前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(361)国難突破の日本史最強のリーダーシップー山本権兵衛『海軍建設経営CEO」の決断力①』

   

日本リーダーパワー史(361
 
       <国難突破の日本史最強のリーダーシップ
<山本権兵衛『海軍建設経営CEO」の決断力①
 
 
 前坂 俊之(ジャーナリスト)
 
● 山本権兵衛が『日本海軍建設の父』
 
海軍大記者の伊藤正徳は「日本海軍は山本権兵衛がつくった、という説に反対する人はないであろう。

日清戦争も、日露戦争も、五十%とまでは山本の力で勝ったといっても、過言ではない。大海軍を語る前提は、いかに省略しても、数項目を彼の政治力と統制力と、豪胆と精智とがうんだ事実にふれないわけにはいかない」と高く評価している。
山本の人材抜擢の慧眼によって、日本は興ったといって過言ではない。

 
予備役編入寸前の東郷平八郎を救い、また日露戦争の直前に大抜擢したことである。
 
東郷元帥といえば、山本権兵衛、加藤友三郎とともに、日本海軍の三祖と呼んで何人も異議のない提督であるが、明治21年から26年にわたって健康すぐれず、大佐でクビの予定だった。

すなわち、明治26年11月の予備役編入のリストには、末尾に東郷平八郎の名がのっていた。これは「こんにゃく版」と通称された整理供補の名簿で、凡才や病身者は大佐どまりなのである。大佐で整理するには、とくに海軍大臣の承認を得る必要上、リストをつくって提出する習慣であった。そのとき、整理される十六人の末尾に東郷平八郎もいたわけだ。

 
 当時の海相は陸相でも海相でもなんでもござれの大度量の西郷従道で、部下の海軍主事(高級副官)だった山本権兵衛を呼び、二人でリストを検討し、赤鉛筆で順々に○印をつけていった。
 
 
◎東郷平八郎を連合艦隊司令長官に一躍大抜擢
 
最後に東郷のところへくると、山本が、「この男はもう少し様子を見ましよう」とすすめた。西郷は「よかろう、どこかはめておくところはないか」と人事局長にたずねた。

局長が考えていると、山本が、あたかも任命するような口ぶりで、「横須賀につないである『浪速』へでも乗せておこう」といった。同艦は当時、予備艦としてつながれていた。東郷は、その艦長の辞令をもらって、首をつないだのであった。

 
 翌年、日清戦争になると、「浪速」は第一遊撃隊の前線に編入されて出陣し、たちまち、豊島沖の高陞号事件」を起こして、一躍その名を天下に知らしめたという訳である。
 
しかし、その後は鳴かず飛ばずで、日清戦争の論功行賞には男爵の恩典にもあずかれなかった。一度は、待命の名簿に書き出されたのを、山本海相が「なにか使い道がある」と思ってにぎりつぶしたのだが、舞鶴鎮守府司令長官でとまりだろうとは、みんな考えたことだった。

それが千載一遇の日露戦争を前にして、連合艦隊司令長官に一躍大抜擢されたので海軍では驚かぬ者がなかった。

「いずれ二番ダマの戦死要員としてだろう。

今度の戦争では、司令長官の替えを三、四人もつくっているということだから」という受け止められ方だった。

 東郷平八郎は、しょっちゅう風邪をひいて、水ばなをたらす不景気な海将だったので、いよいよそれが適合艦隊司令長官として、旗艦「三笠」に乗りこんできた時は、「これが自分たちの親分か」と、少壮将校連はみな、心細い思いをしたものだったと、のちに語っている。
(木村毅『明治天皇』文芸春秋社、昭和42年)
 
 日本がロシアの満州への居座りと朝鮮への侵攻に対して、ついに、勘忍袋の緒が切って、いよいよ戦う以外に策はないということを覚悟したのはー九〇三年十月。

戦争開始は一九〇四年二月でいよいよ戦いは避けられないと判断した時、山本海相は一九〇二年秋以来最も有能な海将であった常備艦隊司令長官・日高壮之丞中将を更迭して、舞鶴鎮守府司令長官だった東郷平八郎中将をその後に大抜擢した。

日高壮之丞は1902年10月に司令長官になってから未だ一年、当然まだ一年の任期が残っている。艦隊長官としての技量は、部下が敬服していた。つまり立派な海将で、しかも兵学校では山本氏と同期だった。その人をなぜ動かしたのか。彼はそれを日本人には話さなかった、という。 

 
 東郷平八郎は、山本権兵衛海相から、連合艦隊司令長官に就任の内諾をもとめられた時、
 
「おいどんが、そぎゃあな晴れの役についたら、故障いう者とわすまいか」と遠慮した。しかし海軍の大長老井上良馨大将、

伊東祐亨大将(日清戦争の連合艦隊司令長酔)にも話し、すべて内諾を得てあるのだと話してきかせると、「みんなが、おいどんでええちゅうなら、やってもようどわす」と言って、やっと引き受けたという。(木村毅『明治天皇』文芸春秋社、昭和42年)

