前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

片野勧の衝撃レポート(41)太平洋戦争とフクシマ⑭悲劇はなぜ繰り返されるのか「ビキニ水爆と原発被災<上>(14)

      2015/01/01

  

片野勧の衝撃レポート(41

太平洋戦争とフクシマ⑭

≪悲劇はなぜ繰り返されるのかー

★「ビキニ水爆と原発被災<上>(14

 

片野勧(ジャーナリスト)

 

 偏見と差別にさらされて


 永田さん 「大石さんは被ばくされて、お子さんを死産されることがありました。そういう体験の中で、世の中の偏見や差別にもさらされてきました。自分が被ばくし、子々孫々までそれを背負っていかなければなりませんから、親せきの方にも迷惑がかかることもあったと思います。でも、被ばくの事実を伝えなければならない一方、政府側から被害はないよ、と否定されるわけですが、その狭間に立った苦しみというものはどういうものだったのですか」

 大石さん 「言いたいことがあっても言えない。しかし、それを言うと家族に及んでいく。また実際に及んできました。最初はみんなに隠して生きていましたけれども、誰かが言わなければ、また同じことが繰り返されるということを長い年月の間で知りました。私は今、元気そうに見えるかもしれませんが、被ばく者特有の症状があります。肝臓がんの宣告も受けました。被ばく者であることを認められないで、今日まで来てしまっています。原発がある以上、皆、被ばくする可能性を背負っています。そこで原発をどうすればよいのか、みんなで真剣に考えてほしいと思います」
 永田さん 「今、福島原発の事故を受けて多くの人たちが声をあげています。その声は小さくなるどころか、今日もこのようにたくさんの人たちが集まっていらっしゃる。これは何か可能性のようなものを大石さんは感じられますか」
 大石さん 「やはり皆、心配しているのだと思います。特に植物連鎖で放射性物質が口の中へ入ってきたということに驚いているのだと思います。放射性物質には色はないし、臭いもありません。しかし、間違いなく、放射性物質があったことが証明されました。
 第五福竜丸は広島・長崎の原爆と違って、内部被ばくです。その点では福島原発と全く同じです。福島原発からはたくさんの放射能が海に放出されました。チェルノブイリ以上の放射能が放出されていると言われています。これからいろんな形で問題が出てくるはずです」
 
 故郷を離れる辛さ


 核や放射能をめぐる大石さんと永田さんの対談は約1時間に及んだ。終わった後、私は2人と名刺交換した。「今日の話を書かせていただきます」と言ったら、大石さんは「結構です。ご自由に書いてください」と言われた。
 名刺をよく見たら、大石さんの住所は焼津ではなく、東京だった。なぜ、東京に? と問いかけると、大石さんはこう答えた。
 「あのころ、故郷にいるのがとても辛かったんです。見舞金のことでもさまざまな憶測があって、いわれのない反感をかったりして、それも悲しかったんです。それ以上に、被ばくの後遺症がいつどんなふうに出るのかと、自分の身体が不安でならなかったから、専門病院のある東京に出てきたのです」
 被ばくした当時、まだ20歳。第五福竜丸の乗組員だということを誰も知らない東京へ。しかし、それまで育ててくれた故郷、家族も先祖もいる故郷を離れることは、どんなに辛かったことか。この話を聞いていて、私は原発事故で家を追われ、苦しんでいる福島の人々のことが脳裏に浮かんできて、思わず目頭が熱くなった。
 対談でも語られたように、やがて大石さんは結婚し、最初の子供が生まれた。しかし、死産だった。やはり、被ばくの影響かと考え、ずっと長い間、そのことを隠してきた。しかし、本当は、その子は奇形児だった。それを知った時の驚きは言葉で言い表せなかったと、大石さんは自著『第五福竜丸とともに』(新科学出版社)に書いている。
 なぜ、隠してきたのか。大石さんは言う。
 「それは、私たち家族の問題でもあり、いっしょに被ばくしたほかの乗組員や、その家族の問題でもあったからです。それは、みんなに知れたら、大騒ぎになるのではないかということ。そしてこのことで、就職や結婚、暮しの中での差別が生まれるかもしれないということがあったからです」
 もう時計の針は午後の4時半を回っていた。“被曝さえしていなければ……”――大石さんの無念の思いを抱きながら、私は「夢の島」をあとにした。
 その後、大石さんは脳出血を起こし、講演を中断していた。しかし、後遺症で言葉は出づらいが、講演依頼があれば、いつでも出かけていくという。
 米国によるマーシャル諸島・ビキニ環礁での水爆実験から60年目の今年(2014)3月1日。マーシャル諸島の首都マジュロで開かれたビキニ被災60年集会。大石さんは杖をついて登壇。訪問は10年ぶりだった。
 「東京電力福島第1原発事故による汚染はビキニ事件と同じです。核は人類と共存できません。私は核兵器にも原発にも断固、反対します」

