前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『F国際ビジネスマンのワールド・ウオッチ(81)』 デーブ・スペクターは「3/11でゴジラが東京湾に現れるまで米国には戻らない」(NTY)

      2015/01/01

    『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(81)』 

 

 

決定版★◎< NYT    BY     MARTIN  FACKLER

 

“ American’s Star Power Unrivaled in Japan ”(8/22)

 

 “このアメリカ人(デーブ・スペクター)の人気者

としての実力は、日本では無敵である

F氏の「異文化コミュニケーションの天才・デーブ
の涙が流れるいい話」!!!


★本にもなった彼のギャグ集は震災直後に被災民を励ましている 

秀作「現地の作業員が命懸けで頑張っているのに、首脳陣が

責任のがれをしてる電力会社 ー逃電 」

★2011年、東電の原発爆発の際、「私は、ゴジラが東京湾に現れ

るまでは米国には戻らない」とスペクター氏は宣言、

視聴者は涙したと言う。

 

    http://www.nytimes.com/2014/08/23/world/asia/unknown
-in-america-david-spector-carves-out-niche-in-japan.html?_r=2

 

  

★<F氏の泣けるコメントです>!!


   1.  この記事の話題の主、デーブ・スペクターを知らない日本人は極めて

     稀ではないか?「デーブ・スペクターは日本では日常的に使われる名前

     である」と筆者 Fackler氏 は言う。

 

     スペクター氏得意のクールギャグのツイートは人気沸騰で、彼のTwitter

     のフォロワーは8/31現在51万人を越え、既に超大物セレブである。

 

          本にもなっている彼のギャグ集の秀作、震災直後に被災民を励ましている

    「現地の作業員が命懸けで頑張っているのに、首脳陣が責任のがれをしてる

     電力会社 ーー 逃電 」、「こんな夜に少しでも暖かくなってもらい

     たくて、ささやかなギャグです : 心の暖かい女優 ー 毛糸・ブラ

     ンケット」(2013年のアカデミー賞主演女優の柔和で芯の強い個性的

     なイメージを見事に重ねています)。 日本、日本人を心から愛している

     スペクター氏の少年の様な人間性が滲み出ていませんか?

 

     このNYT,Fackler氏の秀逸な報道は、スペクター氏が TV,ラジオやイベ

     ントを通じ、長年、日本人のお茶の間から愛され続けてきた理由と、彼の

     日本と日本人を愛して来たその生き方に迫っている。

 

   2.  筆者は、「スペクター氏は、外国人タレントの最後の生き残りである、彼の

     最も秀でた所は、その持続力と言う事につきる。その30年に亘る持続力は

     、日本という国と日本人の細やかな感受性に尊敬の念を表したいというスペ

     クター氏の意欲に根差している」という。

 

     幼少時から日本と日本のポップカルチャーを知り、「日本」にのめり込み、

     TVの台本作者としてABCを説得して強引に日本に長期滞在を敢行し、日本の

     「クレージーなTV映像」を本国に送り続ける。「私は、今では日本で有名人

     になったが、そうなる遥か以前に、日米のポップカルチャーを交流させる仕

     事に嵌まっていた」とスペクター氏は言う。好きな仕事を懸命にやって来た

     らいつの間にか30年経過していた、と言わんばかりである。

 

   3.  日本と日本人の情報を30年間吸収し続け、主にポップカルチャーの世界で

     日米に映像とコメントを送り続ける知的な作業をベースロードに、評論とギャ

     グでは日本のTVの世界では欠かす事の出来ない、多勢のファンを獲得してい

     るスペクター氏ならでは発言、「私は拳銃を光らせて現れる事は出来ないが、

     着物を着て歩き回る事もしたくない。私は微妙にバランスを取って歩く、そ

     の歩き方を知っている。だから日本人は最も過敏になる国内問題でさえ、私

     には何でも自由に話をさせてくれる」

 

     「それこそが、私の今迄の努力の成果である、と考えている」

 

     2011年、東電の原発爆発の際、「私は、ゴジラが東京湾に現れる迄は米

     国には戻らない」とスペクター氏は宣言、視聴者は涙したと言う。日本人は

     スペクター氏の掌の上にある。

 

                               

        訳していて、この記事のインタビュー、スペクター氏の実像を良く引き

        出していると思いました。ここ迄大成するのに、毎日3、4時間しか寝

        ていないという噂です。

 

        知的な蓄積も相当なもので、TVのお笑いは氷山の一部ですね、もっと

        多方面に発言させたいと思いました。勉強になりました。

  

                        

 

 http://www.nytimes.com/2014/08/23/world/asia/unknown-in-
america-david-spector-carves-out-niche-in-japan.html?_r=2

 

 

      2014/8/22  NYT    BY     MARTIN  FACKLER

 

      Americans Star Power Unrivaled in Japan

 

 “このアメリカ人の人気者としての実力は、日本では無敵である

 - 人物研究 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
<屁(おなら)のような昭和史>浜口雄幸、吉田茂

               2007年6月10日、    雑誌「本」に掲載   …

images
★(再録)日中関係がギグシャクしている今だからこそ、もう1度 振り返りたいー『中國革命/孫文を熱血支援した 日本人革命家たち①(1回→15回連載)犬養毅、宮崎滔天、平山周、頭山満、梅屋庄吉、秋山定輔ら

 (再録)日中関係ギグシャクしている今こそ、 振り返りたい『辛亥革命/孫文を熱血 …

no image
名リーダーの名言・金言・格言・苦言(20)『買ってもらう。作らしてもらっているとの気持ち』豊田 喜一郎(トヨタ創業者)

<名リーダーの名言・金言・格言・苦言 ・千言集(20)            前 …

no image
日中リーダーパワー史(932)-『軍事論、軍事研究のない国は亡びる」★『現在の米中貿易戦争、北朝鮮との紛争は130年前の日清戦争への経過と同じパターン』★『平和とは次期戦略情報戦の開始である(福島安正)』

日中リーダーパワー史(932)-   米中貿易戦争が激化し、米朝会談で …

no image
日本リーダーパワー史(717)(まとめ/イチロー伝説)「神となったイチロー」●『イチローは「1人ビートルズ」か「国宝」?」★「イチローは現代の「宮本武蔵」なり「鍛錬を怠るな<鍛とは千日(3年)、錬とは一万日(30年)の稽古なり>

 日本リーダーパワー史(717)   イチローはなぜキューバで「神」なのか マ軍 …

no image
日本リーダーパワー史(128) 空前絶後の名将・川上操六⑲ 日清戦争前哨戦のインテリジェンスとは・・

日本リーダーパワー史(128) 空前絶後の名将・川上操六⑲日清戦争前哨戦のインテ …

pic_4
晩年長寿の知的巨人たちの百歳学(111)戦後の高度経済成長の立役者・財界の巨人「電力の鬼」 の松永安左衛門(95歳)の長寿10ヵ条ー「80歳の青年もおれば、20歳の老人もおる、年齢など気にするな」

  晩年長寿の知的巨人たちの百歳学(111) 戦後の高度経済成長の立役 …

no image
日本風狂人列伝(30) 日本奇人100選①南方熊楠、田中正造、淡島寒月、野沢如洋、富岡鉄斎、田尻稲次郎・・・・

日本風狂人列伝(30) 日本奇人100選①南方熊楠、田中正造、淡島寒月、 野沢如 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑰『日本の最も長い日(1945 8月15日)をめぐる攻防・死闘ー終戦和平か、徹底抗戦か②』

 『ガラパゴス国家・日本敗戦史』⑰     『日本の最も長い日―日本帝国最後の日 …

no image
知的巨人の百歳学(139)-『六十,七十/ボーっと生きてんじゃねーよ(炸裂!)」九十、百歳/天才老人の勉強法を見習え!』★『渋沢栄一(91歳)こそ真の民主主義者、平和主義者』★『「社会事業は私の使命である」が最後までモットー。日米関係を打開するため米国へ老体を鞭打ってわたり、「次回ここに来るときは棺を一緒に乗せてくるかもしれない、それでも私は必要とあらば参ります」と断固たる決意を述べた。』

 2017年8月9日記事再録/『晩年長寿の達人/渋沢栄一(91歳)④』 …