前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本敗戦史(54)A級戦犯指定徳富蘇峰の 『なぜ日本は敗れたのか』⑥「全体的大構想の欠如」烏合の衆の愚かな戦争になった。

      2015/04/11

 日本敗戦史(54)

マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る

『なぜ日本は敗れたのか』

全体的大構想の欠如」(今度の戦争は出合頭の衝突的な出来事で、

それが連続的に延長し、初めから終りまで、何ら確固たる政策

もなければ、作戦もなく、組織もなければ、統率もなく、

烏合の衆の愚かな戦争で終った。

全体的大構想の欠如」

最も大なる欠点は、一貫したる計画の欠乏した事であった。この点について、外人は皆な日本を誤解している。誤解というよりも、むしろ買いかぶっている。彼等は今回の戦争は、全く一定の筋書があって、それを順序正しく履行したものとして、その戦争指導を詮索している。しかし、もしその通りであれば、負けるはずはなく、たとえ負けても、こんな惨めな敗北にならない。

要するに今度の戦争は出合頭の衝突的な出来事で、それが連続的に延長したというまでであって、初めから終りまで、何ら確固たる政策もなければ、作戦もなく、組織もなければ、統率もなく、烏合の衆で、終ったという他はない。

 

もっとも局部的には計画もあり、筋書もあったかも知れぬが、それは全くそれだけの事であって、横にもタテにも、徹底した連絡もなければ、貫通したるパイプもなく、個々別々に、雑然と出で来ったものに過ぎなかった。孫子の「常山の蛇勢」とは「その首を撃てば、則ち尾至り、その尾を撃てば、則ち首至る。其の中を撃てば、則ち首尾ともに至る」という訳であったが、わが国の戦争には、頭は頭、醇は尻尾、胴体は胴体、皆な個個別々の働らきをして、その間に何ら全体的の大構想なるものは、含蓄していなかった。

これでは、局部では勝っても、全体には負ける事は、決まり切った事である。いわんやその局部の勝利さえも、緒戦だけの事で、やがては局部でも負け、全体でも負け、負け負け負けで連続し、ただその敗戦を、国民の眼中より覆い隠す(大敗北を終戦などと)ことだけに、成功したるに過ぎなかった。

わが陸海軍は、そのする事なす事、敵側には一切筒抜けであった事は、例えて言えば、山本五十六連合艦隊司令長官が、戦死したことも、日本では偶然のように考えているが、アメリカ側の発表する所によれば、山本が海軍諸基地の、巡視に出掛ける情報を、米国側では探りあて、それを当時の海軍長官ノックスより、現場の司令官に通報し、それによって山本の巡視を、途中に待ち受け、これを墜落せしめたるものであった。(米側の暗号解読で待ち伏せして撃墜された)

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/4892.html

あたかも猪撃ちが、猪が必ずここを通るという報知を得て、そこに待ち構えていたのと同様である。これは一の例であるが、一以て十を知るべしである。

戦争は相手次第のものだから、わが思う通りに、ことごとく行くものではではない。しかし善く戦う者は、敵をして、わが思う壷に入れるように、働らき掛けるものである。戦って利ある時には、敵は戦いを欲しなくても、余儀なくわれに戦わせて、戦って不利なる時は、敵は戦わんと欲しても、戦わなくするように、仕掛けるのが戦争に長じた者の行動である。

日露戦争の如きは、初めから余計な勝利を考えていなかった。児玉源太郎参謀次長の如きは、五分五分の戦をすれば、それで日本は、得る所が多いと、言わねばならぬと言っていた。また大山厳参謀総長の如きは、出征に際し、見送りにきたる山本権兵衛海相に向い、「戦争はこっちでするが、戦争をやめる事は、そちらでよく肝煎ってもらいたい」と、ねんごろに告げて別れた。

当時の満洲軍の総司令官は、出征に際して、すでに如何なる場合に、講和す可べきかという事を考えて、出掛けていた。従って明治38年3月10日、奉天の大会戦以後は、軍の総参謀長たる児玉は、ひそかに東京に舞い戻り、さかんに当局者に対して、満洲における我軍の戦力は、既に峠を越している。速かに和平を講ぜよと、さかんに誘説した。

必ずしもこれがためというではなかったが、伊藤、山県、当時の首相桂、外相小村の如きも、深くそのことを考えて。遂にポーツマスの講和会議までもってくる事が出来た。一方には、国民に、戦争には余りあるの力ある事を示しつつ、他方にはさかんに裏面工作を以て、和平を将来したる事は、その苦心決して容易ではなかった。

