前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(556) 「日露インテリジェンス戦争の主役」福島安正中佐⑥単騎シベリア横断、日露情報戦争の日本のモルトケ」とポーランドは絶賛

      2016/04/06

123123

 日本リーダーパワー史(556)

 「日露インテリジェンス戦争の主役」福島安正中佐⑥

★「ロシア情報を入手するためポーランド独立運動家と手を結び、単騎シベリア横断の敵前視察

に成功し、日露情報戦争に勝利した日本の大モルトケ」とポーランドでは絶賛した

ー知らぬは「自国歴史音痴」の日本だけなのか」

 

        前坂 俊之(ジャーナリスト)

このところ、ロシア、プーチン大統領の「核攻撃も辞さない」という帝国主義、強硬恫喝外交のニュースが世界を震撼させた。いつものように弱い者いじめの覇権主義が世界の顰蹙を買っている。

◎「プーチン露大統領に続き、駐デンマーク大使も恫喝「デンマーク艦船は核の標的に…」 MD参加にピリピリhttp://www.sankei.com/world/news/150322/wor1503220010-n1.htm

◎  「核兵器使用を口にしたプーチン大統領の衝撃http://blogos.com/article/107993/

 

               「もともと戦争膨張暴走国家ロシアの実態」

もともと、寒冷大国ロシアは地政学的、本能的に南下、東進膨張主義、つまり侵略主義は一貫して変わらない。「暖かい南の地と不凍港」をもとめて過去400年間、ユーラシア大陸で侵略政策を続けてきた。クロパトキン将軍は『戦争国家ロシア』の中で「ロシアは18、19世紀の200年間で平和は71年8ヵ月、その他の128年4ヵ月は戦争に費し、外国との戦争は33回」と書いており、なんと1日約100平方キロのスピードで領土拡張してきた、とぬけぬけと語っている。日本とは大違いなのである。それなのに、日清、日露戦争までも日本の侵略戦争であったという日本の歴史学者、政党、知識人はもう一度、勉強しなおす必要がある。

日露戦争はロシア側がシベリア鉄道を建設して、陸軍部隊を鉄道でウラジオストック(これは東方を制圧せよ、との意味である)、中国東北部、朝鮮、日本を制圧するための計画に対して、日本がこの『ロシアの大脅威』に対して、機敏に『リスク管理』をしたのである。今回の原発事故のように、原発(ロシア)は安全安心、クリーンエネルギー(平和国家である)という想定無知、リスクコントロールの失敗を、賢明な明治のトップリーダーたちはおかさなかった。

このリスクコントロールのセンサー役となって、対ロシアインテリジェンス戦争を組み立てたのが川上操六参謀本部次長であり、その部下の福島参謀将校であったのだ。明石元二郎はこの2人の下で活躍するが、もともとヨーロッパ列強によってアジア、アフリカ各国の有色人種が軒並み、侵略されて虐げられていた中で福島が唯一、敢然と立ち上がり、その語学力(5カ国語)を駆使し、グローバルインテリジェンス(国際諜報能力)を発揮し、「敵の敵は味方」「近攻遠交」の戦略コネクション、ネットワークを組み、零下30度の酷寒の地を単騎シベリア横断という破天荒の偵察旅行を成功させて、作戦戦術戦略を組み立て日露戦争の勝利の方程式を解いたのである。

まさしく、今日の日本にとって最大の恩人,偉人といって間違いない。

この福島の実像について、日本ではさっぱり知られていないが、ロシアに侵略支配された悲劇にあった『ポーランド』はどう見ていたのか。「日本ポーランド関係史」(エヴァ・パワシュ=ルトコフスカ 著, アンジェイ・タデウシュ・ロメル 著, 柴 理子 訳、彩流社 2009年)を参考に、見ていきたい。

とかく「インテリジェンス(諜報)」は秘匿されて、結果についても語られず目に見えない世界である、戦後の70年にわたる『戦争アレルギー』「軍事には無知がよい」症候群の日本では、余計に忌避されているが、インテリジェンス(諜報を含む叡智、智慧、賢明)を磨かなければ戦争をさける事も、平和を達成することもできないのである。インテリジェンスの基本は「敵を知り,己を知れば百戦危うからず」『敵を知らず,己をしらざれば百戦百敗』だからである。

