前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

速報(182)『日本のメルトダウン』『台湾第4原発事故で、沖縄県内で3万7400人がガン死』『石棺で現在の場所に封じ込め』

   

速報(182)『日本のメルトダウン』
『台湾第4原発事故で、沖縄県内で3万7400人がガン死の
可能性』◎『石棺』を造って、現在の場所に封じ込め
ることになる 』など7本
 
以下は小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ』の転載です
2011年11月9日
2011年11月8日(火)、小出裕章氏の台湾原発の研究を琉球新報が報じました。
=====
台湾原発、沖縄に警鐘 小出氏が研究「風向きで健康被害も」
211年11月8日
 原子力発電所がなく、本土の原発からも遠く離れている沖縄。しかし台湾では、建設中の台湾電力第4原発(原子炉2基)が2016年までに商業運転を始める見通しで、那覇は約590キロ、与那国はわずか約130キロしか離れていない。京都大学原子炉実験所の小出裕章助教の研究によると、第4原発で「チェルノブイリ」級の事故が起きた場合、風向きによっては与那国だけでなく本島地方、全国で甚大な健康被害を及ぼす恐れがある。国外の原発事故における防止策について、国際間の取り決めはないといい、小出氏は「原発事故は想定外の事が起きる。安全とは言いきれない」と警鐘を鳴らしている。
この投稿の続きを読む »


2011年11月9日
2011年11月7日(月)、小出裕章氏の講演を信濃毎日新聞が報じました。
以下転載。
=====
原発全廃でも「電力賄える」 京大・小出助教が上田で講演
11月07日(月)
原発事故の状況について話す小出助教=上田市の長野大
 東京電力福島第1原発事故直後から被害の深刻さを指摘してきた京都大原子炉実験所(大阪府熊取町)の助教、小出裕章さん(62)が6日、上田市下之郷の長野大で講演した。国内の電力供給について「火力発電所がすべて稼働すれば夏の最大需要も賄える」とし、汚染物質を出し続ける原発は全廃すべきだと強調。福島県などの第1次産業を守るには、一定の放射線量以下の食品は大人が食べるようにしていくしかないと訴えた。
この投稿の続きを読む »


2011年11月9日
2011年11月6日、長野県上田市長野大学にて小出裕章氏の講演「未来のために!福島原発事故が教える現実」が行われ、ニコニコ生放送にて生中継されました。
録画の続きは以下の通り。
この投稿の続きを読む »
共有:
コメントは受け付けていません。 | 福島第一原発, 原子力発電 | タグ: ニコ生投稿: 管理人 , 講演 | パーマリンク


2011年11月9日
2011年11月8日(火)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。
番組内容
2011年11月 8日【火】
大阪府教育基本条例案で何が起きるのか
大阪維新の会が掲げる大阪府教育基本条例案は、大阪ダブル選でも争点の一つとなっています。民意を反映した教育改革なのか、教育への政治介入なのかなど、賛否は大きく分かれていますが、仮に条例が成立した場合、教育現場では具体的に何が起きるのか、上田崇順アナウンサーが取材報告します。
原発事故関連のニュースは京都大学の小出先生が解説します。
関連報道は以下の通り
この投稿の続きを読む »


2011年11月8日
2011年11月7日(月)、MBS(毎日放送)ラジオの「たね蒔きジャーナル」に、小出裕章氏(京大原子炉実験所助教)が出演されました。
番組内容
2011年11月 7日【月】
不思議の国?ギリシャの秘密~ギリシャ通に聞く
国民の4人が1人が公務員?古代ギリシャの末裔の自分たちを世界は救って当然、と思っている?・・・にわかにギリシャ(国民)への関心が高まっています。みなさんの周囲でも「あの人ギリシャ人度高いよね」とか「そんな無駄遣いしていたらギリシャみたいになるぞ」なんて会話交わされていませんか?もちろんギリシャ人には反論もあろうかと。在日ギリシャ大使館オフィシャルトランスレーターでギリシャ大使秘書もつとめた柳田富美子さんに「ギリシャ人の真実」についてお話を聴きます。小出先生の原発事故解説も。


2011年11月6日
2011年11月5日(土)、小出裕章氏がニコニコ生放送『放射能汚染の時代を生き抜くには?異端の研究者小出裕章氏がニコ生ユーザーの質問に答えます!』に出演し、寄せられた質問に答えました。
内容文字おこし
この放送は内容別に8つに分けて掲載しています。
1:小出裕章Q&A(1)「2号機キセノン検出、東電は臨界は起きていないと言っているが?」(ニコ生) 11/5
2:小出裕章Q&A(2)「福島原発のメルトダウン、現在どのくらいの深さまで到達しているのか?」(ニコ生) 11/5
3:小出裕章Q&A(3)「どのガイガーカウンターを買えばよいのかわからない。アドバイスください」(ニコ生) 11/5
4:小出裕章Q&A(4)「チェルノブイリでは動物が元気に生きている。放射性物質の多い環境に適応していくのか?」(ニコ生)11/5
5:小出裕章Q&A(5)「放射性物質を消滅させる研究はなされているのか。開発される可能性は?」(ニコ生)11/5
6:小出裕章Q&A(6)「汚染瓦礫の全国に拡散して処理・埋立は、人体に影響しないのか?」(ニコ生)11/5
7:出裕章Q&A(7)「講演をされていて、一般の国民の意識の変化は感じられたでしょうか?」(ニコ生)11/5
8:小出裕章Q&A(8)「小出氏自身が廃炉に向けて取り組みをする必要があるのではないか?」(ニコ生)11/5 
 


