前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(70)』『W杯決勝戦のドイツ勝利はNHKで見なくても、 だれでもわかる。そして日本はー

      2015/01/01

  

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(70)』

 

W杯決勝戦のドイツ勝利は714(), 4:00 NHKで見なくても、

だれでもわかる。

同じく日本のメルトダウン、沈没(オウンゴール)が必然であること

も誰でもわかる。

なぜなら、独、米、西欧にある科学的、合理的、客観的精神、思考の

欠如した非民主主義的、無責任/官僚主義旧体制から脱皮できない
<ガラパゴスジャパン>に
明日がないことも、自明ではないか。

 

 

●「ヤンキース田中将大 右肘痛の背景と不安視される最悪のケース」

http://news.livedoor.com/article/detail/9028189/

 

●『F国際ビジネスマンのワールドー・ウオッチ㊴』
『日本球界は先発投手の球数管理を厳格に」(ニューヨークタイムズ1/22)

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/2423

 

 

<F氏のコメント>

 やはり野球の歴史は、米国ですね。

 

 今年1月時点で、ホフマン記者が心配した事が

 

 現実になりました。田中投手の右肘靭帯断裂です。

 

 スポーツ医学も米国の方が遥かに上の様です。

 

 松坂は3年目、田中は1年目です。

 

 日本球界関係者の猛省が必要では?

 

 累積ですから、Tommy John手術が避けられないのでは?

 

 

◎『“日本惨敗”はW杯だけではないー経済でもドイツ、
オランダに絶対勝てない理由

http://diamond.jp/articles/-/55919

 

 

 

●「W杯前の闘莉王の言葉が頭をよぎる。本当の「日本のサッカー」とは何か?」

http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140711-00821248-number-socc

 

 

<F氏のコメント>

 

  このトゥーリオの意見はずっと以前から言われて

  いました。ブラジル出身で、多彩な海外情報源と

  Jリーグ有数のDF経験からの肺腑の言です。

 

  記者団は、なぜ協会、監督、本田以下主要5、6

  選手との公式記者会見を要求して、集中砲火を浴

  びせないのでしょうか?敗戦の責任の一端は、ス

  ポーツジャーナリズムにもあります? 返り血を

  浴びるから、口にチャックで談合し、ここもホト

  ボリの冷めるのを待っているのでしょうか?

 

       特に、協会の会長、専務理事、

  技術委員長に猛省を促すことですが、またしても

  丁寧な総括がありません。

 

  4年前、イタリアのセリエAで優勝経験があるから、

  WCで戦うナショナルチームの監督が出来ると、軽

  く判断している。WCとクラブチームでは全然別物と

  判断し、WC経験者が絶対条件であることに4年前

  は気が付いていなかった。招聘監督に10億円払い

  、成果は一分け二敗で、美辞麗句を残して食い逃げ

  されている。ビジネスの基準では、この成績では

  協会幹部は即交代です。Jリーグの運営が第一で、

  WCの成績は二の次の様です。海外の列強各チーム

  とは逆です。 日本はサポーターの甘さに支えら

  れています。

 

  今後の日本代表の成長の糧になるのですが,逃げ

  回っていては進歩がありません。本田もブラジル現

  地からイタリアへ直行雲隠れです。ホトボリが冷め

  るのを待っています。実に情けない。

 


http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140711-00821248-number-socc

 

 - 現代史研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(453)中国デュープニュース座談会(動画)『シャドウバンキング問題』『相変わらず「日本が戦争をしたがっている」とプロパガンダ報道』

  速報(453)『日本のメルトダウン』   中国 …

ダウンロード
『リモートワーク/歴史証言学/日中韓150年政治外交史』★『日本議会政治の父/憲政の神様・尾崎行雄が中国、韓国との150年対立・戦争史のルーツを語る』★『「『朝鮮(韓国)は助けて、支那(中国)は討て』★『支那(中国)滅亡論」を読むー中国に国家なし、戦闘力なし』』★『『朝鮮の独立を認め、日本を敵視せず、トルコ、ベトナム、清仏戦争の失敗に学ばねば、清国は滅亡する(尾崎の予言)』

前坂俊之(ジャーナリスト)    日中韓150年三国志―尖閣問題ル―ツ …

no image
『オンライン/武士道講座』『NHK歴史大河ドラマはなぜつまらないか」★『 福沢諭吉が語る「サムライの真実とは・」(旧藩情全文)』★『 徳川封建時代の超格差社会で下級武士は百姓兼務、貧困化にあえぎ、笠張り、障子はりなどの内職に追われる窮乏生活.その絶対的身分差別/上下関係/経済格差(大名・武士からから商人への富の移転)が明治維新への導火線となった』(9回連載/全文現代訳掲載)

    2014/03/17 &nbsp …

no image
速報(280)【4号機使用済燃料プール冷却停止】「大切な事は冷却維持』●『大飯原発「再稼働の8条件」小出裕章(MBS)」

速報(280)『日本のメルトダウン』   ●『4月12日【4号機使用済 …

no image
日本メルトダウン( 981)『トランプ米大統領の波紋!?』★『「米中新秩序」到来!日本はついに中国との関係を見直す時を迎えた 対抗ではなく、協調路線でいくしかない』●『トランプ支持層と「ナチス台頭時」に支持した階層はきわめて似ている』●『麻生大臣を怒らせた、佐藤慎一・財務事務次官の大ポカ なぜこんな人を次官に据えたのか』★『さよなら米国。トランプの「米国ファースト」がもたらす世界の終わり』★『若者が動画で自己表現するのはなぜ? 古川健介氏が語る、スマホ世代の“3つの仮説”』★『スピーチを自在に編集できる“音声版Photoshop”登場か–アドビが開発中の技術を披露』

      日本メルトダウン( 981) —トランプ米大統領の波紋! …

no image
梶原英之の政治一刀両断(5)『休止原発は再開させられるのかー10年後の脱原発より、重大なことだー』

梶原英之の政治一刀両断(5)   『休止原発は再開させられるのかー10 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(913)-米朝首脳会談(6/12日)を前に7回目の日米首脳会談(6/7)でトランプ氏は拉致問題提議を確約、安倍首相は北朝鮮と直接交渉する、と明言』★『トランプ氏「朝鮮戦争終結、合意あり得る」北朝鮮と調整』★『「安倍首相大慌て!トランプ心変わりの深刻度―日米首脳会談が「分かれ道」になる可能性」』★『安倍政権は今こそトランプと距離を置く時ではないか』

  トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による初の米朝首脳会 …

no image
日本メルトダウン脱出法(567)◎「アベノミクス:的を外す矢」(英FT紙) ◎「無能な経営者はどんどん廃業を」―

  日本メルトダウン脱出法(567)   &nbs …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(79)記事再録/ ★『日本史を変えた大事件前夜・組閣前夜の東條英機』★『近衛文麿首相は「戦争は私には自信がない。自信のある人にやってもらいたい」と発言。東條は「(中国からの)撤兵は絶対にしない」と答え、「人間、たまには清水の舞台から目をつむって飛び降りることも必要だ」と優柔不断な近衛首相を皮肉った。

  2004年5月 /「別冊歴史読本89号』に掲載 近衛文麿首相は「戦 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(330 ) <日本議会政治の父・尾崎咢堂が政治家を叱る②>『売り家と唐模様で書く三代目』の日本病②<初代が裸一貫、貧乏から苦労して築き上げて残した財産も三代目となると没落 して、ついに家を売りだすようになるという、国家、企業、個人にも通用する 栄枯盛衰の歴史的名言>ーリーダーシップとは何かー

    2012/02/24 &nbsp …