 

以下、「日本ポーランド関係史」(13-21P)から引用、要約させていただいた。感謝します。

  •  福島安正は明治日本の陸軍将校としてはもっとも波瀾万丈の興味深い人物で、近代日本軍のヨーロッパにおける諜報活動の先駆者である。
  • 日本という国家の代表として初めてポーランド人と接触した人物。日露戦争期にその関係を利用したのが、日本側諜報機関のもっとも優秀な諜報将校、明石元二郎大佐であった。
  • 19世紀後半、200年間に及んだ鎖国に終止符を打って急速な近代化へと乗り出し日本政府は、西欧型の強力な近代的軍隊の創設を第一目標とした。日本の安全と主権を保障するには、西欧流の軍隊を作る以外にないと考えた。国家の総合的な戦略計画の立案では最大の脅威の隣国ロシアの戦略に関する情報が不可欠であった。
  • 五年のベルリン滞在中、福島は大半のヨーロッパ諸国を訪れ、分割支配下にあったポーランドをおそらくは数度にわたって訪れ、多数のポーランド人と接触したと思われる。ポーランド人志士(愛国者)、武力闘争によるポーランド独立の反ロシア派のみが、ロシア全体の重要な情報をもたらしてくれると考えた。
  • このために、川上操六参謀本部次長の指令で、シベリア単騎横断を計画、情報提供者たちから聞いたことを、自分の目で確かめようとした。福島が注目したのは当時建設中だったシベリア横断鉄道であった。シベリア流刑中のポーランド人と接触し情報を入手した。
  • 1892年2月の紀元節の日に、福島は愛馬「凱旋号」でベルリンを出発し、488日に及ぶ1万4000キロの旅を行った。大阪朝日新聞がこの遠征を報じて大評判となった。ところが、まもなく報道を打ち切った。諜報活動旅行は、秘密扱いとの判断を政府が下し、報道禁止とした。

⑧ポーランドの独立をめざすポーランド人の秘密政治組織はイギリス、フランス、ドイツといった国々に置かれ、当該国の諜報機関と協力関係にあった。

⑨国際舞台での諜報活動の経験の浅い日本軍参謀本部の情報将校が対ロシア情報収集の経験豊富な諸国の専門家に助言や助力を求めるのは当然のことである。おそらく彼は、ポーランドの独立運動家たちから指定された場所に赴き、その仲間と接触して、東京の参謀本部から指示された追加情報を得たのではないかと思われる。これを数年後、日露戦争前夜から戦中にかけて利用したのが、明石元二郎であった。

⑩ スタニスワフ・カジミエシユ・コツサコフスキの回想録(末刊行)では「(通過した)町々を好感の持てる物腰と機転と知性とでもって走り抜けただけでも十分賞賛に値するが、感嘆の的となったのは、14ヵ月の困難な旅に耐え抜いた並外れた忍耐強さであった。」と称賛し、

⑪福島の接待にあたったアレクサンデル・ネヴィヤント将校は、この旅について「いかにも聡明な目をした小柄な日本人が、数年後に日本軍部隊の指揮官として北京の城壁の下に立つことになろうとは、その数年後にはロシア遠征の立案者のひとりとして、「日本のモルトケ」として世界に名を知らしめることになるとは、誰も予想だにしなかったに違いない。」とロシア紙に書いた。

⑫ロシア側は福島の旅についてロシアの軍備、領内各地点に配置されている部隊数、シベリア横断鉄道の敷設状況に関する情報の収集が目的であることを十二分に承知していた。ただし、ロシアを脅かすような水準の活動ではないと判断し、日本を手ごわい敵ではない、見くびっていたのだ。ロシア、ニコライ2世は日本を『黄色の小猿』と呼び、クロパトキンも『日本兵3人に対してロシア兵1人で戦える」と豪語していた。

つまり、

福島のインテリジェンスがロシアのインテリジェンスをはるかに凌駕していたのである。日本軍のインテリジェンスで比較すると満州事変から日中戦争、太平洋戦争への道で発揮された陸軍、海軍のインテリジェンスとも天地の差である。現在の日本のインテジェンス「国会での安保論議、防衛論議」を福島中佐が地下で見ていればいったいどう思うだろうか・・、

 

