前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本経営巨人伝⑯藤原銀次郎の教え『「王子製紙」を再建して「製紙王」となった藤原銀次郎の成功するための15ヵ条』

      2015/01/01


日本経営巨人伝藤原銀次郎の教え
 
 
「聞きしにまさるボロ会社だった王子製紙」を再建
して「製紙王」となった藤原銀次郎の経営哲学
―愉快に働き、成功するための15ヵ条―

 
 
前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
 
製紙王と呼ばれた王子製紙創業者・藤原銀次郎1869-1960、90歳) 
 
藤原銀次郎は赤字会社に転落し、行きづまっていた王子製紙の経営を預かり、世界的な大会社に作り上げ、「日本の製紙王」とよばれた。長野県出身。十七歳で慶応義塾に進み、松江日報の主筆、社長となり1895年(明治28)に改革中の三井物産に転じ、木材部長としてパルプ事業の開発に着手。

 
191年(同44)、専務に就任した。人材を抜擢して外人技師も活用して陣容を立て直し、
ボロ工場を切り捨て、優秀な機械技術は苫小牧と王子工場に集中させた。
 
こうして大正三年、樺太にパルプ工場を建設し、製紙とパルプの事業体制を築き、
同九年社長となった。富士製紙を率いるライバル大川平三郎と競争し、昭和8年、
吸収合併して製紙界を制覇した。
 
1939年(昭和14)に藤原工業大学(現慶大工学部)を設立した。戦時中、
政界にかつぎだされた商工、国務、軍需相になったため戦犯容疑に問われたが、
すぐに解除された。昭和三四年、藤原科学財団を設立、余生は造林に捧げ、九〇歳の長寿を全うした。

その藤原の仕事術が十ヵ条である。

 
 
 
愉快に働き、成功するための15ヵ条
 
① 仕事を自分のものにせよー
自分のやっている仕事は、会社のものでもなければ重役、部長のものでもない。あくまで自分のものである。また、自分のものにしなければ愉快になれないし、熱心にもなれない。したがって能率も上がらない。
 
② 仕事を自分の学問にせよー
どんな仕事をあてがわれても、決してこれを馬鹿にしてはならない。外見的にいかにつまらない仕事であっても、全体的、本質的にもつ意義は大きい。そこに生きた学問と勉強の道は発見される。
 
 
③ 仕事を自分の趣味にせよー
イヤイヤやっている仕事に、いい成績の上がったためしはない。愉快に働くことの第一は仕事に趣味を発見することだ。
 
④ 卒業証書はないものと思えー仕事の不平不満は概して大学出に多い。それも一流大学出に多い。学校は学校、仕事は仕事、会社へ入れば会社の幼稚園からやり始めなければものにならない。
 
 
⑤ 月給の額を忘れよー愉快に働くためには、まず月給を忘れよ。月給を忘れて仕事を忘れるな。報酬は必ずその働きを追いかけるものだ。
 
⑥ 仕事に使われて、人に使われるなー
人には往々、嘘は言えるが、仕事には決してごまかしはきかない。正直に働く者には正直にその効果を示す。
 
⑦ 時々、必ず大息を抜けー
いかに活動的な人でも、いつも根をつめて働き続けるわけにはいかない。だから、いつまでも働き続けようとするなら、適度に仕事の大息を抜かねばならぬ。それがまた、実際にはより一倍の能率を上げる。
 
⑧ 先輩の言行に学べ
先輩は先輩としてだけに、どこか後輩の及び難い美点長所を持ち合わせているものだ。とくに、経験と思慮を必要とする仕事にそれが多い。
 
⑨ 新しい発明、発見に努めよー

どんな仕事にも改良の余地は残されている。一つの仕事に没頭すれば自然と発明、発見のチャシスがあり、それを目ざして努力すれば仕事は一層楽しくなる。
 
⑩ 仕事の報酬は仕事であるー

人間は無為にして、一生を過すことほどさびしいことはない。何もしないで時を過すほど苦痛はない。人間がある一つの仕事をやり、仕事を完成するほど愉快で楽しいことはない。仕事の最大の報酬は仕事それ自体である。
 
⑪ 世の中はせんじつめれば、「成功」競争であるー

世の中はこの人間の成功心でもっているようなものだ。人間それぞれ、大なり小なり、成功心があればこそ、個人生活も成り立ち会社事業もおこなわれ、産業経済も発展し、社会も日に新たに進歩するのである。この意味において、人間が成功を願望するは恥ずべきでなく、またいやしむべきでもない。

 
⑫ この道-筋を貫けー

若い学生やサラリーマンで、自分の一生をどうしたらいいか、金ができるだろうか、どうしたら成功するだろうか、
その秘訣を聞きに来る。まず第一は、何よりも信用だ。
何事も信用というものが先に立つ。ご承知のように、華僑というものは、どこの国の人間よりl番信用がある。商売にはど
うしてもその信用が必要だ。それはどういうわけかというと、政治が乱れてくると、政府に信用がおけなくなる。そういう
ときには人を信用するはかない。

 
⑬ 新しいアイディアは大切だがそれを実行することは、さらに大切であるー
新しい思いつきも実行にうつし、実際にやり遂げて、初めてそこに思いつきが成功となる。
 
⑭ 仕事の上での思いつきはどこから生まれてくるかー

それは熱意である。ただに一つ、熟心からくるー思いつきはむしろ小さいところから始めるがよい。大きすぎて実行
のできないようなものをねらってはいけない。成功者のすべては、小さな思いつきを馬鹿にしなかった人々である。

