前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(228)『イランの反政府デモはどうなるのか』★『ハメネイ師はローハニ大統領を更迭し再選挙に持ち込み、市民の怒りを抑えられるか?』★『革命軍を動員して流血の惨事となって更に事態が深刻化するか? 目が離せません。』★『見えぬ打開策…武力弾圧踏み切るか!』

      2018/01/12

 

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(228)』

イランの最高指導者 ハメネイ師は、敵国がわが国の政情不安を掻き立てている、と言う。

Iran’s leader says enemies have stirred unrest in country
http://www.jpost.com/Middle-East/Irans-leader-says-enemies-have-stirred-unrest-in-country-522641

JPOST紙はイラン暴動の推移を休みなく流し続けています。この臨場感は他の追随を許しません。
若者の失業率は30%、卵の値段は一週間で倍、表現の自由が益々規制され抑圧されている、イスラム聖職者指導体制下の腐敗と閉鎖的不自由などホメイニ、ハメネイと続くイスラムの宗教指導者の支配下孤立主義への反発、などが今回の民衆蜂起の要因として挙げられています。
イランはハメネイ師やローハニ大統領が、年中、米国トランプやサウジの悪口を言い、イスラエルは20年後には亡き者にする、シリアにイスラエル攻撃拠点を築くなどと歯切れの良い言説と行動を繰り返していましたので、内政・ 国内統治は盤石かと誤解していました。
やはり聖職者集団と政府の腐敗が進み、経済運営も不調で大衆から遊離していたと思われます。長年の油価の不調も効いています。
ハメネイ師は、暴動の背後に米、英、サウジなどが、資金、武器、を提供し扇動者を送っている、と言っています。
暴動は、50に近い都市で一斉に起きており未だ沈静化の動きは無いようです。政府はまだイスラム革命軍を動員してはいません。
今後の帰趨は不明ですが、ご承知のようにイランは大統領を選挙で選んでいますので、ハメネイ師はローハニ大統領を更迭し再選挙に持ち込み、これで市民の怒りを抑えられるか?

+革命軍を動員して流血の惨事となって更に事態が深刻化するか?  目が離せません。

イランを中心としたシーア派連合の地盤沈下となれば、サウジのスンニ派連合が勢いづき、イラン、ロシア優勢の中東パワーバランスが変わります。

トルコとカタールのイラン寄りの姿勢がどうなるか?  興味が尽きません。

 

イラン反政府デモ、革命防衛隊が鎮圧部隊派遣 政府支持集会も

https://jp.reuters.com/article/iran-protest-idJPKBN1ES24G

 

見えぬ打開策…武力弾圧踏み切るか

http://www.sankei.com/world/news/180103/wor1801030038-n1.html

イランで反政府デモ続く 大統領は「何でもない」と

http://www.bbc.com/japanese/42538418

 

NY商品、原油が2年7カ月ぶり高値 イラン反政府デモの長期化で 金は時間外で下落

https://www.nikkei.com/article/DGXLASQ2INYPC_U8A100C1000000/

 

 - 人物研究, 戦争報道

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード-1-150x150
  日本リーダーパワー史(771)―『トランプ暴風で世界は大混乱、日本も外交力が試される時代を迎えた。そこで、日清戦争の旗をふった福沢諭吉の「外交論」を紹介する」★『日清講和条約(下関条約)から3週間後の福沢諭吉の外交論である。 『外交の虚実』『時事新報』明治28年5月8日付』●『今日の順風も明日の逆潮に変化するその間に立て、虚々実々の手段をめぐらし、よく百難を排して、国の光栄利益を全うするは外交官の技量にして、充分に技量を振わせるものは実に朝野一般の決心如何に在るのみ。』

   日本リーダーパワー史(771) トランプ米大統領の誕生で『世界は大混乱の時 …

no image
新刊発売『日本史有名人の家族の物語70人―誰も知らない家庭での姿』 新人物文庫 (667円+税)

  新刊『日本史有名人の家族の物語70人―誰も知らない家庭での姿』 & …

no image
日本リーダーパワー史(734) 『 落花狼籍(らつかろうぜき)のマントヒヒ侯・伊藤博文』『鳴呼売淫国』の「伊藤公の蔭には必ず女があった』(三宅雪嶺)

日本リーダーパワー史(734) 『落花狼籍(らつかろうぜき)のマントヒヒ侯・伊藤 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」/「日英同盟の影響」⑬1902(明治35)年10月22日『英タイムズ』『満州におけるロシア人ー占領の結果』●『日露戦争開戦3ゕ月前には三国干渉で日本から奪った満州は5年間でロシアの1州になっていた』

     ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑬  19 …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』➈『英ノース・チャイナ・ヘラルド』報道ー『日露開戦6ヵ月前ーロシアの満州併合は日本の保全と独立にとって致命的打撃の前段階となる』●『(ロシアの主張)シベリア鉄道と東清鉄道はロシアと中国の貿易を促進するため,また中国にいるロシアの競争相手たちを追い出すためのもの』

    『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑧         『 …

no image
 世界も日本もメルトダウン(962)★『ポピュリズム跋扈の中、日露急接近で世界史は動く 米国が最も恐れる対米独自外交路線に安倍は踏み切れるか』●『コラム:北方領土問題で急接近するロシアと日本』●『 パックンのちょっとマジメな話 盛り土は気になるけど、北方領土もね』●『米国には「二重投票」する有権者が百万人! 大統領選のインチキ暴く』●『  未来の電子社会に影を落とす過去の冷戦、 米大統領選の電子投票システムもハッキングされる? (英FT紙)』●『ノルウェーの巨大ファンド:国富を使わない方法 (英エコノミスト誌)』●『ついにスマホブームは終わるのか? 今年の世界出荷台数、ほぼ横ばいとの見通し』

 世界も日本もメルトダウン(962)★   ポピュリズム跋扈の中、日露 …

no image
『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』㉑「 日本か朝鮮を狙うのは有害無益なことを論ず」(申報)

      『中国紙『申報』からみた『日中韓150年戦争史』 日中韓の …

no image
日本リーダーパワー史(919)記事再録『憲政の神様/日本議会政治の父・尾崎咢堂が<安倍自民党世襲政治と全国会議員>を叱るー『売り家と唐模様で書く三代目』②『総理大臣8割、各大臣は4割が世襲、自民党は3,4代目議員だらけの日本封建政治が国をつぶす』②

日本リーダーパワー史(919) 『売り家と唐模様で書く三代目』② 前坂俊之(ジャ …

no image
日本リーダーパワー史(834)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )⑥』★『シベリア鉄道のおどろくべき秘密』●『ドイツ皇帝からの親書を金子が読む、大統領は親友だから見せないが、話すよ』●『日本海海戦勝利にル大統領 は大喜びして、熊皮を明治天皇に プレゼントした』

<日本最強の外交官・金子堅太郎⑥> ―「坂の上の雲の真実」ー 『日本海海戦勝利に …

4651-100x100
 『 新選/ニッポン奇人・畸人・貴人・稀人・伝伝伝』② 『泉鏡花・幻想文学の先駆者は異常な潔癖症・』●『封筒が手を離れてポストの底に落ちても、まだ安心出来ない。原稿がポストの周囲に落ちていないだろうかと不安に襲われて、三回はポストの周囲を回わり、最後にもう一度振り返って見る』

 『 新選/ニッポン奇人・畸人・貴人・稀人・伝伝伝』② 『泉鏡花・幻想文学の先駆 …