                                         つづく

 - 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード-1-150x150
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(3)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」★『脱亜論によりアジア差別主義者の汚名をきた福沢の時事新報での「清国・朝鮮論」の社説を読み直す』★『韓人の治安妨害』(「時事新報」明治27年4月19日〕』★『 朝鮮国王の指令で次々に4人の刺客を日本に送り込み、 日本の主権を侵し金玉均、朴泳孝の暗殺を実行した』★『朝鮮政府に対し不法なテロ事件の真相を究明し、国際談判を開き、黒白を明にして国家の治安を擁護すべし』

 ★『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(2)ー 「 …

no image
速報(458)『日本のメルトダウン』●「アウシュヴィッツで考える、麻生発言(上)』●【社説】日本は税制改革に取り組む必要」

  速報(458)『日本のメルトダウン』   ●「 …

no image
日本メルトダウン(939)『ブラジル女子柔道 ラファエラ・シルバの金メダルは日本の勝利でもある』●『戦後、焼野原の日本はこうして財政を立て直した 途方もない金額の負債を清算した2つの方法』●『ディープラーニングの進化は 効率的でストレスのない社会を実現する』●『 蓮舫氏は「第2の土井たか子」になるのか 社会党と同じ自滅の道を歩む民進党』

 日本メルトダウン(939)   ブラジル女子柔道 ラファエラ・シルバの金メダル …

ダウンロード (3)
(再録)世界が尊敬した日本人【3】日本・トルコ友好の父・山田寅次郎ートルコを世界で最も親日国にした男

(再録)世界が尊敬した日本人【3】 2006年8月 日本・トルコ友好の父・山田寅 …

no image
日本メルトダウン( 980)『トランプ米大統領の波紋!?』★『トランプ氏、日本などの核兵器保有容認発言「言ったことない」』●『世界一の気前よさ米軍駐留経費負担――他の米同盟国26カ国分より多い』●『トランプとスティーブ・ジョブズの意外な共通点』★『「FBがトランプ勝利に貢献」、相次ぐ批判にCEOが反論』★『クリントン支援に奔走したセレブたちと、沈黙を貫いた世界一の歌姫』★『トランプ大統領の「安保タダ乗り論」にどう対処すべきか』★『たぶん誕生するトランプ大統領が日本経済を危機に陥れる』★『「トランプ現象」と「橋下徹ブーム」を比較する』★『トランプの勝因は「比喩力」、忘れられない言葉が人を動かす』

    日本メルトダウン( 980) —トランプ米大統領の波紋!? …

no image
新刊紹介 『鳩山家四代-何が受け継がれてきたのか』 梶原英之著・祥伝社新書、230P、2009年11月5日刊行)

  新刊紹介 『鳩山家四代-何が受け継がれてきたのか』 梶原英之著・祥 …

no image
日本メルトダウン(948)『鈴木敏文氏が語る、GMSの衰退に歯止めがかからない理由』●『 ユニー、ファミマとの統合で大量閉店の衝撃–スーパー、コンビニ以外にも大ナタ』●『MRJ、5度目の納期遅延なら致命傷になる理由』●『日銀有力OB2人が語る金融緩和「限界論」と総括検証の行方』●『世界で闘う「日本の女性」55 リスト全公開!』●『総合SNSが焦る、「スナップチャット」の猛威–フェイスブック陣営に迫る、お化けSNS』

  日本メルトダウン(948) 鈴木敏文氏が語る、GMSの衰退に歯止めがかからな …

no image
日本興亡学入門⑦軍神東郷平八郎の悲劇=日露戦争の大勝利が太平洋戦争の大敗北に。

                             <2009、04,02 …

no image
日本株式会社、このまま国債を発行し続ければ国家倒産の赤ランプー米投資誌が警告

  日本株式会社、このまま国債を発行し続ければ国家倒産の赤ランプー米投 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(135)/記事再録★『山県有朋から廃藩置県の相談された西郷隆盛は 一言で了承し、即実行したその日本史上最強のリーダーシップ①』(徳富蘇峰『近世日本国民史』(明治の三傑))★『行政改革を毎回唱えながら、中央省庁再編、道州制、都道府県市町村再合併、財政削減などなかなか進まない、リーダーシップ不在の日本沈没政治』

 2012-03-24 /日本リーダーパワー史(246)記事再録   …