前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(210)>『カタールの天然ガス輸出先は第1位が日本で全体の約21%』★『イランシンパのカタールを、テロリスト支援国家の役割から全面的に手を引かせる事が今回の国交断絶の主目』★『コラム:瀬戸際のカタール、事態収拾に元首交代も選択肢』●『国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由』★『カタール、LNG契約交渉で日本側に強硬姿勢 権益排除も』●『イラン、日本への液化石油ガス輸出を停止=通信社』

   

 <F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(210)>

『カタール天然ガス輸出先は第1位が日本で全体の約21%』

 『イランシンパのカタールを、テロリスト支援国家の役割から全面的に

手を引かせる事が今回の国交断絶の主目』

< F氏のコメント>

今回のカタールとの国交断絶は、この布石が最終的にトランプ政権の思惑通りになるか?は分かりませんが、イスラエル側(ネタニャフ首相、クシュナー上級顧問など)と綿密に検討されたものと想定されます。

ネタニャフは以前から、ハマス(パレスチナ、ガザ地区)がある限り、パレスチナとの和平交渉は成就しない、何故ならハマスは、ファタハ(パレスチナ、ヨルダン川西岸地区)と異なりイスラエルの存在を認めていないから、と言い続けています。

ハマスの組織力を壊滅させる事がイスラエルの悲願、国軍が戦車隊を派遣して甚大な被害を与えても直ぐ復活。ハマスの大きな後盾が多額の資金提供を続行するカタールでした。

イランと相談しながら、と言われています。 イスラエルとパレスチナの和平交渉前進には、ハマスの決定的な弱体化と壊滅が必須であり(ネタニャフの年来の主張)、今回のカタール鎖国政策の目的の一つがここにあります。

カタールの手足を奪った結果としての兵糧攻めの効果がハマスの白旗となるかは、イラン、シリア、レバノンからのパレスチナ支援ルートも同様に断ち切れるかどうかに掛かっています。

三ヶ国はカタールルート崩壊の挽回に必死になる筈です。

もちろん、イランのシンパとして、テロリスト支援国家の役割から全面的に手を引かせる事が今回の国交断絶の主目的ですが。

今回のカタール断交がハマスの弱体化と方向転換をもたらし、イスラエル、パレスチナの和平交渉がトランプ政権下で前進するかどうか見ものです。

Palestinian expert: Hamas might end up biggest loser in Qatar dispute

http://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Palestinian-expert-Hamas-might-end-up-biggest-loser-495066

コラム:瀬戸際のカタール、事態収拾に元首交代も選択肢

https://jp.reuters.com/article/qatar-breakingviews-idJPKBN18Y0B5

湾岸諸国の外交問題、2022年カタールW杯開催にも影響?

http://www.afpbb.com/articles/-/3130952?cx_tag=pc_rankday&cx_position=4#cxrecs_s

国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/06/post-7754.php

イラン、日本への液化石油ガス輸出を停止=通信社

http://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2016/06/171509.php

カタール、LNG契約交渉で日本側に強硬姿勢 権益排除も

http://www.newsweekjapan.jp/headlines/world/2017/05/193451.php

カタール断交、背後にロシアの偽ニュース工作か 米捜査当局

https://www.cnn.co.jp/world/35102372.html

 - IT・マスコミ論, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
長寿学入門(217)-『三浦雄一郎氏(85)のエベレスト登頂法②』★『老人への固定観念を自ら打ち破る』★『両足に10キロの重りを付け、これに25キロのリュックを常に背負うトレーニング開始』★『「可能性の遺伝子」のスイッチを決して切らない』●『運動をはじめるのに「遅すぎる年齢」はない』

長寿学入門(217)   老人への固定観念を自ら打ち破れ ➀ 60歳を …

no image
「20世紀/世界史を変えた『日露戦争』の研究」- 「日露開戦までのいきさつ」①★『ロシアは再三再四の遅延、引き延ばし、恫喝外交を展開、 日本側は妥協し、忍耐して交渉を続けるが、ロシア軍が鴨緑江岸 に侵攻した時点で、ついに堪忍袋の緒をきって開戦に踏み切った。』●『安倍プーチン会談の外交交渉の参考にせよ』

  ★「20世紀/世界史を変えた『日露戦争』の研究」- 「日露開戦まで …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑶日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか③『現在の北朝鮮問題と同じケース、一国平和主義に閉じこもっていた鎌倉日本に対して世界大帝国『元』から朝貢(属国化)に来なければ武力攻撃して、日本を滅ぼすと恫喝してきた!、国難迫る!』

日本の「戦略思想不在の歴史」⑶ 日本で最初の対外戦争「元寇の役」の内幕 第4回目 …

no image
メディア接触度チェックリストのアンケートについて

      メディア接触度チェックリストのアンケートについて <国際コミュニケー …

no image
日本リーダーパワー史(392) 対中韓外交をどうすべきか② 尾崎行雄の「支那(中国)滅亡論」を読む(上)

      日本リーダーパワー …

By: Emile B
日本メルトダウン脱出法(613)◎「FT執筆陣が占う2015年の世界」ほか

    日本メルトダウン脱出法(613)     …

no image
日本メルトダウン( 968)『黒田日銀総裁の「敗北宣言」は新たな戦いの始まり 「真珠湾」の奇襲で日本経済は回復しなかった』●『中国の歴史:虚無主義と戦う習主席 (英エコノミスト誌 2016年10月29日号)』●『国際舞台で派手に転ぶ中国人投資家 驕りにかけては欧米並み、買収計画が相次ぎ頓挫 (英FT紙 2016年10月31日付)』●『大前研一の特別講義「大卒に特別な価値はない。世界教育動向と進む学歴インフレ」』●『  イタリアの避難所に簡易個室 建築家の坂茂さんが実演』

   日本メルトダウン( 968)   黒田日銀総裁の「敗北宣言」は新 …

no image
  片野 勧の衝撃レポート③「戦争と平和」の戦後史(1945~1949)➁『占領下の言論弾圧ー① ■検閲されていた日本の新聞、放送、出版、広告』★『業務停止を命じられた同盟通信』

   片野 勧の衝撃レポート③ 「戦争と平和」の戦後史(1945~1946)③ …

no image
(再録)ー世界が尊敬した日本人(33) ☆「世界の良心」とたたえられた 国際司法裁判所所長・安達峰一郎

(再録)ー世界が尊敬した日本人(33) 2008年 ☆「世界の良心」とたたえられ …

no image
日本メルトダウン(952)★『蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言、即刻、辞任するべきだ。(李小牧)』●『 国交省「常軌逸する」 三菱自、再測定でも不正』●『「技術立国」日本が情報技術で絶望的に弱い現実』●『小池知事vs巨大利権、盛り土問題を契機に全面対決へ』●『8年前のような「大暴落」を否定できない理由―緩和傾向だった金融政策の限界が見えてきた』

    日本メルトダウン(952) 『蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」と …