前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

終戦70年・日本敗戦史(58) A級戦犯指定・徳富蘇峰の『なぜ日本は敗れたのか』⑩ 支那事変(日中戦争) で日本が犯した2大失策

      2015/04/23

 

終戦70年・日本敗戦史(58)

マスコミ人のA級戦犯指定の徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』⑩

「世界戦史上、最も愚劣な戦争だった支那事変(日中戦争)

で日本が犯した2大失策

  • 日本は、少なくとも2つの大なる失策を犯した。その一は、相手国の支那(中国)に対する考え方を全く誤まっていたこと。第二は支那(中国)の指導者・蒋介石その人に対する考え方が、間違っていた。
  • 世界で、最も強い民族は、漢民族と猶太民族(ユダヤ)であろう。日本人の如きは、自ら世界第一の、強い民族を以て誇っているが、その実は極めて薄弱なるものである。中国はしばしば外敵に侵略され、例えば、元朝、清朝のように他民族がこれを支配したが、それは唯だ形式だけの事であって、蒙古人も満洲人も、みな漢民族化して了った。

日本の支那事変(日中戦争)での2大失敗

 

支那事変(日中戦争)は、子供の喧嘩に、親が出たともいうべきもので、初めから戦争を始めるつもりでなく、悪童どもがいたずら仕事に、火を付けたのが、大きくなって、そのために消防組が繰り出し、梯はしごやら、纏(まとい)やら、鳶口(とびぐち)やら、蒸汽ポンプや、大仕掛の大道具でも遂に止めようもなく、大東亜戦争まで、焼け延びて行ったのであるから、初めから何等の方策も、経倫も、なかった事は、言うまでもない。

今さらそれを咎める訳ではないが、ただこれを消し止むる機会は、相当あったに相違ないが、人が火事を消すではなくして、火事が人を炊き殺すというような始末に至ったのは、余りにもふがいない、無責任な当局者であったと、言わねばならぬ。

その当局者は、誰れ彼れと言わず、この間に出入したる1ダース以上の御連中は、皆な何れを見ても山家育ちで、今さら咎めてもその甲斐もない。

この間、日本は、少なくとも二つの大なる失策を犯した。その一は、相手国の支那(中国)に対する考え方を、全く誤まっていた事である。第二は、支那に対して考えを誤まったばかりでなく、支那の指導者・蒋介石その人に対する考え方が、間違っていた。

日本の当局者は、支那そのものについて、その観察を誤まり更に支那の指導者・蒋介石そのものについて、観察を誤まり、全くお先真っ暗ら、向うみずの戦争をしたために、遂に挙句のはては、われ自らわが力に負けて、ほとんど一人角力を取って、ヘトへトになり、眼をくらませて暗中の飛躍し、第2次世界戦争にまで、飛び込まねばならぬに至ったのは、笑止千万の至りである。

支那に関する最も智識ある人の説として、支那人は砂の如きものである。砂そのものは、粉末にして、素より固まるべきものではなく、風が吹けば飛び去る位のものであるが、これを固めるには、他に方法はない。四方から、動かぬように、箱を挿(さ)して、その中に砂を詰めれば、それで固まるが、一度またその枠を外せば、元の木阿弥となる、というような事を言った。

これは清末頃の支那の形勢に於いては、当てはまった言葉であるかも知れぬが、その箱であり、枠である物は、日本人がこれを造って与えた。およそ世界で、最も強い民族は、漢民族と猶太民族(ユダヤ)であろう。日本人の如きは、自ら世界第一の、強い民族を以て誇っているが、その実は極めて薄弱なるものである。

日本人がドイツに行けば、概してドイツ人のようになり。ロシアに行けばまた概して露国人(ロシア)の如くなり。仏蘭西(フランス)に行けばまたしかり。英米二国に行けば、更らに最も然りである。

即ち支那における日本人でも、口では支那人(中国人)と軽蔑しっつも、殆ど支那人化している。かく言えば、日本人は到るところで、日本人の誇りを失うというではない。しかし、とても支那人とは、比較にならぬ。支那人

は、世界のどこに行ても、支那人である。恐らくは、天国に行ても、地獄に行ても、支那人は必ず支那流の生活を、やっているに相違ない。

日本人はいざとなれば、腕まくりをして、日本人ここにありと言うけれども、支那人は黙々として、事実の上に、支那人ここに在りという、動かし難き実際を示している。従って支那は、しばしば外敵に侵略され、例えば、元朝、清朝の如きは、支那の隅から隅まで、他民族がこれを支配したが、それは唯だ形式だけの事であって、蒙古人も満洲人も、皆な漢民族化して了った。

