前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

終戦70年・日本敗戦史(68)大東亜戦争開戦日の「毎日新聞紙面」「東条首相、国民に殉国の覚悟を説くー」

      2015/05/03

 終戦70年・日本敗戦史(68) 

大東亜戦争開戦日の「毎日新聞紙面」

「 東条首相、国民に殉国の覚悟を説くー」

〔昭和16129日 大阪毎日新聞(第二夕刊)〕

「 大詔を拝し奉りて」(首相放送)

ただいま宣戦の御詔勅が換発せられた。精鋭なる帝国陸海軍はいまや決死の戦いを行いつつある。東亜全局の平和はこれを念願する帝国のあらゆる努力にも拘わらず、ついに決裂するのやむな気に至ったのである。

過般來、政府はあらゆる手段をつくし対米国交調整成立に努力して参ったが、彼は従来の主張を一歩も譲らざるのみならず、かえって英、蘭(オランダ)、重慶(蒋介石政府)と連合して支那(中国)よりわが陸海軍の無条件全面撤兵、南京政府の否認、日独伊三国条約の破毀を要求し、帝国の一方的譲歩を強要してきた。

それに対し帝国はあくまで平和的妥結の努力を続けて参ったが、米国はなんら反省の色を示さず今日に至った。殊に帝国にしてこれらの強要に屈従せんか、帝国の権威を失墜し、支那事変の完遂を期し得ざるのみならず、ついには帝国の存立をも危殆に陥らしめる結果となるのである。事ここに至っては帝国は、現下の危局を打開し自存自衛を全ケするため、断乎として起ち上がるのやむなきに至ったのである。

今、宣戦の大詔を拝し恐おく、感激に湛えぬ。私、不肖なりといえども一身を捧げて滅私奉公ただただ宸襟を奉らんとの念願のみである。国民諸君もまた己れが身を顧みず、醜の御楯たる光栄を同じくせられるものと信ずる。

′およそ勝利の要訣は必勝の信念を堅持することである。建国2600年、われらはいまだかつて戦いに敗れたことを知らない。この史緒の回顧こそ、いかなる強敵をも破壊する確信を生ずるものである。

われらは光輝ある祖国の歴史を断じてけがさざるとともに、さらに栄えある帝国の明日を建設せんことを固く誓うものである。顧みればわれらは今日まで隠忍と自重との最大限を重ねたのであるが、断じて易きを求めたものでなく、また敵の強大を恐れたものでもない。ひたすら世界平和の維持と人類の参禍の防止とを顧念したのにほかならない。

しかも敵の挑戦を受け、祖国の生存と権威とが危うさにおよびては、決然起たざるを得ないのである。当面の敵は物資の豊富をほこり、これによって世界の制覇を目指しておるのである。

この教を粉砕し、東亜不動の新秩序を建設せんがためには、当然長期戦たることを予想せねばならない。これと同時に絶大の建設的努力を要することは言を要しない。

かくてわれらはあくまで最後の勝利が祖国日本にあることを確信し、いかなる困難も障碍も克服して進まなければならない。これこそ昭和のみ民、われらに課せられたる天与の試練であり、この試練を突破してのちにこそ、大東亜建設者としての栄誉を後世に担うことが出来るのである。

この秋にあたり満洲国および中華民国との一徳一心の関係いよいよ敦く、独伊両国との盟約ますます国書を加えつつあることを満足とするものである。帝国の隆替、東亜の興廃、まさにこの一戦にあり。

一億国民がいっさいを挙げて国に報い、国に殉ずるのときは今である。八紘を宇(いえ)となし、皇ごのもと尽忠報国の精神ある限り、英米といえどもなんら恐るるに足りないのである。勝利は常に御稜威もとにありと確信いたすものである。私はここに謹んで匪躬の徴哀を披歴し、国民とともに大業翼賛の丹心を誓う次第である。

陸海両相に勅語を賜う(陸軍、海軍両省公表八日午後三時)本日、

陸海軍大臣を宮中に召させられ、左の勅語を賜わりたり。

勅 語

さきに支那事変の発生を見るや、朕が陸海軍は勇奮健闘、既に四年有半にわたり不逞を膺懲して、戦果日に揚がるも、禍乱今に至りなお収まらず。朕、禍因の深く米英の包蔵せる非望に在るに鑑み、朕が政府をして事態を平和の裡に解決せしめんとしたるも、米英は平和を顧念するの誠意を示さざるのみならず、かえって経済上、軍事上の脅威を増強し、以って帝国を屈服せしめんと図るに至れり。

