前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日中北朝鮮150年戦争史(45)『来年(2017)はアジア大乱、日米中の衝突はあるか」●『120年前の日清戦争の真相ー張り子トラの中国軍の虚像を暴露』(中)『日清戦争は偶発的な豊島沖海戦から始まった。』●『「高陞号」を撃沈した『浪速』艦長は東郷平八郎大佐であった  』●『「東郷平八郎の撃沈は正当」―ロンドン・タイムスの一声に鎮まる』

      2016/12/15

日中北朝鮮150年戦争史(45)

 

宮古沖で日本を挑発する中国の狙いは「日中開戦」なのか?

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50440

日本メルトダウン(1001)<チャイナリスク高まる>ー

『宮古沖で日本を挑発する中国の狙いは「日中開戦」なのか?』『トランプ「一つの中国政策、堅持する必要ない」』●『日本、中国に厳重抗議 「空自機が妨害」との中国国防省発表に』●『インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑』●『カメラの前で泣けと――中国の人権派弁護士ら拘束から1年 安否気遣う家族』●『中国・李克強氏の「内通者非難」発言がネット流出した背景』●『「文明」外交術でエジプトに接近する中国 “対等な立場”で近づきアラブ世界への影響力を拡大』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/war/21905.html

 

日清戦争は偶発的な豊島沖海戦から始まった。

 

明治天皇の宣戦の詔勅の渙発は8月1日のことだが、1週間前の「豊島沖海戦」によって事実上の戦争状態に入った。

 

7月23日、九州・佐世保軍港で樺山資紀軍令部長の見守る中、連合艦隊の主力22隻は清国艦隊、輸送船の激滅めざして出動した。

第一遊撃隊の巡洋艦「吉野」「秋津洲」「浪速」は決められていた戦法の単縦陣を組み、牙山沖の豊島(ほうとう)に向かった。

 

途中、25日午前7時ごろ、清国巡洋艦艦「済遠」「広乙」に遭遇した。宣戦布告前なので警戒しながらも航行中、約3キロに接近した時、「済遠」の砲口から巨煙が吐き出された。礼砲と思っていると実弾が飛び込んで来て、いきなり砲撃戦が始まった。この結果、事実上の戦争状態に突入した。

 

両軍とも初めての対外海戦なので、追いつ追われつの1時間20分にわたる大激戦を展開した結果、「済遠」は難を免れて威海衛に帰ったが、「広乙」は座礁した。

 

『李鴻章―中国40年来大事記』梁啓超著<1901(明治)34年刊>の翻訳本『李鴻章―清末政治家悲劇の生涯』張美慧訳、 久保 書店 1987年刊)によると、清国側の資料では、この海戦では「済遠」の艦長・方伯謙は敵が近づくのを見ると、驚いて鉄甲のもっとも厚いところに隠れてしまい、つづいて舵が壊されると、白い旗を高くかかげ、その下に日本の旗を飾って、旅順に逃げ帰った、という。

 

同9時ごろ、「操江」と英国ジャーデン・マジソン会社所有の旅客貨物船「高陞号」(こうしょうごう)とが、この開戦を知らずにやって来た。「高陞号」は清国にチャーターされ、清国兵1100人をのせ、大砲14門など武器を積んで牙山に輸送中であった。

巡洋艦「浪速」(東郷平八郎艦長)は国際法にのっとって「高陞号」に停船を命じ、英語の達者の人見分隊長を派遣して臨検に当たった。英国人船長は、船籍載貨書類一切を示し、船内に清兵一千人余、大砲十四門、弾薬を積んであることを素直に認めたが、清国兵が英国人船長に青竜刀や銃を突きつけて脅迫して「離船」させなかった。

そこで「浪速」艦長は信号を掲げ、「ただちに抜錨して、本艦に続航せよ」とだ捕を命じた。すると英船長から、「清国軍隊はわれを擁して太沽港への帰航をせまり、貴艦への続航は不可能」という信号がきた。

そこで「浪速」は英船長に対し、「ただちに船を見捨てよ」と信号すると、「端艇の派遣を乞う」という応答があった。清国兵は船長以下に銃口を突きつけて脅し、日本に応ずるならば、ただちに射殺する勢いなので、臨検中の人見大尉は急ぎ帰って、殺気みなぎる状態を報告した。

4時間にわたって「ボートの派遣こう」、「浪速」艦長は「ボート送りがたきにより、貴君は、すみやかに船を見捨てよ」と信号、船長から「清兵われを阻む」と答えたのに対し、ふたたび、「即時船を去るべし」と信号旗のやりとりで押問答が続き、ついに「浪速」艦上に赤旗が高く掲げられた。

「これから砲撃を開始す、危険なり」という意味の戦時国際法による意思表示のフラッグで、世界ではB旗とよばれる「生命的危険」信号であった。

「高陞号」を撃沈した『浪速』艦長は東郷平八郎大佐であった。

 

砲術長広瀬勝比古大尉は、おどろいて東郷艦長の顔をみた。顔には微笑さえあった。やがて英船長が船から飛び込んで、少々は泳いだころをみはからい、右舷魚雷一本と、右舷の八〇年式六インチ砲を発射するよう命令した。

射程九百メートル、初弾一発で「高陞号」の機関室に命中して、船はたちまち沈んだ。「浪速」はボートを急派して、英国人ウォルズウェー船長を救いあげた。清国兵の大部分は船と運命をともにした。

豊島沖海戦は初の外国艦隊との近代的な海戦となったが、清国側の済遠が逸走、広乙は沈没。日本側は被害なしの一方的な勝利に終わった。以上が、事件の概要である。

ところが『英国船を撃沈』の第一報を聞いた伊藤博文首相は真っ青になった。「東郷の行為ですべてが台無しになった。東郷を軍法会議にかけろ!英国や西欧列強が戦争に介入してくる」と陸奥外相とともに震え上がった。

