前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本経営巨人伝⑯藤原銀次郎の教え『「王子製紙」を再建して「製紙王」となった藤原銀次郎の成功するための15ヵ条』

      2015/01/01


日本経営巨人伝藤原銀次郎の教え
 
 
「聞きしにまさるボロ会社だった王子製紙」を再建
して「製紙王」となった藤原銀次郎の経営哲学
―愉快に働き、成功するための15ヵ条―

 
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
製紙王と呼ばれた王子製紙創業者・藤原銀次郎1869-1960、90歳) 
 
藤原銀次郎は赤字会社に転落し、行きづまっていた王子製紙の経営を預かり、世界的な大会社に作り上げ、「日本の製紙王」とよばれた。長野県出身。十七歳で慶応義塾に進み、松江日報の主筆、社長となり1895年(明治28)に改革中の三井物産に転じ、木材部長としてパルプ事業の開発に着手。

 
191年(同44)、専務に就任した。人材を抜擢して外人技師も活用して陣容を立て直し、
ボロ工場を切り捨て、優秀な機械技術は苫小牧と王子工場に集中させた。
 
こうして大正三年、樺太にパルプ工場を建設し、製紙とパルプの事業体制を築き、
同九年社長となった。富士製紙を率いるライバル大川平三郎と競争し、昭和8年、
吸収合併して製紙界を制覇した。
 
1939年(昭和14)に藤原工業大学(現慶大工学部)を設立した。戦時中、
政界にかつぎだされた商工、国務、軍需相になったため戦犯容疑に問われたが、
すぐに解除された。昭和三四年、藤原科学財団を設立、余生は造林に捧げ、九〇歳の長寿を全うした。

その藤原の仕事術が十ヵ条である。

 
 
 
愉快に働き、成功するための15ヵ条
 
① 仕事を自分のものにせよー
自分のやっている仕事は、会社のものでもなければ重役、部長のものでもない。あくまで自分のものである。また、自分のものにしなければ愉快になれないし、熱心にもなれない。したがって能率も上がらない。
 
② 仕事を自分の学問にせよー
どんな仕事をあてがわれても、決してこれを馬鹿にしてはならない。外見的にいかにつまらない仕事であっても、全体的、本質的にもつ意義は大きい。そこに生きた学問と勉強の道は発見される。
 
 
③ 仕事を自分の趣味にせよー
イヤイヤやっている仕事に、いい成績の上がったためしはない。愉快に働くことの第一は仕事に趣味を発見することだ。
 
④ 卒業証書はないものと思えー仕事の不平不満は概して大学出に多い。それも一流大学出に多い。学校は学校、仕事は仕事、会社へ入れば会社の幼稚園からやり始めなければものにならない。
 
 
⑤ 月給の額を忘れよー愉快に働くためには、まず月給を忘れよ。月給を忘れて仕事を忘れるな。報酬は必ずその働きを追いかけるものだ。
 
⑥ 仕事に使われて、人に使われるなー
人には往々、嘘は言えるが、仕事には決してごまかしはきかない。正直に働く者には正直にその効果を示す。
 
⑦ 時々、必ず大息を抜けー
いかに活動的な人でも、いつも根をつめて働き続けるわけにはいかない。だから、いつまでも働き続けようとするなら、適度に仕事の大息を抜かねばならぬ。それがまた、実際にはより一倍の能率を上げる。
 
⑧ 先輩の言行に学べ
先輩は先輩としてだけに、どこか後輩の及び難い美点長所を持ち合わせているものだ。とくに、経験と思慮を必要とする仕事にそれが多い。
 
⑨ 新しい発明、発見に努めよー

どんな仕事にも改良の余地は残されている。一つの仕事に没頭すれば自然と発明、発見のチャシスがあり、それを目ざして努力すれば仕事は一層楽しくなる。
 
⑩ 仕事の報酬は仕事であるー

人間は無為にして、一生を過すことほどさびしいことはない。何もしないで時を過すほど苦痛はない。人間がある一つの仕事をやり、仕事を完成するほど愉快で楽しいことはない。仕事の最大の報酬は仕事それ自体である。
 
⑪ 世の中はせんじつめれば、「成功」競争であるー

世の中はこの人間の成功心でもっているようなものだ。人間それぞれ、大なり小なり、成功心があればこそ、個人生活も成り立ち会社事業もおこなわれ、産業経済も発展し、社会も日に新たに進歩するのである。この意味において、人間が成功を願望するは恥ずべきでなく、またいやしむべきでもない。

 
⑫ この道-筋を貫けー

若い学生やサラリーマンで、自分の一生をどうしたらいいか、金ができるだろうか、どうしたら成功するだろうか、
その秘訣を聞きに来る。まず第一は、何よりも信用だ。
何事も信用というものが先に立つ。ご承知のように、華僑というものは、どこの国の人間よりl番信用がある。商売にはど
うしてもその信用が必要だ。それはどういうわけかというと、政治が乱れてくると、政府に信用がおけなくなる。そういう
ときには人を信用するはかない。