 「ドーン」不気味な地鳴りのような音


 第五福竜丸の元乗組員23人のうち、存命者は7人。その中の一人、見崎進さん(87)にも会った。静岡県島田市の見崎さんの自宅で。2014年3月4日午後2時――。被災当時、見崎さんは(かじ)を操作する操舵手だった。
 その日、デッキにいて夜が明けるころだった。みそ汁をかけたご飯をかき込み、(どんぶり)に注いだお茶を飲んでいるときだった。1954年3月1日早朝。
 ドーン。不気味な地鳴りのような音がした。その瞬間、光が走った。見崎さんは「お天道様みたいに光った」と表現したが、太陽にも似た光であたり一面、明るくなった。
 「逃げろ!」という怒声が聞こえた。
 「でも……」。「陸なら車で逃げられるかもしれませんけど、船の中は逃げられません」
 ――船にはお風呂があるんですか、と私は聞いた。
「ありません。甲板や体を覆った灰は塩水で流していました。今、思えば、その海水も放射能で汚染されていたのですね」
 空から雪のような白い粉が降ってきた。これは水爆実験で爆発したサンゴの灰で、「死の灰」と呼ばれる放射性降下物だったことを、その後入院した国立東京第1病院で知った。
 「当時は放射能なんて知らないから、みんなで『これは何だ、何だ』って、騒いでいました。なかには雪だという人もいたね。でも南洋に雪が降るのか、って言ってね」
 そのうち、船の上で異変が起こった。髪の毛が抜ける、首が痛い、手が痛い、歯が痛い、お腹が痛い……。
 3月14日、第五福竜丸は母港の焼津に帰った。下痢や嘔吐(おうと)、脱毛は続く。やけどのように火ぶくれができ、皮がむけてきた。

 3度死んでここまで生きてきた


 「しかし……」。見崎さんは「3度死んでここまで生きてきたのだから、がんばろう」と思った。死にかけた1度目は戦争で。2度目も戦争で。そして3度目はビキニ事件で。
 戦争中、17歳で商船に乗った。その船は沈められたが、見崎さんは運よく乗っていなかった。
 その後、徴用船に2年駆り出された。大砲と機関銃を積んだだけの「監視艇」の乗組員として硫黄島まで行った。監視のためマストにのぼったところ米軍機から機銃掃射された。
 見崎さんは弾で足をかすっただけだったが、甲板にいた5人のうち4人が亡くなった。船が揺れて、死体がごろごろ転がったが、何とも思わずに釜石に上陸した。「8・15」終戦は函館で迎えた。そして第五福竜丸事件である。「私は人生の終わりを平素から受け入れているんです」と穏やかな口調で語った。
 その後、見崎さんは国立東京第1病院に1年2カ月、入院した。同室の隣のベッドには無線長の久保山愛吉さん(当時40歳)がいた。黄疸がひどくなり、真っ黄色。それが脳に回ったらしく、半年後に亡くなった。
 「次は俺の番かも……」。
 こんなことばかりを考えていた。しかし、病室には同じ仲間が一緒だったから、耐えられたのだろう、と見崎さんは言う。
 ――結婚はおいくつで?
 「22、3歳だったかな。よく覚えていません、ハッハッハッ。恋愛結婚で式も挙げていません」
 ――お子さんは?
 「3人います。2人はビキニ事件の前に生まれました。もう1人はビキニ事件後に生まれましたが、元気です」
 ビキニ事件後、見崎さんは体が心配で船に乗る仕事をやめた。豆腐屋を始めた。ラッパを吹いて、一軒一軒、訪ねて売った。時には「原爆豆腐!」と陰口をたたかれたことも。しかし、客商売。けんかしてもしようがない。バカなことばかり言っているな、と見崎さんは笑い飛ばしてきたという。
 豆腐屋の傍ら、静岡市でアパートを経営し、ホテルもやっていたが、今はやめて妻と一緒にそこに住んでいる。
 料亭「百小屋」。見崎さんの息子さんが島田駅近くで料理屋をやりたい、どうせやるなら変わった店に、ということで、建物は白川郷の合掌造りにした。白川郷から専門の大工さんに来てもらって移築。今は息子さんが料理を担当し、娘さんがそれを手伝って店は繁盛しているという。
 「私は食うだけ」。見崎さんは豪快に笑った。

 第五福竜丸事件を語り継ぐ


 昨年(2013)9月、市民団体の要請を受けて、地元の高校生ら約10人を自宅に招き、「第五福竜丸とビキニ事件」について語った。被ばく当時、入浴時に浴槽の水を放射線測定器で測ったら、針が振り切れた。水揚げしたマグロは捨てた。焼津は風評被害にもさらされた……。そして40~50代の働き盛りで死んでいった仲間たち。その無念を晴らしたいと、証言を始めた。余命いくばくもない見崎さんは、
 「俺らがみんな死んだらどうなるか。記憶は消えちゃいます。あまりしゃべる機会もありませんでしたが、大勢の前で話をしてもいいです」と言った。
 今年(2014)3月1日。「被災60年 3・1ビキニデー集会」が焼津市で開かれた。見崎さんはビデオメッセージを寄せた。「放射能は怖い。悪いことをしていない人が被害に遭う」と切実な思いを語った。
 今、原発事故でふるさとを追われ、風評被害に遭っている福島の人々に胸を痛める。
 「福島の野菜も魚もおいしいのに、なんで悪いの? 福島は悪くない!」

