前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報「日本のメルトダウン」(520)東京都知事選に細川元首相が出馬(1/14)「原発の問題は国の存亡に関わる問題」

   

   速報「日本のメルトダウン」(520)

 

東京都知事選に細川元首相が出馬(1/14

 

「原発の問題は国の存亡に関わる問題」(細川元首相)

「原発ゼロでも日本は発展できるというグループと
原発なくして日本は発展できないというグループ
の争いだ」(小泉元首相)

 

 前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

日本が直面している最大の国難は言うまでもなく原発問題である。まだ事故は完全に制御、収束された状態といえず、汚染水の処理問題、低線量被ばく問題、使用済み燃料棒の撤去、核廃棄物の処理、作業員の人手不足、廃炉まで350年といわれる道筋も不透明であり、巨大地震のリスクも切迫している。

東電・政府の対応は問題先送りに近い。国民の原発への危機意識と政治家、政府の対応のかい離が大きすぎる。細川・小泉両首相の危機意識と国難に立った2人の勇気に共感する。

 

 

細川氏 出馬表明「原発は国の存亡に関わる問題」

http://mainichi.jp/

 

 『古巣に容赦ない小泉節=自民震撼、都知事選に危機感』

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140114-00000167-jij-pol

 

原発は東京都だけで決める政策課題ではない=官房長官

http://www.asahi.com/business/reuters/CRBTYEA0D05T.html

 

 

細川護熙・元首相 東京都知事選挙への電撃出馬劇の内幕とは

http://www.news-postseven.com/archives/20140114_235785.html

 

 

細川・小泉連合なら都知事選「圧勝」

http://www.weeklypost.com/140124jp/index.html

 

 

父の復権を息子が妨害・・都知事選は「小泉親子」の代理戦争

http://gendai.net/articles/view/news/147184

 

細川&小泉氏「過去の人」連合、破壊力あり? 無党派層
の支持得るか
 (1/2ページ)

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140114/plt1401141536002-n1.htm

 

 

速報「日本のメルトダウン」(519)東京都知事選に脱原発めざし
「細川・小泉元首相タッグコンビ」が出馬か、大歓迎する。

東京都知事選に脱原発めざし「細川・小泉元首相タッグコンビ」が出馬する可能性が高まっている。
この大国難にあたって<憂国・憂世界>の真の政治家ならば立たないはずはない。
21世紀の地球・人類・日本を救い青少年の明るい未来を残すために新しい政治の
強風を起こすべきである。「今やらねば、いつできる。今でしょ!」

http://maesaka-toshiyuki.com/top/detail/2379

 - 現代史研究 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『オンライン講座/日本の食卓に長寿食トマトを広めた「トマトの父」・カゴメの創業者蟹江一太郎(96歳)の 長寿健康・経営10訓』★『徳川家康の遺訓『人の一生は重荷を負うて、遠き道を行くが如し』が経営理念』

2013年4月10日の百歳学入門(70)記事再録  前坂 俊之(ジャー …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(72)記事再録/日露300年戦争(3)『露寇(ろこう)事件とは何か』―『普通の教科書では明治維新(1868年)の発端をペリーの黒船来航から書き起こしている。 しかし、ロシアの方がアメリカよりも100年も前から、日本に通商・開国を求めてやってきた』

  再録★2017/11/16/日露300年戦争(3)『露寇 …

mq1
史上最大級の台風10号が沖縄接近中の鎌倉/稲村ケ崎サーフィン(2020/9/5 /800)ー今年一番のビッグウエブ到来に待ちかねた約100人のサーファーが挑む「サーファーズ/パラダイス!」★『逗子大崎海岸/マリーナ前カブ根サーフィンー今年一番のビッグウエブ到来に約50人のサーファーが挑む』★『明日6日午前6時にはサーフィン/撮影にレッツ・GoGo!』

  #前坂俊之チャンネル 鎌倉サーフィンチャンネル 史上最大級の台風10号が沖縄 …

no image
★10 京都/【超絶景】紅葉めぐりの旅(11/18)ー日本美の極致・宇治の平等院鳳凰堂『イチョウの万華鏡』

  ★10 京都/【超絶景】紅葉めぐりの旅(11/18)ー日本美の極致 …

no image
『オンライン/新型コロナパンデミックの研究』-『国産スーパーコンピューター「富岳」が8年ぶりに世界一へ』★『コロナ防止対策の世界的な競争力ランキング(23カ国・地域の指導者の比較評価)で、日本の指導力は最下位に』★『『ガラパゴスアナログジャパン』の安倍政権の実行力はガラパゴス諸島に唯一生息する絶滅種族のゾウガメのノロイ歩みと重なって見えた』(7月15日)

『国産スーパーコンピューター「富岳」が8年ぶりに世界一へ』    前坂 …

no image
日本リーダーパワー史(733) 記事再録『 天才経営者列伝①本田宗一郎の名言、烈言、金言』★『どんな発明発見も他人より一秒遅れれば、もう発明、発見でもなくなる。時間こそすべての生命である』●『頭を使わないと常識的になってしまう、頭を使って〝不常識″に考えろ』

日本リーダーパワー史(733) 天才経営者列伝①本田宗一郎の名言、烈言、金言 ( …

no image
平井久志 立命館大学客員教授 「金正恩体制をどうみるか-労働党大会を前に」(2016.4.26)

平井久志 立命館大学客員教授 「金正恩体制をどうみるか -労働党大会を前に」 2 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑳ 『日本帝国最後の日(1945年8月15日)をめぐる死闘―終戦和平か、徹底抗戦か⑤』8月13日の首相官邸地下壕

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑳     『日本の最も長い日―日本帝国最後の …

no image
『リーダーシップの日本近現代史]』(31)記事再録/帝国ホテル・犬丸徹三が関東大震災で示した決断と行動力に見習え』★『いかに対処すべきかーいまのわれわれに大変役立つ『犬丸徹三のリーダーシップから学ぶ』』

        2011/04 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(631)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(24)『荒尾精の日清貿易商会、日清貿易研究所設立は 「中原正に鹿を逐ふ、惟に高材疾足の者之を獲る」

日本リーダーパワー史(631)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(24)   …