前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉘ 「日本人の中国人に対する敵意を論ず」(巨文島事件をめぐる)

      2017/07/04

『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史

日中韓のパーセプションギャップの研究』㉘

 


前坂俊之(ジャーナリスト)

 

 1886(明治19)年1228光緒12年丙戌124「申報」

 
日本人の中国人に対する敵意を論ず

 

巨文島事件

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%A8%E6%96%87%E5%B3%B6

 

 

先に訳載した日本の欧字新聞の記事によると,日本はイギリスが朝鮮の巨文鳥を中国に返

 

日本はイギリスが朝鮮の巨文島を中国に返還しようとしているのを聞き.大いに狼狽し,特に文武の大官を派遣して国内各所の島嶼をくり返し調査させ.調査終了を待って兵士を派遣してそれぞれに駐屯せしめ,防御に当たらせようとしているという。

 

 

私はこの記事を読み.日本政府はかくも人材に乏しいのかと.嘆息を禁じ得なかった。そもそも中国.日本.朝鮮は,同じくアジアの内にあり,わかりやすくたとえれば,同じ部屋に住んでいるようなものなのだ。

 

これに対してヨーロッパ諸国は,他の部屋に住む者であり,いわゆる「わが族類にあらざ」る者だ。もしヨーロッパとアジアが,まだ通商を開かず,相互の往来を通じていないならば,これはあたかも世間との往来を断って家産を守っている者が.他人と交際せず,部屋の外のことはなにも知らないのと同様だ。

 

あるいは同じ部屋に住みながら,双方譲らず.仲間割れを起こす者もあるかもしれない。しかしひとたび他人と往来するならば,家の中のもめごとはひとたおび措いても,他人とのもめごとに当たるべきだ。『詩経』に「兄弟かきにせめぐも.外には其の侮りを禦ぐ」とあるように,だれもがこの道理を知っているのだ。日本人がなぜ専ら同室の者を敵視して,大局を見ようとしないのか,とうてい理解できない。

 

日本が琉球を不法に占拠したり,朝鮮でたびたび問題を起こしても,中国はこれを責間しなかった。これを中国が弱みを見せているのだと思う者もあるだろうが,実際には中国の寛容さを示しているのだ。日本が同じくアジアの一国であるために,仲間内で相争い,外国に笑われることに忍びず,あえて隠忍してこれを大目に見たのだ。ところが日本人はかえって隠忍することができず,それどころか常に同室の者に野心を抱いている。

 

俗に「鳶(とび)は,巣の中のものは食べない」と言うが,これは小をもって大をたとえていると言える。中国はこのことを知っているために.日本を討伐しようとはせず,また八方手を尽くして朝鮮を保護しているのだ。

 

日本はこのことを知らず,専ら朝鮮の隙をうかがい,さらには中国を敵視している。これでは外国の笑い者になっても無理はない。いや,笑い者になるどころか.やがては侮りみくびられることになるだろう。

 

(中略)

巨文島はアジアの中にあり,兄弟に分け与えられた財産のようなものだ。イギリスは先にアフガニスタン問題でロシアと対立したが,ロシアと戦端を開く可能性があると考え,先手を打ってロシアを牽制するために,巨文島に防備を設けた。

 

これはあたかも他人が自分の財産を借りたようなもので.一時的なことに過ぎないのだ。ところが朝鮮は弱小国で,政治が安定せず,とてもイギリスに向かって返還を求めることはできない。これはあたかも弟の財産が他人に無理やり借りられ.なかなか返ってこないようなものだ。

 

中国はイギリスと協議して,これを返還させた。これはあたかも兄弟のために財産の返還を求めるようなもので,義理人情にかなっている。日本は仮にもアジアの一員としての誼(よしみ)を考えるならば,大局に立って考え,中回を助けて朝鮮のためにこの島を返還させるべきだ。それでこそ友誼の道に恥じないものと言えよう。

 

さもなければ中国がすでに協議を経て合意に達し,ようやく返還のはこびとなったのだから.欣喜雀躍して朝鮮と中国のために慶賀すべきではないか。ところがそうしようとはせず,かえってこれを嫉んでいる。なんと依怙地でひねこびていることだろうか。

 

イギリスは先に,巨文鳥を返還する条件として,中国自身がこれを防備し,他国に介入させないことを要求した。これはもとよりイギリス人による無理難題ではない。イギリスは中国が朝鮮に対して実際に保護を行おうとしており,日本のように保護を名目として併合を狙っているのではないことを,承知しているのだ。

 

 

巨文島が朝鮮の領土であるからには,当然朝鮮に巨文島を返還し,朝鮮自身がこれを管理すべきだ。中国がこれを保護するという一点は,蛇足と言えよう。しかしイギリスには,深い意図があるのだ。

 

巨文鳥を朝鮮に返せば,朝鮮はこれを守ることができず,必ず他国に占拠されてしまうだろう。これを占拠するのは,ロシアでなければ日本だ。もしロシアに占拠されれば,イギリスのこれまでの牽制策は全くむだになってしまう。しかしなお.強敵が国境に控えているので,手出しができないかもしれない。

 

ところがもし日本に占拠されれば,ヨーロッパの大勢とは全く関係がない。これによって中国と日本は必ず開戦するだろうが,そうすればロシアはいながら

にして漁夫の利を占めることができる。故に,中国に巨文島をゆだねるのが最善の策なのだ。

 

中国は必ず大局に心を配り,適切な処置をとり.日本人の侵略の野望を防ぐ

だろう。巨文島の安全が保たれれば,朝鮮の安全も保たれる。そしてヨーロッパとアジアの情勢も,また安定するだろう。

 

