前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本の「戦略思想不在の歴史⑾」『高杉晋作の大胆力、突破力③』★『「およそ英雄というものは、変なき時は、非人乞食となってかくれ、変ある時に及んで、竜のごとくに振舞わねばならない」』★『自分どもは、とかく平生、つまらぬことに、何の気もなく困ったという癖がある、あれはよろしくない、いかなる難局に処しても、必ず、窮すれば通ずで、どうにかなるもんだ。困るなどということはあるものでない』

      2017/12/01

 

「弱ったな、拙者は、人の師たる器ではない」

 

「それならいたし方ござりませぬ、刀は、お譲りはできませぬ」

「つらいな、ようし、そういうことなら、およばずながらお世話をすることにしましょう」

ようやく承知してくれたので、田中は、この一刀を高杉に贈り、彼の門下に入った。彼は、この刀が、よほど気に入ったらしく、長崎で写真をとって、田中のところへ送り届けてくれた。それをみると、断髪を分けて着流しのまま椅子に腰をおろしている、

そして、貞安の一刀を、腰へんにぴたとつけ、酒落な風姿の中に、一脈の英気、諷爽として、おのずから眉宇の間に閃いている。彼は死ぬ時まで、これを手離さなかったが、死後、どこへどうなったか、この刀の行方がわからない。一振の刀が、薩摩人から土佐人へ、土佐人から長州人へうつりうつって、薩長土の結び付きとなったことは、不可思議な因縁だと思っている。

田中が高杉を訪ねた時に高杉は王陽明全集を読んでいる際であった。

高杉がいうには陽明の詩の中に面白いのがあるといって書いてくれた。

四十余年、瞬夢の中。而今、醒眼、始めて腹脱。知らず、日すでに亭午を過ぎしを起って高楼に向って、暁鐘を撞く。

 

「王陽明は、亭午(ひる)に至って、暁鐘をついたが、自分は、夕陽に及んで、まだ暁鐘がつけない始末だから情ない」と高杉は言った。

田中は、もとより書生の分際で、立派な表装もできずに、紙の軸に仕立てて、秘蔵した、という。

慶応四年になって、田中は高野へ出発の際、岩倉家の家臣のもとへ、あずけて行った。維新後、これを取り戻そうと、岩倉家へ出かけた。すると、どさくさまざれに、どこへか紛失した。

「気の毒だが見当たらぬ」

やむを得ず、そのままになってしまった。

ずつと後になって、岩倉家に、高杉のかいたものがあると聞いた。

「ことによると私があずけたものかもしれない」

そう思って、同家へ検分に行くと、果して、この一軸だった、という。

 

さて、高杉の生涯は、極めて短命である。1867年(慶応3)4月、下関で、病死した時が、わずかに29歳であった。

しかしながら、彼の一挙一動は、天下のさきがけとなって、こう藩の意気を鼓舞したのみならず、全国勤王運動家の指導者となった。

それでも、高杉は自分では夕陽に及んで、なお、暁鐘がつけないでいると嘆息しているくらい、その気性のはげしさは、天性のものでる。

長州滞在中、高杉は、田中に教えた。

「死すべき時に死し、生くべき時に生くるは、英雄豪傑のなすところである、両三年は、軽挙妄動をせずして、もっぱら学問をするがよい、そのうちには、英雄の死期がくるであろうから……」

 

田中は、そのため長州において修養のできたことを喜んだ。

高杉はこうも言った。

「およそ英雄というものは、変なき時は、非人乞食となってかくれ、変ある時に及んで、竜のごとくに振舞わねばならない」

彼の生涯が、正しくこうであった。さらにまたいった。

「男子というものは、困ったということは、決していうものじゃない。これは、自分は、父からやかましくいわれたが、自分どもは、とかく平生、つまらぬことに、何の気もなく困ったという癖がある、あれはよろしくない、いかなる難局に処しても、必ず、窮すれば通ずで、どうにかなるもんだ。困るなどということはあるものでない、」

 