2011年11月6日
2011年11月5日(土)ニコニコ生放送にて『京都大学原子炉実験所小出裕章助教 高校生たちへのメッセージ』が放送されました。コメント欄にてKazuo Sugiuraさまより教えていただきました。
録画の続きは以下の通り。 この投稿の続きを読む »
 

 - 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード
『リモートワーク/歴史証言学/日中韓150年政治外交史』★『日本議会政治の父/憲政の神様・尾崎行雄が中国、韓国との150年対立・戦争史のルーツを語る』★『「『朝鮮(韓国)は助けて、支那(中国)は討て』★『支那(中国)滅亡論」を読むー中国に国家なし、戦闘力なし』』★『『朝鮮の独立を認め、日本を敵視せず、トルコ、ベトナム、清仏戦争の失敗に学ばねば、清国は滅亡する(尾崎の予言)』

前坂俊之(ジャーナリスト)    日中韓150年三国志―尖閣問題ル―ツ …

no image
「人口減少問題」を考える>ー慶応大学・片山善博教授と島根県中山間地域研究センター研究統括監の藤山浩氏の記者会見動画

       <「人口減少問題 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(898)『米朝会談は5月に迫る!』★『5月の日米首脳会談でトランプが日本を切り捨てる可能性』●『 中朝“血の同盟”にトランプ氏激怒 軍事オプションに障害…「核・ミサイル開発」時間稼ぎ許す恐れも』★『コラム:北朝鮮の金正恩氏、「変心」は本物の可能性』

世界/日本リーダーパワー史(898)『米朝会談は5月に迫る!』 5月の日米首脳会 …

mq2
★『転職、スキルアップを考えている人のための巣ごもり勉強動画(60分)』★『新型コロナ不況を吹き飛ばす/テレワーク/ドローン物流革命を加速せよ』★『『日本のドローン市場の発展を妨げる各種規制を撤廃して成長産業に離陸させること』

日本の最先端技術『見える化」チャンネル 前坂 俊之(ジャーナリスト) 『リーダー …

no image
  日本リーダーパワー史(774)『金正男暗殺事件を追う』―『金正男暗殺で動いた、東南アジアに潜伏する工作員たちの日常 』●『金正男暗殺事件の毒薬はVXガス マレーシア警察が発表』★『金正男暗殺に中国激怒、政府系メディアに「統一容認」論』●『  金正恩は金正男暗殺事件の波紋に驚いた? 「国際的注目を浴びるはずない」と考えた可能性も』

  日本リーダーパワー史(774)『金正男暗殺事件を追う』   金正男 …

no image
速報(215)『日本のメルトダウン』ー『脱原発世界会議』『今後激増する「内部被曝」「低線量長期被曝」の「何でも質問会」』

速報(215)『日本のメルトダウン』 『「脱原発世界会議」』   ●『 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(185)-「財界巨人たちの長寿・晩晴学①」渋沢栄一、岩崎久弥、大倉喜八郎、馬越恭平、松永安左衛門―『<〝晩成〟はやすく〝晩晴″は難し>』★『晩晴は人生そのものを第一義とし、事業はその一部にすぎず、真に老いに透徹した達人でなければ達し得ぬ人生最高の境地こそ〝晩晴〟である』

    2012/12/29 &nbsp …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(67)記事再録/ 日本の「戦略思想不在の歴史」⑵-日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか②『「モンゴル帝国は計6回も日本に使者を送り、外交、貿易、 属国化を迫ってきた』『日本を攻めようにも風涛艱険で、 モンゴル軍が安全に進攻できるところではない』

 2017年11月14日 /日本の「戦略思想不在の歴史」⑵ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(116)「タカタ問題」では「湿気で部品が劣化して 異常破裂する結果」をNYTはいち早く調査報道、日本メディアはNYTの引用で済ませるお粗末』

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(116)』 「タカタ問題」 …

no image
日本リーダーパワー史(718)★『現代の宮本武蔵・天才イチローの鍛錬/修行』「鍛錬を続けよ<鍛とは千日(3年)、錬とは一万日(30年)の毎日の稽古/修行なり>(五輪書)『一万日(30年)の毎日の稽古/修行なり>(五輪書) 。「常に人に笑われてきた悔しい歴史が、僕の中にはある。 これからもそれをクリアしていきたい」。

  日本リーダーパワー史(718)  『現代の宮本武蔵・天才イチローの鍛錬/修行 …