前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(59)名将・山本五十六のリーダーシップ・人使い・統率の極意とは・・⑤

      2015/11/12

日本リーダーパワー史(59)
名将・山本五十六のリーダーシップ・統率の極意とは⑤
 
 
             前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
① 人使いの要諦―『やってみせ・言って聞かせ・させてみせ・ほめてやる』
 
 山本流人使いの極意がこれで、
・「やってみせ」とは模範を示すことである。自分にそれだけの実力がなければ 「正しい模範」を示すことはできない。
・「言って」は説明すること。相手がわかるように、説明しなければならない。・「聞かせて」は相手に納得させること。そのためには、一回だけ説明するのではなく、何回も繰り返して納得するまで、説明しなければならない。
・「させてみて」とは実際に体験させること。何事もやらせてみて体験させないと、説明し、言って聞かせただけではわからない。
体験すると、それまでの過程など、なかったかのように覚えてしまう。
・「ほめてやる」。これは実際うまく行動できた場合の評価である。これが一番大切で、せっかくやらせておいても、このほめてやったり、激励することがないと、相手は動かない。これだけの手間ヒマかけて、手塩にかけないと、人は動かないものである。
② 「ドロをかぶる度胸を持て」

 山本長官にかわいがられた幕僚の話。山本のところに書類の決裁をもらいにいくと、黙って決裁する場合と、「これでいいのか」と聞かれる場合と、二つあった。黙って決裁された場合は、山本長官も同意した時である。「これでいいのか」と言った時は、長官は不同意で、「もう一度検討し直したらどうか」ということであった。
 長官の心の中まで読めない幕僚たちは「これ以外に手はございません」「これでいいと思います」と答えると、長官は自分の意見は言わず「そうか、それならその通りやってみろ」 と決裁した、という。
 ところが、やってみると、なるほど結果は悪い。山本は幕僚たちを実際に体験させて、教育していたのである。作戦が失敗に終われば、長官の名によって行われたものなので、責任は山本に帰せられる 剛腹な山本は幕僚の失敗であっても、自分のものとしてドロをかぶる度胸を持って、人を使っていたのである。
③ 『違う考えをする人間を幕僚にえらべ』
 真珠湾攻撃という奇襲作戦を実現したのは〝変人参謀〟といわれた黒島亀人大佐と、その策を採用した山本五十六であった。この黒島参謀は変人・奇人といわれ、ひと月に一回しか風呂に入らない。
真っ黒な部屋でロウソクを灯し、香をたいて、丸裸で二週間も想を練るという風変わりな生活で、評判はかんばしくなかった。
 スマートな海軍に中で、アカまみれで一向に平気で、他の参謀とも食事を共にしなかったのが、一層の反感を招いた。一般に海軍も陸軍も、自分と同じ兵術思想を持ったものを幕僚に選びがちである。その方が仕事がやりやすいから。 黒島に反感を持った周りが、「どうしてああいう奇人を幕僚に置いておくのか」と山本を突き上げた。
山本は答えた。「君と僕とでは兵術思想が同じだ。君の考えることは僕も考えるから、僕だけで間に合う。あの男は僕の考えないことを考える。だから、僕の側におくのだ」
④ 部下を徹底して愛せ
山本は部下思いで、情にもろい点は相当なもので、「山本の作戦は失敗だが、統率は申し分がない」と評価する海軍関係者が多い。
山本の統率はテクニックなどではなく、彼の性格、部下思いの人間性そのままの反映であった。山本は戦場に出ていく時、潜水艦や艦船であれば、「時と場所を問わず」にいつも自服を着て「大和」の上甲板に威厳を正して立ち、敬礼を受け、右手で帽子を大きく振って見送った。
乗員は「あれが長官だ」と感激し、いつまでも見えなくなるまで見送ってくれる山本長官の心遣いに泣き、国のため、山本長官のために命を投げ出すことを誓った。
山本は病院船や海軍病院をよく見舞った。ある時、眼をケガして眼帯で両目を覆った少年航空兵が病室にいた。「山本だよ。わかるか」「視神経をやられています」と病院長が説明。全快の見通しは、との質問に院長は沈黙したが、少年に向かって「帝国海軍は決して君を見捨てないよ。海の上でまた会おう」と激励した。少年航空兵は感激のあまり泣き伏した。
⑤ 山本五十六のリーダーシップの心得
一 苦しいこともあるだろう。
二 言いたいこともあるだろう。
三 不満なこともあるだろう。
四 腹の立つこともあるだろう。
 五 泣きたいこともあるだろう。
「これらをじっと我慢していくのが、男子たる者の修行である」 というもの。
これと似た〝五省″は戦前の「江田島海軍兵学校」で、生徒に対しての言葉。毎日の行動を反省する言葉。
一 至誠に惇(もと)るなかりしか。
二 言行に恥ずるなかりしか
三 気力に欠くるなかりしか。
四 努力に憾みなかりしか。
五 不精にわたるなかりしか。
                                                     (つづく)

