前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(59)名将・山本五十六のリーダーシップ・人使い・統率の極意とは・・⑤

      2015/11/12

日本リーダーパワー史(59)
名将・山本五十六のリーダーシップ・統率の極意とは⑤
 
 
             前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
① 人使いの要諦―『やってみせ・言って聞かせ・させてみせ・ほめてやる』
 
 山本流人使いの極意がこれで、
・「やってみせ」とは模範を示すことである。自分にそれだけの実力がなければ 「正しい模範」を示すことはできない。
・「言って」は説明すること。相手がわかるように、説明しなければならない。・「聞かせて」は相手に納得させること。そのためには、一回だけ説明するのではなく、何回も繰り返して納得するまで、説明しなければならない。
・「させてみて」とは実際に体験させること。何事もやらせてみて体験させないと、説明し、言って聞かせただけではわからない。
体験すると、それまでの過程など、なかったかのように覚えてしまう。
・「ほめてやる」。これは実際うまく行動できた場合の評価である。これが一番大切で、せっかくやらせておいても、このほめてやったり、激励することがないと、相手は動かない。これだけの手間ヒマかけて、手塩にかけないと、人は動かないものである。
② 「ドロをかぶる度胸を持て」

 山本長官にかわいがられた幕僚の話。山本のところに書類の決裁をもらいにいくと、黙って決裁する場合と、「これでいいのか」と聞かれる場合と、二つあった。黙って決裁された場合は、山本長官も同意した時である。「これでいいのか」と言った時は、長官は不同意で、「もう一度検討し直したらどうか」ということであった。
 長官の心の中まで読めない幕僚たちは「これ以外に手はございません」「これでいいと思います」と答えると、長官は自分の意見は言わず「そうか、それならその通りやってみろ」 と決裁した、という。
 ところが、やってみると、なるほど結果は悪い。山本は幕僚たちを実際に体験させて、教育していたのである。作戦が失敗に終われば、長官の名によって行われたものなので、責任は山本に帰せられる 剛腹な山本は幕僚の失敗であっても、自分のものとしてドロをかぶる度胸を持って、人を使っていたのである。
③ 『違う考えをする人間を幕僚にえらべ』
 真珠湾攻撃という奇襲作戦を実現したのは〝変人参謀〟といわれた黒島亀人大佐と、その策を採用した山本五十六であった。この黒島参謀は変人・奇人といわれ、ひと月に一回しか風呂に入らない。
真っ黒な部屋でロウソクを灯し、香をたいて、丸裸で二週間も想を練るという風変わりな生活で、評判はかんばしくなかった。
 スマートな海軍に中で、アカまみれで一向に平気で、他の参謀とも食事を共にしなかったのが、一層の反感を招いた。一般に海軍も陸軍も、自分と同じ兵術思想を持ったものを幕僚に選びがちである。その方が仕事がやりやすいから。 黒島に反感を持った周りが、「どうしてああいう奇人を幕僚に置いておくのか」と山本を突き上げた。
山本は答えた。「君と僕とでは兵術思想が同じだ。君の考えることは僕も考えるから、僕だけで間に合う。あの男は僕の考えないことを考える。だから、僕の側におくのだ」
④ 部下を徹底して愛せ
山本は部下思いで、情にもろい点は相当なもので、「山本の作戦は失敗だが、統率は申し分がない」と評価する海軍関係者が多い。
山本の統率はテクニックなどではなく、彼の性格、部下思いの人間性そのままの反映であった。山本は戦場に出ていく時、潜水艦や艦船であれば、「時と場所を問わず」にいつも自服を着て「大和」の上甲板に威厳を正して立ち、敬礼を受け、右手で帽子を大きく振って見送った。
乗員は「あれが長官だ」と感激し、いつまでも見えなくなるまで見送ってくれる山本長官の心遣いに泣き、国のため、山本長官のために命を投げ出すことを誓った。
山本は病院船や海軍病院をよく見舞った。ある時、眼をケガして眼帯で両目を覆った少年航空兵が病室にいた。「山本だよ。わかるか」「視神経をやられています」と病院長が説明。全快の見通しは、との質問に院長は沈黙したが、少年に向かって「帝国海軍は決して君を見捨てないよ。海の上でまた会おう」と激励した。少年航空兵は感激のあまり泣き伏した。
⑤ 山本五十六のリーダーシップの心得
一 苦しいこともあるだろう。
二 言いたいこともあるだろう。
三 不満なこともあるだろう。
四 腹の立つこともあるだろう。
 五 泣きたいこともあるだろう。
「これらをじっと我慢していくのが、男子たる者の修行である」 というもの。
これと似た〝五省″は戦前の「江田島海軍兵学校」で、生徒に対しての言葉。毎日の行動を反省する言葉。
一 至誠に惇(もと)るなかりしか。
二 言行に恥ずるなかりしか
三 気力に欠くるなかりしか。
四 努力に憾みなかりしか。
五 不精にわたるなかりしか。
                                                     (つづく)

