前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(194)』 ●『イスラエル軍:自動運転の武装軍用車、実戦配備を開始 – 毎日』●『日本人は知らない…”ドローン戦争”の過酷すぎる現実』●『日本人は知らない…”ドローン戦争”の過酷すぎる現実』●『ドローン本格普及前夜のまとめ(2/2)-無人航空兵器がもたらす未来の戦場』

   

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・

ウオッチ(195)』

イスラエル軍:自動運転の武装軍用車、実戦配備を開始

– 毎日新聞

 

<F国際ビジネスマンのコメント>

軍用ドローンの開発もイスラエル軍が世界初でしたが、この警戒監視と最前線でスナイパーやテロリストと交戦できる無人運転軍用車の実戦配備でも先行しています。

毎日の大治朋子記者は相変わらず最前線で活躍しておられますね。朝日や日経等からこういう国防技術関連最前線の新鮮なピリピリしたニュースが少ないと感ずるのは私だけでしょうか?

レバノン、シリア、ヨルダン、エジプトそしてパレスチナ自治区との国境線警備は、イスラエル国防の死活問題であり、同時に若者の戦死者の数を激減させることも国家的な最重要課題です。

 

イスラエルにとっても、若者は国力の維持拡大の源泉です、兵役が終われば習得した技術を引っさげてハイテク・スタートアップカンパニーを起業し、ハイテク技術を中心とした経済成長に貢献して貰うことが重要テーマとなっています。

テルアビブの4000 〜5000はあると言われるベンチャーカンパニー、このところ米国大手ICT企業からの数百億円単位の買収が続いています。

戦車、航空機をはじめ、先駆的なAI技術を活用した全面的な自動運転・ロボット戦術の先頭を走るのもイスラエル軍ではないでしょうか? http://mainichi.jp/articles/20160824/k00/00m/030/061000c <http://mainichi.jp/articles/20160824/k00/00m/030/061000c>

日本人は知らない…”ドローン戦争”の過酷すぎる現実http://matome.naver.jp/odai/2144453602054738201

軍用ドローン操縦者、ボーナス1500万円でニンジン… パイロット精神蝕む2つの問題 http://www.sankei.com/west/news/160119/wst1601190007-n1.html

殺人無人機「キラードローン」の歴史と未来 http://gigazine.net/news/20140520-lethal-drones-of-the-future/

ドローン本格普及前夜のまとめ(2/2)-無人航空兵器がもたらす未来の戦場

http://hiah.minibird.jp/?p=1366

 - IT・マスコミ論, 戦争報道, 最先端技術『見える化』動画, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(727)★(記事再録)『アジアが世界の中心となる今こそ120年前の 大アジア主義者・犬養毅(木堂)から学ぼう 』一挙、25本の記事全部公開する!

日本リーダーパワー史(727)   アジアが世界の中心となる今こそ12 …

no image
 片野 勧の衝撃レポート④「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)④『占領下の言論弾圧』⓶『マッカーサーの新聞検閲』 ■6000人の被爆者の臨床データも消された ■没収された原爆放射線被害の情報

  「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)④ 片野 勧(フリージ …

no image
日本リーダーパワー史(817)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス㉜『日本史決定的瞬間の児玉源太郎の決断力④』★『児玉参謀次長でさえ、元老会議や閣議から除外されることが多かったので、軍部は国策決定の成否を知り得なかった。』★『児玉参謀次長に日露外交交渉の詳細が知らされなかった日本外交の拙劣ぶり』

日本リーダーパワー史(817)『明治裏面史』 ★ 『「日清、日露戦争に勝利」した …

no image
昭和外交史① 日本で最も長い日 1945年8月15日の攻防

1 昭和外交史① 日本で最も長い日 1945年8月15日の攻防 ―――<和平か、 …

no image
日本リーダーパワー史(702) 日中韓150年史の真実(8)山県有朋首相は『国家独立の道は、主権線(日本領土)を守るほかに利益線(朝鮮半島)を防護すること」と第一回議会で演説したが、これは当時の国際法で認められていた国防概念でオーストリアの国家学者・シュタインの「軍事意見書」のコピーであった。

日本リーダーパワー史(702) 日中韓150年史の真実(8) 「福沢諭吉の「日中 …

no image
日本リーダーパワー史(618) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑫『福島安正のインテリジェンスが日清,日露戦争の勝利の主因①わが国初の国防書「隣邦兵備略」を刊行、清国の新海軍建設情報 を入手、朝鮮を属国化し大院君を強引に連れ去った

日本リーダーパワー史(618)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑫ 『福島 …

no image
日本メルダウン脱出法(657)「中国人の李小牧が帰化して新宿区議選に出る理由「当選すれば、民主主義のない中国は大打撃」ほか6本

  日本メルダウン脱出法(657)  「中国人の私が帰化して新宿区議選に出る理由 …

no image
速報(355)『日本のメルトダウン』●『格差と世界経済:真の進歩主義』●『日本のナショナリズム:ポピュリストに要注意』

速報(355)『日本のメルトダウン』 ●『格差と世界経済:真の進歩主義』 ●『日 …

no image
日本リーダーパワー史(700)日中韓150年史の真実(6) 「アジア・日本開国の父」ー福沢諭吉はなぜ「脱亜論」に一転したかー<長崎水兵事件(明治19年)ー『恐清病』の真相、 この事件が日清戦争の原因の1つになった>

日本リーダーパワー史(700) 日中韓150年史の真実(6) 「アジア・日本開国 …

no image
速報(124)<座談会・フクシマの教訓①>『事故原因、原子力村、事故処理、低線量被爆など徹底討論する』(上)

速報(124)『日本のメルトダウン』   <徹底座談会・フクシマの教訓 …