これに反して今回の戦争は、鉄砲玉の如く、行くところまで行いた後は、帰る道を忘れた。そしてその先にまた一発を放った。戦争はただ鉄砲の弾丸を撃って、先から先にと進み、やがては敵から押され、押されれば退き、また押されれば退き、やがては城下の盟、露骨に言えば「雪隠(トイレ)で首をくくる」状態となって来た。海軍なども、技術の上から言っても、また巨砲堅艦(戦艦大和)、飛行機から言って見ても、今回の戦争は日露戦争に比すれば、天地の隔たりがあった。しかし軍令部長にせよ、海軍大臣にせよ、一個の山本権兵衛ほどの者はおろか、その片腕ほどの者もなかった。

海軍は、ただ最後は、海軍の名だけあって、実物は無く、幽霊海軍とし存在した。もし成功と言えば、国民の眼の前に、幽霊を実在と見せかけただけが、手際であったと、言わねばならぬ。陸軍に至っては、何と言ってよいか、ちょうと批評の言葉に苦しむ。

(昭和22年1月11日午前、晩晴草堂にて)

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(41)記事再録/『日本議会政治の父・尾崎咢堂のリーダーシップとは何か③>』★『世界に例のない無責任政治、命がけで職務に当たらず 辞任しても平気で再び顔をだす3代目政治家』③』

2012年2月25日/日本リーダーパワー史(238)     …

知的巨人たちの百歳学(174)記事再録/日本最長寿の徳川家三代指南役・南光坊天海(108歳)の養生訓ー上野公園内の「墓碑」で長寿健康を祈る―『 養生法・長命には粗食、正直、湯、陀羅尼(だらに)、御下風(ごかふう)あそばさるべし。』★『養生訓「気は長く 勤めは固く 色うすく 食細うして 心ひろかれ」

2015/02/05/百歳学入門(102)・   日本最長寿の徳川家三 …

no image
速報(433)『日本のメルトダウン』『株価暴落、為替乱高下でアベノミクスの行方はどうなる」「日本株は瀬戸際攻防戦」

   速報(433)『日本のメルトダウン』   ● …

『オンライン/藤田嗣治講座』★『1920年代、エコール・ド・パリを代表する画家として、パリ画壇の寵児となった藤田は帰国し、第二次世界大戦中には数多くの戦争画を描いたが、戦後、これが戦争協力として批判されたため日本を去り、フランスに帰化、レオナール・フジタとして死んだ』

ホーム >  人物研究 > &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(162)記事再録/日本名人・達人ナンバーワン伝ー『イチローは現代の宮本武蔵なり』★『「五輪書」の「鍛錬」とは何か、鍛とは千日(3年間)の稽古、錬とは1万日(30年間以上)の毎日欠かさずの練習をいう』●『武蔵曰く、これが出来なければ名人の域には達せず』(動画20分付)★『【MLB】なんで休みたがるのか― 地元紙が特集、イチローがオフも練習を続ける理由』

2017/10/22『イチローと宮本武蔵「五輪書」の「鍛錬」の因果関係ー免許皆伝 …

no image
「ウクライナ問題」「クリミア問題」は今後どうなるのかー下斗米伸夫・法政大学教授とウクライナのハルチ ェンコ駐日大使が会見動画

「ウクライナ問題」「クリミア問題」は今後どうなるのか 下斗米伸夫・法政大学教授と …

『オープン講座/ウクライナ戦争と日露戦争①』★『ロシア黒海艦隊の旗艦「モスクワ」がウクライナ軍の対艦ミサイル「ネプチューン」によって撃沈された事件は「日露戦争以来の大衝撃」をプーチン政権に与えた』★『児玉源太郎が指揮した日露戦争勝利の秘訣は軍事力以上に外交力・インテリジェンス・無線通信技術力・デジタルIT技術にあった』

  ウクライナ戦争でロシア侵攻作戦の要であるロシア黒海艦隊の旗艦・ミサ …

『オンライン講座/さらばトランプ政権4年間の暴走・犯罪・没落を回顧する』★『読書カフェ動画『世界で最も危険な男ー「トランプ家の暗部」を姪が告発ー』(メアリー・トランプ著)、三室勇さんの動画解説』★『歴史上、重大な役割を演じてきたのは妄想家、幻覚者、精神病者である。瞬時にして権力の絶頂に登りつめた神経症患者や偏執狂者たちは登りついたスピードと同じ速度で没落した』(「現代史を支配する病人たち」(新潮社、1978年刊)

大阪自由大学講座 ★『読書カフェ動画『世界で最も危険な男ー「トランプ家の暗部」を …

no image
『リーダーシップ必見の日本最先端技術「見える化」動画』(272)★「海上大型風力発電こそ原発、火力発電に替わるの日本の再生エネルギのフロンティア』★『日立造船の「バージ型基礎構造物による次世代浮体式洋上風力発電システムー国家戦略で取り組め」

  国際風力発電展2019(2/27)ー日立造船の環境・漁業と共存でき …

no image
ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉑ 『大日本帝国最後の日(1945年8月15日)14日、最後の御前会議での昭和天皇の言葉は⑥

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉑   『大日本帝国最後の日― (1945年8 …