前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊼★『児玉源太郎のインテリジェンス』★『袁世凱と太いパイプを持つ青木宣純大佐に満州馬賊団を起して鉄道破壊のゲリラ部隊の創設を指示』●『青木大佐と袁世凱の深い関係』

      2017/08/02

 

★『明治裏面史』 -『日清、日露戦争に勝利した

明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,

インテリジェンス㊼★

 

児玉次長の決断、行動は素早かった。福島から「満州馬賊の利用」について適任者が青木宣純大佐と知ると、早速、翌日には青木邸を和服姿のままで尋ねていった。

当時の児玉次長宅は牛込区の薬王寺にあり、青木大佐の自宅は市ヶ谷の念仏坂上でさほど遠くはなかった。

明治3611月のことである。青木は急を告げる日露戦争を前に、突然の陸軍トップの児玉将軍の来訪に驚いたが、2人は縁側に座って会談した。

児玉は「日露の関係は既に極度に緊張してきた。開戦はもはや時間の問題だ。福島安正から聞くと、君は今、砲兵の聯隊長をしているのだな。日露戦争になれば部下を率いて奮戦したい気持ちはわかるが、それよりか何倍も大きい任務がある。

その任務を果たせるのは清国北洋の実力者の袁世凱と緊密な関係を有し、その十分な援助を期待できる人物でなければならない。福島安正がわしに語ったところでは君が一番、袁世凱と親しいということなのでお願いに来た。

支那の公使館附武官を既に数回はたしている君にとって再び,支那に行くことを希望していないかもしれないが、この重大任務の達成できるのは君以外にはいない。ぜひともお願いしたい」と膝を屈し誠意をもって話した。

そして、その任務遂行の3項目を指示した。

①日支協同して敵情探知(対ロシア情報謀略工作)の機関を設置する

 ロシア軍の背後、交通線を破壊工作すること

馬賊団を起して敵の側背を攻撃し、ゲリラ活動で脅威を与える

 青木大佐はこれを聞き、容易ならぬ重大任務と感じながら直ちに就任することを快諾した。国の命運を一手に握り、陸軍大臣から2階級降下して全軍を指揮する児玉将軍が直々に訪ねてきて、熱情をもって懇願されたことに深く感銘したのである。

児玉も青木の決断を大いに喜んで帰宅した。数日ならず青木には在支公使館附武官の辞令が出た。

 ここで青木大佐の略歴を紹介するとー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%92%E6%9C%A8%E5%AE%A3%E7%B4%94

1859年(安政6)6月19日生、宮崎県出身。陸士士官生徒第3期生。清国に関する情報の第一人者として、早くから参謀本部に勤務した。明治26年、日清戦争の終結に当たり、清国の蓑世凱将軍との交渉の責任者となり、後に将軍の顧問となって清国の建設に当たる。

明治30年、川上大将のハバロフスク総督訪問に随行した。日露戦争の特別任務班で殊勲を立て後に陸軍中将となる。

 

青木宣純大佐と袁世凱の深い関係

 青木大佐が袁世凱と初めて会見したのは明治30年のことで大沽側の小站での袁世凱の軍隊視察に始まる。

当時、袁は清軍司令部の小宴にまねかれ青木中佐を一見するや、自ら手を伸して握手し「余は君をずっと前から知っているぞ。今日、君を実際に見るのははじめてだが・・」と大声で話しかけて、周りの者を驚かせた。

『ちようど、三年前に、君は日本軍の軍使として鞍山站を出て北方に向い前進したことを覚えているだろう。当時、予は軍需品の輸送供給の任務にあったが北京政府よりの急電があった。「急ぎ遼陽に到り日本軍より特派せる軍使を迎えこれを優遇すべし」と。

このため、急ごしらえに洋酒,かんずめなどおいしい接待品を準備させて支那馬車に乗って二昼夜兼行の辛苦を経て遼陽に到着し、直ちに書面を送って君の来駕を促がしたが、君は言を左右にして、この誘いに応じず、会見は引き延ばされて今日に至った。

 

ここに参列するものは新建陸軍の将士にして 祺瑞(だん きずい)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%B5%E7%A5%BA%E7%91%9E

段芝貴、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AE%B5%E8%8A%9D%E8%B2%B4

王士珍、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%8B%E5%A3%AB%E7%8F%8D

(そうこん)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9B%B9%E3%82%B3%E3%83%B3

