前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界/日本リーダーパワー史(910)-米朝首脳会談(6/12日)は「開催されるのか」×「延期になるのか」②『米国と北朝鮮は激しい外交的駆け引きを展開中』★『金正恩の心変わりは習近平の後ろ押しでトランプ大統領は習近平氏を「世界レベルのポーカーの腕前の持ち主だ」(グローバルクラスのポーカー・プレーヤー)と皮肉った。』

   

世界/日本リーダーパワー史(910)

 

米、北朝鮮の非核化「リビア方式」否定「金正恩独裁」を保証 

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/05/post-10186.php

●トランプ大統領は金正恩・朝鮮労働党委員長が2度目の訪中をしてから態度が変わったと指摘。習近平国家主席は「世界レベルのポーカーの腕前の持ち主だ」と持ち上げた。

トランプ氏、中国主席の駆け引き上手を評価 北朝鮮の態度硬化で
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53156

 

トランプと会うのが怖くなった金正恩
「所領」を安堵されても保証人がいない
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/052100178/

●「非核化のレベル」をめぐって会談に暗雲が立ち込めているとはいえ、それでも、来月12日の米朝首脳会談が開催されることはほぼ確実だろう。

コラム:宙に浮く米朝首脳会談、最も現実的なシナリオ
https://jp.reuters.com/article/column-us-nk-summit-mtg-idJPKCN1IO0PJ

 

米朝首脳会談の再考提起も=北朝鮮高官、再びけん制

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052400380&g=int

崔次官はペンス米副大統領が「北朝鮮は(協力しなければ)リビアの轍(てつ)を踏むことになる」の発言に反発。「核保有国であるわが国をわずかな設備しかなかったリビアと比較することだけを見ても、彼がどれほど政治的に愚鈍か察するに余りある」よけん制した。

「何かがおかしい…」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/04/post-10014.php

 

米海軍太平洋艦隊・新司令官が発した中国への警告

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53152

新太平洋艦隊司令官アキリーノ海軍大将は、中国に警告した。

「大国間角逐こそが、アメリカの国益そして繁栄に対する最大の挑戦となっている。我々に挑もうとする敵(中国)に対して、マティス国防長官の言葉を借りて警告しよう──アメリカ太平洋艦隊は最良の友とも、最悪の敵ともなり得る」

世界/日本リーダーパワー史(909)-米朝首脳会談(6/12日)は「開催されるのか」×「延期になるのか」★『北朝鮮、米朝首脳会談の中止を警告、一方的な核放棄要求に反発』×『 米副大統領、北朝鮮に警告「トランプ氏をなめるな」』
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/29584.html

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
まとめ 『日本最強のリーダーシップー西郷隆盛』 ●『尾崎行雄の傑作人物評― 『西郷隆盛はどこが偉かったのか』 ●『近代日本二百年で最大の英雄・西郷隆盛を 理解する方法論とは・ ●『廃藩置県の大改革ができたのは西郷の一言、 大度量によってのみ』

まとめ 『日本最強のリーダーシップー西郷隆盛』  ●『尾崎行 …

no image
辛亥革命(1911年10月10日)百周年④ー★逆転日中史●『孫文革命を外国新聞はどう報道したか』④

辛亥革命(1911年10月10日)から百周年   ―逆転した …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑭「朝鮮における日本」(上)「英タイムズ」(明治40年9月27日)

  「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙は「日韓併合への道』をどう …

no image
『観光立国・日本』ー『2020年には外国人旅行者4000万人、その消費額8兆円の目標に一歩近づいた』★『日本観光のメリットは『世界一の多様性に富んだ自然環境(デービッド・アトキンソン氏)』●『観光の語源とは「国の光を観る」こと』★『伊藤博文は100年前に日本の地理学的、自然的な特徴から世界的な観光地になれる『観光立国論』を提言』

    観光とは「国の光を観ること           今年は国際観光年に当たり …

no image
福島原発事故から5年目★<再録>3・11東北関東大震災・福島原発事故勃発!『日本のメルトダウン』を食い止められるか、ガンバレ日本① 2011/03/17 ~4/4の全記録①

  3・11を東京永田町の地下鉄構内で体験した私は早速、国会議事堂横を …

no image
速報(283) 日本再生条件は「大アジア主義(孫文)+大東亜共存共栄圏」を目指せーアジアに出稼ぎに行き、住みつこう」

速報(283)『日本のメルトダウン』     ●日本再生の条 …

no image
速報(384)『日本のメルトダウン』 ◎『緊急動画座談会―中国ディ―プニュース・中国軍の『対日戦争準備命令』の本気度を読む』(120分)

    速報(384)『日本のメルトダウン』   …

no image
池田龍夫のマスコミ時評(113)従軍慰安婦問題、いぜん続く日本・韓国の対立を憂える(6/27)

   池田龍夫のマスコミ時評(113)   &nb …

ダウンロード
片野勧の衝撃レポート(79)★『 原発と国家―封印された核の真実⑫(1985~88) 』 チェルノブイリ原発事故30年(下)

 片野勧の衝撃レポート(79)★ 原発と国家―封印された核の真実⑫(1985~8 …

no image
73回目の終戦/敗戦の日に「新聞の戦争責任を考える➀」再録増補版『太平洋戦争までの新聞メディア―60年目の検証➀』★『国家総動員法によって新聞統合が進み、1県1紙体制へ。情報局の下で国家宣伝機関紙化』★『日本新聞年鑑(昭和15年版)にみる新統制下の新聞の惨状』

 再録 2015/06/27   終戦7 …