前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< アメリカ・メルトダウン(1059 )>『トランプ政権半年目で公約実現はとん挫し『ロシアゲート事件』の嵐の中に突っ込んで、政権はキリモミ状態で墜落寸前の末期症状を呈している。』

      2017/08/02

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』

< アメリカ・メルトダウン(1059 )>

 

トランプ大統領の就任半年間が7月10日に過ぎた。『エアフォースワン』(米)大統領機)はスタートからツイッター乱発の暴言暴走運転でダッチロールを繰り返してきたが、半年目になって公約実現がほとんどとん挫し『ロシアゲート事件』の嵐の中に突っ込んで、政権はキリモミ状態で墜落寸前の末期症状を呈している。

 

FBI前長官証人喚問へ ロシアゲート二重の疑惑

http://judiciary.asahi.com/fukabori/2017060700001.html

 

トランプ・ジュニアと「プーチン側近」の極秘交渉

「ロシアゲート」事件で新事実

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50604

これは著名なジャーナリスト青木冨貴子氏による「トランプ一族の成功と失敗の物語』でもあるが、トランプの行動様式を考える上で大変参考になるし、面白いよ。

トランプの先代がアメリカへ移住して、ゴールドラッシュの際に金鉱掘りの労働者ではなく、その荒くれ男どもを相手のバー兼売春宿を経営して、成金にのし上がって不動産売買で一攫千金を得て『不動産王」になるルーツから書き起こしており大変面白い。トランプのショウマンシップ、荒くれカーボーイ的な粗暴で非知性的な性格、息子との葛藤など大統領の行動形式とその心理を見事にえぐっている出色のドキュメントで一読をお勧めする。

トランプ大統領の『決めゼリフは、お前はくびだ』

就任半年間をこえた7月になって、このトランプ病が昂じてきた。トランプ米大統領は7月中旬に、ツイッターで連日、セッションズ司法長官を激しく批判し、司法長官はなぜ、マケイブ連邦捜査局(FBI)長官代行を交代させなかったのか」と4回も攻撃した。

このあと、「トランプ政権の顔」だったスパイサー報道官をわずか半年で7月27日にクビにした。7月30日にはホワイトハウスのマイク・ダブキ広報部長をクビに。

「28日にはトランプ氏はホワイトハウス職員のトップであるプリーバス首席補佐官を更迭し、後任にケリー国土安全保障長官を指名したとツイッターで表明した。

 

トランプ氏、司法長官攻撃やめず 共和党内に反感広がる 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM27H52_X20C17A7FF1000/

 

スパイサー報道官が半年で辞任!過去の失言や面白ネタなどまとめ!

http://trump-no-sekai.com/2017/07/22/well-done-sean-spicer/

 

スパイサー報道官、「トランプ政権の顔」わずか半年で辞任 なぜ?

http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/21/spicer-calls-it-quits_n_17555056.html

トランプ大統領、プリーバス首席補佐官の辞任を発表 後任は「私の政権での真のスター」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/28/story_n_17620150.html?utm_hp_ref=japan-trump

 

トランプ米政権の新広報部長、身内を激しく批判 確執表面化

http://jp.reuters.com/article/scaramucci-newyorker-idJPKBN1AD0CH

 

 昔、たい焼きソングなる歌が大ヒットしたね。毎日毎日おいらは鉄板の上で焼かれていやになっちゃうよ、これの替え歌『毎日毎日メディアを見ていると、トランプのツイッターゲームに世界は焼かれてめちゃくちゃになっちゃうよ。』の心境だね』(笑)。

トランプ真夏の世界スリラー劇場」開幕中というわけだ。世界一の裸の王様が核ボタンをもって怒鳴りまくっているのだからね、北朝鮮の金正恩のお化けと並んでこれは世界残酷物語で、ゾッとするぞ」(寒い)

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
産業経理協会月例講演会>2018年「日本の死」を避ける道は あるのか-日本興亡150年史を振り返る➃

 <産業経理協会月例講演会> 2013年6月12日  201 …

no image
『百歳長寿経営学入門』(209)―『生涯現役の達人・渋沢栄一(91歳)の晩年・長寿力に学ぶ/『老人になれば、若い者以上に物事を考え、楽隠居をして休養するなどということは、絶対にしてはいけません。逆に、死ぬまで活動をやめないという覚悟が必要なのです』

2011/05/04記事再録 生涯現役の達人・渋沢栄一(91歳)の晩年・長寿力に …

no image
日本リーダーパワー史(691) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑥』『中国紙『申報』 からみた「中国が行っている冊封の儀と 属国の国力強化について」(1884(明治17) 年2月9日付)

日本リーダーパワー史(691) 『中国/朝鮮行動学のルーツ⑥』130年前の『中国 …

ダウンロード-1-150x150
日本リーダーパワー史(698)日中韓150年史の真実(4)「アジア・日本開国の父」ー福沢諭吉の「日中韓提携」はなぜ「脱亜論」に一転したか」③<日中韓のパーセプションギャップが日清戦争 へとトリガーとなる>

 日本リーダーパワー史(698) 日中韓150年史の真実(4)「アジア・日本開国 …

no image
『明治裏面史』 ★ 『日清、日露戦争に勝利した明治人のリーダーパワー,リスク管理 ,インテリジェンス㊸★『日露戦争開戦の『御前会議」の夜、伊藤博文は 腹心の金子堅太郎(農商相)を呼び、すぐ渡米し、 ルーズベルト大統領を味方につける工作を命じた。』★『ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の世界最強のインテジェンス(intelligence )』

日露戦争開戦の『御前会議」の夜、伊藤博文は 腹心の金子堅太郎(農商相)を呼び、す …

no image
『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑪『英ノース・チャイナ・ヘラルド』/『日露開戦半年前ーさし迫る戦争 それを知る者より』●『日本の忍耐が限界に近づいていることは.1度ならず指摘している。満州撤兵の約束をロシアに守らせるというのは,イギリスやアメリカにとっては元のとれる仕事かどうかの問題に過ぎないが,日本にとっては死活問題なのだ。

 『日本戦争外交史の研究』/『世界史の中の日露戦争』⑪ 1903(明治36)年7 …

no image
知的巨人の百歳学(101)家康・秀忠・家光の三代に仕え、徳川幕府250年の基礎を築いた史上最高の戦略家・南光坊天海(108?)の長寿法は『長命には粗食、正直、湯、陀羅尼(だらに)、御下風(ごかふう)あそばさるべし』

家康・秀忠・家光の徳川三代に仕えた「陰の宰相」南光坊天海(108?)の長寿法 日 …

no image
日本経営巨人伝⑤・伊庭貞剛ーー明治期の住友財閥の礎・住友精神を作った経営者

日本経営巨人伝⑤・伊庭貞剛 明治期の住友財閥の礎・住友精神を作った経営者 <『幽 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(29)★現代史復習、記事再録『外国の新聞が報道した120年前の日清戦争の「三国干渉」の内幕と【腐敗した清国軍の実態】ー南シナ海紛争と同じ中国人民軍の実態!

  日中北朝鮮150年戦争史(29) ◎『外国の新聞、ロシア紙「ノーヴォエ・ヴレ …

no image
片野勧の衝撃レポート㉔ 太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災 ー第4の震災県青森・八戸空襲と津波<中>

 片野勧の衝撃レポート 太平洋戦争<戦災>と<3・11>震災&nbsp …