前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(186)動画版『世界一の撃墜王・坂井三郎は64勝無敗』ーその超人坂井語録から学ぶ(1)

   

日本リーダーパワー史(186)
動画版『世界一の撃墜王・坂井三郎は64勝無敗』
その超人坂井語録から学ぶ(1)』

<宮本武蔵を超えたサムライ>

 

前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
8月15日の今日は、真珠湾攻撃(1941年)から70週年目にあたる。「大空のサムライ」を読んで感動してので紹介する。
坂井三郎(さかいさぶろう)いうまでもなく太平洋戦争における日本海軍のゼロ戦(戦闘機)のエースパイロットである。日中戦争から太平洋戦争を通じ、激戦のガダルカナル島や硫黄島上空の最前線の戦闘を含めて200回以上の出撃し、敵機64機を撃墜した日本の撃墜王、世界一の撃墜王といわれた。戦いの初日から最後まで、海軍軍人として、零戦パイロットとして戦い抜いたことは私にとっては、わが人生の貴大の感激であった、と本人は回想する。

 
 

敗戦後は海軍時代の経験をふまえ、太平洋戦争や人生論の本を多数執筆した。自ら自伝とも言うべき「大空のサムライ」は各国語に翻訳され、100万部を突破する世界的ベストセラーとなった。
 
坂井三郎の年譜によると。
大正5年(1916) 佐賀県佐賀郡西与賀村で、父晴市、母ヒデの次男として誕生(8月)
昭和10年(1935)海軍砲術学校入校(5月)。
昭和12年(1937)霞ケ浦海軍航空隊に入隊(3月)
         初飛行(4月1日)
昭和13年(1938)大村海軍航空隊
昭和15年(1940)高雄海軍航空隊に配属(10月呂)、零式艦上戦闘機の訓練を受ける(12月)。
 
昭和16年(1941)第十二航空隊に配属(4月)。中国に進出。
主として華中方   面の作戦に参加。
        零戦による初撃墜を記録(8月11日)。
         高雄基地に帰還(9月)。
        台南海軍航空隊に配属(10月1日)。
    開戦。比島、蘭印を転戦(12月8日)。
昭和17年1942)ラバウルに進出ガダルカナル上空で負傷、応急手当てののち、内地に送還(8月7日)。横須賀海軍病院、佐世保海軍病院で療養。この空中戦で受敵弾による後遺症のため右眼は視力を失い、その後も左足の外側麻痔と今も闘っている
昭和18年(1943)大村海軍航空隊に配属。分隊士。教官(4月)。
昭和19年(1944)横須賀海軍航空隊に配属(4月)。硫黄島方面の作戦に参加。
戦闘第七〇一飛行隊(横須賀空)に配属(7月10日)。海軍少尉に昇進(8月)。
第二〇三航空隊に配属(11月15日)。第三四三航空隊に配属(12月15日)。
 昭和20年(1945)横須賀海軍航空隊に配属(6月)。
終戦(8月15日)。
海軍中尉に昇進(9月5日)。復員。
戦後は大西滝治郎海軍中将未亡人を助けて香文社を設立、同社の経営に当たるかたわら、『坂井三郎空戦記録』『大空のサムライ』などを執筆するとともに各地で講演、再三渡米してアメリカのエースたちと交流を深めた。
平成12年(2000)急性心不全のため、逝去。享年八十四(9月22日)。
 
 
極限状況での人間の知力・体力・精神力と、戦争の真実を綴った歴史的な著作。『SAMURAI』としてアメリカで翻訳刊行され、世界各国でベストセラーに.大空のサムライの冷静かつ果敢な日本人と勇者の哀しみに世界中が感動した。

 
 
 
言うまでもなく、陸軍、海軍の集団戦闘と違って戦闘機乗りは1対1の個人技的な色彩が強く、サムライの決闘、アメリカなら西部劇のガンマンの決闘に匹敵する近代兵器を駆使した殺し合い、死を賭けての戦いである。
 
究極の死を賭しての勝負の世界での心の持ち方はどうすればよいのか。
 
戦争、殺し合いという非常時態を如何に切り抜けてゆくのか。
戦闘時に要求される心の平静さをいかに保つことができるのか、
 
坂井は生活のすべてで工夫、研究、きびしい自己鍛錬と訓練をかして、死を賭けての空中戦に挑んで、連戦連勝を続けた。
 
日本最強の剣士『宮本武蔵』の「鍛錬」の「千里の道もひと足宛(ずつ)はこぶなり。……千日の稽古をもって鍛とし、万日の稽古をもって錬とす」『五輪書』を思い出すすさまじさと自己鍛錬と工夫である。どのようなポジションにいても問題意識をもって、生活を訓練の場にして「セルフコントロール」すれば、高くとべることができるのである。
 
 

 
坂井三郎の必勝法―『空戦に学んだ自己統御法』
(坂井著『大空のサムライ』昭和41年刊、光人社、あとがきより)
 