 

片野 勧

1943年、新潟県生まれ。フリージャーナリスト。主な著書に『マスコミ裁判―戦後編』『メディアは日本を救えるか―権力スキャンダルと報道の実態』『捏造報道 言論の犯罪』『戦後マスコミ裁判と名誉棄損』『日本の空襲』(第二巻、編著)。近刊は『明治お雇い外国人とその弟子たち』(新人物往来社)。

 

 

 - 戦争報道 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン・カウントダウンへ(900)『安倍首相の退陣すべきを論じる①」「消費増税再延期」<君、国をつぶすことなかれ、子供たちに借金を残すことなかれ>

   日本メルトダウン・カウントダウンへ(900) 『安倍首相の退陣す …

no image
現在進行形! 日中北朝鮮150年戦争史(33)『口先だけか!国連の担当者が初めて語る、北朝鮮制裁の意外な舞台裏[第一弾]●『北朝鮮、核搭載型ミサイル実戦配備も視野、現実味は』●『コラム:北朝鮮、このタイミングで核実験を強行した理由』●『【スクープ最前線】暴走する北朝鮮に中露が軍事技術支援か 潜水艦、SLBMが酷似 (1/3ページ)』●『中国がG20で見せた、世界で孤立したくないという本音』●『中国がG20でオバマ大統領に働いた「非礼」の裏側』

 現在進行形! 日中北朝鮮150年戦争史(33)   口先だけか! 国 …

no image
チャイナ/メルトダウン(922)『南シナ海、中国の主張認めず=「九段線」に法的根拠なし-初の司法判断・仲裁裁判所』★『中國が一貫して日本軍国主義の暴走と非難してきた謀略の満州事変と国際連盟の反対を押し切った『満州国建国』と同じ失敗パターン!、習近平の『核心的利益政策』という名の独善的『共産党独裁帝国主義は国際的な孤立を招くだろう。

 チャイナ/メルトダウン(922)  中國は日本軍国主義の暴走として批判して き …

no image
 世界、日本メルトダウン(1022)ー「トランプ大統領40日の暴走/暴言運転で『2017年、世界は大波乱となるのか」②『日米会談(1/28)は成功か?、これからが本番、交渉難航が待っている』●『日米首脳会談で安倍首相は「罠」にハマったー「マッドマン・セオリー」に騙される日本』★『トランプ米政権、主権侵害するWTO決定従わず=USTR報告書』

 世界、日本メルトダウン(1022)ー「トランプ大統領40日 の暴走/暴言運転で …

no image
日本敗戦史(45)「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕<「暴走機関車大日本帝国アジア号」の脱線転覆④

 日本敗戦史(45) 「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑭「ペリー米黒船はなぜ日本に開国を求めて来たのか」<以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P)>『開国の恩人は、ペリーではなく金華山沖のクジラである』

  <以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P) …

978-4-7593-1555-4
新刊出版『世界史を変えた「明治の奇跡」(インテリジェンスの父・川上操六のスパイ大作戦)』★『150年前の明治維新で世界にデビューした極東アジアの<弱小貧乏島国国家・日本>はどのように西欧列強、中国/韓国と立ち向かい、「世界史の奇跡」』(日清・日露戦争勝利の方程式)を解いていったのか。』★『空前絶後の名将・川上操六の戦略を解明する!』

  世界史を変えた「明治の奇跡」 インテリジェンスの父・川上操六のスパ …

no image
日本メルトダウン( 990)–『トランプ次期米大統領の波紋』● 『[FT]世界貿易の現実に直面するトランプ氏 貿易主導、中国は力不足』★『アジア太平洋情勢:米国と中国のロマンス? (英エコノミスト誌11/19)』●『トランプ次期米政権も南シナ海の「主導権」追求へ、中国が分析』★『トランプ政権が日本に突きつける「2%」の試練』●『コラム:米国でヘイトクライム急増、トランプ氏は何をすべきか』●『迷走する原発事故の賠償・廃炉費用の負担 無責任体制を断ち切り原発を「一時国有化」せよ(池田信夫)』●『君の名は。 タイ、香港でも興収首位 アジア4冠達成』

日本メルトダウン( 990)–『トランプ次期米大統領の波紋 』 [F …

no image
日中韓150年戦争史(80)伊藤博文、井上馨ら歴史当事者が語る日清戦争の遠因の長崎事件(長崎清国水兵事件)について

 日中韓150年戦争史-日中韓パーセプションギャップの研究(80) 伊藤博文、井 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(953)ー『米中間選挙後も、トランプの「孤立主義」「単独行動主義」の暴走は収まりそうにない』★『安倍首相はサミットメンバーではメルケルに次ぐ最古参で、TPP、EUとの経済連携協定(EPA)など自由貿易を守る旗手として今こそ、安倍首相のその真価が問われている』

世界リーダーパワー史(953)   米中間選挙(11/6)は事前の予想 …