 - 人物研究 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
  ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本側の日英同盟成立までのプロセス」⑦『伊藤博文が露都で日露協商の交渉中に、元老会議は日英同盟 の締結に賛成した。伊藤は日英同盟に反対し、その条約案 の修正を求めた。』

  ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本側の日英同盟成立までのプロセ …

no image
記事再録/知的巨人たちの百歳学(117)「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『貧乏など平気の平左』で『昭和42年、文化勲章受章を断わった。「小さいときから勲章はきらいだったんですわ。よく軍人が勲章をぶらさげているのみて、変に思ったもんです」

百歳学入門(151)元祖ス-ローライフの達人「超俗の画家」熊谷守一(97歳)●『 …

no image
百歳学入門(187)彫刻家・北村西望(102歳)★『わたしは天才ではないから、人より五倍も十倍もかかるのです」★「いい仕事をするには長生きをしなければならない』★ 『たゆまざる 歩み恐ろし カタツムリ』

 百歳学入門(187) 「わたしは天才ではないから、人より五倍も十倍もかかるので …

no image
知的巨人たちの百歳学(110)ー『屋敷も土地も全財産をはたいて明治の大学者/物集高見、高量父子が出版した大百科事典『群書索引』『広文庫』の奇跡の「106歳物語」②『 物集高量に匹敵する言語学者といえば、諸橋轍次(99歳)だが、この大学者も奇行、変人的なエピソードが多いが、それは誤解である』

屋敷も土地も全財産をはたいて明治の大学者/物集高見、高量父子が出版した大百科事典 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(925)人気記事再録『戦時下の良心のジャーナリスト・桐生悠々の戦い②』★『権力と戦うには組織内ジャーナリストでは不可能とさとり、フリージャーナリストとして個人誌「他山の石」(いまならSNS,ブログ)で戦った』★『言論機関は今、内務省と陸軍省の二重の監督下にある。私たちは『三猿』の世界に棲む。何事も、見まい、聞くまい、しやべるまいむ否、見てはならない。聞いてはならない。しやべってはならない「死の世界」に棲まされている』★『「言論の自由を圧迫し、国民をして何物をもいわしめない。これが非常時なのだ」』★『「畜生道に堕落した地球より去る」と 69 歳で壮絶死』

2010年1月26日  日本リーダーパワー史(34) 日本リーダーパワー史(34 …

no image
現代史の復習問題/記事再録★『山本五十六海軍次官のリーダーシップー日独伊三国同盟とどう戦ったか』★『ヒトラーはバカにした日本人をうまく利用するためだけの三国同盟だったが、陸軍は見事にだまされ、国内は軍国主義を背景にしたナチドイツブーム、ヒトラー賛美の空気が満ち溢れていた。』

  2012/07/29 記事再録・日本リーダーパワー史(2 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史⑽」『高杉晋作の機略縦横と突破力③』明治維新に火をつけたのは吉田松陰、徳川幕府を倒したのは高杉晋作である』★『男子は困ったということだけは、決していうものじゃない』

  明治維新に火をつけたのは吉田松陰であり、230年惰眠をむさ ぼった …

ダウンロード-1-150x150
★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(4)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『(朝鮮政略) 一定の方針なし』(「時事新報」明治27年5月3日付〕』★『朝鮮は亡国寸前だが、李鴻章は属国として自由に意のままに支配しており、他国の侵攻の危機あるが、緊急の場合の日本側の対応策、政略は定まていない』★『北朝鮮リスクとまるで同じ』

 ★『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(4)  「 …

no image
  日本リーダーパワー史(751)ー歴史の復習問題『世界史の視点から見ないと日本人、日本史はわからない』●『 真田丸で人気の真田幸村や徳川家康よりも、世界史で最高に評価された 空前絶後の名将は「児玉源太郎」なのである。』『世界史の中の『日露戦争』ー <まとめ>日露戦争勝利の立役者―児玉源太郎伝(8回連載)

  日本リーダーパワー史(751) 『歴史の復習問題『世界史の視点から見ないと日 …

no image
明治史の復習問題/日本リーダーパワー史(83) 近代日本二百年で最大の英雄・西郷隆盛を理解する方法論とは・(上)」★『西郷隆盛はどこが偉かったのか』(下)<政治リーダーシップは力より徳>』尾崎行雄の名講義

日本リーダーパワー史(83)   近代日本二百年で最大の英雄・西郷隆盛 …