前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界史の中の『日露戦争』⑫『開戦、日本の第一撃』緒戦の勝利で日本は奮い立つ』「ニューヨーク・タイムズ」

   

 世界史の中の『日露戦争』⑫

英国『タイムズ』米国「ニューヨーク・タイムズ」
は「日露
戦争をどう報道したか」⑫

 

『日露戦争開戦へ、日本の第一撃』―
『奇襲攻撃をロシアはだまし打ちというが、その根拠はない。
緒戦の勝利で日本は奮い立ちロシアは消沈する』
<『ニューヨーク・タイムズ』 
1904(明治37)年
210
<開戦2日目>

 

   アレクセーエフ提督は日本がロシアと国交を断絶したこと,戦争状態の存在を十分に知らされ
ていた。ペテルプルグではだまし打ちだと非難したというが,その根拠はない。

   1撃は奇襲だった。その結果.極東の海軍力で日本の優位は疑問の余地がない。

    この緒戦の勝利の精神的効果は物質的な結果を限りなく上回るものだ。これで日本は奮い
立ち,ロシアは消沈する。

 

 

 2日前のロシアと日本の戦列艦における戦力比較は,戦艦と装甲巡洋艦に限った近代分類法によれば,数の上で1312でロシアがまさっていた。同国の保有檻は戦艦8、装甲巡洋艦5隻だったのに対し,日本は戦艦6,装甲巡洋艦6隻だった。日本の水雷艇が咋日朝,旅順港の攻撃に成功したため、数の優位は日本に移った。今や日本の戦列艦は12に対しロシアは11隻である。

 

 アレクセーエフ提督が損害を報告した戦艦2隻の損害の程度については,われわれは知る手がかりがない。だが目下のところ両艦が行動不能で「戦闘から除かれた」のは明らかで,さもなければ同提督は損傷を報告しなかっただろう。

非公式報道によれば,両檻とも陸に「乗り上げた」といわれる。ロシアにはさらに大きな軍艦が3隻あるが,それらを除けば,損傷を受けた両艦はフランス製とアメリカ製で,ロシア海軍のどの鑑にも劣らぬ威力があり,威力のすべての要素を備えていた。これら両艦をロシアのすべての現有艦船から差し引くと、2隻以上を差し引くことになる。以前

のロシアの対日海軍力を1312とすれば、今や11未満対12となったわけだ。

 

実際にはイギリス海軍の計算では,両国の艦隊が無傷だったときも,すべての要素を合わせた総合戦力と単純な物質的比較において,日本が1914でまさっていた。

 

ロシアの最精鋭戦艦2隻の損傷で日本のこの優位がどれほど増大したかを確定するには,巧妙で綿密な計算を必要としよう。

しかし日本の優位が非常に増大したのは明白で,戦争の発端であり初回の作戦のほぼ終りと予想されている大海戦に,ロシアはきわめて不利な状況で臨むことになろう。

 

われわれはロシアの3隻目の軍艦の損傷を重視はしない。同艦は完全に破壊されたと伝えられるが,大鑑同士の戦闘において同艦は戦列艦ではなかったからだ。

パルラダはわが海軍の有名なオリンピアと大体同じクラスだが,オリンピアはマニラ湾でモントホ提督の木造艦に対し大戦果をあげたが,サンティアゴ海戦に参加していたら

セルベラ提督の新鋭の装甲檻の敵ではなかったろうし,その際は戦列から外されていただろう。

パルラダの所属した防護巡洋艦のクラスでは日本はすでにロシアに対し148で数の優位に立っていたし,全艦隊を構成する各艦の新鋭さと均質性においても同じく優位にあった。

 

 海軍の戦略,戦術の面では,日本軍のこの敏速,巧妙かつ果敢な偉業は「駆逐艦」の戦闘の理論的価値を初めて実際に立証したものとして記憶されよう。

「めかじき対鯨」とは想像するだに痛快だが,これが現代の海戦において実際に初めてその価値を示したのだ。「現代」の海戦といっても,日中戦争と米西戦争の2つしかないが,いずれにおいても水雷艇は期待通りの役割を果たすには遠く及ばなかった。

 

サンティアゴでウェンライトが改造ヨットの砲でスペインの「駆逐艦」2隻をたたいて屑鉄にしてからは,駆逐艦に対する恐れは軽蔑に変わり,世界中の海軍士官は,この隠密の破壊機関に対し40年前のモービル湾海戦でファラガットが「水雷が何だ,進め!」という表現で下した評価に逆戻りし始めていたのだ。

日本の駆逐艦が中国戦艦のウェイハイウェイ【ママ]を攻撃し成功したことも,相手が中国だったという理由で,ほとんど顧みられなかった。

 

だが,魚雷は役に立たぬという考えは,今や日本の成果によって信用を失墜した。こうした自動弾丸を巧妙な敵が操っている場合には,その攻撃から艦隊を守るには厳戒態勢が必要なことがはっきりと示されたのだ。