 
⑮ 『ギブ・アンド・テイク』は人間社会の鉄則である

ギブ・アンド・ギブでは物事は永続しがたいし・テイク・アンド・テイクではあまりにもムシが
よすぎる。これは必ずしも物質上の問題だけではなく、物外のギブ、たとえば努力、考案、研究、発明、修業についてもいえる
。実
業の精神はまず、この簡単な理念をあらゆる面でおしすすめて行くものである。世の中の万事万物は、それに相当す
る報酬なくしては得られない。
 

 自分の仕事も満足に出来ないのに月給が安いだの、昇給がおそいだの文句をいう。サービスをおしんで商売繁盛しないのを
をなげ  のも、みなこの精神「ギブ・アンド・テイク
」の欠けたナマケものの泣き言である。
まず自分から何物かを与える。そうすれば世の中は必ず何物かを返してくれる。
 
 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
日中近代史の復習問題/記事再録/日本リーダーパワー史(423)ー『現在進行中の米中貿易協議、米朝首脳会談』の先駆的ケーススタディ―」★『日中異文化摩擦―中国皇帝の謁見に「三跪九叩頭の礼」を求めて各国と対立』★『困難な日中外交を最初に切り開いた副島種臣外務卿(外相)の外交力』★『英「タイムズ」は「日中の異文化対応」を比較し、中国の排他性に対して維新後の日本の革新性とその発展を高く評価した』

日本リーダーパワー史(423)2015/01/01『各国新聞からみた東アジア日中 …

日本リーダーパワー史(724)ー『歴代宰相の器比べ』元老・山県有朋はC級宰相①「日本陸軍のCEO」と同時に派閥を作って老害ボスで君臨、政治指導をそっちのけで、趣味の庭づくりに狂熱を傾け,『椿山荘」,「無隣庵」「古希庵」など生涯、9カ所の大別荘、大庭園を造った。①

日本リーダーパワー史(724) 山県有朋天保9年~大正11年 (1838~192 …

no image
日本リーダーパワー史(803)ー『明治裏面史』★ 『「日清、日露戦争に勝利』した明治人のリーダーパワー、 リスク管理 、インテリジェンス⑲『日露戦争開戦6ヵ月前』★『6ヵ条の日露協定書を提出、露都か、東京か、の交渉開催地でもめる』

   日本リーダーパワー史(803)ー『明治裏面史』★ 『「日清、日露戦争に勝利 …

●『三井三池炭鉱炭塵爆発から60年』敗れざる者の豊かさ──「三池」を抱きしめた「半未亡人」たち」ジャーナリスト 池田 知隆著<『現代の理論36号』(23年11月刊)>

戦後最悪の炭鉱事故・労災事故とされる三井三池炭鉱の炭塵爆発。死者458名、一酸化 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(3)記事再録/日本国難史にみる『戦略思考の欠落』③「高杉晋作のインテリジェンスがなければ、明治維新も起きず、日本は中国、朝鮮の二の舞になっていたかも知れない」

     2015/11/22&nbsp …

no image
『リーダーシップの世界日本近現代史』(286)/★『高杉晋作のインテリジェンス突破力②』●『上海租界地には「犬と中国人は入るべからず」の看板。ここは植民地である』★『内乱を抑えるために、外国の経済的、軍事的援助を受けることは国を滅ぼす』★『大砲を搭載した蒸気軍艦を藩に無断で7万両で購入幕府軍を倒すことに成功した、倒幕の第一歩!』

    2017/11/16 /「戦略思想不在の歴 …

『Z世代のための昭和史の謎解き』『憲法第9条と昭和天皇』ー<憲法9条(戦争・戦力放棄)の最初の発案者は一体誰なのか>「マッカーサーによって押し付けられたものだ」、「GHQだ」「いや,幣原喜重郎首相だ」「昭和天皇によるもの」―と最初の発案者をめぐっても長年論争が続き、決着はいまだついていない。

2019/09/17  『リーダーシップの日本近現代史』(3 …

『オンライン講座・日本戦争外交史①』★『決裂寸前だった日露戦争・ポーツマス講和会議①―戦争で勝って外交で敗れた日本』★『ロシア外交に赤子の手をひねられるようにやられた』

  前坂 俊之・静岡県立大学国際関係学部教授 <山川書店MOOK『坂の …

『オンライン講座・習近平中国の研究②』★『強中国夢』③(中華思想単独覇権主義)をめざす習近平共産党政権はー孫文の「覇道」「王道」 の認識を間違えており、習近平も 同じ誤りの道を暴走している。<孫文「大アジア主義」の演説全文を再録>③『 100年前に孫文は『今後日本が世界の文化に対して、西洋覇道の犬となるか、あるいは東洋王道の干城となるかは、日本国民の慎重に考慮すべき」と警告した。』

   2016/07/31日本リーダーパワー史(722) ★ …

no image
日本リーダーパワー史⑬ 100年前、地球環境破壊と戦った公害反対の先駆者・田中正造

日本リーダーパワー史⑬ 100年前、地球環境破壊と戦った公害反対の先駆者・田中正 …