前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『リーダーシップの日本近現代史』(84)記事再録/ ★『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊳/『開戦2週間前の『英ノース・チャイナ・ヘラルド』の報道『日本が決意しているのは,中国と朝鮮との 独立と保全の維持なのだ。この点で,日本は英米の支持を 受けている』★『外交面で,日本はロシアを完全に負かしてきた。合衆国の40年にわたるロシアへの友情は.全く消えうせてしまった』

   

   2017/01/21日本戦争外交史の研究』/

『世界史の中の日露戦争カウントダウン㊳』/『開戦2週間前

 1904(明治37)122日『英ノース・チャイナ・ヘラルド』「日露紛争」日本が決意しているのは,中国と朝鮮との独立と保全の維持なのだ。この点で,日本は英米の支持を受けている。

日本は,ロシアが遼東半島から日本を追い出して,自分で取ってしまったことに対し,復讐しようと望んでいるのでも,また,日本の勇気が東洋人の敵をやっつけるだけのものではないことを証明しようと血気にはやっているのでもない。これは銘記すべきことだ。

日本が決意しているのは,中国と朝鮮との独立と保全の維持なのだ。そして、この点で,日本は英語を話す2大国民の支持を受けている。日本は昨年夏,要求を公式化して提示し,そしてこの要求から1歩も引くつもりがないことを1度ならず言明し,その言葉を守ってきた。そして,もし必要なら武力でその要求を支持する準備を静かに進め,ロシアの陸海の兵力に関する誇大な報告にもひるむことはなかった。

外交面で,日本はロシアを完全に負かしてきた。合衆国の40年にわたるロシアへの友情は.全く消えうせてしまった。

大英帝国と同盟を結んだことで,フランスとドイツは,ロシアに味方した場合,そこで得られる可能性のあるいかなる有利さとも引き合わない危険を招かざるを得なくなった。

日本は,ロシアがついに確保したと考えていた中国の友情も奪い取ってしまっ

た。カッシーニ,ウフトムスキー,パグロフ,レッサーなどの有能なロシアの外交官たちの表裏両面にわたる働きのあげくこうなったわけで,ロシアにとってはきわめて苦い薬であるに違いない。

日本はロシアを完全譲歩せざるを得ない苦しい立場に追い込んだ。最新のロイター電によれば,ロシアは今や完全譲歩するつもりになっているということだ。しかし,ロシアはこの譲歩をあまりにも長く引き延ばし過ぎたのではないかと懸念される。

アレクセーエフ総督の覚書と言われているものを別としても,もし今この土壇場でロシアが譲歩しても,その意図は圧倒的な兵力をその総督に与えることができるようになれば直ちに侵略を再開しようというものにはかならないと,日本が信じたとしても全く正当なことだ。

一方,日本は,事態を正常に戻して,中国が自らの独立と保全を守れるようになるだけの時間を作り出すことを目標にしており,日本がこの目榛を達成するための最も確実な道は.今ロシアと戦うことだと考えているのは.おそらく正しいことだろう。

この数日間,東京からの直接の電報はほとんどなかったが,私信そのはかいろいろな情報から,日本の作戦計画を予想することはできる。本紙でこれまでにもたびたび述べてきたように,戦争は海軍の交戦で始まるだろう。

ロシアの海軍力は現時点で3戦隊に分かれている。最大のものは旅順にあり,もう1つはウラジオストクにあり,3つ目はスエズからこちらに向かっている

が,その前方にはジェノヴァからの日本の新鋭巡洋艦2隻がいる。日本はこれら3戦隊の部分の中央に位置し,戦略的に有利な立場にある。

数日前に得た情報では,ロシア艦隊のウラジオストクにいる戦隊が旅順の主力に合流するために出発したが,氷のため4ノット以上の速力を出すことができず,ウラジオストクへ戻らざるを得なかったという。

ウラジオストクへ戻った本当の理由は,日本の常備艦隊が朝鮮海峡で待伏せしていたからだ。われわれが待ち受けている最初の海戦は,ウラジオストク戦隊またはヨーロッパから来る戦隊が旅順の艦隊主力に合流するのを許さないとする日本の決意から発生するだろう。

そして春日と日進がシンガポール付近まで来たときに関心が高まり出すだろう。これまで得た電報から明らかなことは,この2隻は全速力で予定の戦場に向かいっつあるが,一方ロシア戦隊は,大型艦3隻の公称速力は20ノットだが,戦隊の一角を構成する水雷艇が足手まといになっているという。

東京から信頼できる情報が入らないため,あらゆる種類のうわさが飛び交っている。

狙撃兵4個大隊.砲兵1個大隊,それに工兵の分遣隊が陸路.旅順から鴨緑江

へ派遣されたという情報もあるが.このようなことはまずあり得ない,とわれわれは確信している。

アレクセーエフ総督が,旅順の兵力を削減することはあり得ない。それに,1年のこの時期に上記のように部隊を陸路移動させることは.きわめて危険な実験だ。

もし境線江の兵力を増強する必要があるなら,遼陽から送りそうなものだ。

遼陽の方がはるかに近いし,鴨緑江までの立派な道路もある。この道路はまさにこの目的のためにロシアが大いに改良を加えたものだ。ウラジオストクからの電報で今れわれが知っているのは,狙撃兵の2個隊が奉天から鴨緑江に派遣されたということだ。

日露両国とも,電信に厳しい検閲を実施しているから、公表された報告はすべ

て注意深く読まなければならない。上述の作戦計画の概略は推測に過ぎないが、蓋然性は高いと考えてよかろう。

日本の陸軍部隊は命令があり次第上船する準備ができているが,実際に出港するのは,予期される海軍の交戦が行われた後のことになるだろう。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

無題
★⑩日本リーダーパワー史(713)ー伊勢志摩サミットの陰の主人公・初代ベンチャービジネスの真珠王・御木本幸吉に学ぼう①ーエジソンは「『人工真珠』だけは 発明できなかった」と御木本を絶賛した>

日本リーダーパワー史(713) <記事再録>世界が尊敬した日本人(6) 初 …

no image
日本リーダーパワー史(446)「安倍外交を検証する②」再録「小泉元首相の終戦の日の靖国参拝問題を論ず(2006年/09/01)

 日本リーダーパワー史(446)   「安倍靖国参拝外交を検 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑨ 「独フランクフルター・ツアイトゥング」(1907(明治40)年7月24日付>『韓国のハーグ事件と皇帝の退位』

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙が報道した「日韓併合への道』 …

no image
『健康ならば死んでもいい患者』の『百歳ムリムリ入門』-『日本初!海上バカ説法を聞け! 鎌倉座禅カヤックー筋肉バトル1万回は<快楽、爽快、 苦役、悦楽、苦多苦多>大喝じゃ!,ああシンドいわ!』

2012年11月20日『百歳学実践入門』(223『釣りバカ・カヤック日記』番外編 …

no image
知的巨人たちの百歳学(169)記事再録/小説家・小島政二郎(100歳)の人生訓ー 『いつまでもあると思うな親と金、ないと思うな運と借金』

   2012/11/23  百歳学入門 …

61021346154a5f074deab03.23582740814491185
終戦70年・日本敗戦史(130)「中国統一(北伐の動き)の満州への波及を恐れた関東軍が張作霖爆殺事件を起こした(昭和3年)

終戦70年・日本敗戦史(130) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
ガラパゴス国家・日本敗戦史』➉大東亜戦争下の毎日新聞の言論抵抗・竹ヤリ事件の真相③―東條首相は「毎日」の廃刊を命令

   長期連載中『ガラパゴス国家・日本敗戦史』➉ &nbsp …

ダウンロード (3)
(再録)世界が尊敬した日本人【3】日本・トルコ友好の父・山田寅次郎ートルコを世界で最も親日国にした男

(再録)世界が尊敬した日本人【3】 2006年8月 日本・トルコ友好の父・山田寅 …

no image
日本リーダーパワー史(290)「日本最強の宰相・原敬のリーダーシップー藩閥政治の元凶・山県有朋をどう倒したか②

日本リーダーパワー史(290)   「日本最強の宰相・原敬のリーダーシ …

no image
速報(41)『日本のメルトダウン』57日目ー◎『菅首相よくやった!ー『浜岡原発ストップがやっと実現。』(動画ビデオ)

速報(41)『日本のメルトダウン』57日目 ◎『菅首相よくやった!ー『浜岡原発ス …