前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(390) 日中韓150年対立・戦争史をしっかり 踏まえて日本外交はどう対処すべきか①

   

  日本リーダーパワー史(390 

 

日中韓150年対立・戦争史をしっかり

踏まえて日本外交はどう対処すべきか①ー

<尖閣、竹島問題で150年前の歴史事実を外国メディアの報道に

よってチェックする。歴史健忘症の日本、歴史誇大症の中国、歴史恨み
被害妄想症の韓国の
3重ネジレを読み解く>

 

前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

    日中韓対立の歴史は明治維新とともに激しくなった。尖閣問題のルーツはここにある。

「(中華思想=中国が世界の中心であるという考え方=)によって、中国人は他のいかなる国に対しても対等の関係を認めたがらない傾向がある。そのため,これまで日本と中国との国交は単なる公式上.通商上の名目的挨拶の取り交わし程度に制約されてきた。現在でも中国はまだ日本を下劣の,したがって属国でしかるべき国とみなしている。中国が,対等の力を持つと認める必要のない政府と.条約を結ぶという考えは,全く非常識に思える」。『アジア的政策』ニューヨーク・タイムズ1870(明治3年)1017http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/1545

    尖閣諸島の帰属問題に関して「疑問の余地なく,日本の宗主権のほうが中国のそれよりも現実的だ。日本は実際に250年ほど前に琉球諸島を征服し,それ以来.直接的に支配してきた。それに対し,中国との関係はただ美辞麗句のたぐいのものにすぎなかったようだ」アーネスト・サトウの論文『琉球諸島の帰属問題』アーネスト・サトウの論文「ノース・チャイナ・ヘラルド」(1873410

    http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/1545

 

    伊藤博文は1920世紀初頭に近代日本の建設、有色民族で唯一、西欧列強の侵略を防いで、日本を今から100年前の大正期に世界の先進国(5大強国、国際連合常任理事国)に発展させた、最大の貢献者である。その伊藤は朝鮮統監になって、ハルピンで安重根に暗殺され、韓国は日本に併合された。日本では伊藤博文の評価は不当に評価され、その歴史健忘症と無知は度し難いが、韓国ではこの暗殺を独立の国父としている。この「韓国併合」に関して、世界は一致して支持したこと外国紙は伝えている。

1910年(明治4392日「 ノース・チャイナ・ヘラルド」の「朝鮮の消滅」では、現在の北朝鮮を思わせる記事を書いている。

「この不幸な国には世界中に友達がろくにいないことは明らかだ。朝鮮人の境遇が併合後悪化すると想定する理由はない。おそらくは好転すると思いたい。というのは,ほとんど常に,朝鮮人の最悪の敵は朝鮮人だったし,日本帝国の総督政府の朝鮮は,日本が結果的にわずかな利益のために統治してきたこれまでの朝鮮より,よい環境下に置かれる可能性があるからだ。」

「朝鮮人は外部の干渉がなかったときも統治能力がなかったことは明白で,それと同様に,どんな制度のもとでも一緒に仕事をするのが厄介な相手だと分かっても驚くにはあたるまい。朝鮮人に自治能力がなかっただけに,彼らに国民のための文明政治の意味を示すべき日本の責任は一層大きい。日本が今や,リスクと費用をかけて,大陸本土領有の政策に乗り出したことの不利も,記録に留める必要がある。すでに帝国拡張の重荷が日本国民に過酷な重圧を加えていると思われる」

 

 

●『中国、首脳会談に条件=尖閣で譲歩要求安倍首相』

http://jp.wsj.com/article/JJ11016786249011263651019062024322811918756.html

 

●『朴大統領「歴史・安保で対立と不信」
日本念頭に演説

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130629/kor13062912560004-n1.htm

 

●『朴大統領、伊藤博文を暗殺した安重根の石碑設置
を習主席に協力要請

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0629&f=national_0629_003.shtml

 

●『韓国大統領:中国に安重根の記念碑を要請…伊藤博文暗殺犯

http://mainichi.jp/select/news/m20130629k0000m030123000c.html

 

