前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 日本リーダーパワー史(793)ー 「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス』⑪『ロシアのクロパトキン陸相が敵前視察に来日』『ク大将は陸軍士官学校視察で障害物突破競争の優勝者に自分の時計を褒美であげた』●『パーティーでは黒鳩金大将と日本の将軍の視線がぶつかり火花が散り、日本の将軍はさらに恐ろしい目つきでにらみ返して一触速発に』

      2017/04/23

 

 日本リーダーパワー史(793)ー

「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、

インテリジェンス』⑪

 

日本政府はクロパトキン大将を准王族の国賓待遇で歓迎し「芝離宮」を宿泊所にあて接待した。寺内正毅陸相を接伴主任とし、村田惇中将、田中義一中佐を補佐役に命じた。

 田中義一中佐(後に陸軍大将、政友会総裁、総理大臣)は川上操六参謀総長から明治31年5月18日付で対ロシア戦のための情報収集を命じられロシア大使館付将校として派遣されていた。

 

日本リーダーパワー史(89)名将・川上操六日露戦争前、田中義一をロシアに派遣()

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3380.html

 

日本リーダーパワー史(90)名将・川上操六田中義一のペテルスブルグでの活躍()<ダンスとギリシャ正教に入信>

http://www.maesaka-toshiyuki.com/person/3378.html

 

その田中中佐は3510月にその任務を12分に果たして帰国したばかりで、この役目には最適任であった。田中はロシアでクロバトキン大将とは何度も会い、自宅のパーティーにも招かれるほどの親密な関係であったため、神戸港まで大将一行を出迎え、上京中の汽車の中では、大将から直接にその視察希望を聞いて、児玉内相の指示通り、希望場所はすべて見せることにした。

一方、当時の国内では対ロシア強硬論が渦まいており、再び大津事件を起こしては一大事と、警護は特に厳重を極めた。参謀本部の小松秀夫中尉がクロバトキン大将の直接身辺護衛に当たり、田中中佐と共に神戸港まで出迎えた。

 

クロパトキン大将一行の視察重点

クロパトキン一行には各専門の将校十余名が随行していた。彼らは東京滞在の四日間、日本陸軍の軍隊・学校等の各種施設について、精力的に視察し日本陸軍の実力を偵察・チェックした。

視察の重点は日本陸軍の士気と練度。「軍隊の成否は士官の成否に比例する」というのがクロバトキン陸相の軍隊哲学で、陸軍士官学校の訓練状況を最も熱心に視察した。

同時に、「有事に際し最も真価を問われるものが、高級指揮官の野戦指揮能力である」が彼の第2哲学であり、日本陸軍の将官クラスの人々を多数招待してパーティを開催したいと申し出た。自ら敵将の品定めをしたのである。

士官学校視察のエピソードー全校生徒の障害物突破競争を『ハラショ』と絶賛

以下は、田中中佐の話だが、クロバトキン大将1行が陸軍士官学校生徒の訓練状況を視察して最も驚いたのは、猛烈な実戦的鍛練で、中でも徒手格闘術、野外銃剣術の凄じい練習ぶりにはいたく感心した様子であった。

 クロバトキンは全校生徒の障害物突破競争が始まると、興奮して、ついに来賓席から飛び出し、一着になった生徒の肩を叩いてその敢闘精神をたたえて『ハラショ(素晴らしい) ハラショー』を連発した。さらに、賞品として自分のポケットから愛用の時計を取り出してこの生徒に与えて、周囲を驚かせた、という。

陸軍士官学校はクロバトキンのこの褒美がきっかけとなり、これを見習って、士官たる者は実戦向きの障害物突破競争能力も重視すべきであるとして、卒業式当日はその状況を天覧に供し、一等の勇者には恩賜品拝受をすることになった。以後これは伝統的な行事となった。

 クロパトキン主催のパーティ風景ではいかにも日本的な珍風景

もう1つ、クロパトキン主催のパーティ風景では日本的な珍風景が続いた。招待された当時の将官クラスの日本陸軍上層部の連中は、いずれも明治維新の戊辰戦争に参加し、西南戦争で戦い抜いた猛者で戦国時代から抜け出たような無骨な武将がほとんど。

西欧式のパーティなど大嫌いで内心出席したくない者もいやいや出席、外交官的センスなどなかった。

しかも、三国干渉の張本人で、満州を占領し、居座っている敵国ロシアの親玉の主催するパーティなどに出席させられて、笑顔で話などできるかと、苦虫をかみつぶし一語も発せず、クロパトキンらをらみつけ恐しい顔をした将軍が目立った。

 クロパトキン大将と将軍の視線がぶつかり火花が散ると、彼らはさらに恐ろしい目つきでにらみ返した。さすがにクロバトキン大将も手を焼いて、傍にいた田中義一中佐を呼び、

「ポドポルコーウニック(中佐)、タナカ!。一体、あの奴は何と申す者じゃ」と尋ねた。

田中中佐は小さい声で「ゼネラル・レイテナント(中将)、ハセガワ」と答えたのであった。ハセガワ中将とは、翌年の日露開戦時の近衛師団長、長谷川好道中将である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E5%A5%BD%E9%81%93

もう一人、クロパトキンが注目した将軍がいた。この将軍も田舎のオヤジのような風采であったが、その眼光炯々たる恐ろしいほどの視線にクロパトキン大将も恐れを懐いたという。黒木為禎大将だった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%9C%A8%E7%82%BA%E3%82%82%E3%81%A8

<参考文献  島貫重節『戦略日露戦争(上)』原書房 1980年>

 

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(323)「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」-空前絶後の参謀総長・川上操六(41)

日本リーダーパワー史(323) 「坂の上の雲」の真の主人公「日本を救った男」&# …

200px-Gen_Kuropatkin
 日本リーダーパワー史(794)ー 「日清、日露戦争に勝利」した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、 インテリジェンス』⑪『ロシアのクロパトキン陸相が敵前視察に来日した影響』●『 恐露病とクロパトキン来日疑惑が日本側に疑心暗鬼を生んで露探事件が起きた』

 日本リーダーパワー史(794)ー 「日清、日露戦争に勝利」 した明治人のリーダ …

no image
速報(228)『原発冷温停止:仏研究機関所長が批判 首相宣言「不正確」』『原発とガン発生の相関メカニズム』    

速報(228)『日本のメルトダウン』 ●『原発冷温停止:仏研究機関所長が批判 首 …

no image
速報(22)『日本のメルトダウン』34日目ー◎福島原発1号機廃炉までに長引けば100年かかる●

速報(22)『日本のメルトダウン』34日目 ◎福島原発1号機廃炉までに長引けば1 …

no image
<近藤 健の米国深層レポート②>●『アメリカは金権政治plutocracyかー米国の選挙は“50億ドルビジネス”』―

<近藤 健の米国深層レポート②>   ●『アメリカは金権政治pl …

51Vo7Ljx49L._SX336_BO1,204,203,200_
日本リーダーパワー史(633)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(26) 『川上操六参謀次長の田村怡与造の抜擢①<田村と森鴎外にクラウゼヴィッツ兵書の研究を命じた。これが日露戦争の勝利の秘訣となった>

 日本リーダーパワー史(633) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(26)   …

no image
歴史張本人の<日中歴史認識>講義」➂袁世凱顧問の坂西利八郎が「日中戦争の歴史、国民性の違い、対立>」を語る➂

     日中両国民の必読の歴史の張本人が語る 「 …

no image
『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㊳・徳富蘇峰が語る『なぜ日本は敗れたのか』➃<下剋上、末端の暴走、中央の統率力不足>

  『ガラパゴス国家・日本敗戦史』㊳   『来年は太平洋戦争敗戦から7 …

no image
日本メルトダウン脱出法(850)『Googleは使わない、SEO対策しているから- Instagram有名人のGENKINGが語った10代の「リアル」』●『Twitterが国内ユーザー数を初公表 「増加率は世界一」』●『優れもの「VR開発キット」が日本にやってきたーウェアラブル製品がより実用化する時代に』●『日本は「格差社会」である前に「階級社会」だー「階級」を意識しない不毛な教育議論』

 日本メルトダウン脱出法(850) Googleは使わない、SEO対策しているか …

no image
日本メルトダウン脱出法(577)●『香港民主派デモ:天安門以来の難局に直面する中国』(英FT紙)●「香港民主化デモ特集」

 日本メルトダウン脱出法(577) <チャイナリスク再び!> &nbs …