前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

 ★『アジア近現代史復習問題』福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(8)「北朝鮮による金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」●『京城釜山間の通信を自由ならしむ可し』(「時事新報」明治27年6月12日付』★『情報通信の重要性を認識していた福沢』●『朝鮮多難の今日、多数の日本人が彼地に駐在するに際して、第一の必要は京城と我本国との間に通信を敏速にすること』

      2017/03/07

 ★『アジア近現代史復習問題』

福沢諭吉の「日清戦争開戦論」を読む』(8)

「北朝鮮による金正男暗殺事件をみると、約120年前の日清戦争の原因がよくわかる」● 

 

『京城釜山間の通信を自由ならしむ可し』(「時事新報」明治27年6月12日付〕)

 

 朝鮮の内乱につては日本政府に於ても、公使館、領事館、居留人民保護のため出兵の議に決し、天津条約の明文に従ひ、支那政府に向て其旨を通知したるよし。

兵隊軍艦の数、及び其兵の所向の如きは、軍機の秘密にして素より知るを待ざれども、京城(ソウル)は公使館所在の地にして、居留の人民も少なからざることなれば、我兵の保護を要すること最も多きは、第一に此方角なる可し。

聞く所によれば支那に於ても朝鮮政府の請求に応じ共内乱を鎮圧するがためなりとて数千の兵を牙山浦に向はしめ、其公報は既に我政府に達したるよしなれば、日清両国の兵は何れ相前後して朝鮮の地に上陸することならん。

我出兵は元来、彼地に在る我人民を保護するためにして他に目的あるに非ず。若しも彼国の内乱にして全く鎮定して危険の虞なきに至るときは、速に撤退す可きは勿論にして、支那兵とても同様の次第ならんと錐も、果して全く鎮定したるや否を認めていよいよ兵を撤するに至るまでは、実際に幾多の時日を要することならんと思はるるは外ならず、彼の政府は支那に援兵を請求したりと云へば、支那兵は必ず其鎮定に従事事することならん。

我国とても時宜に由りては、彼れにカをかすこともある可し。他国の兵力を以てすれば彼の烏合の暴徒を圧伏するは一挙手一投足の労にして、数日を出でずして事は定まることならんと錐も、之を以て直に内乱鎮定、兵隊撤去の時機とは認む可らず。

朝鮮の現状を見れば政府の実力甚だ微弱にして、自から其内乱を始末すること能はず、他の助力を要する程の次第なれば、若しも一時の鎮圧を見て直に兵を引揚ぐるときは、忽にして暴徒の再燃を致すやも図る可らず。

誠に不安心の次第なれば、いよいよ真実に鎮定して、彼の政府のカにても其無事を保証するに足るの安を確めたる上に非ざれば、容易に手を引くこと能はざる可し。

左ればいよいよ、其実を確むる迄は、保護のため出兵したる兵は一人たりとも減ず可らざること勿論にして、支那兵とても亦同様の手段を執ることならんなれば、日清両国の兵は今より凡そ数個月の間は両々相対峙して彼地に屯在することならん。

兎に角に朝鮮多難の今日、多数の日本人が彼地に駐在するに際して、第一の必要は京城と我本国との間に通信を敏速ならしむるの一事なる可し。

今日の有様を見るに、京城釜山間の電信は明治十五年の変乱後、日本政府が彼政府と約束して架設せしめたるものなれども、其取扱甚だ不始末にして、何か必要の場合にはかって実用を為したることなし。

況(ま)して。内地の騒動以来は全く不通の姿にして、止むを得ず彼の義州線に由りて用を弁ずる次第なれども、義州線は支那の内地を経過して其政府の所有に係るものなれば、日本の力を以て自由にす可らず。

必要の場合に通信を誤らるるも致方なかる可し。即ち其場合には海路の船便に由るの外なけれども、一方は電信を利用して坐ながら事の消息を知り、又その命令を伝ふるの便利あるに引換へ、一方は海路の往復に数日間を費さゞるを得ずと云ふ。

瞬間の遅速を争ふ火急の場合などには、其利害得失言はずして明なる可し。

左れば、今岡我公使の彼地に到着したる上は、朝鮮政府に談列して一時釜山線を借受け、日本人の力を以て其沿道の障害を防塵して通信の便を謀る可し。或は其電信にしていよく用をなさゞるものならんには、自から京城より釜山に至るまで至急軽便電線を架設して通信を敏速ならしむるの工風肝要なる可し。