わが日本は、幸に今日まで、外国に征服せられたる例はなかった。しかるに

今回、歴史あって以来の進駐軍なるものが来て、日本を事実上支配している。この進駐軍が幾年日本に滞在するか知らぬが、我々が眼に見る所では、僅かに一箇年足るか足らぬの間に、日本人は思想的にも、殆ど米国化しっつあるのを見る。これに反して支那(中国)の如きは、異民族が百年から数百年、支配しても、統治しても、いわゆる帝(皇帝)の力、我において何かあるというような、気分でやっている。その動かし難き民族的本質に加えて、日本流の国民的精神を焚き付けたから、堪まったものではない。

元来、尊皇攘夷なぞという言葉も、本家本元は支那である。その支那が国民的精神を鼓吹して、あたかも競馬がマムシや人参を食った如くいきり立って来たのは、もちろんだ。

日本人が叩けば叩くほど支那人がいよいよ強くなる事は、あたかかも鉄が鍛えれば鍛えるほど、堅くなるのと同様であった。それを巧みに利用したのが、蒋介石その人である。

(昭和22年1月22日午前、晩晴草堂にて)

 

 

 - 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
再録『世田谷市民大学2015』(7/24)-『太平洋戦争と新聞報道』<日本はなぜ無謀な戦争を選んだのか、500年の世界戦争史の中で考える>➀

『世田谷市民大学2015』(7/24)- 戦後70年夏の今を考える 『太平洋戦争 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(81)「敗因を衝くー軍閥専横の実相』」で 陸軍を告発し東京裁判でも検事側証人に立った田中隆吉の証言①

  終戦70年・日本敗戦史(81) 敗戦直後の1946年に「敗因を衝くー軍閥専横 …

no image
人気記事再録/「日本興亡150年史―外国人が日本を救う』★『明治の大発展から昭和の戦争敗北が第一の敗戦』★『戦後(1946年)廃墟から立ち上がり独立、奇跡の高度成長で世界第2の経済大国にのし上がるが、一転、バブルがはじけて第2の敗戦へ』★『「少子超高齢人口急減国家」「ゾンビ社会」に明日はない』

2018年6月20日/日本興亡150年史―外国人が日本を救う。 日本はついに移民 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(920)米朝首脳会談開催(6/12)―「結局、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)は先延ばしとなりそう』★『米朝会談の勝者は金正恩委員長か!』(下)

結局、一番問題の非核化(CVID)についてはどうなったのか。 前坂俊之(静岡県立 …

no image
「日中韓150年戦争史」(76) 『(日清戦争勝利後)朝鮮における日本』1895(明治28)年3月19日『英タイムズ』

   ◎『「申報」や外紙からみた「日中韓150年戦争史」 日 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(128)/記事再録★『明治のトップリーダーのインテリジェンスー日露戦争開戦前の大山厳、山本権兵衛の「軍配問答」(出口戦略)にみるリーダーパワー(指導力)』★『アベクロミクス、地球儀外交には出口戦略があるのか!?』★『日韓衝突は近衛外交の「国民政府は相手にせず』の轍を踏んではならない』

 2009/08/21  日本リーダーパワー史 ⑩ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(228)『イランの反政府デモはどうなるのか』★『ハメネイ師はローハニ大統領を更迭し再選挙に持ち込み、市民の怒りを抑えられるか?』★『革命軍を動員して流血の惨事となって更に事態が深刻化するか? 目が離せません。』★『見えぬ打開策…武力弾圧踏み切るか!』

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(228)』 …

no image
尖閣問題・日中対立の先駆報道の研究(資料)『日清戦争にみる<日中誤解>(パーセプション・ギャップ)の衝突①

  尖閣問題・日中対立の先駆報道の研究 (資料)『日清戦争にみる<日中 …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑦』-服部宇之吉著『北京龍城日記』(大正15年)より③」★『中華思想対西欧キリスト教思想の文明の衝突』★『自由、平等、人権、博愛精神の西欧思想が中国人には全く理解できずパーセプションギャップ(認識ギャップ)、コミュニケーションギャップが疑惑を増幅し戦争になった』

  明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑦』 支那(中国)人の脳中に …

no image
終戦70年・日本敗戦史(139)「日本最大のクーデター」2・26事件でトドメを刺された新聞』作家・広津和郎の新聞批判「八百長的な笑い」

終戦70年・日本敗戦史(139) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …