前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< アメリカ・メルトダウン(1059 )>『トランプ政権半年目で公約実現はとん挫し『ロシアゲート事件』の嵐の中に突っ込んで、政権はキリモミ状態で墜落寸前の末期症状を呈している。』

      2017/08/02

★『 地球の未来/世界の明日はどうなる』

< アメリカ・メルトダウン(1059 )>

 

トランプ大統領の就任半年間が7月10日に過ぎた。『エアフォースワン』(米)大統領機)はスタートからツイッター乱発の暴言暴走運転でダッチロールを繰り返してきたが、半年目になって公約実現がほとんどとん挫し『ロシアゲート事件』の嵐の中に突っ込んで、政権はキリモミ状態で墜落寸前の末期症状を呈している。

 

FBI前長官証人喚問へ ロシアゲート二重の疑惑

http://judiciary.asahi.com/fukabori/2017060700001.html

 

トランプ・ジュニアと「プーチン側近」の極秘交渉

「ロシアゲート」事件で新事実

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/50604

これは著名なジャーナリスト青木冨貴子氏による「トランプ一族の成功と失敗の物語』でもあるが、トランプの行動様式を考える上で大変参考になるし、面白いよ。

トランプの先代がアメリカへ移住して、ゴールドラッシュの際に金鉱掘りの労働者ではなく、その荒くれ男どもを相手のバー兼売春宿を経営して、成金にのし上がって不動産売買で一攫千金を得て『不動産王」になるルーツから書き起こしており大変面白い。トランプのショウマンシップ、荒くれカーボーイ的な粗暴で非知性的な性格、息子との葛藤など大統領の行動形式とその心理を見事にえぐっている出色のドキュメントで一読をお勧めする。

トランプ大統領の『決めゼリフは、お前はくびだ』

就任半年間をこえた7月になって、このトランプ病が昂じてきた。トランプ米大統領は7月中旬に、ツイッターで連日、セッションズ司法長官を激しく批判し、司法長官はなぜ、マケイブ連邦捜査局(FBI)長官代行を交代させなかったのか」と4回も攻撃した。

このあと、「トランプ政権の顔」だったスパイサー報道官をわずか半年で7月27日にクビにした。7月30日にはホワイトハウスのマイク・ダブキ広報部長をクビに。

「28日にはトランプ氏はホワイトハウス職員のトップであるプリーバス首席補佐官を更迭し、後任にケリー国土安全保障長官を指名したとツイッターで表明した。

 

トランプ氏、司法長官攻撃やめず 共和党内に反感広がる 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM27H52_X20C17A7FF1000/

 

スパイサー報道官が半年で辞任!過去の失言や面白ネタなどまとめ!

http://trump-no-sekai.com/2017/07/22/well-done-sean-spicer/

 

スパイサー報道官、「トランプ政権の顔」わずか半年で辞任 なぜ?

http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/21/spicer-calls-it-quits_n_17555056.html

トランプ大統領、プリーバス首席補佐官の辞任を発表 後任は「私の政権での真のスター」

http://www.huffingtonpost.jp/2017/07/28/story_n_17620150.html?utm_hp_ref=japan-trump

 

トランプ米政権の新広報部長、身内を激しく批判 確執表面化

http://jp.reuters.com/article/scaramucci-newyorker-idJPKBN1AD0CH

 

 昔、たい焼きソングなる歌が大ヒットしたね。毎日毎日おいらは鉄板の上で焼かれていやになっちゃうよ、これの替え歌『毎日毎日メディアを見ていると、トランプのツイッターゲームに世界は焼かれてめちゃくちゃになっちゃうよ。』の心境だね』(笑)。

トランプ真夏の世界スリラー劇場」開幕中というわけだ。世界一の裸の王様が核ボタンをもって怒鳴りまくっているのだからね、北朝鮮の金正恩のお化けと並んでこれは世界残酷物語で、ゾッとするぞ」(寒い)

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
近現代史の重要復習問題/記事再録/福沢諭吉が語る「サムライの真実」(旧藩事情)③徳川時代の中津藩の武士階級(1500人)は格差・貧困社会にあえいでいた』★『福沢諭吉の驚くべき先見性「人口減少・少子化社会」の対策を明示』

福沢諭吉が語る「サムライの真実」(旧藩事情)③徳川時代の中津藩の武士階級(150 …

no image
「日中韓150年戦争史」(72)「朝鮮王朝が行政改革を行えば日本は東学党反乱を鎮圧にあたる』『ニューヨーク・タイムズ』

    『「申報」や外紙からみた「日中韓150年戦争史」 日 …

images
『百歳学入門(206)』-『プロスキーヤ・三浦雄一郎(86歳)と父・三浦敬三(102歳)の世界スーパーマン親子物語➀』★『雄一郎は70歳、75歳でエベレストに登頂成功』●『敬三は77歳でキリマンジャロ登頂、88歳でヨーロッパ屈指のオートルートを完全踏破、99歳でモンブランスキーで滑降の鉄人親子』

『百歳学入門(206)』ー  三浦さん、エベレストに登頂、史上最高齢80歳の夢実 …

no image
日本リーダーパワー史(445)「安倍首相の靖国参拝外交は75年前の近衛内閣の日中戦争泥沼化の近衛声明外交失敗の轍を踏む①

 日本リーダーパワー史(445) 「安倍外交を検証する①」 &nbsp …

no image
日本リーダーパワー史(228)<リーダー不在の人材倒産国・日本の悲劇①>『昭和の日本を亡ぼした無能リーダーたち』

    日本リーダーパワー史(228) &nbsp …

no image
速報(272)『日本に残されたアジアのスイスという選択肢=ロナルド教授』◎『米メディア –ウェブ記事のタダ読み時代、遂に終止符』

速報(272)『日本のメルトダウン』   ◎『日本に残されたアジアのス …

no image
日本リーダーパワー史(804)『明治裏面史』★『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス⑳『ローゼンが旅順でアレキシェフ極東総督と協議』★『ロシアの対案出る―日本案を否定、日露交渉は、その第一歩から正面衝突した』

 日本リーダーパワー史(804)『明治裏面史』 ★『「日清、日露戦争に勝利』した …

no image
日本リーダーパワー史(377)日露戦争で自ら地位を2階級投げ打って全軍指揮したスーパートップリーダー・児玉源太郎

 日本リーダーパワー史(377)   空前絶後の名将・川上操 …

no image
速報(284) ●『使用済み核燃料の再処理コスト「おカネの計算もいずれにしてもインチキ」 小出裕章(MBS)』ほか計5本

速報(284)『日本のメルトダウン』    ●『使用済み核燃 …

no image
書評『明治お雇い外国人とその弟子たち―日本の近代化を支えた25人』片野勧著・新人物往来社

書評 『明治お雇い外国人とその弟子たち―日本の近代化を支えた25人のプロフェッシ …