此際日本人の力を以てかゝる長路間の電信線を保護し通信を自由ならしむるには、其費用と努力とは容易ならざることならんなれども、国事の大計上より見れば其労費は吝(おしむ)に足らず。速に談列して速に着手せんこと我輩の希望する所なり。

             〔六月十二日〕

 - 人物研究, 戦争報道, 現代史研究

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
森田実氏が書評で絶賛した新刊紹介『8・15戦災と3・11震災―なぜ悲劇は繰り返されるのか』(片野勧著、第三文明社刊)

          &nbsp …

no image
速報(219)『日本のメルトダウン』NHK「原発危機」知られざる放射能汚染」「小出裕章氏の講演会記録ビデオ」

速報(219)『日本のメルトダウン』   ●『NHKスペシャル「シリー …

default
第3回国際ドローン展(4/20)ー 自動制御システム研究所・野波健蔵社長の世界初の 「ビジョンを用いた非GPS環境下の自立飛行」のデモ実験(動画15分)

日本・世界最先端「見える化」チャンネル 第3回国際ドローン展(4/20)ー 自動 …

no image
高杉晋吾レポート①『関東最後の巨大ダム 八ッ場ダム、ヒ素・25億人致死量が水源に』

  2008年12月 関東最後の巨大ダム 八ッ場ダム、ヒ素・25億人致 …

no image
速報(390)『2月3日 Nuclear:原子力と核は同じ』(小出裕章)』★『田中伸男前IEA事務局長12.12.5 』(日本記者クラブ)

速報(390)『日本のメルトダウン』   ●『2月3日 Nu …

no image
(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★『ガラパゴス国家・日本敗戦史➀』150回連載の1回~15回まで』★『近衛文麿、東條英機の手先をつとめたのは誰か』●『「近衛内閣、東條内閣はどうして日米開戦に突入したか」』★『野田に決まった民主党総裁選の無惨、じり貧』★『(リーダーシップの欠如で2度あることは3度ある。 日本人の 精神的な構造欠陥!」』●『「 ロジスティックで敗れた太平洋戦争」『1千兆円の債務を抱いて10年後の展望は?」』●『大東亜戦争下の毎日新聞の言論抵抗・竹ヤリ事件の真相③ ―東條首相は「毎日」の廃刊を命令』

(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史➀』150 …

no image
日本メルトダウン脱出法(853)「事故から5年、福島第一原発の「いま」を見てきた」●「米国の悲劇?もしもトランプ政権が誕生したらー大手シンクタンク研究員が予測した3つのシナリオ(古森義久)」●『シリア内戦 新しい世界戦争なのか』●『新興国の債務:ついに井戸が涸れた?』

  日本メルトダウン脱出法(853)   事故から5年、福島第一原発の …

no image
知的巨人の百歳学(105)-「120歳は幻の、実際は105歳だった泉重千代さんの養生訓』★百歳10ヵ条『⓵万事、くよくよしないがいい。 ②腹八分めか、七分がいい。➂酒は適量、ゆっくりと。 ④目がさめたとき、深呼吸。⑤やること決めて、規則正しく。 ⑥自分の足で、散歩に出よう。 ⑦自然が一番、さからわない。 ⑧誰とでも話す、笑いあう。⑨歳は忘れて、考えない。 ⑩健康は、お天とう様のおかげ。』

120歳は幻の、実際は105歳だった泉重千代さんの養生訓  1979年 …

no image
明治150年「戦略思想不在の歴史⑿」ー『日本には元々「情報戦略」という場合の「情報」(インテリジェンス)と『戦略(ストラジティ)』の概念はなかった』★『<明治の奇跡>が<昭和の亡国>に転落していく<戦略思想不在>の歴史を克服できなければ、明日の日本はない』

「戦略思想からみた日清・日露戦争」 「日本人と戦略思考、インテリジェンス」につい …

no image
日本メルダウン脱出は不可能か(654)「未曽有の人口急減により、誰もいなくなる日本、幽霊都市へ、経済、年金、財政、インフラ全面破たん か?

 日本メルダウン脱出は不可能か!(654)   ◎「未曽有の人口急減により、誰も …