前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『 地球の未来/世界の明日はどうなるー『2018年、米朝戦争はあるのか➀』★『昨年11月末、北朝鮮「核武力完成」を宣言 ICBM「火星15」発射成功と』★『国連安保理、北朝鮮への石油精製品輸出90%を削減、追加制裁決議を採択』★『北朝鮮、平昌五輪へ選手団を派遣す

      2018/01/18

 『 地球の未来/世界の明日はどうなるー

『2018年、米朝戦争はあるのか』➀★

トランプ米大統領の誕生から丸一年、予測通り世界は「不安と混迷と戦争」の危機におびえている。2018年の世界は果たしてどうなるのか。

「平和か、戦争か」米朝対立、非難合戦で、「核戦争のボタンは押されるのか」中東に戦火が飛び、「アメリカはイランを攻撃するのか」、また、迷走を続けるトランプ政権は今年11月の中間選挙で敗北し、トランプ氏は一期の大統領として混乱の張本人として、主役の座から去るのかどうか・・・

『11月29日に北朝鮮はICBM「火星(ファソン)15」(射程1万3千キロ以上)を1発を発射した。日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したが、最高高度は4000キロ・メートル超えてアメリカ全土を射程に収めたものと日米政府は発表しました。 北朝鮮のICBM発射は昨年は15回にのぼります。トランプ米政権が11月20日に北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定したことへ反発しての発射です。

北朝鮮「核武力完成」を宣言 ICBM「火星15」発射成功と

http://www.bbc.com/japanese/42162132

北朝鮮の新型ICBM 火星15の発射映像ロング版[HD]

『これに対し、国連安保理は9月12日の北朝鮮への石油精製品輸出の30%削減の制裁決議をさらに強化して、12月22日には約90%にするきびしい追加決議を全会一致で採択しました。国連安保理の制裁決議採択は2006年10月以降、これで10回目となり、昨年は4回で、ついに、北朝鮮にとっての命綱の石油輸入のほぼ全面停止、制裁に乗り出したのです』。

国連安保理、北朝鮮追加制裁決議を全会一致で採択

https://jp.reuters.com/article/un-north-korea-resolution-idJPKBN1EG27I

『北朝鮮がどう出てくるか、注目されましたが、金正恩は今年の元旦1月1日の朝鮮中央テレビで新年の辞として、「米本土を攻撃できる核弾頭を搭載したICBMの実戦配備した」威嚇宣言しました。また、「米本土の全域は我々の核打撃射程圏にある。核のボタンは私の事務室の机の上にある。脅しではなく現実だと」と強調した。

金正恩が年頭に示した「ソフト路線」の読み方

経済強国はしっかりアピール、核の成果も

http://toyokeizai.net/articles/-/152187

この一方で、韓国で2月9日に開催する平昌冬季五輪について「民族の地位を高めるこの大会の成功を心から望む。代表団の派遣も十分に可能だ」と述べて融和政策へ揺さぶりをかけました。

日中米にはさまれて八方ふさがりだった文在寅韓国大統領は渡りに船とこれに飛び乗り、南北会談が2年ぶりに再会されることになり、9日の板門店での南北当局者の会談を実現した。

トランプ氏も2月9日からの韓国での平昌五輪期間中に米韓合同軍事演習を行わないことで合意。「五輪の範囲を超えて話し合いがされれば素晴らしいと思う。適切な時期に米国も関わり、金正恩氏との電話協議の可能性もある」と語っています」。

「この平昌五輪外交の成り行きは注目されますね。オリンピックはなによりも戦争を避ける平和の祭典ですからね。

ニクソン元大統領の訪中に至る米中雪解けのきっかけになった「ピンポン外交」(1971年の米中外交)、「レスリング外交」(2013年の米イラン外交)、「金正日と米国プロバスケットボール(NBA)元選手のデニス・ロッドマン氏の親密な関係」などのケースを参考にして、平和的な解決に向けて対話への道を切り開くべきですね」。

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

ダウンロード (1)
知的巨人たちの百歳学(143)世界の総理大臣、首相経験者の最長寿者としてギネスブックに登録された昭和天皇の叔父の東久邇稔彦(102歳)

知的巨人たちの百歳学(143) 世界の総理大臣、首相経験者の最長寿者として ギネ …

no image
★『リーダーシップの日本近現代史』(74)記事再録/「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」-「日英同盟はなぜ結ばれたのか⑤」★『1902年2月19日付『ノース・チヤイナ・ヘラルド』『 日英同盟の成立ー『日本は地理的位置の問題を除けば,完全に西洋の国家であるということができる』

    2016/12/01/「日本の歴史をかえた …

no image
 ★『2018年は明治150年』(記事再録)『明治偉人の研究』 『西郷どん』の『読める化』チャンネル ⑤』ー大久保利通編➀(記事再録まとめ)『 日本の決定的瞬間『西南戦争』で見せた大久保利通内務卿(実質、首相) の『不言実行力』「不動心」を学ぶ①』●『明治の国家戦略「殖産振興」「廃藩置県」 を実行した大久保利通の最期の遺言』

 ★『2018年は明治150年』- (記事再録)明治偉人の研究』 『西郷どん』の …

no image
岡崎選手の気合に学ぶ!「神風パイロット”のよう」「フィニッシュ」を決める岡崎 スプリットは「“常に違う色”を出す」

  日本リーダーパワー史(470)   岡崎選手の …

no image
★5<まとめ記事再録>『歴史の復習問題』/『世界史の中の日露戦争』-『英タイムズ』,『米ニューヨーク・タイムズ』は「日露戦争をどう報道したのか(連載1回―20回まで)①』★『緊迫化する米/北朝鮮の軍事的衝突はあるのか、日露戦争勃発直前の英米紙の報道と比較しながら検証する①』

★5<まとめ記事再録>『歴史の復習問題』/ 『世界史の中の日露戦争』 再録・日本 …

no image
日本リーダーパワー史(592)『安倍首相への提言(1)ー明治以来、最高の戦略家・児玉源太郎と後藤新平の黄金コンビの 台湾統治のリーダーパワーに学べ

日本リーダーパワー史(592)  『安倍首相への提言(1) 明治以来、最高の戦略 …

no image
日本リーダーパワー史(156)「小沢一郎と明治のリーダーを比較すー不言実行・縁の下の力持ち・太っ腹・秘密厳守・恩讐を超る」

 日本リーダーパワー史(156) 小沢一郎と明治のリーダーを比較するー不言実行・ …

no image
日韓レーダー照射問題にみる『異文化コミュニケーションの難しさ―『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目』★『外交バトルの底に日中韓ケンカ作法の違いが見える』

  米中貿易戦争は軍事衝突に発展する可能性は!? トランプ大統領は20 …

no image
片野勧レポート③戦災>と<3・11>『なぜ、日本人は同じ過ちを繰り返すのか』艦砲射撃・釜石と津波<上>

片野勧レポート   太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災③ 『なぜ、日 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(111)/記事再録☆日本リーダーパワー史(868)『明治150年記念ー伊藤博文の思い出話(下)ーロンドンに密航して、ロンドン大学教授の家に下宿した。その教授から英国が長州を攻撃する新聞ニュースを教えられ『日本が亡びる』と急きょ、帰国して止めに入った決断と勇気が明治維新を起こした』★『ア―ネスト・サトウと共に奔走する』

    2018/01/01 &nbsp …