アレクセーエフ提督は日本がロシアと国交を断絶したこと,またそれに加えて宣戦布告はあるまいと知らされていた。つまり彼は戦争状態の存在を十分に知らされていたのだ。ペテルプルグではだまし打ちだと非難したというが,その根拠はない。

 

だがそれはともかく,アレクセーエフ提督は,自分の戦艦群の250マイル以内にいるとは思ってもみなかった水雷艇によって.日本が国交断絶通告に次いで早速攻撃をかけてきたのに驚かされたのは明らかだ。

日本が1週間待ったなら,彼は海軍学がこうした攻撃に対し認めている予防措置をとり,金網など周辺防御を整備したことだろう。

 

だが第1撃は奇襲だった。その結果.極東の海軍力で日本の優位は疑問の余地がなくなり,ロシアの司令官は不利を覚悟で打って出て海戦で雌雄を決するか,それを避ければ日本の朝鮮半島の有効かつ完全占領を防ぐのに全く打っ手がなくなることになる。

1度そうなれば日本はロシアに対し,すでにロシアが遼東半島で日本に言ったよりもはるかに大きな自信を持って言うことができる。「さあ来たぞ,居座るぞ」と。

 

 この緒戦の勝利の精神的効果は物質的な結果を限りなく上回るものだ。これで日本は奮い立ち,ロシアは消沈する。日本に希望を持たせることにより,自信を持って進ませる。ロシアに恐怖を抱かせることにより.そのサーチライトの照らない海域で真夜中に日本から受けた奇襲攻撃を,いっまた受けぬとも限らないと,浮足立たせずにはおかない。この第1撃こそまさに初回作戦を決定したものかもしれない。

 

 - 戦争報道 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『「ロシア紙」からみた「日中韓150年戦争史」(66)『(日清戦争開戦2ヵ月後―「新たな世界的強国の誕生」『ノーヴォエ・ヴレーミャ』

   『「申報」『外紙」からみた「日中韓150年戦争史」 日 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史(17)記事再録/ガラパゴス日本『死に至る病』―国家統治/無責任欠陥体制『大本営』『大本営・政府連絡会議』『最高戦争指導会議』 『御前会議』の内幕

   2017/08/16日本敗戦史(46) &n …

no image
世界/日本リーダーパワー史(954)ー米中間選挙(11/6)の結果、上下院議会の“ねじれ現象”はトランプの国内、対外政策にどう響くか、暴走は一層エスカレートするのか(上)

世界/日本リーダーパワー史(954) 米中間選挙後のトランプの暴走はブレーキがか …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑭「ペリー米黒船はなぜ日本に開国を求めて来たのか」<以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P)>『開国の恩人は、ペリーではなく金華山沖のクジラである』

  <以下は尾佐竹猛著『明治維新(上巻)』(白揚社、1942年刊、74-77P) …

no image
『なぜ日中韓150年の戦争・対立は起きたのか』/『原因」の再勉強ー<ロシアの侵略防止のために、山県有朋首相は『国家独立の道は、一つは主権線(日本領土)を守ること、もう一つは利益線(朝鮮半島)を防護すること」と第一回議会で演説した。これは当時の国際法で認められていた国防概念でオーストリアの国家学者・シュタインの「軍事意見書」のコピーであった。

記事再録/日本リーダーパワー史(701) 日中韓150年史の真実(7) 「福沢諭 …

no image
日本リーダーパワー史(862)『日本の「戦略思想不在の歴史⑯』まとめ記事『世界史の中の元寇の役(文禄の役、弘安の役)6回』

 日本リーダーパワー史(862) まとめ記事『世界史の中の元寇の役(文禄の役、弘 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(15)日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。日本最強の陸奥外交力⑧『「蹇蹇録』の結論「他策なかりしを信ぜむと欲っす」(これ以外の策はなかった)最後の1戦だった」

  日中北朝鮮150年戦争史(15) 日清戦争の発端ー日本最強の陸奥宗光の外交力 …

no image
日本リーダーパワー史(853)ー『来年(2018年)には米朝開戦か、北朝鮮を核保有国と認めて 「核シェアリング」で核抑止するかーギリギリの選択を迫られる 』(上)

  『来年(2018年)には米朝開戦か、北朝鮮を核保有国と認めて 「核シェアリン …

no image
終戦70年・日本敗戦史(131) 日本を滅ぼしたキーワード「満蒙はわが国の生命線」関東軍の下剋上、 謀略によって再び満州事変を起こした

終戦70年・日本敗戦史(131) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(6)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑥ 『1888年(明治21)、優勝劣敗の世界に立って、 外交をどう展開すべきか』末広鉄腸の『インテリジェンス』② <西洋への開化主義、『鹿鳴館」の猿まね外交で、同文同種の中国 を排斥し、日中外交に障害を及ぼすのは外交戦略の失敗である>

 日本リーダーパワー史(611)    ロシアの「 …