前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』⑰「甲申事変の処理をめぐる日中外交の展開」「申報」

      2015/01/01

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史
日中韓のパーセプションギャップの研究

 

日中150年戦争のルーツは中国が冊封体制によって属国としていた
『琉球王朝』(日中両方に朝貢していた)を明治維新
後に一方的に「琉球処分」して、日本が沖縄県に編入したことが
対立の発火点なのである。

中国が世界の中心であるという「中華思想」「冊封体制」韓国のこれに服属し

た『事大主義』対「西欧近代主義に転換した明治日本」との対立の構図である。
 これが「壬午事変」(明治15年)「甲申事変」
(明治17年)とエスカレートして、「日清戦争」(明治27年)へと爆発する。
 
この三国関係の外円には西欧列強の英国、フランス、ロシア,アメリカ、ドイツ
が加わって中国、日本、朝鮮をターゲットに19世紀の帝国主義的領土、
経済利権の分捕り合戦、戦争が繰り広げられたわけである。
現在の日中韓の対立、紛争の発火点もここにある。
 

 朝鮮で起きた反乱(甲申事変)は,
 
<壬午事変>
 
 
 
1885(明治18)年115日、光緒10年甲申1130日「申報」
        

 
甲申事変の処理をめぐる日中外交の展開

 
天津にいる西洋人の友人からの電報が,昨日の本紙に掲載された。これを子細に読んだがなぜ日本と朝鮮の和平がこのように容易であるのに.日本と中国の和平が困難なのかよく理解できない。
 
朝鮮の事変( 甲申事変)はフランスの来攻に引き続いて勃発したが.以後外国ではさまざまな議論が交わされている。日本の朝鮮攻撃はフランスにそそのかされたものだと言う者もいたが,当初は必ずしもそうではないと考えていた

。日本もまたアジアの一大国であり.なぜ軽挙妄動し.他国の指図に従うようなことがあろうか。だが今となっては,フランスが日本の兵力を借用したというかってのうわさが誤りでなかったばかりか,福建省にあるフランスの兵船に装備されている武器や兵士の給料も日本の援助による,という最近の伝聞もまた根拠のないものではないことがわかる。

 
アジアにおける大国は中国と日本だけであり・朝鮮,シャム,ビルマなどは皆この両国に従属しているようなものだ。ロシアもまたはるかにアジアにまたがっているが,アジアにおけるその領土は大変狭い。
日本は,国土は中国の広大きには及ばないが、東海の一隅にあり,自然に恵まれ,中国と同文であり.またヨーロッパ各国とも競いあっている。維新以後,日本はあたかも超の武霊王が胡人の服装をし,騎馬・弓矢を学んで自国の風俗を改めたように,ヨーロッパを手本として学ぶことに汲々としている。
 
琉球王国を滅ぼした件は,礼を失していたとはいえ、琉球は中国から遠く隔たっており、日本に近接しているためその地理的条件がもたらした結果だったと弁明することができる。
 
だがもし中国を侵略する意図があって,フランスに迎合したのであれば.それはフランスに利用されて行ったのだ。今日フランスは日本を利用して朝鮮を攻撃させ,中国を牽制し,明日はまた日本を利用して台湾を攻撃させ,共に中国を混乱に陥れるのだ。

 
その結果中国が敗れればフランスの勢力はよりいっそう強大となり,日本はこれに利用され息つく暇もなくなるだろう。もしフランスが中国に敗れたならば,フランスは支援の力が不足していたと日本に怒りを向け,日本に災いを転嫁しないとは言えない。
 
フランスは凶暴で,中国に対してなおも野望を抱いているので中国の10倍も小国である日本に対してはなおさらだ。日本政府に人材がないということがあろうか。
 
 
 
このたびの朝鮮の事変は逆臣によって引き起こされたが,日本が逆臣を支援して出兵したことについて釈明の余地はない。
 
もし王宮への侵入が国王を守るという名目だったのなら,なぜ侵入後直ちに大臣を殺害し,政府要人を交代させたのだろうか。日本は堂々たる大国であり,竹添公使はすぐれた役人なので順逆の理がわからないはずはない。
 
6人の大臣は初め王宮を襲い王を賓館に誘拐して殺害しようとした事件には関与していなかったのに,何の罪で皆殺害されたのだろうか。この事変は逆臣の罪にすることができるが,日本もまたその咎(とが)を免れないだろう。
 
まして逆臣によるこの事変で,洪英植が中国兵や朝鮮の義民の手によって誅殺されたほかは.金玉均.朴泳孝ら数人は皆日本に逃亡したが,日本がその罪を追及して.朝鮮に引き渡し公開処刑させたとは聞いておらず,かえって中国に災いを転嫁している。

 
日本はいろいろ述べてはいるが、他人の短所をあげっらい.自己の短所を顧みず,順逆の理を知らなければ,国のためになると言えようか。順逆の理を知っているなら,趨寓夏ら忠臣をことごとく殺害し,逆臣金玉軋朴泳孝らをかくまい庇護するとはどういうことだろうか。
しかも天津からの電報が伝えるように,日本と朝鮮は再び和平条約を締結し,和睦したのに.日本と中国は今なお和平条約を結んでいない。その理由を電報は伝えていないが,おそらく交渉上の困難があるからだろう。
 
