前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(493)『長期化する日中韓の対立を 百年前の『アジア諸民族の解放の父』-『犬養木堂伝』を 読んで考える」

   

  

    日本リーダーパワー史(493

 

政治家・外交官・防衛省関係者必読の・・


長期化する日中韓の対立、話し合いのきっかけを

百年前の<日本アジア関係史>の歴史から学ぶー

アジア諸民族の解放の父』-『犬養木堂伝』(中巻100)
読んで、考えよう」

http://book.maesaka-toshiyuki.com/book/detail?book_id=83

 

 

 

http://book.maesaka-toshiyuki.com/book/detail?book_id=83


前坂俊之(ジャーナリスト)

 

 

 アジア解放の父ー『犬養木堂伝』(中巻)約100

 

http://book.maesaka-toshiyuki.com/book/detail?book_id=83

著者:木堂先生伝記刊行会編(鷲尾義直著) | 発行年月:193801

28章の「東亜関係(上)」(707767P)と「東亜関係(下)」(771817P)を収録。「東亜関係(上)」では対中国の孫文との
関係、康有為らの革命派の応援、辛亥革命までのいきさつ、革命成功後の訪中などについても詳述。「東亜関係(下)」では、
朝鮮の金玉均ら朝鮮独立党の志士たちとの交友、フィリピン独立運動、布引丸事件、べトナムの独立運動の志士たち、
インド独立運動で日本に亡命してきたラス・ビハリ・ボースの支援活動、中央アジアのイスラム諸国の独立運動の支援にも
触れている。
明治以降の日本の政治家の中では、最大のアジア諸民族の独立運動家の亡命を助け、全面的に
支援した唯一の政治家である。

 

http://book.maesaka-toshiyuki.com/book/detail?book_id=83

 

 

●「日本リーダーパワー史(488)アジアが世界の中心となる今こそ100年前の
大アジア主義者・犬養毅(木堂)から学ぼう

http://maesaka-toshiyuki.com/person/detail/2513

 

 

 

●<犬養毅について前坂俊之が書いた記事30

http://maesaka-toshiyuki.com/tag/209

 

https://www.google.co.jp/search?q=前坂俊之 犬養毅&oq=

前坂俊之 犬養毅&aqs=chrome..69i57.25162j0j8&sourceid

=chrome&es_sm=93&ie=UTF-8#q=%E5%89%

8D%E5%9D%82%E4%BF%8A%E4%

 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(193)記事再録/<クイズ>-今から160年前の1860年(万延元年)2月、日米通商条約を米ホワイトハウスで批准するため咸臨丸とともに米軍艦の蒸気船『ボーハタン号』で太平洋を渡たり、全米の女性から最もモテたイケメン・ファースト・サムライはだれでしょうか?!

    全米女性からラブレターが殺到したファースト・サムライ …

no image
明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑦』-服部宇之吉著『北京龍城日記』(大正15年)より③」★『中華思想対西欧キリスト教思想の文明の衝突』★『自由、平等、人権、博愛精神の西欧思想が中国人には全く理解できずパーセプションギャップ(認識ギャップ)、コミュニケーションギャップが疑惑を増幅し戦争になった』

  明治150年歴史の再検証『世界史を変えた北清事変⑦』 支那(中国)人の脳中に …

no image
(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★『ガラパゴス国家・日本敗戦史➀』150回連載の1回~15回まで』★『近衛文麿、東條英機の手先をつとめたのは誰か』●『「近衛内閣、東條内閣はどうして日米開戦に突入したか」』★『野田に決まった民主党総裁選の無惨、じり貧』★『(リーダーシップの欠如で2度あることは3度ある。 日本人の 精神的な構造欠陥!」』●『「 ロジスティックで敗れた太平洋戦争」『1千兆円の債務を抱いて10年後の展望は?」』●『大東亜戦争下の毎日新聞の言論抵抗・竹ヤリ事件の真相③ ―東條首相は「毎日」の廃刊を命令』

(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』★ 『ガラパゴス国家・日本敗戦史➀』150 …

no image
戦場カメラマン・一ノ瀬泰造の実像に迫る

1 卒業研究       『戦場カメラマン・一ノ瀬泰造の実像に迫る』   200 …

no image
『西郷どんの追っかけぶらり旅』(3/10)明治10年(1877)西南戦争・田原坂を見に行くー日本最大の内戦で官軍、薩軍1万4千戦死

     『西郷どんの追っかけぶらり旅』 …

no image
日本リーダーパワー史(829)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )①』★『日露開戦を決めた御前会議の夜、伊藤は金子に『ルーズベルト工作」を命令』●『伊藤の懇願を金子は拒否、日露戦争に勝てる見込みはないーと伊藤』★『金子サムライ外交官は『スピーチ、リベート決戦」に単身、渡米す。』

日本リーダーパワー史(829)(人気記事再録)『明治維新150年』★ 2011年 …

ダウンロード-1-150x150
人気リクエスト記事再録-『日中韓の3国関係が北朝鮮の「ならず者国家」に翻弄され変則的に揺れ動いている』★『130年前の日清戦争勃発前の三国関係と同じ。福沢諭吉の『脱亜論」の理由、中華思想、小中華と日本主義の対立が現在まで延々と続く』

人気リクエスト記事再録 日中韓の3国関係が北朝鮮の「ならず者国家」に翻弄され変則 …

ダウンロード
百歳生涯現役入門(179)-『晩年の達人/渋沢栄一(91歳)④』★『不断の活動が必要で、計画を立て60から90まで活動する』●『煩悶、苦悩すべて快活に愉快に、これが私の秘訣です。』★『90歳から屈身運動(スクワット)をはじめ、1日3時間以上読書を続けていた』

                         百歳生涯現役入門(179)- …

no image
日本リーダーパワー史(759)-『名門「東芝」の150年歴史は「名門」から「迷門」「瞑門」へ」●『墓銘碑』経営の鬼・土光敏夫の経営行動指針100語を読む①』★『『日本老舗大企業にとって明日は我が身の教訓、戒語です』

日本リーダーパワー史(759)   名門「東芝」の150年歴史は「名門」から「迷 …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(67)記事再録/ 日本の「戦略思想不在の歴史」⑵-日本で最初の対外戦争「元寇の役」はなぜ起きたか②『「モンゴル帝国は計6回も日本に使者を送り、外交、貿易、 属国化を迫ってきた』『日本を攻めようにも風涛艱険で、 モンゴル軍が安全に進攻できるところではない』

 2017年11月14日 /日本の「戦略思想不在の歴史」⑵ …