自分が、御殿山の公使館を焼打ち

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%B1%E5%9B%BD%E5%85%AC%E4%BD%BF%E9%A4%A8%E7%84%BC%E3%81%8D%E8%A8%8E%E3%81%A1%E4%BA%8B%E4%BB%B6

http://www.rekishijin.jp/rekishijincalender/rekishijincalender201412/%E9%AB%98%E6%9D%89%E6%99%8B%E4%BD%9C%E3%82%89%E3%81%8C%E8%8B%B1%E5%9B%BD%E5%85%AC%E4%BD%BF%E9%A4%A8%E3%82%92%E7%84%BC%E8%A8%8E%E3%81%A1-%E6%96%87%E4%B9%852%E5%B9%B4%EF%BC%9D1863%E5%B9%B41%E6%9C%8831/

に出かけた時には、まず井上(馨) が、木柵をのりこえて、中へ躍り込んだ、あとから同志がこれにつづいた。

さて、中へ入ったはいいが、このままにしておくと、出ることができない、元気一ばいだから誰も、逃げ路まで工夫して、入りはしない。

困ったなと口をついて出るところはここだが、自分はそこですぐに、木棚を1本だけ、ごしごしと鋸で切り払って、人夫出入りするくらいな空処(隙間)をつくった、それ焼打ちだぞと、館内ではさわぐ、同志のものが、逃げてくる、その時、おい、ここだここだと、元ひとりそこをくぐらせて助け出したことがある。

平生はむろん、死地に入り難局に処しても、困ったという喜だけは

断じていうなかれ」

固く戒められたのである。

この一言、今もなお田中の耳底にはっきりと残っている。のみならずそれ以来田中も困ったということは、かりそめにも、口外せぬようにして、今日に及んでいる、という。

田中は八十五歳の時に、維新往時を回顧して『少壮時、多くの先輩諸氏の驥尾に付して、風雲の間を狙来したのであるが、なんら君国のために微功をいたさず、いたずらに、馬齢を重ねつつあることは、まことに慚愧にたえない』(前掲書)で述べている。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(505)勝海舟の政治外交力⑦「政治には学問や知識は二の次 」「●八方美人主義はだめだ」

  日本リーダーパワー史(505)   &nbsp …

no image
日韓併合からちょうど100年目ー蛮行の清算いまだ終わらず

日韓併合から100年ー蛮行の清算いまだ終わらず 『日本史を変えた大事件100」「 …

no image
日本リーダーパワー史(253)川上操六(32)外伝・軍閥内反主流派―鳥尾・三浦・谷・曽我の4将軍―国際平和主義の主張

日本リーダーパワー史(253)  空前絶後の参謀総長・川上操六(32) 外伝・軍 …

ダウンロード
★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊽★『青木宣純大佐は袁世凱の協力によって、諜報の協同化と『特別任務班』(馬賊遊撃隊)を編成した』★『日露戦争にもし日本が負ければ、大清帝国も滅亡する(袁世凱)』

★『明治裏面史』 – 『日清、日露戦争に勝利した明治人の リーダーパ …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(141)』『ロシア機墜落ー中東情報は、やはりイギリスが早い。BBCの報道が常に他を圧しています」

『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(141)』 『ロシア機墜落ー …

no image
日本メルトダウン脱出法(682)「私が決して日中友好パーティーに出席しない理由」●世界経済の減速の兆し:円安のインパクト」(英エコノミスト誌)の7本

   日本メルトダウン脱出法(682)   私が決して日中友好パーティーに出席し …

no image
日本メルダウン脱出法(649)●「マスコミは、なぜ本田の批判をできないのか、セルジオ越後に聞く」「◎「さようなら中国、こんにちは東アジア」欧州のAIIBの参加は脅威にあらず」

     日本メルダウン脱出法(649)   ●「マスコミは …

no image
<2018年は明治維新から150年 >「目からウロコの明治裏面史(1)」日本の運命を決めたドイツ鉄相・ビスマルクの1言『大久保利通の「富国強兵政策」はこれで決まった』

2018年は明治維新から150年 目からウロコの明治裏面史(1) 日本の運命を決 …

no image
速報(417)●『安倍外交は粘り腰が必要なところで、オウンゴール。靖国で中韓と紛争を続けるのは愚の骨頂』

 速報(417)『日本のメルトダウン』 ●『安倍外交は柳腰、粘り腰が必 …

no image
日本リーダーパワー史(300)<今は戦時下の認識を持て>原発報道と対中韓歴史認識ネジレと『国際連盟脱退』を比較検討する⑦

  日本リーダーパワー史(300)   –3.1 …