前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<新刊出版> 「日米開戦をスクープした男」(後藤基治著、新人物文庫)を出版、解説を執筆

   

<新刊出版>
 
「日米開戦をスクープした男」(後藤基治著、新人物文庫)を出 

版、解説を執筆

                  
                  前坂俊之
 <国家最高機密の「開戦Ⅹデー」をすっぱ抜く>
  - 大本営陸海軍部発表
 帝国陸海軍は本八日未明、西太平洋上において米英軍と戦闘状態に入れり -
 昭和十六年(一九四一)十二月八日午前七時のNHKラジオから流れた臨時ニュースとともに、
「東京日日新聞=大阪毎日新聞」朝刊の一面を見た読者は、戦争勃発をピタリと予告した記事に驚いた。この日本の新聞史上に輝くスクープをはなったのが、本書の著者・後藤基治記者である。
 戦争当時のさびしい検問と報道規制の中で、戦時報道に命がけで働いた記者群像を描く感動の第一級ドキュメンタリー。
(解説・前坂俊之)
1SBN978-4-404-03783-1    本体667円
 
  目 次
 
第一章 日米開戦「運命のⅩデー」
    海軍省黒潮会 
    迫り来る日米対決 
    東条内閣成立をスクープ 
    開戦日を追って 
第二章 従軍記者時代
    従軍記者のはじまり 
    北支従軍と徳川航空兵団 
    武漢作戦と遡上艦隊 
     ノモンハン一番乗り 
    激戦に散った佐藤繁記者 
 
第三章 戦地へ赴く報道班員
 
    軍人人種対文人人種 
    報道班員制度の発足 
    大本営発表の裏表 
     マニラ海軍報道部 
    寺内総司令官と山田彦左″ 
    前線の実相と「竹槍事件」 
 
第四章  謎の「海軍乙事件」
パラオ大空襲の朝 
    「Z作戦」は三つあった
     不可解な司令部の夜間移動 
    古賀長官「殉職」の謎 
    「長官」救出の生き証人たち 
「軍機図書」は米軍の手に? 
ゲリラ司令部を陸軍が包囲 
旅団命令を拒んだ大西部隊長 
疑点残した中央の措置 
恩讐こえたクーシン大佐の友情 
 
第五章 翔べ、ルソンの空へ
    マニラの海軍パレード 
    幻の大戦果に陸軍は祝賀会
    間一髪、マニラを脱出 
    腰抜け軍令部″を怒る 
    「対比通信連絡事務局」の発足
    上も下も混迷する台湾現地 
    金沢カメラマン、奇跡の脱出
大東亜省暗号電でルソンと連絡 
救援機、勇躍屏東へ! 
 
第六章 悲劇!救出作戦は打切り
    行手を阻む新型夜間戦闘機 
   悲憤にわく現地ツゲガラオ 
    今日出海氏の生還 
    戸川幸夫記者、捨て身のスクープ
   胴体着陸で内地に還る 
   終戦にもめげず救出はかる 
    決戦報道隊全滅す 
 
解  説
 
                前坂俊之(元毎日新聞記者・静岡県立大学名誉教授)
 
 
 日本の新聞の歴史は約百四十年になるが、そのうちでも最大のスクープといえば、
『毎日新聞』 の太平洋戦争開戦スクープであろう。三重四重のきびしい検閲と報道規
制の中で、国家の最高機密をすっぱ抜いたのである。
 
 太平洋戦争開戦当日の昭和十六年(一九四三)十二月八日午前七時、NHKラジオ
から流れる大本営陸海軍部発表のかん高い臨時ニュースとともに、『毎日新聞』 (当時
は『東京日々新聞』 『大阪毎日新聞』)朝刊の一面を見た読者は驚いた。
「東亜撹乱、英米の敵性極まる」「断乎駆逐の一途のみ」「養進一路・聖業完遂へ」
 の大見出しが躍り、戦争勃発をピタリと予告していたからだ。他の『朝日』 『読売』
                           
ほか各新聞はすべて「戦争」の「戦」の字もなく、まさに晴天の霹靂、寝耳に水の特ダネやあつた。
 日米間に風雲が迫っていた昭和十六年十一月初め、後藤は米内光政の私邸を訪れた。
 
