前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの世界日本近現代史』(276)★『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(151)』★『わがメモアールーイスラエルとの出会い、Wailing Wall , Western Wall 』(嘆きの壁)レポート(1)

   

 

   2016/02/16『F国際ビジネスマンのワールド・カメラ・ウオッチ(151)』

 『F国際ビジネスマンのメモアール』―「わがイスラエルとの出会い」①  

1)約30年前、PCネットワークの揺籃期、某精密機械メーカーの新設本社棟に全社コンピューターネットワーク数億円規模を納入する事となった。

納入4ヶ月前、メーカーから突如2ヶ月の納入延期を要請され、ボストンのメーカー本社と交渉、なんと設計・製造の一切がイスラエルのハイファで行われていると告げられた。当時、中東のオイルダラー華やかりし頃で、イスラエルボイコットを恐れてイ国への入国を躊躇する向きが多かった。

顧客から納期厳守を告げられた私は、ボイコットを恐れる社内の大反対を押し切りハイファのメーカーへ直談判に急行する。初の入国となった。

噂に違わずハイファ工業団地はインテル、IBM, シスコ、DEC等など数多のIT系米国メジャー企業の研究所、開発センター、生産工場で満杯であった。

イスラエル空軍の元ベテランパイロットであった社長を、20日間滞在して口説き落とし、納期順守を約束してもらう。

難しいソフトウエアの開発に従事する現地ユダヤ人スタッフ30名の不眠不休の協力(社長からの「極東からの客人を、安心して帰国させてやろうじゃないか」という一言が全員のやる気を引き出した。

当方も、開発センター各部屋を毎日巡回し、繰り返し納期順守の懇願を続けた。

『ユダヤ人は日本人に非常に好意的であった』。それが実を結び、無事に納期前の完納に漕ぎ着ける事が出来た。

(イスラエル病に罹る)

2)地中海に面し、1948年の建国時に世界からボートで入国した離散ユダヤ人の最初の上陸地点で有名なハイファ港、今は地中海クルーズの碇泊でも知られているが、薄暮の哨戒機の低空飛行と爆音、レバノン国境沿いに数機の大型軍用ヘリのサーチライト。ハイファ港の軒を連ねる船乗り酒場、ユックリ回る大型扇風機と極上のビール。

ユダヤ人青少年の外国人客への優雅な応対、各戸に溢れんばかりに咲き乱れる草花、何処からともなく現れて職務質問し日本人と分かると満面の笑みを浮かべて滞在を楽しんでくれという警察官。

ユダヤ教安息日の異様な静けさ。垣間見たエルサレム旧市街、信仰と殺戮の歴史が累積した三大宗教の古都。ユダヤ国家消滅となった紀元70年、死海近傍マサダ砦、ローマ軍との古戦場。等など枚挙に暇がない。

この時から、古代から現代までの有りとあらゆる宝石を詰め込んだ宝石箱を床に撒き散らした様な眩暈、巷間よく言われるイスラエル病に罹った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『 Wailing Wall , 又はWestern Wall  』(嘆きの壁)レポートその(1)

紀元前20年、ヘロデ大王時代のエルサレム神殿の外壁のうち、現存するもの。神殿はユダヤ教で最も神聖な建物であった。1920年代、壁の帰属をめぐりアラブ人とユダヤ人の緊張が高まる。2016年1月、イスラエル政府は、従来の柵で仕切りを設けた男女別の礼拝に加え、男女一緒に礼拝可能な区域を設けた。

1111111

22222

333333333

444444444

5555555555

666666

77777777

8888888888

99999999

100000000000

 – 現代史研究

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(167)『敗軍の将・勝海舟の国難突破力⑥『金も名誉も命もいらぬ。大バカでないと何もできんぞ』

日本リーダーパワー史(167)   『敗軍の将・勝海舟の国難突破力⑥ …

no image
日本リーダーパワー史(43)水野広徳による『秋山真之』への追悼文(上)

  噫(ああ)、秋山海軍中将(上)   &nbsp …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑥『朝鮮分割論』<日露戦争開戦37日前>『ニューヨーク・タイムズ』 1903年12月31日

  『日本世界史』シリーズ   世界史の中の『日露戦争』⑥-英国『タイムズ』 米 …

no image
<世界大乱!『EU、中国はどうなるのか』―竹森俊平 慶応大学教授、與那覇潤・愛知県大准教授の記者会見

<世界大乱!―『EU、中国はどうなるのか』― 日本記者クラブで専門家が語る> & …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(630) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(23) 『川上操六参謀次長と日清貿易研究所を設立した荒尾精 「五百年に一人しか出ない男」(頭山満評)ー表の顔は「漢口楽尊堂店長」、実は参謀本部の海外駐在諜報武官。

日本リーダーパワー史(630)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(23)   …

no image
100周年を迎えたシャープは存亡の危機にたつー創業者・早川徳次の逆境・逆転・成功人生に帰れ「ピンチの後はチャンスが来る」

シャープ創業者・早川徳次の逆境・逆転・成功人生             …

no image
『世界サッカー戦国史』➄『児玉源太郎と西野監督のリーダーシップの共通性』★『 児玉参謀次長の戦略思考と人心収攬術と西野の戦略眼、選手との対話力、コミュニケーション力が勝利の決め手になった』

  児玉源太郎と西野監督のリーダーシップの共通性            …

By: Nakatani YOshifumi
日本リーダーパワー史(541)サッカーアジア杯のUAE戦での敗北に『死に至る日本病』を考える①

  日本リーダーパワー史(541) ①サッカーアジアカップの準々決勝U …

no image
百歳学入門(237)ー近藤康男(106)の「七十歳は一生の節目」「活到老 学到老」(年をとっても活発に生きよ 老齢になるまで学べ)』★『簡単な健康法を続ける。簡単で効果のあるものでなくては続けられない。大切な点は継続すること。』

百歳学入門(237) 「七十歳は一生の節目」「活到老 学到老」(年をとっても活発 …

By: www.Michie.ru
日本リーダーパワー史(537)三宅雪嶺の「日英の英雄比較論」―「東郷平八郎とネルソンと山本五十六」

       日本リーダーパワー史(537) 三宅雪嶺の「日英の英雄比較論」― …