前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『 地球の未来/世界の明日はどうなるー 『2018年、米朝戦争はあるのか』②『米朝戦争勃発の確率は20―25%!』★『予防戦争と偶発戦争の可能性は・!』★『トランプの「なんで今回も迎撃しないんだ。サムライの国だろ?」、安倍首相は「集団的自衛権の範囲内でやれることをやる」』

   

米朝戦争勃発の可能性はあるのか、その確率は?!

最新の情報(1月18日)では、トランプ政権内部でも「マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)の軍事派」と「ティラーソン国務長官やマティス国防長官、米軍指導部らの話し合い継続の外交派」が綱引きしているという。

緊張緩和でも消えぬ米朝戦争の懸念 トランプ政権にくすぶる先制攻撃の声

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/post-9317.php

 

北朝鮮危機がエスカレートした昨年10月18日、オバマ前米政権で中央情報局(CIA)長官を務めたブレナン氏は、朝鮮半島で軍事衝突が起きる可能性が「ここ数十年間よりも高まっている」と述べ、その確率は20―25%だと述べています。

トランプ氏と金正恩氏の非難の応酬は双方に責任があり、緊張緩和につながらないと批判、「ワシントンからの好戦的なコメントやトランプ氏のツイッターが緊張を高めている」と自省を促しています。」

https://mainichi.jp/articles/20171020/dde/007/030/039000c

「ニューズウイーク日本版」(2018年1月2,9日号)では「トランプの衝動的ツイートに、軍事境界線を守る兵士の勇み足が合わさって何らかの小競り合いが起き、それが全面戦争に発展する可能性はそれなりにある。第2は中東地域におけるパレスチナ問題と、イスラム教スンニ派とシーア流の対立だ。アメリカとイランの軍事対決の可能性も否定できない。」と指摘している。

トランプは金正恩の「便器」を爆撃せよ

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/post-9327.php

『また、同号(2017年12月26日号)の「核開発を加速させる北朝鮮とのにらみ合いが続く」の中で、「リンゼー・グラム上院議員は、アメリカが北朝鮮を先制攻撃する確率は30%あり、次に北朝鮮が核兵器実験を行えば70%に跳ね上がると、メディアに語った。最近は、北朝鮮に核を使わせない唯一の策は先制攻撃だという考えを表明する政権高官が相次いでいる、とも述べています」

トランプの強気が招く偶発的核戦争https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/10/post-8695.php

『トランプ大統領の北朝鮮への攻撃的な行動について「共同通信(2017年11月5日付)によると、トランプ大統領が8~10月に東南アジア国家の首脳らと会った時や電話会談をした時にこういう発言をしたと匿名の複数の外交消息筋を引用して報道した。トランプ大統領は「自国の上空をミサイルが通過するのに(日本は)なぜ撃ち落とさなかったのか」 「(日本は)サムライの国なのに理解し難い」として不満を表した」。

「日本、迎撃すべきだった」 トランプ氏が不満

http://a-tabikarasu.hatenadiary.com/entry/2017/11/05/090302

 

『同じの情報を週刊文春(2017年12月14日号)「北朝鮮は攻撃準備はできている」で伝えている。それによると、9月15日のグアムに向けてのミサイル発射から二時間半後に官邸入りした安倍首相は、トランプ大統領との緊急電話会談に臨んだ。トランプ氏はまくし立てた。

「なんで今回も迎撃しないんだ。サムライの国だろ」首相は「集団的自衛権の範囲内で日本はやれることをやる」と答えた。

トランプ氏は八月末に北海道上空をミサイルが通過した後にも、首相に『迎撃しないのか』と不満を伝えていました。よほど〝特攻″を仕掛けたいのか、よく『お祖父さん(岸信介元首相)は神風特攻隊だったんだろ』と言ってくる。首相はいつも『それは父でね』ときり返しています、とね(大笑)』

つづく

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
月刊誌『公評』7月号『異文化コミュニケーションの難しさ― <『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目>➁

    月刊誌『公評』7月号―特集『実感』② 『異文化コミュ …

no image
<近藤 健の米国深層レポート②>●『アメリカは金権政治plutocracyかー米国の選挙は“50億ドルビジネス”』―

<近藤 健の米国深層レポート②>   ●『アメリカは金権政治pl …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑨『ついに開戦へーロシアの異常な挑発に模範的な礼儀と忍耐で我慢した日本』『タイムズ』

 『日本世界史』シリーズ   世界史の中の『日露戦争』⑨-英 …

no image
日本リーダーパワー史(390) 日中韓150年対立・戦争史をしっかり 踏まえて日本外交はどう対処すべきか①

  日本リーダーパワー史(390)    …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑱日本帝国最後の日(1945年8月15日)をめぐる攻防―終戦和平か、徹底抗戦か➂』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑱     『日本の最も長い日―日本帝国最後の日 …

no image
日本リーダーパワー史(548)<日本のスーパーマン>川上操六伝(陸軍参謀総長、インテリジェンスの父)②

日本リーダーパワー史(548) <日本のスーパーマン> 明治の奇跡「坂の上 …

no image
速報(12)『日本のメルトダウン』メディアが伝えない情報関連―小出裕章(京大原子炉実験所助教)のビデオ(必見)

速報(12)『日本のメルトダウン』(3・11)を食い止める!18日目 メディアが …

no image
日本リーダーパワー史(606)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』②「ペリー黒船来航情報を無視、無策で徳川幕府崩壊へ②「オランダからの来航予告に対応せず、猜疑心と怯惰のため時間を無駄にすごした」【勝海舟)

  日本リーダーパワー史(606) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』② (開国 …

no image
 ★『アジア近現代史復習問題』福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(7)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●東学党の乱に対して『速(すみやか)に出兵すべし』★『計画の密ならんよりも、着手の迅速を願う』★『念に念を入れて緩急の時に狼狽せざるよう、 意を用いるは当然のことだが、あまり念入りに過ぎては,かえって時機を失い、 折角の用意も実用をなさずして徒労に帰して、失敗を招く』(教訓)『兵は拙速を貴ぶ』

★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(7) 「北朝 …

no image
速報(235)『日本のメルトダウン』「原発事故のメディア責任とは『メディアは何を伝えたか~検証・原発事故報道シンポ

速報(235)『日本のメルトダウン』 ★『「原発事故についてのメディアの責任を問 …