前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『 地球の未来/世界の明日はどうなるー『2018年、米朝戦争はあるのか➀』★『昨年11月末、北朝鮮「核武力完成」を宣言 ICBM「火星15」発射成功と』★『国連安保理、北朝鮮への石油精製品輸出90%を削減、追加制裁決議を採択』★『北朝鮮、平昌五輪へ選手団を派遣す

      2018/01/18

 『 地球の未来/世界の明日はどうなるー

『2018年、米朝戦争はあるのか』➀★

トランプ米大統領の誕生から丸一年、予測通り世界は「不安と混迷と戦争」の危機におびえている。2018年の世界は果たしてどうなるのか。

「平和か、戦争か」米朝対立、非難合戦で、「核戦争のボタンは押されるのか」中東に戦火が飛び、「アメリカはイランを攻撃するのか」、また、迷走を続けるトランプ政権は今年11月の中間選挙で敗北し、トランプ氏は一期の大統領として混乱の張本人として、主役の座から去るのかどうか・・・

『11月29日に北朝鮮はICBM「火星(ファソン)15」(射程1万3千キロ以上)を1発を発射した。日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したが、最高高度は4000キロ・メートル超えてアメリカ全土を射程に収めたものと日米政府は発表しました。 北朝鮮のICBM発射は昨年は15回にのぼります。トランプ米政権が11月20日に北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定したことへ反発しての発射です。

北朝鮮「核武力完成」を宣言 ICBM「火星15」発射成功と

http://www.bbc.com/japanese/42162132

北朝鮮の新型ICBM 火星15の発射映像ロング版[HD]

『これに対し、国連安保理は9月12日の北朝鮮への石油精製品輸出の30%削減の制裁決議をさらに強化して、12月22日には約90%にするきびしい追加決議を全会一致で採択しました。国連安保理の制裁決議採択は2006年10月以降、これで10回目となり、昨年は4回で、ついに、北朝鮮にとっての命綱の石油輸入のほぼ全面停止、制裁に乗り出したのです』。

国連安保理、北朝鮮追加制裁決議を全会一致で採択

https://jp.reuters.com/article/un-north-korea-resolution-idJPKBN1EG27I

『北朝鮮がどう出てくるか、注目されましたが、金正恩は今年の元旦1月1日の朝鮮中央テレビで新年の辞として、「米本土を攻撃できる核弾頭を搭載したICBMの実戦配備した」威嚇宣言しました。また、「米本土の全域は我々の核打撃射程圏にある。核のボタンは私の事務室の机の上にある。脅しではなく現実だと」と強調した。

金正恩が年頭に示した「ソフト路線」の読み方

経済強国はしっかりアピール、核の成果も

http://toyokeizai.net/articles/-/152187

この一方で、韓国で2月9日に開催する平昌冬季五輪について「民族の地位を高めるこの大会の成功を心から望む。代表団の派遣も十分に可能だ」と述べて融和政策へ揺さぶりをかけました。

日中米にはさまれて八方ふさがりだった文在寅韓国大統領は渡りに船とこれに飛び乗り、南北会談が2年ぶりに再会されることになり、9日の板門店での南北当局者の会談を実現した。

トランプ氏も2月9日からの韓国での平昌五輪期間中に米韓合同軍事演習を行わないことで合意。「五輪の範囲を超えて話し合いがされれば素晴らしいと思う。適切な時期に米国も関わり、金正恩氏との電話協議の可能性もある」と語っています」。

「この平昌五輪外交の成り行きは注目されますね。オリンピックはなによりも戦争を避ける平和の祭典ですからね。

ニクソン元大統領の訪中に至る米中雪解けのきっかけになった「ピンポン外交」(1971年の米中外交)、「レスリング外交」(2013年の米イラン外交)、「金正日と米国プロバスケットボール(NBA)元選手のデニス・ロッドマン氏の親密な関係」などのケースを参考にして、平和的な解決に向けて対話への道を切り開くべきですね」。

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
お勧めの歴史本1冊―2012年1月号『歴史人』(「日清・日露戦争の真実」特集号)

お勧めの歴史本1冊― 2012年1月号『歴史人』(「日清・日露戦争の真実」特集号 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ウオッチ(221)-『日本の上場会社の大半は、相変わらず既存事業を前提の内部留保の蓄積に傾斜、日本経済の構造大改革に貢献できる画期的なハード、ソフトの開発は期待できない』★『話題の東芝株主総会に出席、東芝の幹部人材は当分払底し、外部から持って来ないと自力再生は難しい』

『F国際ビジネスマンのワールド・ビジネス・ ウオッチ(212) 深圳のこの30年 …

no image
日本メルダウン脱出法(657)「中国人の李小牧が帰化して新宿区議選に出る理由「当選すれば、民主主義のない中国は大打撃」ほか6本

  日本メルダウン脱出法(657)  「中国人の私が帰化して新宿区議選に出る理由 …

no image
地上デジタル放送のメリット・デメリット

1 地上デジタル放送のメリット・デメリット・    <2003,12> 静岡県立 …

no image
日本リーダーパワー史(231) < 明治の新聞が報道した『歴代宰相ナンバーワンの伊藤博文を弔う』

日本リーダーパワー史(231)     &nbsp …

no image
片野勧の衝撃レポート(45)太平洋戦争とフクシマ⑱『なぜ悲劇は繰り返されるのかー原発と闘った男たち(上)』

  片野勧の衝撃レポート(45) 太平洋戦争とフクシマ⑱ 『なぜ悲劇は …

no image
『2014年ー世界・IT・ネット経済ウオッチ⑨』◎「ウェブ誕生から25年–』◎【ウェアラブル/IoT元年】第3のネットワーク端末

  『2014年ー世界・IT・ネット経済ウオッチ⑨』 &nb …

20111130214256592
日本敗戦史(46)ガラパゴス日本『死に至る病』―国家統治/無責任欠陥体制『大本営』『大本営・政府連絡会議』『最高戦争指導会議』 『御前会議』の内幕

 日本敗戦史(46) 「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕 <ガラ …

no image
連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー<巨人の星>から<メジャーの星>になれるか」② 『大谷メジャー初本塁打 本拠地で右中間へ3ラン』★『大谷翔平は「天才」米メディアも連日の大絶賛』★『全米が大谷フィーバー!「カネではない」純粋な野球愛に感動』

連載「エンゼルス・大谷選手の大活躍ー <巨人の星>から<メジャーの星>になれるか …

no image
日本リーダーパワー史(64) 名将・川上操六⑩の『最強のリーダーシップ』とは(2)

日本リーダーパワー史(64)   名将・川上操六⑩の『最強のリーダーシ …