前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報「日本のメルトダウン」(483)◎「すべてを台無しにする米国の不注意な政治家」「米国の政府閉鎖:こんな国家運営はあり得ない」

      2015/01/01

    速報「日本のメルトダウン」(483)

<米債務上限問題は17日に迫る>

 

「すべてを台無しにする米国の不注意な政治家

●「米国の政府閉鎖:こんな国家運営はあり得ない

●「消費増税とアベノミクス:試される時」

●「コラム:米国に必要なのは「少しの謙虚さ」

 

○「すべてを台無しにする米国の不注意な政治家

2013108日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38887

●「消費増税とアベノミクス:試される時」

英エコノミスト誌 2013105日号)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38869

 

●「米国の政府閉鎖:こんな国家運営はあり得ない

(英エコノミスト誌 2013105日号)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/38860

 

●「米大統領、予算案成立と債務上限引き上げ条件に交渉に応じると表明

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE9970A720131008

 

●「コラム:米国に必要なのは「少しの謙虚さ」

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE99805W20131009

 

〇「シナリオ:米国初のデフォルトはどう起こるか」

http://jp.reuters.com/article/mostViewedNews/idJPTYE99305X20131004

 

◎「米国のデフォルトが近づくほど好機舌なめずりするトレーダー

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MUAF7W6TTDSS01.html

 

〇「リセッション迫る米経済-財務省が国債デフォルト回避でも

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MUE2XK6K50YJ01.html

 

●「IMFビナルス氏:米国は「一致協力」し政治的こう着打開を

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MUEM1J6S973001.html

 

●「焦点:米デフォルトで投資家に利益も、ボラティリティーに着目

http://www.newsweekjapan.jp/headlines/business/2013/10/111114.php

 

●「インタビュー:東電の経営形態や国関与強化提言へ=自民元副総裁

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTJE99800720131009

 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』ー『トランプ大統領は「チャイナコロナ」と明言し本気で中国を抑え込む新冷戦「中国包囲網」づくりに突入した』★『ファーウェイ禁止、「台湾外交支援法」(3/27),「ウイグル人権法案」(5/17)を成立させ人権外交で全面対決中』(5月22日)

米中の新冷戦― 「対中包囲網」の再編成 前坂 俊之(ジャーナリスト) 「チャイナ …

『オンライン/75年目の終戦記念日/講座』★『1945年終戦最後の宰相ー鈴木貫太郎(78歳)の国難突破力が「戦後日本を救った」』★『その長寿逆転突破力とインテリジェンスを学ぶ』

  2015/08/05 日本リーダーパワー史(5 …

no image
★国際見本市「スマートエネルギーWeek 2014」(2/26-28)開幕ー世界30か国から1594社が出展、会場は熱気を帯びていた①

★国際見本市「スマートエネルギーWeek 2014」(2/26-28)開幕① & …

『百歳長寿経営学入門』(208)『プロパンガスの父・岩谷産業創業者・岩谷直治(102歳)』 ★『その「否凡」経営哲学12カ条』と『102歳の健康長寿実践哲学10カ条を公開!』

百歳学入門(42) 2012/07/17 百歳学入門(42)『岩谷産業創業者・岩 …

no image
日本メルトダウン(918)『扇動政治家の論調、実はファシズムと同じだ』●『英国EU離脱が示した「グローバル化の終わり」(池田信夫) 「世界が1つ」になる日は来ない』●『 愚かな英国と賢いドイツ、この差はどこで生じたか ブレグジット以降の成長戦略』●『中国が東シナ海で日本を威嚇する本当の理由』●『人工知能:機械の進化 (英エコノミスト誌)』

 日本メルトダウン(918)   扇動政治家の論調、実はファシズムと同 …

no image
『『リーダーシップの世界日本近現代史』(277)★-『35年ぶりに、懐かしのイスラエル第3の都市・ハイファを訪ねました。』★『エルサレムでは偶然、岩のドームの金色屋根に接近し、数名の自動小銃武装の警官からムスリム以外は接近禁止と言われ写真だけは撮りました』

  2018/02/24  『F国際ビジ …

no image
『F国際ビジネスマンのニュース・ウオッチ②』3・11から1年ー「ニューヨーク・タイムズ」が日本の戦後民主主義に落第点をつけた

『F国際ビジネスマンのワールドニュース・ウオッチ②』 <3・11福島原発事 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(227)』『日本復活のためには先進各国から多様な人材を受け入れて彼らとの多国籍討論の場に日本人を引きづりだすこと』☆『日本人同士では通用している事がダイバシティ環境では時代遅れで全く通用しない事を思い知らせること』

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(227)』 日本を舞台に選 …

no image
『日中コミュニケーションギャップを考える』(2005/6/30)―中国人の行動原理は➀面子(ミエンツ)②関係(グアンシ③「人情(レンチン)」)

『日中コミュニケーションギャップを考える』(2005/6/30) ―中国人の行動 …

no image
世界も、日本もメルトダウン(960)『シベリア鉄道の北海道延伸を要望、ロシアが大陸横断鉄道構想 経済協力を日本に求める』●『シリア停戦崩壊、米ロ関係かつてない緊張へ』●『ロシア「アメリカは事実上のテロ支援国家」』●『比ドゥテルテ大統領「オバマ地獄に落ちろ」、兵器は中ロから購入と断言』●『北朝鮮幹部2人、日本に亡命希望か 官房長官は否定』

  世界も、日本も本メルトダウン(960)   シベリア鉄道の北海道延 …