米内邸訪問は、後藤の〝定期便″であり、夜討ち朝駆けである。その頃はまだ政治家の間でも新聞社でも、
戦争突入を予見する気配はなかった。海軍黒潮会の記者連中でも、戦争開始三、回避七ぐらいの見込みだった。
 午後二時に勝手に訪問すると、「よう、あがれよ」ということで、女中の運んでき
た紅茶に、上等のブランデーをたらし込んで一緒に飲んだ。
 
 後藤が「雲行きは、だんだん怪しいんじゃないですか」と突っ込むと、米内は「気違い沙汰だ」と吐き捨てるように言った。
「じゃ、やるんですか」とたずねると、米内は急に「ちょっと厠(トイレ)へ行ってくる」といって、机の上に置いた大きな黒カバンを開けて、
中からザラ紙のファイルを取り出そうとしたまま部屋を出ていった。
 
 後藤は「このファイルを見ろ」の合図だと思い、カバンからそっと抜いてめくると、フィリピン、シンガポール、ジャワなどと書いた
作戦計画書があり、「開戦時期は十二月一日から十日までのⅩ且と書いてあった。戻ってきた米内は「このカバンの中には、
君が見たがっている書類がある。だがこれを見せたら、僕は銃殺、これだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(以下本文を読んでください)
                                                                                                http://maechan.sakura.ne.jp/war/data/hhkn/41.pdf

 

 - 戦争報道 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
終戦70年・日本敗戦史(116)日本と韓国(日帝36年)北朝鮮との対立、紛争のルーツを解くこれが日清、日露、日米戦争の根源

 終戦70年・日本敗戦史(116)          <世田谷市民大学2015> …

no image
日本リーダーパワー史(555)「日露戦争での戦略情報の開祖」福島安正中佐⑤『清国は共に手を取り合ってやって行ける国ではない』と結論

 日本リーダーパワー史(555) 「日露戦争での情報戦略の開祖」福島安正中佐⑤ …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の清国への影響」⑦1902(明治35)年2月24日 『申報』『日英同盟の意図は対ロシア戦争ーこの機会に乗じて富強に尽力すべし』★『日本はロシアを仇とし『臥薪嘗胆』しロシアを破ることを誓っているが、自国の戦力、財源は 豊かではないので、イギリスを盾にした。』

   ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟は清国にどうはね返るか …

no image
終戦70年・日本敗戦史(115)明治維新直後日本は清国、朝鮮との国交交渉に入るが難航、「中華思想」「華夷序列秩序」「小中華」『事大主義』対「天皇日本主義」の衝突②

    終戦70年・日本敗戦史(115)                     …

images
日本リーダーパワー史(671) 日本国難史の『戦略思考の欠落』(53) 「インテリジェンスの父・川上操六参謀総長(50) の急死とその影響➁ー田村 怡与造が後継するが、日露戦開戦4ヵ月前にこれまた過労死する。

 日本リーダーパワー史(671) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(53)   …

no image
終戦70年・日本敗戦史(148)『日本敗戦前日の8月14日、宮城事件で斬殺された森赳近衛師団長の遺言 <なぜ日本は敗れたのかー11の原因>

  終戦70年・日本敗戦史(148) <世田谷市民大学2015> 戦後70年   …

no image
戦争とメディアー「9・11からイラク戦争へ」=現代のメディアコントロールの実態①

現代のメディアコントロール(2001-05年)①                 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(27)『南シナ海,東シナ海紛争で、国際法を無視、暴走する中国は120年前の日清戦争開戦の「高陞号」(こうしょう号)事件と同じパターン。 東郷平八郎の「国際法遵守」が完全無視 の中国に完勝した。

 日中北朝鮮150年戦争史(27)   ★(記事再録)2014/07/ …

no image
日本リーダーパワー史(926)-『良心と勇気のジャーナリスト桐生悠々の言論抵抗とは逆のケース』★『毎日新聞の「近畿防空演習」社説訂正/言論屈服事件の真相』

  毎日新聞の「近畿防空演習」社説訂正事件 桐生悠々の「関東防空大演習 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ ウオッチ(223)』ーイランの膨張はサウジ、イスラエルの連携があれば、ストップさせる効果は絶大です。イスラエルとパレスチナの和平実現が、サウジとイスラエル連携の鍵となる

『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・  ウオッチ(214)』 Saudi …