前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

『 地球の未来/世界の明日はどうなる』< 世界、日本メルトダウン(1039)>『トランプ大統領の就任100日間(4/29日)が突破した』②「トランプ大統領は『恐ろしいほどのナルシスト』」★『[FT]米大統領選、ツイッターの4分の1が偽ニュース』●『速報、スクープ中心の報道から、BBCが打ち出した『スローニュース』戦略への転換だ』★『ルペン氏、偽ニュースも利用=挽回に必死-仏大統領選』

      2017/05/07

 地球の未来/世界の明日はどうなる< 世界、日本メルトダウン(1039)>

『トランプ大統領の就任100日間(4/29日)が突破した。』②

 前坂 俊之(ジャーナリスト)

 

トランプ大統領は『恐ろしいほどのナルシスト』

 

(A)「気まぐれツイッター・トランプと、大統領選挙前からさんざん批判されてきたが、大統領になっても全く変わらないね。ある米国の心理学者は「恐ろしいほどのナルシスト』と分析している。

病的な嘘つき、感情を制御できない、自己過信尊大症、飽きっぽい性格、謝罪をしない恥知らず、他者に共感がないなど、精神的に病んでいるとみている。この人が核ミサイルのボタンを持っていることは大変恐ろしいことだと指摘している。今後の200日、1年のトランプ暴走、迷走は一層ひどくなるのか世界中の人々の心配はつきないよ。」

http://urban-diary.blog.so-net.ne.jp/2017-01-15

 

(B)「確かにね、メディアからの批判も一向に収まらない。『ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)』(3月22日付朝刊)は社説で、トランプ氏が「誇張や証拠のないうそを垂れ流している非難し、国民は『フェイク・プレジデント(偽大統領)』だと結論づけるかもしれない」と警告した。

FBI,NSA、司法省からも『トランプのツイッターには裏付ける証拠がない」と証言した。トランプの信用もメンツも丸つぶれだよ。 オックスフォード・インターネット研究所の調査では米大統領ではツイッターの4分の1が偽ニュース で、「プロフェッショナルニュース」の件数とほぼ同数であったという結果の出ている』

 

[FT]米大統領選、ツイッターの4分の1が偽ニュースhttp://www.nikkei.com/article/DGXLASGM28H31_Y7A320C1000000/

 

『ニュースの作り方」が根本的に変わったワケ』-BBCはなぜスロージャーナリズムに挑むのか

http://toyokeizai.net/articles/-/169154

 
『[2]平気でウソをいう人たちにどう対抗するか』-
検証可能な事実を土台にした近代社会が揺さぶられている
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2017022300011.html

 

(C)『フェイク・プレジデント(偽大統領)』の影響で、フェイク・ニュースが大問題となったが、既存のメディアも従来の方針を転換しつつある。

速報、スクープ中心の報道から、BBCが打ち出した『スローニュース』戦略への転換だ。偽情報を見分けて、拡散を阻止する「検証チーム」を立ち上げた。一方的にたれ流される情報の真実性のチエック、そのニュースの裏側を徹底して深堀、検証して、情報操作を暴く特別チームを結成して、IT,デジタル、スマホ世界のなかで、ジャーナリズムの本来の使命を果たそうというものだ。

日本も世界の新聞、テレビメディアはこの方向に進むことになりそうだね」

 

ルペン氏、偽ニュースも利用=挽回に必死-仏大統領選

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017050500454&g=int

フランス大統領選でもはびこる偽ニュース 次はドイツ標的か

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7468.php

 

  世界、日本メルトダウン(1038)– 『トランプ大統領の就任100日間(4/29日)が突破した。』●『トランプ、大統領就任100日 公約は果たせたかチェックまとめ』★『ツイート479回…ゴルフは? トランプ氏の100日』●『トランプ氏、就任100日 連発大統領令、乏しい成果』★『トランプは金正恩とハンバーガーを食べるのか?』

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/24537.html

 - IT・マスコミ論, 人物研究, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
書評・『マスコミ文献大辞典』(全三巻)日本図書センター刊に寄せて

1 <『図書新聞』  03、7,12に掲載> 前坂 俊之 (静岡県立大学国際関係 …

no image
<日本最強の参謀は誰か-「杉山茂丸」の研究② 「日露開戦前に児玉源太郎を参謀次長に引っ張り出し「無隣庵会議」にも参加

 ·    &n …

no image
大迫力!決定版◎台風24号接近中の怒涛の稲村ケ崎サーフィン10分間(9/29am720-8.30の圧縮版)-怒涛の大波とサーファーの対決決闘編!だれが勝つか!

大迫力!決定版◎台風24号接近中の稲村ケ崎サーフィン10分間 (9/29am72 …

no image
日本メルトダウン脱出法(758)「アベノミクス「経済の秋」GDP600兆円は不可能な数字では無い!」●「中国の「中間層」が世界最大規模に、米に比べ成長2倍」●「コラム:英政府が「中国製」原発で払う高い代償」

日本メルトダウン脱出法(758) 「マイナス発信控えるべき」と提言 福田元首相が …

no image
日本リーダーパワー史(146)国難リテラシー・『大日本帝国最期の日』(敗戦の日) 陸軍省・参謀本部はどう行動したのか④

 日本リーダーパワー史(146)   国難リテラシー・『大日本帝国最期 …

no image
『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(127)』『大学改革についてー議論の段階はとっくに過ぎている。組織全体のダイバシ ティの導入を急ぎ、毎日の生活環境 をシリコンバレーにせよ」。

 『F国際ビジネスマンのワールド・ニュース・ウオッチ(127)』 『大学改革につ …

no image
速報(224)『日本のメルトダウン』●『ダボス会議、冬のリゾート地を覆う悲観論』『貿易赤字の定着は「ニューノーマル」の表れ』

速報(224)『日本のメルトダウン』 ●『ダボス会議、冬のリゾート地を覆う悲観論 …

no image
「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙は「日韓併合への道』をどう報道したか⑩ 「ノース・チャイナ・ヘラルド」(明治40年7月26日付>『朝鮮の現状』

     「英タイムズ」「ニューヨーク・タイムズ」など 外国紙が報道した「日韓併 …

no image
日本リーダーパワー史(272)『民主党、亡国の政治家たちを』-福沢諭吉が一喝!『財政再建が先、征韓論はやめろ』

日本リーダーパワー史(272)   『民主党、亡国の政治家たちを』-福 …

no image
日本リーダーパワー史(623) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑰『川上操六参謀本部次長がドイツ・モルトケ参謀総長に弟子入り、何を学んだのか③『ドイツ・ビスマルクのスパイ長官』 シュティーベルとの接点。

 日本リーダーパワー史(623)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』 ⑰ 『川 …