前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『 地球の未来/世界の明日はどうなるー 『2018年、米朝戦争はあるのか』②『米朝戦争勃発の確率は20―25%!』★『予防戦争と偶発戦争の可能性は・!』★『トランプの「なんで今回も迎撃しないんだ。サムライの国だろ?」、安倍首相は「集団的自衛権の範囲内でやれることをやる」』

   

米朝戦争勃発の可能性はあるのか、その確率は?!

最新の情報(1月18日)では、トランプ政権内部でも「マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)の軍事派」と「ティラーソン国務長官やマティス国防長官、米軍指導部らの話し合い継続の外交派」が綱引きしているという。

緊張緩和でも消えぬ米朝戦争の懸念 トランプ政権にくすぶる先制攻撃の声

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/post-9317.php

 

北朝鮮危機がエスカレートした昨年10月18日、オバマ前米政権で中央情報局(CIA)長官を務めたブレナン氏は、朝鮮半島で軍事衝突が起きる可能性が「ここ数十年間よりも高まっている」と述べ、その確率は20―25%だと述べています。

トランプ氏と金正恩氏の非難の応酬は双方に責任があり、緊張緩和につながらないと批判、「ワシントンからの好戦的なコメントやトランプ氏のツイッターが緊張を高めている」と自省を促しています。」

https://mainichi.jp/articles/20171020/dde/007/030/039000c

「ニューズウイーク日本版」(2018年1月2,9日号)では「トランプの衝動的ツイートに、軍事境界線を守る兵士の勇み足が合わさって何らかの小競り合いが起き、それが全面戦争に発展する可能性はそれなりにある。第2は中東地域におけるパレスチナ問題と、イスラム教スンニ派とシーア流の対立だ。アメリカとイランの軍事対決の可能性も否定できない。」と指摘している。

トランプは金正恩の「便器」を爆撃せよ

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/01/post-9327.php

『また、同号(2017年12月26日号)の「核開発を加速させる北朝鮮とのにらみ合いが続く」の中で、「リンゼー・グラム上院議員は、アメリカが北朝鮮を先制攻撃する確率は30%あり、次に北朝鮮が核兵器実験を行えば70%に跳ね上がると、メディアに語った。最近は、北朝鮮に核を使わせない唯一の策は先制攻撃だという考えを表明する政権高官が相次いでいる、とも述べています」

トランプの強気が招く偶発的核戦争https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/10/post-8695.php

『トランプ大統領の北朝鮮への攻撃的な行動について「共同通信(2017年11月5日付)によると、トランプ大統領が8~10月に東南アジア国家の首脳らと会った時や電話会談をした時にこういう発言をしたと匿名の複数の外交消息筋を引用して報道した。トランプ大統領は「自国の上空をミサイルが通過するのに(日本は)なぜ撃ち落とさなかったのか」 「(日本は)サムライの国なのに理解し難い」として不満を表した」。

「日本、迎撃すべきだった」 トランプ氏が不満

http://a-tabikarasu.hatenadiary.com/entry/2017/11/05/090302

 

『同じの情報を週刊文春(2017年12月14日号)「北朝鮮は攻撃準備はできている」で伝えている。それによると、9月15日のグアムに向けてのミサイル発射から二時間半後に官邸入りした安倍首相は、トランプ大統領との緊急電話会談に臨んだ。トランプ氏はまくし立てた。

「なんで今回も迎撃しないんだ。サムライの国だろ」首相は「集団的自衛権の範囲内で日本はやれることをやる」と答えた。

トランプ氏は八月末に北海道上空をミサイルが通過した後にも、首相に『迎撃しないのか』と不満を伝えていました。よほど〝特攻″を仕掛けたいのか、よく『お祖父さん(岸信介元首相)は神風特攻隊だったんだろ』と言ってくる。首相はいつも『それは父でね』ときり返しています、とね(大笑)』

つづく

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
「2014年世界経済トレンド・ウオッチ③』『多国籍企業:魅力を失う中国』(英エコノミスト誌)「米中「新型大国関係」は実現されるのか」

    2014年ー世界経済トレンド・ウオッチ③』 …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑫ 1902(明治35)年8月27日『ノース・チャイナ・ヘラルド』★「満州の将来ーロシアは満州から撤退すると中国に約束したが,その約束を実行しない限り、日露戦争は避けられない』●『ロシアの植民地獲得の常套手段は、まず軍事的な行動で占拠し、強引な居座り、条約無視、人口を増加させて、商業経済を活発化させ、軍事基地を建設して、自国の領土に組み込む。交渉しても満州からの撤退は絶対あり言えない。』

     ★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日英同盟の影響」⑫  19 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(126)』「東芝不正会計問題、功罪残した西田流辣腕経営‏」ー今回の不祥事の元凶は西田氏にある

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(126)』 東芝不正会計問題 …

ダウンロード
 日本リーダーパワー史(792)ー 「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス』➉『朝鮮半島危機には児玉源太郎のインテリジェンスに学べ』★『クロパトキンの日本敵前視察には包み隠さず、一切合切すべてみせろ』と指示。

 日本リーダーパワー史(792)ー 「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダ …

no image
現代史の復習問題/「延々と続く日韓衝突のルーツを訪ねる➀ー『ニューヨーク・タイムズ』(1895(明治28)年1月20日付)ー「朝鮮の暴動激化―東学党、各地の村で放火、住民殺害、税務官ら焼き殺される。 朝鮮王朝が行政改革を行えば、日本は反乱鎮圧にあたる見込―ソウル(朝鮮)12月12日>

  2011年3月16日の記事再録/『ニューヨーク・タイムズ』(189 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(20 )尖閣問題で一触即発!『尖閣事態、米国識者は日本の国家危機とみている』●『中国の脅威で必要性高まる改憲 アジア専門家が指摘 古森義久』●『「尖閣諸島」…中国の傍若無人ぶり強い姿勢で報道する』●『中国はなぜ尖閣で不可解な挑発行動をエスカレートさせるのか』●『米外交専門誌「尖閣で日中衝突なら中国が5日間で勝つ」』

   日中北朝鮮150年戦争史(20 ) 尖閣問題、中国の主張には2つの誤りがあ …

no image
日本メルトダウン脱出法(884)『日銀の苦悩:金融緩和が壁に突き当たるとき』 (英エコノミスト誌)●『注目のトランプ「外交政策」、やはり中身はなかった 粗雑な孤立主義を米国の識者が厳しく批判(古森義久)』●『[FT]中国は「トランプ大統領」を望んでいる』●『AlphaGoは人間を超えたのか~脳科学者・茂木健一郎氏×ドワンゴ会長・川上量生氏』

   日本メルトダウン脱出法(884)   日銀の苦悩:金融緩和が壁に …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(246)/記事再録★『なぜ1940年(昭和15 年)の東京大会は幻のオリンピッ クに終わったのか』★『グローバリズムの中での『大相撲騒動』の行方はー 「アジアの田舎相撲」か「国際競技・SUMOU」への分かれ目、瀬戸際にある』

 2017/12/14  日本リーダーパワー史(8 …

no image
日本リーダーパワー史(56) 海軍トップリーダー・山本五十六は国難にどう立ち向かったか②ハワイ攻撃を発案

日本リーダーパワー史(56) 海軍トップリーダー・山本五十六は国難にどう 立ち向 …

no image
知的巨人の百歳学(148)-世界最長寿の首相経験者は皇族出身の東久邇稔彦(102歳)

世界最長寿の首相経験者は皇族出身の東久邇稔彦(102歳) ギネスブックの首相 百 …