気の早い新聞は、即時陳謝、賠償の手続きを論じた。外務省はとりあえず三番町の英公使館を訪問して、遺憾の意を表するとともに、早急の調査善処を申し出た。

日本と対照的に清国側は大喜びした。李鴻章以下は『緒戦好運来』と喜んだのはもちろんだが、威海衛の将校たちの歓びは、あたかもイギリスが清国の味方にくわわったような祝杯騒ぎとなった。

一方ロンドンでは、外相キンバレー伯が青木公使を外務省に呼び出し、「貴国海軍将校の行動によって生じたる英国民の生命財産の損害に対して、貴国政府は賠償の責任がある」と警告すると同時に、東洋艦隊司令長官フリーマントル中将を日本艦隊根拠地に伊東司令長官を訪問させ、厳重抗議を申し入れた。

英国ジャーナリズムも「野蛮人の暴行を禁止せよ」「極東の無法国に警告せよ」などと、センセーショナルに報道した。

ところが、「浪速」東郷艦長のみが平然とかまえていた。東郷は英国に7年間留学し、商船学校で国際法をみっちり勉強してきたのを知る山本権兵衛も「何かわけがあったのでしょう」と同様に平然としていた。

「東郷平八郎の撃沈は正当」―ロンドン・タイムスの一声に鎮まる

事件から3日目。国際法の権威ウェストレーキとホーランドの両博士は『ロンドン・タイムス紙』に寄稿し、戦時国際法のいかなる条文に照らしても、日本軍艦「浪速」艦長のとった処置は、適法にして一点の非難すべきところがないと論評した。『ロンドン・タイムス』もただちに社説をかかげ、両博士の説を引用するかたわら、くわしく「浪速」艦の行動を解説し、日本の海軍と同艦長とが、国際法的基づいた行動をしたとを称賛した。

タイムスの一論が掲載されると、反日の言論はピタリと消えてしまった。

もともと「浪速」艦長・東郷平八郎大佐は明治四年から八年間も英国に留学、もっぱら、商船ウオースター号、バンプシフ号で訓練を受ける一方、商船学校で国際法と海商法の勉強をみっちりつんだ。

当時、世界一の海軍大国イギリスは、英国海軍兵学校の門を、アジアで開国したばかりの三等国日本の士官には開いていなかった。

そのため、東郷はやむを得ず商船学校で八年間も苦労した結果が、国際法の日本の第一人者となっていたのが、なんとも幸運であった。撃沈された「高陞号」英船長ウォルズウェーは、同商船学校で東郷より二期後輩であったというのからまさしく奇縁である。

こうして、東郷平八郎の名は世界にとは一躍、有名になり、伊藤博文以下、日本の朝野は一安心したのである。<参考文献は伊藤正徳の「大海軍を想う」文芸春秋社(1962)>

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
速報(95)『日本のメルトダウン』●(小出裕章動画情報4本)『南相馬の牛肉から6倍の放射性セシウム検出について』など

速報(95)『日本のメルトダウン』   ●(小出裕章動画情報4本)『7 …

no image
日本リーダーパワー史(715)★『財政破綻必死の消費増税再延期」「アベノミクス大失敗」 「安倍政権終わりの始まり」を議論する<君よ、国をつぶすことなかれ、子供たちに大借金を残すことなかれ>これを破ればレッドカードだ。

  日本リーダーパワー史(715) <『財政破綻必死の消費増税再 …

no image
世界史の中の『日露戦争』⑲ 『日本軍、日本人は祖国存続のために戦う』『ノース・チャイナ・ヘラルド』(開戦25日目)

   世界史の中の『日露戦争』⑲  英国『タイムズ』米国「ニューヨーク …

no image
終戦70年・日本敗戦史(135) なぜ国際連盟を脱退し「世界の孤児」と化したのかー「満蒙の特殊権益」を死守するためで、 新聞は一致して脱退を支持した。(2)

終戦70年・日本敗戦史(135) <世田谷市民大学2015> 戦後70年  7月 …

no image
日本リーダーパワー史(596)★10!『エディー・ジョーンズ』・ラグビー日本代表ヘッドコーチ が日本記者クラブでサヨナラ会見した(約90分)(10/30)

★10!『エディー・ジョーンズ』・ラグビー日本代表ヘッドコーチ  が日本記者クラ …

no image
日本リーダーパワー史(376)名将・川上操六(48)『日清戦争でロシアの干渉にビクつく幕僚たちを一喝!』

 日本リーダーパワー史(376)   空前絶後の名将・川上操六(48) 北朝鮮の …

no image
正義を希求した人権擁護の正木ひろし弁護士をしのんでーその生涯と追憶、著作目録など

「正木ひろし弁護士をしのんで」 その生涯、追憶、著作目録。及び参考文献 <『日本 …

no image
日本リーダーパワー史(907)昭和戦後の高度経済成長の立役者・中山素平の経営哲学10ヵ条「大事は軽く、小事は重く」★『八幡、富士製鉄の合併を推進』『進むときは人任せ、退く時は自ら決せ』★『人を挙ぐるには、すべからく退を好む者を挙ぐるべし』

日本リーダーパワー史(907) 日本興業銀行特別顧問 中山 素平(1906-20 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか② 「英タイムズ」(明治39年1月13日付)「日本と朝鮮』(下)

「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など外国紙が 報道した「日韓併合への道』 …

no image
★『人口急減社会』『消滅自治体』について増田寛也・日本創成会議座長の日本記者クラブ会見動画(16/9、100分)

     ●◎『人口急減社会』『極点社会』について …