 
⑬ 新しいアイディアは大切だがそれを実行することは、さらに大切であるー
新しい思いつきも実行にうつし、実際にやり遂げて、初めてそこに思いつきが成功となる。
 
⑭ 仕事の上での思いつきはどこから生まれてくるかー

それは熱意である。ただに一つ、熟心からくるー思いつきはむしろ小さいところから始めるがよい。大きすぎて実行
のできないようなものをねらってはいけない。成功者のすべては、小さな思いつきを馬鹿にしなかった人々である。

 
⑮ 『ギブ・アンド・テイク』は人間社会の鉄則である

ギブ・アンド・ギブでは物事は永続しがたいし・テイク・アンド・テイクではあまりにもムシが
よすぎる。これは必ずしも物質上の問題だけではなく、物外のギブ、たとえば努力、考案、研究、発明、修業についてもいえる
。実
業の精神はまず、この簡単な理念をあらゆる面でおしすすめて行くものである。世の中の万事万物は、それに相当す
る報酬なくしては得られない。
 

 自分の仕事も満足に出来ないのに月給が安いだの、昇給がおそいだの文句をいう。サービスをおしんで商売繁盛しないのを
をなげ  のも、みなこの精神「ギブ・アンド・テイク
」の欠けたナマケものの泣き言である。
まず自分から何物かを与える。そうすれば世の中は必ず何物かを返してくれる。
 
 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日中北朝鮮150年戦争史(45)『来年(2017)はアジア大乱、日米中の衝突はあるか」●『120年前の日清戦争の真相ー張り子トラの中国軍の虚像を暴露』(中)『日清戦争は偶発的な豊島沖海戦から始まった。』●『「高陞号」を撃沈した『浪速』艦長は東郷平八郎大佐であった  』●『「東郷平八郎の撃沈は正当」―ロンドン・タイムスの一声に鎮まる』

日中北朝鮮150年戦争史(45)   宮古沖で日本を挑発する中国の狙い …

no image
日露300年戦争(4)『露寇(ろこう)事件とは何か』★『ロシア皇帝・アレクサンドル一世の国書を持って、通商を求めてきた第2次遣日使節・ラスクマンに対しての幕府の冷淡な拒絶が報復攻撃に発展した』

   1783年(天明3)、日本の船頭・大黒屋光太夫https://ja.wik

no image
日本リーダーパワー史(265)『シンドラーを超えて6千人のユダヤ人にビザを発行した外交官・杉原千畝』(白石仁章氏の講演)

日本リーダーパワー史(265)   世界が尊敬した日本人   …

no image
世界が尊敬した日本人(87)究極の個人サービス「クロネコヤマト」宅急便を創設 した小倉昌男(80) 

 世界が尊敬した日本人(87)      究極の個人サービス …

no image
日本リーダーパワー史(363)明石元二郎ー「日本版国家安全保障会議(NSC)」の創設に明石の<インテリジェンス>を学べ。

      &nbs …

no image
1940年(昭和15)、津田左右吉著の『神代史の研究』『古事記及び日本書紀の研究』 など4著書を発禁処分にし、津田を出版法違反(安寧秩序紊乱) で起訴された『出版暗黒時代」②

昭和戦前期に『言論の自由」「出版の自由」はあったのか→ 答えは「NO!」ーー19 …

111111111
歴史秘話「上野の西郷さんの銅像はこうして作った」「西郷さんと愛犬」の真相ー彫刻家・高村光雲が語る。

「上野の西郷さんの銅像はこうして作った」-彫刻家・高村光雲が語る。  銅像「西郷 …

no image
ジョーク日本史(6)西郷隆盛の弟・西郷従道②ー兄以上の超大物 で 『バカなのか、利口なのか』『なんでもござれ大臣」の面白エピソード、機智、ユーモア

  ジョーク日本史(6) 西郷隆盛の弟・西郷従道は兄以上の超大物 『バ …

images (1).jpg11
★『米朝核戦争勃発を防げ!、今こそふりかえれる日本史上/最強の勝海舟のリーダーパワー史(879)ー『英雄・偉人・大バカ・軍人・凡人・みな屁なチョコよ』<「ナアニ、明治維新の事は、おれと西郷とでやったのさ!』

 日本史上/最強の日本リーダーパワー史(879)   日本リーダーパワー史(15 …

no image
日本リーダーパワー史(30)インドに立つ碑・佐々井秀嶺師と山際素男先生 <増田政巳(編集者)>

日本リーダーパワー史(30)   インドに立つ碑・佐々井秀嶺師と山際素 …