空中で敵と戦う任務をもった私たち戦闘機操縦者は、まず第一に優秀な視力をもっているということが絶対的な条件である。
 
戦闘機乗りの視力というものは、広い果てしない空中の1点に、あるかないかわからない霞のようなものを、〇・一秒でも早く発見?感じとらなければならない。
 
 そのためには、私は日頃から自分の目を大切にした。夜ふかしや深酒のような、目の能力を低下させるようなことは、できるかぎり避けた。
 
私は朝起きるとすぐ、緑色のものを数分間じっと見つめた。たとえば、窓の外の芝生とか、樹木とか、麦畑とか、なんでも線色のものをじっと見つづけた。
 
それに、遠目をきかす訓練も怠らなかった。遠い山の境界線にある樹木の恰好を、その細かい枝ぶりまで見きわめる訓練や、群れ飛ぶ鳥を見ても、その数を、できるだけ確実に早くかぞえる練習もやった。
 
 
最後には、私は昼間の星を探しはじめた。これはなかなかむずかしいことであった。
私はまず日の暮れに、その1番星を、1秒でも早く見つける練習をした、昼間の星は青空にとけこんで、かすかに青白く光っている。この昼間の星を見つける訓練の目的は、遠距離で敵をつかまえる場合により早く見つけることができるこのような訓練の結果、私の視力は、坂井の視力は二・五だ」といわれるほどになった。たゆまぬ修練を行なった結果である。

 私は長い期間にわたって、数えきれないほどの空中戦を経験したが、この視力のおかげで、ただの一度といえども、敵から先に発見されたという気配を感じたことはなかった。

昔から飛行機乗りの六割頭といって、空中では人間のもっている能力が著しく低下する。戦中戦後を問わず、数々起こった飛行警故の中で、地上においては考えられないようなミス、空中でなされるのも搭乗員の判断、処置力が減退しているからである。地球との緑を切って空中に上がった瞬間から、意識すると意識しないとにかかわらず、己れの生命の危険を感じているのである。
 

 しかも、自分の声も聞こえないほどの騒音の中で、確実な飛行を行なうためには、たくさんの計器につねに気をくばり、エンジンの調子や刻々に移動していく自分の位置を確認しながら、指揮官機や僚機との連繋をとりながら飛行する。四方八方、上下左右にいつ、どこから飛びだしてくる敵機発見に全力をそそがねばならない。高度によって気圧の低下と酸素の不足と闘わんばならない。
 
 このように、悪条件を克服しながら、地上でもっている自己の全能力の分留りをいかに多くするかが勝負の決め手である。
 
 このため、同時に2,3つのことをやる訓練し、文章を確実に読みながら数学の計算をし、同時にラジオを聞き、そのうえ、人の会話の内容を聞きとり、それを頭の中で整理することさえ可能になった。
 
 
 また、夏から秋にかけて、トンボの飛ぶ季節は、私にとっては猛訓練のときだ。止まっているトンボ、飛んでいるトンボを素手でつかむ練習、ハエも同様で、この訓練を重ねた結果、しまいには止まっているハエなどはほとんど百発百中つかまえられるようになった。このつかみ方の勘が敵機を撃墜するとき非常に役立った。(まるで宮本武蔵とおなじである)
 
 また、頭脳がいま発射時と判定して左手が発射ボタンを握るまでに、運動神経のオクレがある。このズレを縮小するために、自動車に乗って走っているとき、交互にすぎ去る電柱や二本のエントツが重なるときにすかさず手を握る訓練など行なった。
 

 
 
 
 戦闘機乗りは、最後の頼みとするものは自分だけということである。徹底的ながんばりがなくてはいけないのだ。戦いの常として、こちらが辛い場合には向こうも辛い。辛い、辛いと思っているときには戦闘は互角である。
 
むしろこちらが勝っている場合が多い。その辛い最後の一瞬を、かならず勝てるという信念でがんばりぬいた人が、空中戦においても敵に勝つ人であって、その苦しい最後のときにへタぼった人が、かならず落とされる運命にある。そのためには、日ごろから負けじ魂を養うために、夏は水泳を一生懸命にやった。長距離と潜水とをやる。息が切れてももぐっている。私はもぐったまま百メートルぐらい泳いだ。冬はたいてい駆け足をやる。倒れる限度までやる。
 
 またサカダチの稽古をやった。飛行中、宙返りその他の操作で急激に機体に荷重をかける場合に、われわれの内臓器管は垂下してくる。それを元へもどすために、そのサカダチを何分がんばれるか、私は十五分つづけることができた。たいていの人は四分か五分くらいで顔が真っ赤になってはれ上がってくる。目も充血してくる。
 
もうだめだ、そう思ったときに倒れてしまう。ところが、その苦しさを踏みこえてみると、案外その先は楽だった。これも空戦のときのがんばりに役立った。
 
 また息をとめる稽古もした。普通は四、五十秒だが、私は二分三十秒の記録をもっている。一番辛いのは一分目ぐらい、こんなことをしていては心臓がとまりはしないか、このまま死んでしまいはしないかと思うが、それをがまんすると、一分十五秒あたりからずっと楽になってくる。
 
 なんでもこれと同じで、辛いと思ったとき、そこを踏みこえなければ勝てない。生理的にも精神的にも、そういう訓練をやって、非常に辛いときに、まだまだ余裕があるということを発見した。硫黄島の空戦で、十五対一で追い回されたが、あのときにもしも駄目だと思ってあきらめたら、私は落とされていたと思う。そこをあきらめないで最後までがんばりにがんばった結果、死地を脱しえた。
 
 
戦闘撥乗りは、どんなに多くの味方がいてくれても、最後にたよるものは、自分以外にはない。このように考えて、私は、自分の精神、智能、体力をその極限と思われるところまで、鍛えに鍛えてみた。
 
私は思う。普通の人間といわれる大部分の人たちが、果たして生まれてから自然に死んでゆくまでの長い期間に、自分が持って生まれた人間としての性能の何バーセソトを使って、この世から去って行っているだろうか……と。私は、平均三十パーセントくらいだと考えている。あとの七十%は捨てているのである
 

 - 人物研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(335)-「日本の深刻化する高齢者問題―大阪を中心にその貧困率、年金破綻と生活保護、介護殺人、日本の格差/高齢者/若者/総貧困列島化を考える」(上)

2016年(平成28)3月24日  講演会全記録   「大阪の高齢者問題―貧困率 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(11)記事再録/副島種臣外務卿(初代外相)の証言④ 『甲申事変後の対清政策意見』1885年(明治18) ★『➀日本で公法(万国法、国際法)をはじめて読んだのは自分 ②世界は『争奪の世界(植民地主義』で、兵力なければ独立は維持できない。 ③書生の空論(戦争をするな)を排する。 ④政治家、経済人の任務は国益を追求すること。空理空論とは全く別なり。 ⑤水掛論となりて始めて戦となる、戦となりて始めて日本の国基(国益)立つ。』

 日中,朝鮮,ロシア150年戦争史(52)  副島種臣・外務 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(667) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(49) 「日本の『インテリジェンスの父』川上操六参謀次長が密命して、シベリアに送り込んだ『日本の007、満州馬賊隊長の花田仲之助」

日本リーダーパワー史(667) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(49)   …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(142)ー「最後の元老・西園寺公望(90歳)-フランス留学10年の歴代宰相では最高のコスモポリタン、晩年長寿の達人の健康十訓」★『 まあ生きてはいるがね、涙が出る、はなが出る、いくじがなくなって、 これも自然でしかだがない』』

   百歳学入門(80) ▼「最後の元老・西園寺公 …

no image
★「冷戦終結のベルリンの壁崩壊から30年、今、再び「新冷戦」の時代へ」

                前坂 俊之(ジャーナリスト) &nbs …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(197)『直近のNYTは大隅教授のノーベル賞受賞を多角的に報道(Yoshinori Ohsumi of Japan Wins Nobel Prize for Study of ‘Self-Eating’ Cells )日本の科学ジャーナリズムの貧困とは大違い』●『「社会がゆとりを持って基礎科学を見守って」大隅さんは会見で繰り返し訴えた』

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(197)★ Yoshino …

スキャン画像(1)
百歳学入門(243)-『60、70歳から先人に学ぶ百歳実践学入門』講演禄(2018/3/23)-『60、70は洟垂れ小僧、洟たれ娘じゃ、男盛り、女ざかりは百から100から。百歳わしもこれから、これから(平櫛田中107歳)』

百歳学入門(243)― 『60、70歳から先人に学ぶ百歳実践学入門』講演禄(20 …

no image
日本リーダーパワー史(728)ー1945(昭和20)年8月『終戦』での最も感動的なスピーチー『出光佐三の『玉音を拝して』(8/17)『順境にいて悲観し、逆境にいて楽観せよ』●『活眼を開いてしばらく眠っていよ』

日本リーダーパワー史(728) 記事再録ー日本リーダーパワー史(179) 『国難 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(184)記事再録/「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』⑰「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』昭和2年刊)』★『 「朝鮮に美人が少い理由」は秀吉軍の美人狩りによるものか、 中国『元時代』の美人狩りのせいか、この歴史的論争の結果は?!』★『伊藤博文は具体的な数字と根拠を上げて秀吉の美人狩りを否定した。美人狩りをしたのは中国・元時代のこと』★『韓国・北朝鮮の現在まで続く反日/歴史歪曲偽造/日韓歴史認識ギャップは伊藤のように具体的な事実、数字を挙げて論争する必要がある』★『客観的な物的証拠(データ、資料、科学的、数字的な検証、論理的な推論によるもの)で行うこと』②

 2015/09/04  /「英タイムズ」「ニュー …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊱ 』「155百万ドルで田中投手はヤンキースと契約」 (ニューヨーク・タイムズ)1/22 

  『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ㊱ 』 &nbs …