前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

<F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(216)>『このところ、中国のシリコンバレーとして深圳が注目されているが、改めてその実力を実感した』★『日本を脅かすIT大国・中国の急成長…圧倒的な先進性、ユーザー規模は数億人』

      2017/08/02

<F国際ビジネスマンのワールド・ITニュース・

ウオッチ(216)>

<F氏のコメント>

当方,ただい今、シャンソン、それも懐かしいイブ・モンタンを、アマゾンの中古品を漁って聞き惚れております。「枯葉、autum leaves」はやはりモンタンだな、と感じ入っています。

PCや読書も「聞きながら族」です。スピーカーからの音出しも良いのですが、イヤフォーンで、最近のブルートゥース無線の性能はどうかなと思い、初めてブルトゥース・イヤフォーンをアマゾンで、安物を探して購入してみました。

有頂天のグーグル、アマゾン、FBに忍び寄る逆風

過度な独占に、かつてのAT&Tのように開放を求める声高まる

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50664?utm_source%3Dldr%26utm_medium%3Dfeed%26utm_campaign%3Dlink%26utm_content%3Dlink

 

アングル:至る所にアマゾンの影、米企業が避けて通れぬ懸案に

http://jp.reuters.com/article/usa-results-amazon-com-idJPKBN1AG0MI

人気ナンバーワンの触れ込み、ご存知かもしれませんが、「サウンド・ピークス、SoundPeaks」なるブランドでアマゾンから2900円で購入しました。早速試聴しましたら音色、装着性、充電性能抜群で、ソニーなら格好つけて10,000円はつけるなというコスパの良さで、びっくりしました。

この会社を調べたところ、深圳所在の中国メーカーです。中国品の粗悪品どころか、日本の音響メーカーも及ばない?品質の良さ、音質の良さで若者にバカ売れの訳が分かりました。各楽器の音の分解性能が抜群で、この値段でこの音?と驚愕(笑)です。

日本を脅かすIT大国・中国の急成長…圧倒的な先進性、ユーザー規模は数億人

http://biz-journal.jp/2017/07/post_19853.html


また、多数のスマホ、タブレットを一遍に充電する、多層充電器でANKER社の製品が若者に人気のようで、調べましたら人気商品が日本品の半値で、パナ品より良さそうです。この会社も深圳で、グーグルを退社して始めています。


中国のシリコンバレー・深圳市の”未来都市感”が凄い…https://matome.naver.jp/odai/2148661476575966301


小生 現役時代、シリコンバレーで多数の中国の青年との商談に立ち会いましたが、彼らが本国に帰還して起業を始めたら大変な戦力になるなと感じておりましたが、これがすでにとっくに始まっていると実感しました。

このところ、中国のシリコンバレーとして深圳が頻繁に取り上げられていますが、この細やかなテーマで改めて実感しております。

アップルの付属品群は膨大にもかかわらず、使い勝手が悪く純正品と称して高値で売りつけています。開発力を備えた斬新な中国製品がこの問題を片っ端から片付けていくのではないでしょうか?

いまひとつ、昔はちっぽけな会社でしたが、やはり中国の「フアウエイ、huawei」という通信機器メーカーがこの20年で世界のトップグループにのし上がっています。インタネットや携帯無線の分野です。

世界スマホ市場の世界2位HUAWEI【中国】

http://top.tsite.jp/news/travel/o/36269574/index

ファーウェイのスマホが売れまくる真の理由――日本で鍛えられた、「中華スマホ」の代表格

http://toyokeizai.net/articles/-/167326


2、30年前に何度か電機品の下請け依頼で深圳に行き、土ほこりの舞う、汚い、けたたましい街という印象で、今の隆盛は予想できませんでした。

清華、上海、西安などの理系学生で優秀な若者が、トウ小平の開放路線以降、多数シリコンバレーで働いてきたわけですが、彼らを育てたのは米国です。

 - IT・マスコミ論, 最先端技術『見える化』動画, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(810)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、リスク管理 、インテリジェンス㉕ 『日英同盟の核心は軍事協定で、そのポイントは諜報の交換』★『日露開戦半年前に英陸軍の提言ー「シベリヤ鉄道の未完に乗じてロシアの極東進出を阻止するために日本は一刻も早く先制攻撃を決意すべき。それが日本防衛の唯一の方法である。』

 日本リーダーパワー史(810)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した …

no image
知的巨人の百歳学(130)ー『昭和の大宰相・吉田茂の健康長寿の秘訣ジョーク集』➂ 歴代宰相の中で一番、ジョーク,毒舌,ウイットに 富んでいたのは吉田茂であった。

記事再録2016年2月3日日本リーダーパワー史(658) 『昭和の大宰相・吉田茂 …

ダウンロード
知的巨人たちの百歳学(108)ー『世界天才老人NO1・エジソン(84)<天才長寿脳>の作り方』ー発明発見・健康長寿・研究実験、仕事成功の11ヵ条」(下)『私たちは失敗から多くを学ぶ。特にその失敗が私たちの 全知全能力を傾けた努力の結果であるならば」』

再録・ 百歳学入門(96) 「史上最高の天才老人<エジソン(84)の秘 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(98)』[安倍政権の検閲とメディアの自粛の負の連鎖]

  『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(98)』   …

no image
★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」/「日本側が伝えた日英同盟へのプロセス」⑥ー『各元老から日英同盟への意見聴取で賛成』★『伊藤公の外遊真相』●『桂と外遊中の伊藤との間に対英対露方針に関して、はからずも意見の食い違いが露呈』

★「日本の歴史をかえた『同盟』の研究」- 「日本側が伝えた日英同盟へのプロセス」 …

no image
日本の最先端技術『見える化』チャンネルー『日本の情報関連技術の遅れは「企業の閉鎖性」が原因だ』」( 野口悠紀雄)●『日本の製造業はIoT時代にどうやって勝ち残っていくべきか』●『 アマゾン攻勢!「YouTubeに宣戦布告」の勝算―「ビデオダイレクト」が目指しているもの』●『iPhone7拍子抜けで見えた、アップル依存大国・日本に迫る脅威』

日本の最先端技術『見える化』チャンネルー   日本の情報関連技術の遅れ …

no image
渡辺幸重の原発レポート⑥★☆ 『今こそ原発を全機停止し、総力で事故収束へ』

渡辺幸重の原発レポート⑥ 『今こそ原発を全機停止し、総力で事故収束へ』      …

no image
『世界サッカー戦国史』④『西野サッカーはベスト16位に辛くも食い込み、さらにベルギー戦(7/3)での奮戦が期待される』★『西野監督の「名将」の証ーポーランド戦最後の15分間でコロンビアの勝利にかけた決断力(勝負勘)こそ、2次リーグへの突破を決めた名将の戦略』

『世界サッカー戦国史』④ 前坂 俊之(ジャーナリスト) 予選敗退確実とみられてい …

no image
★⓾(記事再録)『グローバリズム/デジタルデフレ」で沈没中の<安倍日本丸>は『日清、日露戦争」で完全勝利した山本権兵衛海相(首相)の強力リーダーシップに学べ<年功序列と情実人事が横行し無能者が跋扈していた海軍の旧弊人事を一新、派閥を打破した>

2011・3/11から2週間後に書いた記事ー 『いまリーダーは何をすべきかーその …

images.jpg22
世界/日本リーダーパワー史(908)-『メジャーリーグの星になれ!奇跡の大谷物語⑥」-『100年前にハリウッドを制した「セッシュウ・ハヤカワ(早川雪洲)」は大谷の先例!

 大谷は「ロスアンゼルスNO1のスターになってもおかしくない」 100年前にハリ …