前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(74)』●「日本の死に至る総無責任病」ー「ノー」を突きつけた市民の良識(検察審査会)

      2015/01/01

  

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(74)』

 

 
●「日本の死に至る総無責任病」―政府、経産省、東電、経済界、検察総ぐるみの無責任病に「ノー」を突きつけた市民の良識。

●小泉元首相のリーダーシップ発言―原発の今後は「諦めるしかない。
必ず(原発ゼロに)なる。時間の問題だ。政治が原発を導入したんだ
から、政治がゼロにする」(朝日)と明確に語った。

 

815 太平洋戦争の終戦 3・11福島原発事故』は、日本が歴史上経験した2大人災である、815では約300万人以上の死者が出た (日本軍人、日本国内の民間を含めた数字、国外、外国人の死者は含まれていない)、この戦争責任は占領軍によっては東京裁判などで裁かれたが、日本政府、国民によってはさばかれてなかった。

丸山真男は明治から昭和戦前までの「天皇制無責任国家日本」の『政治構造』を詳細に分析したが、今回の3/11事故では、3年経過した現在でも14万人の人々が避難している先の見えない苦境の生活を続けているのに、無能リーダーたちの「日本の死に至る無責任病」が再発して、日本国家は原発政策に関しては「脳死状態」であり、責責任のたらいまわしを続けている<死に体国家>である。

小泉元首相は31日、東京ビックサイトで開催中の「太陽光発電国際展」に表れ「原発の再稼働について「原子力規制委員長が審査には合格したが、安全とは申し上げられないと言っている。

どこに本当の責任があるかがあやふやで、国の責任が曖昧(あいまい)だ」(朝日)と批判、
原発の今後については「諦めるしかない。必ず(原発ゼロに)なる。時間の問題だ。政治が
原発を導入したんだから、政治がゼロにする」(朝日)と明確に語った。リーダーシップとは
このような決断と発言をいうのである。(前坂 俊之)

 

 

◎『北海道電が再値上げ申請 家庭向け17%、11月実施』

https://bay175.mail.live.com/ol/clear.gifhttps://bay175.mail.live.com/ol/clear.gifhttp://www.nikkei.com/article/DGXL
ASFB31006_R30C14A7000000/

 

F氏のコメント>

 

  、この北電の臆面も無い、破廉恥な値上げ申請には、

   長年、経産省が「お上の言う事を聞いていれば良い、余計

   な事はするな、最後はチャンと面倒を見る」と言うお達し

   を忠実に守って来た電力会社の、硬直した体質が露骨に現

   れています。

 

   自分自身で生き残る事を必死に考えるのではなく、経産に

   助けてもらう事ばかり考えています。もう企業とは言えま

   せん。

 

   住民も企業も北海道から逃げ出す様なエネルギーの高騰で

   す。経産の査定で減額されますが、消費者不在の独占企業、

   横暴極まれる姿です。血の滲むような原価低減が先ずあり

   きではなく、値上げで問題解決です。呆れてものが言えま

   せん。

 

   北海道という長年の構造不況の市場では、これだけの値上

   げを吸収する余力は無いと思います。

 

   電力会社は経産のディヴィジョンという、思い上がりが延々

   と続いています。

 

 

 

◎『検察審査会:福島原発告訴団が「市民常識にかなった決定」

http://mainichi.jp/select/news/20140731k0000e040244000c.html

 

 

◎『検察審査会:東電元会長ら3人「起訴相当」福島原発事故で

http://mainichi.jp/select/news/20140731k0000e040212000c.html

 

 

 

●『原発再稼働:小泉元首相「原発はあきらめるしかない」

http://mainichi.jp/select/news/20140801k0000m010026000c.html

 

 

 

 

●『東電旧経営陣「起訴すべき」との検察審議決、
推移見たい=官房長官

http://jp.reuters.com/article/busi
nessNews/idJPKBN0G006T20140731

 - 現代史研究 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(730)<国難突破力ナンバーワン・出光佐三を見習う③ 『石油メジャーに逆転勝利した最強のリーダーシップ』、「首切りなし」「定年なし」「出勤簿なし」という破天荒な「人間尊重」「大家族主義」「独立自治」「黄金の奴隷たるなかれ」

日本リーダーパワー史(730)  <記事再録、2011年8,01> 日本リーダー …

no image
片野勧の衝撃レポート(64)戦後70年-原発と国家<1955~56> 封印された核の真実(上)

  片野勧の衝撃レポート(64) 戦後70年-原発と国家<1955~56> 封印 …

no image
日本リーダーパワー史(727)★(記事再録)『アジアが世界の中心となる今こそ120年前の 大アジア主義者・犬養毅(木堂)から学ぼう 』一挙、25本の記事全部公開する!

日本リーダーパワー史(727)   アジアが世界の中心となる今こそ12 …

no image
日本メルトダウンの脱出法(551)「3つの要素」のバランスで姿を変え行く世界」「女王陛下を人質にした中国「成り上がり外交」

  日本メルトダウンの脱出法(551)   ★<チ …

no image
原子力市民委員会『原発ゼロ社会への道―市民がつくる脱原子力政策大綱』発表記者<-4月12日(土)日比谷図書文化館 スタジオプラス

   原子力市民委員会    『原発ゼロ社会への道――市民が …

no image
日本リーダーパワー史(172)『高橋是清の国難突破力①』『日露外債募集戦争』―奇跡的に成功したインテリジェンス(1)

 日本リーダーパワー史(172)   『高橋是清の国難突破力①』 &n …

no image
日本リーダーパワー史(907)昭和戦後の高度経済成長の立役者・中山素平の経営哲学10ヵ条「大事は軽く、小事は重く」★『八幡、富士製鉄の合併を推進』『進むときは人任せ、退く時は自ら決せ』★『人を挙ぐるには、すべからく退を好む者を挙ぐるべし』

日本リーダーパワー史(907) 日本興業銀行特別顧問 中山 素平(1906-20 …

no image
『2018年「日本の死」を避ける道・日本興亡150年史』⑤『アベノミクスで政権百日は大成功、このナロウパスを突破せよ』(上)

★『2018年「日本の死」を避ける道はあるのか ー―日本興亡150年史』⑤― < …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉘ 『来年は太平洋戦争敗戦から70年目― 日本は<第2の経済敗戦>の瀬戸際にある!②』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㉘     『来年は太平洋戦争敗戦から70年目― …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(161)』『鈴木敏文の先 : N高等学校という教育革命 』●『ケリー長官の広島訪問、海外メディアはどう報じたか?』●『このままでは日本のコンテンツ産業もガラパゴス化してしまう』●『インターネットテレビ局「AbemaTV」が本開局…音楽やスポーツ、アニメなど全24チャンネルでオープン』

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(161)』   & …