前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(235)ー『台湾の脱線事故で日本車両が「設計ミス」があったと責任を認め自己発表』★『隠蔽して良心の呵責に苛まれながらも、目先の損失を免れ、会社として公的組織的な改革を避ければ、倫理的な腐敗、人心の荒廃、組織の崩壊に繋がる』

      2018/11/04

F国際ビジネスマンのワールドニュースウオッチ(235)

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181101/k10011695251000.html

 
台湾北東部で先月21日、8両編成の特急列車が脱線した事故では、乗客18人が死亡し、200人以上がけがをしました。
www3.nhk.or.jp

<F氏のコメント>

表題の件、台湾における「日本車両製造」の列車の脱線事故、「日車」が自らの設計ミス(運転手が「自動列車防護装置」のスイッチを切るとその情報が運行を管理する司令室に自動的に伝達される設計がなされていなかった)を自白しています。

日本全国で、政界、官界、経済界、教育界など、あらゆる分野で本音と建前を使い分け、悪知恵全開の弁護士を巧みに使って真実、事実を隠蔽して、知らぬ存ぜぬで徹頭徹尾、責任回避に走る度し難い風潮が瀰漫している今日この頃、この開陳は、一服の清涼剤、賞賛に値するもので、日本人の良心も多少は残っていると、安堵しているのは小生だけではないのでは?

日車は現在はJR東海の子会社です、今回の発表はJR東海幹部と日本車両幹部との鳩首協議の結果と思われます。
運転手が安全装置のスイッチを切るなど人為的なミスもあり、全面的に日本側の責任にはならないだろうという判断もあったと思われますが。

従来から良好な日台関係の中で、補償、求償のやり取りは極限までは行かないのではと想像しますが、「正直者が馬鹿を見る」様な事態は絶対に避けなければなりません。全社員がミスを自覚して再発防止に全力投球し、補償という痛苦を通じて会社の再生蘇生と体質強化に結実させて行くことが何よりも肝要です。

隠蔽して良心の呵責に苛まれながらも、目先の損失を免れたとして、会社としてオープンで公的組織的な改革を避けることは、取り返しのつかない倫理的な腐敗、人心の荒廃と組織の崩壊に繋がることを忘れてはならないと思います。

 

 - 最先端技術『見える化』動画, 現代史研究 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

hqdefault
★7『警世の名講演』 国際ジャーナリスト・前田康博氏の目からウロコの講義(動画60分)ー「朝鮮半島クライシス5つの要素」★(1)金正恩の核ミサイルに特化した新戦略 (2)文在寅の南北和解策の成否 (3)習近平の対米・朝鮮半島政策 (4)トランプ暴走から迷走へ一米国の分裂 (5)安倍政権、朝鮮半島分断の固定狙う」で日本の危機を学ぶ

国際ジャーナリスト・前田康博氏の目からウロコの名講義ー 『金正恩の核ミサイルに特 …

no image
片野勧の衝撃レポート(68) 戦後70年-原発と国家<1957~60>封印された核の真実 「戦後も大政翼賛会は生きていた,「逆コース」へ方向転換(上)

片野勧の衝撃レポート(68) 戦後70年-原発と国家<1957~60> 封印され …

a0137997_10424797
日本リーダーパワー史(632)日本国難史の『戦略思考の欠落』(25) 『川上操六参謀次長と日清貿易研究所設立の荒尾精③ 日清戦争勝利の秘密―清国兵出兵の第一報をもたらした鐘崎三郎の活躍

日本リーダーパワー史(632) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(25)   …

no image
速報(464)『日本のメルトダウン』ビデオ座談会●『米英仏のシリア攻撃で9/8日、東京五輪開催決定はどう影響するか?』

     速報(464)『日本のメルトダ …

ダウンロード-1-150x150
 ★5日本リーダーパワー史(776)ー 『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の「脱亜論/日清戦争開戦論」を読む』(10) 『英ファイナンシャルタイム紙』(3月2日付)『金正男氏殺害の「大胆さ」に中国の影?』●『北朝鮮は基本的に中世の絶対君主制国家。中世イングランドのプランタジネット朝やオスマン帝国のスルタンを思わせるような殺人だった』

  ★5日本リーダーパワー史(776)ー 『アジア近現代史復習問題』 福沢諭吉の …

no image
野口 恒のグローバル・ビジネス・ウオッチ②アジア新興勢に惨敗のパナソニック、シャープは、自動車メーカーの将来像?

野口 恒のグローバル・ビジネス・ウオッチ②   アジア新興勢に惨敗のパ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(338)-『昭和戦後宰相列伝の最大の怪物・田中角栄の功罪』ー「日本列島改造論』で日本を興し、金権政治で日本をつぶした』★『日本の政治風土の前近代性と政治報道の貧困が続き、日本政治の漂流から沈没が迫っている』

    2015/07/29 /日本リーダーパワー …

no image
日本リーダーパワー史(243)150年かわらぬ日本の派閥政治の根幹<尾崎咢堂の語る首相のリーダーシップとは

日本リーダーパワー史(243)   <尾崎咢堂の語る明治の首相の …

no image
速報(402)『日本のメルトダウン』『3・11から丸2年』低線量長期内部被曝はどう影響するのか、日本記者クラブ会見動画ー

速報(402)『日本のメルトダウン』   ● <まとめ>『3・11から …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(85)◎『国会事故調の「提言」を審議せず』-<日本は果たして民主主義的な国家なのか>

  池田龍夫のマスコミ時評(85)   ◎『国会事 …