つことだ。

満州の諸省におけるロシアの,このもはや疑う余地のない,たゆまぬ活動の結果はまさに画期的なものだが、それが中国の領土保全および同国内の外国貿易と事業の機会均等に及ぼす影響もさることながら,

さらに由々しいことは,その結果が極東における国際政治上の最も宿命的な問題にすでに影を落とし始めていることだ。ロシアが満州に恒久的に存在することは,世界のこの部分でロシアの最強のライバルである日本が無視できないことだ。

ロシアが北部中国の義和団騒動を利用して満州領を占領して以来,日本はロシアの有効な占領が全省に徐々に拡大し確立するのを見てきた。

占領は満州の隅々にまで押し広げられ,朝鮮国境の端から端に隣接するまでになった。

ロシアは満州全体をおさえ、その前進運動を朝鮮に拡大、竜岩浦に基地をつくった。

最近,ロシアの政策は,少なくとも外交関係において,いささかも変動や停滞することなく,その前進運動を朝鮮に拡大することを意図している兆候を余すことなく呈しており,朝鮮国王が7年前ソウルのロシア公使館に命からがら避難した際に与えた鴨線江流域の伐採権を,ロシアは十二分に利用して.朝鮮領内に地歩を築くテコにしてきた。

この手口は満州でロシアが細々と鉄道事業を始めたころに不吉な似方をしていたが,日本はその進展を座視することなく,声をあげ,8月初め以来ペテルブルグでロシアと重要な交渉に入ったが,そのことを先月知ったとき,驚きを感じた消息筋はいなかったはずだ。

この交渉はまだ進行中だと,本紙東京通信員は伝えている。その交渉のこれまでの成行きや,最終的にどんな決着がっきそうかについては,ほとんど何も分かっていない。

いずれにせよ,交渉中は,その傾向が詳しく分かるとは思われないが,中断していないという事実はよい兆候かもしれない。日本の朝鮮における利益は,周知のように切実なものがあり,これを保全するため神経をとがらせないわけにはいかない。

日本は自国の食糧資源が不足した際.朝鮮を最も重要な供給源に期待しており,朝鮮の開発に多額の投資をしてきた。

また朝鮮を,極東の中で自国民の入植に最も有望な土地と見ており,日本人の朝鮮移住は過去,現在とも増大している。何よりも朝鮮は地理的な位置のため日本の安全に絶対不可欠だから,満州のように,外国の保護下に入るようなことがあってはならない

ロシアが国境を越えて支配の手を伸ばす差し迫った形勢になったため,日本は朝鮮への影響力を主張する措置をとることを余儀なくされたのであり,その影響力は,地軋人種,歴史的なっながりに意味があるなら,日本が絶対に主張する権利があるものだ。

日本がとった措置は平和的措置であり.難局において,また紛争の長期化を通じ,日本は自制を保ち続けてきたが,これは同国が大国になって以来の最も称賛すべき特徴だ。

その精神によって朝鮮における懸案が満足すべき解決に至り,日本がいっそうの強制措置に訴えることなく,その申入れの公正さをロシア側に知らしめることは,同国に好意的な人々の切なる願いに違いなく,彼らは極東の平和が血なまぐさい抗争で破られ,そのため日本が文明的発展から計り知れないほど後退しかねないことになるのをあえて望んではいない。

 - 健康長寿

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

★5日本リーダーパワー史(782)『明治政治史の謎を解く』★『秋山定輔が仕掛けた日露戦争の引き金となった前代未聞の奉答文事件の真相」

★5日本リーダーパワー史(782)― 『明治政治史の謎を解く』 ★『秋山定輔が仕 …

no image
知的巨人の百歳学(147)ー記事再録 『日本画家・小倉遊亀(105歳)-『「老いて輝く。60代までは修行、70代でデビュー、百歳まだダメ、まだダメ』

百歳学入門(190)『日本画家・小倉遊亀(105歳)★『人間というのは、ほめられ …

no image
『健康ならば死んでもいい患者』の『百歳ムリムリ入門』-『日本初!海上バカ説法を聞け! 鎌倉座禅カヤックー筋肉バトル1万回は<快楽、爽快、 苦役、悦楽、苦多苦多>大喝じゃ!,ああシンドいわ!』

2012年11月20日『百歳学実践入門』(223『釣りバカ・カヤック日記』番外編 …

no image
『オンライン講座/百歳学入門(54)』★『玄米食提唱の東大教授・二木謙三(93歳)の長寿法『1日玄米、菜食、1食のみで、食はねば、人間は長生きする』★『二木謙三博士の健康十訓ー①食べること少なくし、噛むことを多くせよ。②怒ること少なくし、笑うことを多くせよ③言うこと少なくし、行うことを多くせよ④取ること少なくし、与えることを多くせよ⑤責めること少なくし、ほめることを多くせよ 』

  2012/11/05    …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』-『新型コロナと世界の沈没―コロナ共存社会は数十年続く可能がある⓷』(8月15日)★『「大国の興亡」の歴史、覇権国の行方は?』★『時代は、時代に後れる者を罰する』★『『3ヵ月をきった米大統領選挙の行方は?』

 『新型コロナと世界の沈没―コロナ共存社会は数十年続く可能がある⓷』( …

no image
●★5『 京都古寺巡礼のぶらり旅!』『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分(9/3)』―わが 『古寺巡礼』で深く感動した古刹、庭園です②』 金堂、不動堂、祖師堂ななどゆっくり散歩

 『 京都古寺巡礼のぶらり旅!』 『秀吉ゆかりの「京都醍醐寺」全動画案内30分』 …

『リモートワーク/鎌倉カヤック釣りバカ動画日記』★『かって鎌倉海は豊穣の海だった』★『鎌倉沖海上でカヤックフィッシング<ナブラの山をシイラ爆食>★『 厳冬の鎌倉海のカヤックフィッシングでヒラメをゲット!と思いきや大カサゴ!』

鎌倉沖海上でカヤックフィッシング<ナブラの山をシイラ爆食>(20011/8/10 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(963)ー2019年は『地政学的不況』の深刻化で「世界的不況」に突入するのか』②『米中貿易戦争は軍事衝突に発展する可能性はないのか?・』

 世界/日本リーダーパワー史(963) 米中貿易戦争は軍事衝突に発展す …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』ー『「withコロナ宣言」でポストコロナの世界はどうなるか』★『GAFAを生み出した「デジタル・ネーティブ/パソコン第一世代」(ミレ二アル(Y)世代(25ー40歳))とすれば,「スマホ第2世代」(Z世代)がwithコロナ社会の未来を拓く』(5月27日)

「withコロナ宣言」―Z世代が未来を拓く          前坂 俊之(ジャー …

no image
人気リクエスト記事再録 『百歳学入門(186 )』-百歳長寿社会へのお手本『世界ベストの画家・葛飾北斎(90歳)の創造力、晩年学こそ長寿力』★『北斎こそ世界を席巻した「ジャポニズム」「ジャパンアニメ」「ジャパンクール」の元祖である』

2011年1月15日執筆<超高齢社会のモデル> 世界ベストの画家・葛飾北斎―90 …