 
その東郷はふたを開けると、日本海海戦でパーフェクトゲームを達成した。
 
明治天皇から東郷の抜擢について理由を聞かれると、「東郷は運のいいやつですから」と答えたいわれる。
山本はこの人事については機微に触れる問題なので日本人には話さなかった、とも次の文章に紹介されている。
 
『日露戦争が終った翌々年、すでに海軍大臣の職を退いて軍事参議官に補せられていた山本氏は、英国に派遣された際
にフィッシャー元帥に会いました。その場で元帥が最初に発した質問は、あの大事な時になぜアドミラル日高を更迭したのか、
ということだった。
 これに対する山本大将は英語ではじめて、次のように明らかにしたといわれる。
 
Togo is a little Better than Hitaka」(東郷は日高よりちょっと少しばかりいい」)といったのです。
この「a little」は非常に意味深長。ちょっとというのは何か。日本海々戦を戦ったあの武勲赫々たる偉大な東郷大将が
「ちょっとばかり」いいとは一体何であろうか。
 
(島田謹二『東郷平八郎の、どこが本当に偉いのか」(『東郷』東郷神社創建50年記念特集号、平成2年5月刊)
 
                       (つづく)
 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
戦場カメラマン・一ノ瀬泰造の実像に迫る

1 卒業研究       『戦場カメラマン・一ノ瀬泰造の実像に迫る』   200 …

no image
日本の「戦略思想不在の歴史」⑶日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか③『現在の北朝鮮問題と同じケース、一国平和主義に閉じこもっていた鎌倉日本に対して世界大帝国『元』から朝貢(属国化)に来なければ武力攻撃して、日本を滅ぼすと恫喝してきた!、国難迫る!』

日本の「戦略思想不在の歴史」⑶ 日本で最初の対外戦争「元寇の役」の内幕 第4回目 …

no image
世界が尊敬した日本人ー『エ・コールド・パリ』・パリ画壇の寵児となった『世界のフジタ』藤田嗣治 

世界が尊敬した日本人   『エ・コールド・パリ』・パリ画壇の寵児となっ …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(30)『ノース・チャイナ・ヘラルド』(1886(明治19)年9月10日) 『壬午事変・甲申事変と軍拡―朝鮮の中国代表・袁世凱の政治介入の横暴』

日中北朝鮮150年戦争史(30)   『ノース・チャイナ・ヘラルド』( …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(124)/記事再録★『終戦・敗戦で自決した軍人は一体何人いたのかーガラパゴス日本『死に至る病』★『東京裁判ではA級戦犯の死刑はわずか7人、BC級裁判では何と937人にものぼり、下のものに圧倒的に重罰の裁判となり、「復讐の裁判」との批判を浴びた』★『『日本軍人と降伏』【徳富蘇峰)』★『『戦陣訓』で、捕虜になるより自決を強制した東条英機の自殺失敗のお粗末、無責任』

    2015/03/22 &nbsp …

no image
日中韓異文化理解の歴史学(7)(まとめ記事再録)『日中韓150年戦争史連載81回中、71-81回終)★『『ニューヨーク・タイムズ』仰天論評(日清戦争未来図ー 日本が世界を征服してもらえば良くなる』●『文明化した聡明な日本が世界征服すれば、中国は野蛮なタタール人に征服され続けているよりは、より早く近代化する。 現在ヨーロッパ各国政府の悪政という重荷と各国間の憎悪と不信感という重荷を背負わされている一般民衆は.日本人を解放者と思うようになり,天皇の臣民の中でも最も忠実な臣民となるだろう』

  「日中韓150年戦争史」(71)『ニューヨーク・タイムズ』仰天論評(日清戦争 …

no image
日本リーダーパワー史(629)日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(22) 『川上操六は日清戦争は避けがたいと予測、荒尾精の日清貿易研究所を設立しで情報部員を多数養成して開戦に備えた』。

 日本リーダーパワー史(629)  日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(22) …

no image
日本リーダーパワー史(81)辛亥革命百年(17)孫文と宮崎 滔天の出会いの瞬間<「三十三の夢」より>

日本リーダーパワー史(81) 辛亥革命百年(17)孫文と宮崎 滔天の出会いの瞬間 …

no image
知的巨人の百歳学(132)-『石油王・出光佐三(95)の国難突破力/最強のリーダーシップ/晩年長寿力』②『日章丸事件で石油メジャーに逆転勝利した最強のリーダーシップ』

  2018月1日記事再録/日本リーダーパワー史(180)   <国難 …

no image
★人気動画再録/日本の最先端技術『見える化』チャンネル-「海上大型風力発電こそ原発、火力発電に替わるの日本の再生エネルギのフロンティア』★『日立造船の「バージ型基礎構造物による次世代浮体式洋上風力発電システムー国家戦略で取り組め」

    2019/03/16 &nbsp …