 - 人物研究 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
記事再録/『幕末明治の歴史復習重要問題』明治維新150年の近代日本興亡史は『外交連続失敗の歴史』でもある。

2016年10月28日/ 日本リーダーパワー必読史(742) 明治維新 …

no image
★『地球の未来/明日の世界はどうなる』< 東アジア・メルトダウン(1080)>『トランプ対金正恩の「悪口雑言」で米朝開戦 となるのか?』★『ロケットマン×過去最大級の水素爆弾の実験と応酬』●『「第3次大戦の危機もたらす」有力議員がトランプ氏批判 』

  トランプ対金正恩の「悪口雑言」で米朝開戦 となるのか? 「『HUF …

no image
オンライン/新型コロナパンデミックの研究』-『米大統領選挙とサイバー戦争』★『強いものが生き残るのではなく、状況に適応したものが生き残る。『適者生存の原則』(ダーウイーンの法則)を見るまでもなく、米国のオープンソース・オープンシステムには復元力、状況適応力、自由多様性の組み込みソフトが内蔵されているが、3千年の歴史を自尊する中国の旧弊な秘密主義システム(中華思想)にはそれがない』(6月15日)

      米大統領選挙と「サイバー戦争」  前坂 俊之(ジャーナリスト)    …

no image
日本リーダーパワー史(610)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑤『1888年(明治21)、優勝劣敗の世界に立って、日本は独立を 遂げることが出来るか」末広鉄腸の『インテリジェンス』①

日本リーダーパワー史(610) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』⑤ 『1888 …

no image
日本リーダーパワー史(388)「最強のリーダーシップ・児玉源太郎伝(9)『全責任を自己一身に帰し、一身を国家に捧げる決意」

 日本リーダーパワー史(388)   「日本のナポレオン」・児玉源太郎伝(9) …

no image
日本リーダーパワー史(455)「伊藤博文の国難突破リーダーシップー120年前に「美しい日本」の観光立国論、クールジャパンを唱えた⑦

      日本リーダーパワー …

no image
日本風狂人伝(42) 泉鏡花・幻想文学の先駆者は異常な潔癖症・・

日本風狂人伝(42) 泉鏡花・幻想文学の先駆者は異常な潔癖症・・   …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(225)』<日馬富士暴行傷害事件の問題点>『急速な少子化、サッカー、野球などの他スポーツへの若者の傾斜、過酷な肉体労働の忌避など、乾坤一擲の策を講じても「日本人中心の相撲界」の将来性は相当厳しいのではと感じられます』

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ ウオッチ(225)』  <F国際ビジ …

no image
日本リーダーパワー史(621) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑮ 『川上操六参謀本部次長がドイツ参謀本部・モルトケ参謀総長に弟子入り、 ドイツを統一し、フランスに勝利したモルトケ戦略を学ぶ①

 日本リーダーパワー史(621)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑮ 『川 …

no image
日本リーダーパワー史(61) 辛亥革命百年④ 仁義から孫文を支援した怪傑・秋山定輔①

日本リーダーパワー史(61)   辛亥革命百年―仁義から孫文を支援した …