日中関係(1)尖閣「棚上げ合意」 中国「放っておく」が変質

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130629/chn13062913500002-n1.htm

 

まとめ尖閣問題 海外メディアの報道とは?!

http://matome.naver.jp/odai/2134780428344930101

 

●「尖閣諸島をめぐる問題と日中関係 日本の
領土編入から今日までの経緯と今後の課題

―外交防衛委員会調査室 中内康夫」

http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2012pdf/20121101069.pdf

 

○≪鳩山元首相、尖閣諸島について、
中国政府の主張に理解を示す発言

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00248812.html

 

 - 現代史研究 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

日本リーダーパワー史(845)★記事再録『伊藤博文の『観光立国論』ー『美しい日本の風景・文化遺産こそ宝』<百年前に唱えた伊藤首相のビジネス感覚を見習え>

日本リーダーパワー史(845)      2010/12/08の記事再録日本リー …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(96)』「引退した日本の零戦パイロットは、昔経験した戦争の危険が今差し迫っていと感じる)」(ニューヨークタイムズ」(4/3)

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(96)』 「引退した日本の零 …

『オンライン/100歳学講座』★『蟹江ぎん(108歳)きん(107歳)さんのギネス長寿姉妹『スーパーセンテナリアン10ヵ条』★『「人間、大事なのは気力ですよ。自分から何かをする意欲を持つこと』★『「悲しいことは考えんほうがええよ。楽しいことを夢見ることだよ』

      2019/06/19&nbs …

no image
片野勧の衝撃レポート(68) 戦後70年-原発と国家<1957~60>封印された核の真実 「戦後も大政翼賛会は生きていた,「逆コース」へ方向転換(上)

片野勧の衝撃レポート(68) 戦後70年-原発と国家<1957~60> 封印され …

no image
米大統領選挙直前情報(日本時間11/8pm2)ー『クリントン氏勝利の確率は91% CNNの「予測市場」』●『米大統領選、行方占う東岸注目州の投票終了時間は 早期の開票結果、その後の展開のカギに』●『  米大統領選に見いだす一筋の光明 分裂を広げた今年の選挙が無駄にならない理由とは』●『コラム:「ヒラリー大統領」が日本に求めること=熊野英生氏』◎『米大統領選後も円高終わらず、試金石は1ドル=100円の「堅さ」』◎『米大統領選の手引き:投資家は確信持てず-投開票まであと1日』

 米大統領選挙直前情報(日本時間11/8pm2) クリントン氏勝利の確率は91% …

no image
陸 羯南の日清戦争論①韓国問題が日清、日露戦争の原因である『我東洋問題の起因』(『日本」明治27年11月12号)①

          …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉗「開戦1ゕ月前の『米ニューヨーク・タイムズ』の報道」ー『開戦へカウントダウン!』●『この記事は戦争報道の優れた論評で、日本メディアの報道とは雲泥の差がある』★『日本はいずれ国運をかけてロシアと戦わなければならず,シベリア鉄道がまだ能力いっぱいに開発されていない現在の方が,後にそうなったときより.勝てる可能性が高いと一致して見ている。』

  『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』㉗ 1903(明治36)年 …

no image
日本リーダーパワー史(947)ー『日中関係150年史』★『日中関係は友好・対立・戦争・平和・友好・対立の2度目のサイクルにある』★『日中平和友好条約締結40周年を迎えて、近くて遠い隣人と交友を振り返る」★『辛亥革命百年の連載(31回)を再録』③(16回から31回まで)

★★(再録)日中関係がギグシャクしている今だからこそ、もう1度 振り返りたいー『 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(15)日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。日本最強の陸奥外交力⑧『「蹇蹇録』の結論「他策なかりしを信ぜむと欲っす」(これ以外の策はなかった)最後の1戦だった」

  日中北朝鮮150年戦争史(15) 日清戦争の発端ー日本最強の陸奥宗光の外交力 …

no image
速報(387)『日本のメルトダウン』◎『世界の問題を解決に必要なもの=ビル・ゲイツ』●『百害あって一利なしの人間ドック』

速報(387)『日本のメルトダウン』   ◎『世界の問題を解決するため …