前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本メルトダウン(1049)>『トランプがパリ協定離脱を発表』★『アメリカ1国だけでなく、世界の運命を担っているビジネスマンではなく、米大統領として、賢明であるならば、常識があるならば、足元の地球が悲鳴を上げている声が聞こえてくるはずである。』

      2017/06/03

 

『 地球の未来/世界の明日はどうなる』 < 米国、日本メルトダウン(1049)

 

私はトランプ氏が今年1月20日に米大統領に就任した際、ブログで「トランプ大ハリケーンの襲来」で、地球滅亡の危機に一歩近づいた、と書いた。

米科学誌が『地球最後の日までの残り時間を概念的に示す「世界終末時計」を30秒進め、残り2分半とした』記事も紹介した。「危うし地球、世界の運命」―世界中からトランプの暴走暴言運転に恐怖と悲鳴が上がっている、と書いた。

 

「世界終末時計」残り2分半、トランプ発言で30秒進む

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN26H32_X20C17A1000000/

「地球規模の破壊力示したトランプ──1人の人間が終末時計を進めたのは初めて」

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/01/post-6828.php

 

世界、日本メルトダウン(1011)-「地球規模の破壊力示したトランプ─1人の人間が終末時計を進めたのは初めて」『トランプ外交、親イスラエルが火種 エルサレムに大使館移転検討 中東諸国の反発必至』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/23003.html

 

それから5ゕ月、予想通りの暴走転落中である。

トランプ米大統領、パリ協定からの離脱を表明

https://www.cnn.co.jp/usa/35102146.html

 

「アメリカ1国だけでなく、世界の運命を担っているビジネスマンでなく、米大統領として、トランプ氏が賢明であるならば、常識があるならば、立ち止まり目を見開き、耳をすませば、足元の地球が悲鳴を上げている声が聞こえてくるはずである。

「トランプは地球を破壊するために遣わされた悪魔だ」と環境保護派から非難されている。テスラのイーロン・マスクCEOは6月1日「トランプ政権助言チームから脱退する。気候変動は現実に起こっている。パリ協定からの離脱は米国にとっても世界にとっても良い判断とは言えない」とツイートした。

地球温暖化交渉、「アメリカ・ファースト」 の軌跡

http://www.afpbb.com/articles/-/3130589?cx_part=txt_topics

 

反トランプで米企業が再び団結 ディズニーCEOも政権チーム離脱 

https://forbesjapan.com/articles/detail/16463?utm_source=owned&utm_medium=referral&utm_campaign=mailmagazine

 

コラム:トランプ氏の「オウンゴール」にほくそ笑む中国

https://jp.reuters.com/article/trump-climate-china-idJPKBN18T0F6

○○ファーストは危険な利己主義

http://blogos.com/article/225585/

 

パリ協定離脱に喝采するトランプの「真の支持基盤」は誰か

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/06/post-7731.php

地球史上6回目の大量絶滅、すでに突入か 研究

http://www.afpbb.com/articles/-/3052392?cx_part=ycd

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
 ★『2018年は明治150年』- (記事再録)明治偉人の研究』『西郷どん』の『読める化』チャンネル ④』 ◎『金も名誉も命もいらぬ人でなければ天下の偉業は達成できぬ』●『坂本龍馬は「西郷は馬鹿である。大馬鹿である。 小さくたたけば小さく鳴り、大きくたたけば大きく鳴る]と。』●『一個の野人・西郷吉之助を中心とし、一万五千の子弟が身命を賭して 蹶起し、そのうち9千人までも枕を並べて討死するとは、じつに 天下の壮観であります。』 『情においては女みたいな人ですからね』(大久保の西郷評)』★『江戸城無血開城を実現した西郷 隆盛、勝海舟のウルトラリーダーシップ(大度量)』

   ★『2018年は明治150年。明治偉人の研究』- 『西郷どん』の …

no image
日本風狂人伝(21)日本『バガボンド』チャンピオンー永井荷風と散歩しよう①

日本『バガボンド』チャンピオンー永井荷風と一緒に散歩しようね      …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(122)「吉野文六氏の苦悩と外交密約の罪」(4・13)「両陛下パラオ訪問と世界平和への努力」 (4・10)

池田龍夫のマスコミ時評(122)  吉野文六氏の苦悩と外交密約の罪(4・13) …

no image
日本メルトダウン脱出法(874)『「伊勢志摩」が世界経済浮沈の鍵を握っている ー 先進国は財政出動に同調してくれるのか』●『東京五輪の「盛り下がりムード」は食い止められるのか?』●『過去最大の外債爆買いでも進まぬ円安、為替ヘッジが黒田日銀の妨げ』『大手企業志向が深く根付いている日本に「起業エコシステム」は根付くのか』

日本メルトダウン脱出法(874)   「伊勢志摩」が世界経済浮沈の鍵を …

no image
速報(226)「ニューヨーク・タイムズ」(1/21) 『低線量被爆に関する世界の実験場が日本ー福島で始まった』

速報(226)『日本のメルトダウン』 「ニューヨークタイムズ」(1/21)付記事 …

no image
世界リーダーパワー史(943)トランプ対習金平の『仁義なき戦い」★『米中貿易戦争から、いよいよ全面対決の「米中冷戦時代」へ突入か

世界リーダーパワー史(943) 米中貿易戦争から、いよいよ全面対決の「中冷戦時代 …

no image
日本リーダーパワー史(612)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑦明治政府が直面した「日本の安全保障問題」対外的軍備を充実、ロシアの東方政策に対する防衛策、朝鮮、 中国問題が緊急課題になる>

 日本リーダーパワー史(612) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑦ 『明治新 …

no image
日本メルトダウン(944)『コラム:黒田緩和検証、20の疑問(上下)=河野龍太郎氏』●『“角栄ブーム”政界でも?』●『日経新聞の連載「日本国債」は、この夏最大のホラーである~シン・ゴジラはリアルで怖いが、こちらは誤解だらけで怖い』●『コラム:問題はらむ世代間格差拡大、早めの政策対応を』

 日本メルトダウン(944) コラム:黒田緩和検証、20の疑問(上)=河野龍太郎 …

no image
トラン大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑵』ー(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の連載70回中、21-35回までを再掲載)

  日中韓異文化理解の歴史学(2)(まとめ記事再録) 『日中韓150年 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(917)米朝首脳会談開催(6/12)―「結局、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)は先延ばしとなりそう』★『米朝会談の勝者は金正恩委員長か』(上)

米朝首脳会談開催―「すべてはこれからはじまる」 前阪俊之(静岡県立大学名誉教授) …