これがイギリス人の深謀遠慮なのだ。一方中国はなお巨文島を回収せず.兵力を配置したとの情報もないのに,日本人は狼狽して慌て騒ぎ,これは大いに中国に有利で日本に不利だと述べている。あたかも中国がひとたびこの島に進駐すれば,必ず機に乗じて日本に攻め入るだろうと考えているかのようだ。このために日本の辺境地方は1日たりとも安心できないとして,官員を派遣してくり返し調査し,兵士を派遣して駐屯させている。

 

彼らはいったい何を考えているのだろうか。私が思うに.日本人がこのように慌て騒ぐのは.必ずしも巨文島の問題だけによるのではないと思われる。日本

人が中国を侮り.同じ部屋の者同士が助けあうという道理を知らない以上.彼らはいかなる陰謀やたくらみをも行うだろう。長崎の事件に関しては,今なお審問を停止したままで,今後どのように処置するかを明らかに示そうとしない。

 

この間題は東京において処理すると言ったかと思うと,総理街門において処理すると述べ,結局のところいかなる処理がなされたとも聞かない。

このようにして,日本は戦備が整うまでの時間を稼ごうとしているのだ。一方ではひそかに兵力を配置し.将兵を派達しているが,他国の耳目を覆うことはできないために,巨文島の問題を口実としているのだ。

 

その狙いは,もとより別にあるのだ。私が考えるに,中国が巨文島を回収しようとするならば,一方ではロシアを防ぐとともに,一方では日本を防がなければならない。しかしこの問題はなお緊急ではない。長崎の事件についてこそ,今こそあらかじめ軍備を整えなければならないのだ。日本は各島の調査にことよせて,守備兵を駐屯させているが,その実,中国の隙をついて時橋を待って動きだし,中国の準備が整わないうちにその野心をとげようと謀っているの

だ。

 

事前にこれに対する備えを怠らぬべきだろう。近年中国では南洋・北洋海軍を創設し,いずれも著しい成果をあげている。

また国家のために尽力する有能な人材にも事欠かず.人材に乏しい日本政府とは比較にならない。必ずやすでに準備を進めており,ことさらここに言うまでもないかもしれない。こうして愚見を述べたのは,日本を侮るべきではなく,中国は日本に対し十分に対策を練らねばならないからだ。

 - 戦争報道 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『「日中韓150年戦争史」 パーセプションギャップの研究』(70)『(日清戦争開戦3ヵ月後)中国か変法自強すべきを諭す」(申報)

     『「申報」からみた「日中韓150年戦争史 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(895)-『全世界に向け通商戦争を宣戦布告」したトランプ大統領の大罪』★『米国の覇権転落・経済敗戦を決定的にしたく第3次世界貿易戦争>の自爆攻撃をする暴君の忖度!』

世界/日本リーダーパワー史(895) 以下は3月10日までに書いた原稿です。 「 …

no image
日中近代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(423)ー『現在進行中の米中貿易協議、米朝首脳会談』の先駆的ケーススタディ―」★『日中異文化摩擦―中国皇帝の謁見に「三跪九叩頭の礼」を求めて各国と対立』★『困難な日中外交を最初に切り開いた副島種臣外務卿(外相)の外交力』★『英「タイムズ」は「日中の異文化対応」を比較し、中国の排他性に対して維新後の日本の革新性とその発展を高く評価した』

日本リーダーパワー史(423)2015/01/01『各国新聞からみた東アジア日中 …

no image
日本リーダーパワー史(87)尾崎行雄の遺言/『敗戦で政治家は何をすべきなのか』 <尾崎愕堂の新憲法スピーチ>

日本リーダーパワー史(87) 尾崎行雄の遺言・『敗戦で政治家は何をすべきなのか』 …

no image
終戦70年・日本敗戦史(116)日本と韓国(日帝36年)北朝鮮との対立、紛争のルーツを解くこれが日清、日露、日米戦争の根源

 終戦70年・日本敗戦史(116)          <世田谷市民大学2015> …

no image
記事再録/日本リーダーパワー史(575)明治維新革命児・高杉晋作の「平生はむろん、死地に入り難局に処しても、困ったという一言だけは断じていうなかれ」①

  2015/07/29  日本リーダーパワー史( …

no image
日中韓異文化理解の歴史学(7)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史連載81回中、71-81回終)★『『ニューヨーク・タイムズ』仰天論評(日清戦争未来図ー 日本が世界を征服してもらえば良くなる』●『文明化した聡明な日本が世界征服すれば、中国は野蛮なタタール人に征服され続けているよりは、より早く近代化する。 現在ヨーロッパ各国政府の悪政という重荷と各国間の憎悪と不信感という重荷を背負わされている一般民衆は.日本人を解放者と思うようになり,天皇の臣民の中でも最も忠実な臣民となるだろう』

  「日中韓150年戦争史」(71)『ニューヨーク・タイムズ』仰天論評(日清戦争 …

no image
『インテリジェンス人物史』(13)記事再録/『真珠湾攻撃から70年―『山本五十六のリーダーシップ』ー 最もよく知る最後の海軍大将・井上成美が語るー

リーダーパワー史(869) 2011/09/27執筆<日本リーダーパワー史(19 …

no image
日本リーダーパワー史(840 )(人気記事再録)-『権力対メディアの仁義なき戦い』★『5・15事件で敢然とテロを批判した 勇気あるジャーナリスト・菊竹六鼓から学ぶ➂』★『<人権と民主主義を守るため報道の自由> に貢献した「20世紀の世界の 報道人100人」に選ばれた』●『トランプ対メディアの<仁義なき戦い/死闘編>』

2013年9月13日の日本リーダーパワー史(417)   『軍部テロと …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑫『開戦、日本の第一撃』緒戦の勝利で日本は奮い立つ』「ニューヨーク・タイムズ」

 世界史の中の『日露戦争』⑫ 英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイ …