前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(182)『日本のメルトダウン』『台湾第4原発事故で、沖縄県内で3万7400人がガン死』『石棺で現在の場所に封じ込め』

   

速報(182)『日本のメルトダウン』
『台湾第4原発事故で、沖縄県内で3万7400人がガン死の
可能性』◎『石棺』を造って、現在の場所に封じ込め
ることになる 』など7本
 
以下は小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ』の転載です
2011年11月9日
2011年11月8日(火)、小出裕章氏の台湾原発の研究を琉球新報が報じました。
=====
台湾原発、沖縄に警鐘 小出氏が研究「風向きで健康被害も」
211年11月8日
 原子力発電所がなく、本土の原発からも遠く離れている沖縄。しかし台湾では、建設中の台湾電力第4原発(原子炉2基)が2016年までに商業運転を始める見通しで、那覇は約590キロ、与那国はわずか約130キロしか離れていない。京都大学原子炉実験所の小出裕章助教の研究によると、第4原発で「チェルノブイリ」級の事故が起きた場合、風向きによっては与那国だけでなく本島地方、全国で甚大な健康被害を及ぼす恐れがある。国外の原発事故における防止策について、国際間の取り決めはないといい、小出氏は「原発事故は想定外の事が起きる。安全とは言いきれない」と警鐘を鳴らしている。
この投稿の続きを読む »


2011年11月9日
2011年11月7日(月)、小出裕章氏の講演を信濃毎日新聞が報じました。
以下転載。
=====
原発全廃でも「電力賄える」 京大・小出助教が上田で講演
11月07日(月)
原発事故の状況について話す小出助教=上田市の長野大
 東京電力福島第1原発事故直後から被害の深刻さを指摘してきた京都大原子炉実験所(大阪府熊取町)の助教、小出裕章さん(62)が6日、上田市下之郷の長野大で講演した。国内の電力供給について「火力発電所がすべて稼働すれば夏の最大需要も賄える」とし、汚染物質を出し続ける原発は全廃すべきだと強調。福島県などの第1次産業を守るには、一定の放射線量以下の食品は大人が食べるようにしていくしかないと訴えた。
この投稿の続きを読む »


2011年11月9日
2011年11月6日、長野県上田市長野大学にて小出裕章氏の講演「未来のために!福島原発事故が教える現実」が行われ、ニコニコ生放送にて生中継されました。
録画の続きは以下の通り。
この投稿の続きを読む »
共有:
コメントは受け付けていません。 | 福島第一原発, 原子力発電 | タグ: ニコ生投稿: 管理人 , 講演 | パーマリンク


2011年11月9日
2011年11月8日(火)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。
番組内容
2011年11月 8日【火】
大阪府教育基本条例案で何が起きるのか
大阪維新の会が掲げる大阪府教育基本条例案は、大阪ダブル選でも争点の一つとなっています。民意を反映した教育改革なのか、教育への政治介入なのかなど、賛否は大きく分かれていますが、仮に条例が成立した場合、教育現場では具体的に何が起きるのか、上田崇順アナウンサーが取材報告します。
原発事故関連のニュースは京都大学の小出先生が解説します。
関連報道は以下の通り
この投稿の続きを読む »


2011年11月8日
2011年11月7日(月)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。
番組内容
2011年11月 7日【月】
不思議の国?ギリシャの秘密~ギリシャ通に聞く
国民の4人が1人が公務員?古代ギリシャの末裔の自分たちを世界は救って当然、と思っている?・・・にわかにギリシャ(国民)への関心が高まっています。みなさんの周囲でも「あの人ギリシャ人度高いよね」とか「そんな無駄遣いしていたらギリシャみたいになるぞ」なんて会話交わされていませんか?もちろんギリシャ人には反論もあろうかと。在日ギリシャ大使館オフィシャルトランスレーターでギリシャ大使秘書もつとめた柳田富美子さんに「ギリシャ人の真実」についてお話を聴きます。小出先生の原発事故解説も。


2011年11月6日
2011年11月5日(土)、小出裕章氏がニコニコ生放送『放射能汚染の時代を生き抜くには?異端の研究者小出裕章氏がニコ生ユーザーの質問に答えます!』に出演し、寄せられた質問に答えました。
内容文字おこし
この放送は内容別に8つに分けて掲載しています。
1:小出裕章Q&A(1)「2号機キセノン検出、東電は臨界は起きていないと言っているが?」(ニコ生) 11/5
2:小出裕章Q&A(2)「福島原発のメルトダウン、現在どのくらいの深さまで到達しているのか?」(ニコ生) 11/5
3:小出裕章Q&A(3)「どのガイガーカウンターを買えばよいのかわからない。アドバイスください」(ニコ生) 11/5
4:小出裕章Q&A(4)「チェルノブイリでは動物が元気に生きている。放射性物質の多い環境に適応していくのか?」(ニコ生)11/5
5:小出裕章Q&A(5)「放射性物質を消滅させる研究はなされているのか。開発される可能性は?」(ニコ生)11/5
6:小出裕章Q&A(6)「汚染瓦礫の全国に拡散して処理・埋立は、人体に影響しないのか?」(ニコ生)11/5
7:出裕章Q&A(7)「講演をされていて、一般の国民の意識の変化は感じられたでしょうか?」(ニコ生)11/5
8:小出裕章Q&A(8)「小出氏自身が廃炉に向けて取り組みをする必要があるのではないか?」(ニコ生)11/5 
 


2011年11月6日
2011年11月5日(土)ニコニコ生放送にて『京都大学原子炉実験所小出裕章助教 高校生たちへのメッセージ』が放送されました。コメント欄にてKazuo Sugiuraさまより教えていただきました。
録画の続きは以下の通り。 この投稿の続きを読む »
 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本メルトダウン脱出法(867)「お勉強会」で学んだ安倍首相は次にこう動く」●「凍土壁建設、被爆15ミリシーベルトとの闘い」●「日本と韓国が理解しあえない根本的な原因」●「 中国人仰天!「マージャン入社試験」実施企業の思惑」●「日本の家電はかつてのノキア、過去に固執せず変革を」

日本メルトダウン脱出法(867)   「お勉強会」で学んだ安倍首相は次 …

By: taylorandayumi
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(87)』『2015年初頭までに日本を巨大地震が襲う!?(村井名誉教授)ほか6本

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(87)』   『2015 …

no image
日本リーダーパワー史(334)日中ディープニュース動画解説(90分)◎『日中韓百年戦争勃発か」前田康博氏に聞く① ②③

日本リーダーパワー史(334) 日中ディープニュース動画解説(90分) &nbs …

no image
トランプ大統領は全く知らない/『世界の人になぜ日中韓/北朝鮮は150年前から戦争、対立の歴史を繰り返しているかがよくわかる連載⑵』ー(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史の連載70回中、21-35回までを再掲載)

  日中韓異文化理解の歴史学(2)(まとめ記事再録) 『日中韓150年 …

no image
小倉志郎の原発ウオッチ(6)動画「ウラルの核惨事 65年後の放射能」ーこれを見れば、汚染地域の今後 が予想できる

 小倉志郎の原発ウオッチ(6)   動画「ウラルの核惨事 6 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(35)★歴史の復習問題ー日清戦争『三国干渉』後に、 ロシアは『露清密約』(李鴻章の巨額ワイロ事件)を結び遼東半島を入手、シベリア鉄道を 建設して居座り、日露戦争の原因となった。

 日中北朝鮮150年戦争史(35) 歴史の復習問題ー日清戦争『三国干渉』後に、 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が報道した「日韓併合への道』㉑ 「伊藤博文統監の言動」(小松緑『明治史実外交秘話』)⑥『伊藤はハーグ密使事件は韓帝の背信行為と追及』

「 英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「日韓併合への道 …

no image
☆(お勧め記事)渡辺幸重の原発レポート④-『最悪のシナリオから考えるー日本海溝投棄の疑問・提言(2)』

渡辺幸重の原発事故レポート④   『最悪のシナリオから考えるー日本海溝 …

no image
日本リーダーパワー史(610)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑤『1888年(明治21)、優勝劣敗の世界に立って、日本は独立を 遂げることが出来るか」末広鉄腸の『インテリジェンス』①

日本リーダーパワー史(610) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑤ 『1888 …

no image
国際コミュニケーションにおける通訳の役割>日本の通訳者の第一人者・小松達也サイマル・インターナショナル顧問の会見 

<国際コミュニケーションにおける通訳の役割> 日本の通訳者の第一人者・小松達也サ …