 
日本の中国駐在公使榎本武揚はまた外交使臣の中でも勇猛果敢な人物だが.この件については事あるごとにフランスのやり方を模倣し,恥もなく大言壮語し,フランスと同舟相救う態度をとっている。
彼は以前から野心を抱いており,フランスが安南(ベトナム)を獲得したのだから,日本が朝鮮を獲得していけないはずはないと考えている。
中国は安南を救援したため,フランスの災禍を被ることになった。中国はこのたび朝鮮を救援したので,日本の災祖を招かずにはいられまい。
 
かって日本は琉球難民のために報復するという口実で台湾に出兵し,その後,直ちに琉球王国を滅ぼした。日本は琉球の難民を哀れだと言いながら.なぜ琉球の国は哀れむに足りないと言うのだろうか。
 
 
以前日本が琉球の難民のために報復するという口実を設けたのは,中国を試すためだろう。これが1点である。その後琉球を滅ぼして県にしたのは,自国のために過ぎず.上記の点を考えてはいない。
 
今回朝鮮を救援したのは,これを口実に中国に武力行使するためだろう。これもまた1点である。その後直ちに朝鮮と和平交渉を行い,ひたすら中国に野心を抱く。
ああ,日本はなぜこれほどまでに非礼を働くのだろう。日本の中国に対する武力行使は.中国の大きな災難にはなっていないものの、実際には大いにフランスに利益をもたらし,ヨーロッパ各国に利益をもたらしている。
 
日本もまた長年の大国なのに,なぜこのように不正を働くのだろうか。ある者は,「疑いを抱くなかれ。天津からの電報では,日本と中国はいまだに条約を結んでいないと伝えているが,おそらく交渉はすでに進んでおり,ただ条約が締結されていないだけだ。なぜ両回が交渉できないことがあろうか」と述べている。
 
後から来た2つの電報を見るといずれも日本と朝鮮が再び和睦したと伝えてはいるが,中日両国の情勢には触れておらず,またどうしたら和平が得られるかについても言及していない。
 

 - 戦争報道 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(26)-記事再録/トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかの連載⑶』ー(まとめ記事再録)日中韓異文化理解の歴史学(3)『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』 (連載70回中、37-50回まで)

日中韓異文化理解の歴史学(3) 『日中韓150年戦争史の原因を読み解く』 (連載 …

no image
73回目の終戦/敗戦の日に「新聞の戦争責任を考える④」ー『反骨のジャーナリスト』桐生悠々の遺言「言いたいことではなく、言わなければならぬことをいう」

  桐生悠々の遺言 「言わなければならぬことをいう」   「 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(121)/記事再録☆/『リーダーをどうやって子供の時から育てるかー福沢諭吉の教育論は『英才教育は必要なし』★『勉強、勉強といって、子供が静かにして読書すればこれをほめる者が多いが、私は子供の読書、勉強は反対でこれをとめている。年齢以上に歩いたとか、柔道、体操がよくできたといえば、ホウビを与えてほめる』

      2012/10/2 …

no image
日本リーダーパワー史(875)『日中韓、北朝鮮の三角関係はなぜ、かくも長くもめ続けるのか②』★『本邦の朝鮮に対して施すべき政策を論ず②』(尾崎行雄の対中国/朝鮮論策、明治12年12月)

(尾崎行雄の対中国/朝鮮論策、明治12年12月) 『本邦の朝鮮に対して施すべき政 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑧『英タイムズ』『英ノース・チャイナ・ヘラルド』報道ー『日露開戦7ヵ月前ー満州からの撤退期限を無視、軍事占領、増強を続けるロシア対、我慢の限界に近づく日本』●『ロシアは永住用の兵営や家屋の建設を続ける一方,日露戦争の可能性を笑い飛ばす。』●『日本のいらだちーロシアに対する日本国民の憤怒の情は拡大いる』●『戦争か平和か.今や全くのところロシア次第なのだ。』

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑧   1903明治36)年 …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑪『ついに開戦へ』『遼東半島を独占するロシアと門戸開放の日本』『ニューヨーク・タイムズ』

 世界史の中の『日露戦争』⑪ 英国『タイムズ』、米国「ニューヨーク・タイ ムズ」 …

no image
片野勧の衝撃レポート(41)太平洋戦争とフクシマ⑭悲劇はなぜ繰り返されるのか「ビキニ水爆と原発被災<上>(14)

   片野勧の衝撃レポート(41) 太平洋戦争とフクシマ⑭ …

no image
月刊誌『公評』7月号『異文化コミュニケーションの難しさ― <『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目>➁『小保方氏は科学者か、論理的な説明がなぜできないのか』

         2015/0 …

no image
日本リーダーパワー史(510)福沢諭吉「日清戦争」の社説を読む」④道理あるものとは交わり、道理なきものは打ち払わん」

   日本リーダーパワー史(510)  …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(10) 日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む④日清戦争の原因の1つとなった『東学党の乱の実態と朝鮮事情』〔明治26年6月4日 時事新報』(朝鮮内政の悪政、無法、混乱と財政の紊乱は極まれり)ー現在の北朝鮮と全く同じ

   日中北朝鮮150年戦争史(10)    日清戦争の発端 …