ここに於いて朕は、帝国の自存自衛と東亜永遠の平和確立とのため、ついに米英両国に対し戦いを宣するに決せり。

朕は汝等軍人の忠誠勇武に信侍 信倚し、よく出師の目的を貫徹し、以って帝国の光栄を全くせんことを期す。

右勅語を拝受し、陸海軍大臣は左のごとく奉答せり。

 奉答文(臣英機、臣繁太郎)

誠恐誠おく、謹みて奏す。帝国未曽有の難局に方り優渥なる勅語を賜う。臣等感激の至りに堪えず。臣等協力壷、死力を尽くし、誓って聖旨に応え奉らんことを期す。臣英機、臣繁太郎、誠恐誠億、陸海軍を代表し、謹みて奉答す。

 

昭和16年12月8日

陸軍大臣 東条英機

海軍大臣 嶋田繁太郎

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(184)記事再録/「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』⑰「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』昭和2年刊)』★『 「朝鮮に美人が少い理由」は秀吉軍の美人狩りによるものか、 中国『元時代』の美人狩りのせいか、この歴史的論争の結果は?!』★『伊藤博文は具体的な数字と根拠を上げて秀吉の美人狩りを否定した。美人狩りをしたのは中国・元時代のこと』★『韓国・北朝鮮の現在まで続く反日/歴史歪曲偽造/日韓歴史認識ギャップは伊藤のように具体的な事実、数字を挙げて論争する必要がある』★『客観的な物的証拠(データ、資料、科学的、数字的な検証、論理的な推論によるもの)で行うこと』②

 2015/09/04  /「英タイムズ」「ニュー …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑶日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか③『現在の北朝鮮問題と同じケース、一国平和主義に閉じこもっていた鎌倉日本に対して世界大帝国『元』から朝貢(属国化)に来なければ武力攻撃して、日本を滅ぼすと恫喝してきた!、国難迫る!』

日本の「戦略思想不在の歴史」⑶ 日本で最初の対外戦争「元寇の役」の内幕 第4回目 …

no image
日本リーダーパワー史(599)『安倍・歴史外交への教訓(6)「世界史の中での朝鮮の保護国化(その後の日韓併合)のパーセプションギャップ①」

 日本リーダーパワー史(599) 『安倍・歴史外交への教訓(6) 「世界史の中で …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(219)/「2019年の世界と日本と地球はどうなった」(上)「米中貿易関税協議は一部で妥協したものの、米大統領選まで対立は続く」★『「香港選挙の勝利を確信していた習近平主席は大ショックを受け,誤判断した中国指導部も今後どう対応すればよいか混乱状態に陥っている」(香港大紀元』

2019年の世界と日本と地球①                          …

no image
◎現代史の復習問題『日韓150年紛争の歴史はなぜ繰り返され続けるのか、そのルーツを検証するー「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』の真実➀(1回―10回まで)

  三菱重工に韓国最高裁が賠償命令 第2次世界大戦中の韓国人元徴用工ら …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』❹ 壬午事変後の清国側の『大院君拉致の非を論ず』(明治15年9月8日)

   『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中 …

no image
「『ニューヨークタイムズ』からみた『日中韓150年戦争史』(55)『(日清戦争開戦10日目)-イギリスは中国の勝利に期待」

     「『ニューヨークタイムズ』からみた『日中 …

no image
『日中コミュニケーションギャップを考える』(2005/6/30)―中国人の行動原理は➀面子(ミエンツ)②関係(グアンシ③「人情(レンチン)」)

『日中コミュニケーションギャップを考える』(2005/6/30) ―中国人の行動 …

no image
日本メルトダウン( 990)–『トランプ次期米大統領の波紋』● 『[FT]世界貿易の現実に直面するトランプ氏 貿易主導、中国は力不足』★『アジア太平洋情勢:米国と中国のロマンス? (英エコノミスト誌11/19)』●『トランプ次期米政権も南シナ海の「主導権」追求へ、中国が分析』★『トランプ政権が日本に突きつける「2%」の試練』●『コラム:米国でヘイトクライム急増、トランプ氏は何をすべきか』●『迷走する原発事故の賠償・廃炉費用の負担 無責任体制を断ち切り原発を「一時国有化」せよ(池田信夫)』●『君の名は。 タイ、香港でも興収首位 アジア4冠達成』

日本メルトダウン( 990)–『トランプ次期米大統領の波紋 』 [F …

no image
★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 東アジア・メルトダウン(1070)>★『北朝鮮の暴発はあるのか?』★『人間は後ろ向きに未来に入って行く(ヴァレリーの言葉)』●『過去の歴史的な知見にたよりながら未来を想像し、後ろ向きに歩むので、未来予想は誤りやすい』★『それでも、北朝鮮の認識と行動のルーツを知ることは一歩前進ではあろう』

C  1894(明治27)年の日清戦争のそもそも原因は、朝鮮に起因する。 という …