あり何とぞ、大いに飲んでください」と歓迎した。

 袁世凱は明治27年の日清戦争中は駐在員として朝鮮にいた。明治28年の日清講和時には野津第1軍は軍使として青木参謀を派遣し、鞍兵站を発し白旗を振りラッパを吹奏しつつ進んだ。

敵線より歩哨の射撃にあい制止すれども聞かず、随行の満州人が死んだため軍使は中止のやむなきに至った。

この件を野津将軍より急報をうけた大本営は、講和委員・李鴻章に伝え、李はこれを清政府に転電し、ここに袁世凱を派遣することになった。

これ以来、袁世凱と青木大佐は親密の度を加え、32年に袁世凱が当時の公使館

附武官室に2度、青木大佐を訪ねて、新建陸軍の教官に就任してほしいと懇望し、ここに青木大佐の就任となり、公使官武官の職を柴五郎中佐に譲り自らは天津に向かった。

 以来、青木大佐は天津に密かに滞在し、袁世凱のため典範令の翻訳等に従事し、専ら新建軍の編制企画に従事した。その後、袁世凱は山東巡撫として済南府に転任となったが、青木大佐をここにも招致した。

この時、青木がまさに出発しようとした際、山東で匪賊が蜂起したので出発を見合せていると、これが義和団事件に発展し、柴五郎中佐の北京龍城となった。

ここで初めは天津一般居留民となっていた青木大佐が再び現れての後に福島支隊とともに義和団事に参戦することになる。

その後、柴中佐に代わり再び公使館武官となったが、再び袁世凱より軍事顧問として保定へ赴任しないかとの要請があった。

青木大佐は今回こそ本国隊附勤務に従事したき希望をもって固辞し、野戦砲兵第十四聯隊長に転じたのが明治35年のことである。

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史 ⑳ 日露戦争開戦ー明治天皇と伊藤博文の外交インテリジェンスと決断力

日本リーダーパワー史 ⑳ 明治天皇と伊藤博文の外交インテリジェンスー 日露戦争開 …

no image
日本リーダーパワー史(285)地球環境破壊、企業公害と戦った父・田中正造①福島原発事故は政府・東電による企業公害犯罪である

    日本リーダーパワー史(285)   <地球 …

no image
近著・申元東 著, 前坂俊之 監修『ソニー、パナソニックが束になってもかなわない サムスンの最強マネジメント』徳間書店 (8月27日刊行)

    近著『ソニー、パナソニックが束になってもかなわないサ …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(231)/2020年は終戦75年目ー『昭和史の大誤算を振り返る』★「国を焦土と化しても」と国際連盟脱退した「昭和最大の外交大失敗」を冒した荒木陸相、森恪、松岡洋右のコンビと、それを一致協力して支持した新聞の敗北』★『日本は諸外国との間で最も重要な橋を自ら焼き捨すてた」とグルー米駐日大使は批判した』

    2015/08/17 &nbsp …

no image
速報(81)『日本のメルトダウン』●(小出裕章情報2本)『講演動画の質疑応答動画も』『遮水壁の設置を早くやること』

速報(81)『日本のメルトダウン』 ●(小出裕章情報2本)『講演動画の質疑応答動 …

no image
速報「日本のメルトダウン」(512)「除染と線量の問題点と科学的対策」多田順一郎氏(NPO法人放射線安全フォーラム理事)会見動画

 速報「日本のメルトダウン」(512) 「除染と線量の問題点と科学的な …

no image
終戦70年・日本敗戦史(125)日露戦争の勝利が日英米関係の転換となり、日米戦争の遠因となった。

終戦70年・日本敗戦史(125)                   <世田谷市 …

★『アジア近現代史復習問題』・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(4)ー「北朝鮮による金正男暗殺事件をみていると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『(朝鮮政略) 一定の方針なし』(「時事新報」明治27年5月3日付〕』★『朝鮮は亡国寸前だが、李鴻章は属国として自由に意のままに支配しており、他国の侵攻の危機あるが、緊急の場合の日本側の対応策、政略は定まていない』★『北朝鮮リスクとまるで同じ』

 ★『アジア近現代史復習問題』 ・福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む(4)  「 …

no image
日本リーダーパワー史(32)巨人伝説―日本最強の戦略家・杉山茂丸の謎・・②

日本リーダーパワー史(32) 巨人伝説―日本最強の戦略家・杉山茂丸の謎②・・・ …

日本リーダーパワー史(539)『ゾンビ日本』への警告➁「FOREIGN AFFAIRS REPORT」(2015年1月号)

 日本リーダーパワー史(539)   「FOREIGN AFFAIRS …