前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

世界/日本リーダーパワー史(910)-米朝首脳会談(6/12日)は「開催されるのか」×「延期になるのか」②『米国と北朝鮮は激しい外交的駆け引きを展開中』★『金正恩の心変わりは習近平の後ろ押しでトランプ大統領は習近平氏を「世界レベルのポーカーの腕前の持ち主だ」(グローバルクラスのポーカー・プレーヤー)と皮肉った。』

   

世界/日本リーダーパワー史(910)

 

米、北朝鮮の非核化「リビア方式」否定「金正恩独裁」を保証 

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/05/post-10186.php

●トランプ大統領は金正恩・朝鮮労働党委員長が2度目の訪中をしてから態度が変わったと指摘。習近平国家主席は「世界レベルのポーカーの腕前の持ち主だ」と持ち上げた。

トランプ氏、中国主席の駆け引き上手を評価 北朝鮮の態度硬化で
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53156

 

トランプと会うのが怖くなった金正恩
「所領」を安堵されても保証人がいない
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226331/052100178/

●「非核化のレベル」をめぐって会談に暗雲が立ち込めているとはいえ、それでも、来月12日の米朝首脳会談が開催されることはほぼ確実だろう。

コラム:宙に浮く米朝首脳会談、最も現実的なシナリオ
https://jp.reuters.com/article/column-us-nk-summit-mtg-idJPKCN1IO0PJ

 

米朝首脳会談の再考提起も=北朝鮮高官、再びけん制

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018052400380&g=int

崔次官はペンス米副大統領が「北朝鮮は(協力しなければ)リビアの轍(てつ)を踏むことになる」の発言に反発。「核保有国であるわが国をわずかな設備しかなかったリビアと比較することだけを見ても、彼がどれほど政治的に愚鈍か察するに余りある」よけん制した。

「何かがおかしい…」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/04/post-10014.php

 

米海軍太平洋艦隊・新司令官が発した中国への警告

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53152

新太平洋艦隊司令官アキリーノ海軍大将は、中国に警告した。

「大国間角逐こそが、アメリカの国益そして繁栄に対する最大の挑戦となっている。我々に挑もうとする敵(中国)に対して、マティス国防長官の言葉を借りて警告しよう──アメリカ太平洋艦隊は最良の友とも、最悪の敵ともなり得る」

世界/日本リーダーパワー史(909)-米朝首脳会談(6/12日)は「開催されるのか」×「延期になるのか」★『北朝鮮、米朝首脳会談の中止を警告、一方的な核放棄要求に反発』×『 米副大統領、北朝鮮に警告「トランプ氏をなめるな」』
http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/29584.html

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

888
★10・世界一人気の世界文化遺産『マチュピチュ』旅行記(2015 /10/10-18>「インカ帝国神秘の魔宮『マチュピチュ』の全記録、一挙公開!」陸野国男(カメラマン)④

◎< 世界一人気の世界文化遺産『マチュピチュ』旅行記 (2015 /10/10- …

no image
速報(223)『日本のメルトダウン』 ★『小出裕章氏の福島市での講演会「子どもの明日]『対策本部の議事録作成)の犯罪」

 速報(223)『日本のメルトダウン』  ★『小出裕章氏の福 …

mq2
『オンライン/スクープ映像(6分間)』★『古都鎌倉のど真ん中で、黄金色のカワセミの魚釣りの撮影に成功(2020年12月20日午後2時)本覚寺横の滑川で、夷堂橋から撮影す

スクープ映像/鎌倉のど真ん中で、黄金色のカワセミの魚釣りの撮影に成功(2020年 …

no image
世界/日本リーダーパワー史(968)―『今年6月はG20が大阪で開かれるなど安倍地球儀外交の総決算の年となる』★『安倍首相にとって恫喝、強圧外交のこわもてのトランプ氏、プーチン氏、習近平国家主席、金正恩委員長との外交決戦を迎える』

世界/日本リーダーパワー史(968) 今年は安倍外交の総決算の年となる 1853 …

1234
「終戦70 年」ージャーナリスト高杉晋吾氏が「植民地満州国の敗戦地獄」の少年体験を語る(3/3)

「終戦70 年」歴史ジャーナリズム)ージャーナリスト高杉晋吾氏が 「植民地満州国 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(60)記事再録/『高橋是清の国難突破力②』★『「明治のリーダー・高橋是清(蔵相5回、首相)は「小さな 政治の知恵はないが、国家の大局を考え、絶対にものを恐れない人」 (賀屋興宣の評)

  2013/11/11    …

no image
日本風狂人列伝(32)日本奇人100選③、熊谷守一、宮崎 滔天、黒岩涙香、和田垣謙三、三田平凡寺、青柳有美、坂本紅蓮洞・・・・

日本風狂人列伝(32) 日本奇人100選③、熊谷守一、宮崎 滔天、黒岩 涙香、 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑪「韓国人の行動形式は①日本への敵愾心②自文化への過度の自己満足③中国崇拝」(英タイムズ)

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など  外国紙は「日韓併合への道』をどう …

no image
日本リーダーパワー史(736) 明治維新150年『明治極秘史』②『日露戦争の勝因は!―空前絶後の名将・川上操六参謀総長 のインテリェンスー田中義一(後の首相)をロシアに 派遣,徹底調査を命じ、田中は名前を変えてダンスを習い、隊付となって上流貴族と親友となって秘密情報を入手、ロシア革命のレーニンにも接触した。②

  日本リーダーパワー史(736) 明治維新から150年、『明治極秘史 …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(212)『今から100年前の大正時代に世界一の<巨大商社/鈴木商店を作った>財界のナポレオン・金子直吉伝』①

福沢桃介著『財界人物我観」ダイヤモンド社、昭和5年版が原典よりの我流現代文になお …