前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

日本リーダーパワー史(493)『長期化する日中韓の対立を 百年前の『アジア諸民族の解放の父』-『犬養木堂伝』を 読んで考える」

   

  

    日本リーダーパワー史(493

 

政治家・外交官・防衛省関係者必読の・・


長期化する日中韓の対立、話し合いのきっかけを

百年前の<日本アジア関係史>の歴史から学ぶー

アジア諸民族の解放の父』-『犬養木堂伝』(中巻100)
読んで、考えよう」

http://book.maesaka-toshiyuki.com/book/detail?book_id=83

 

 

 

http://book.maesaka-toshiyuki.com/book/detail?book_id=83


前坂俊之(ジャーナリスト)

 

 

 アジア解放の父ー『犬養木堂伝』(中巻)約100

 

http://book.maesaka-toshiyuki.com/book/detail?book_id=83

著者:木堂先生伝記刊行会編(鷲尾義直著) | 発行年月:193801

28章の「東亜関係(上)」(707767P)と「東亜関係(下)」(771817P)を収録。「東亜関係(上)」では対中国の孫文との
関係、康有為らの革命派の応援、辛亥革命までのいきさつ、革命成功後の訪中などについても詳述。「東亜関係(下)」では、
朝鮮の金玉均ら朝鮮独立党の志士たちとの交友、フィリピン独立運動、布引丸事件、べトナムの独立運動の志士たち、
インド独立運動で日本に亡命してきたラス・ビハリ・ボースの支援活動、中央アジアのイスラム諸国の独立運動の支援にも
触れている。
明治以降の日本の政治家の中では、最大のアジア諸民族の独立運動家の亡命を助け、全面的に
支援した唯一の政治家である。

 

http://book.maesaka-toshiyuki.com/book/detail?book_id=83

 

 

●「日本リーダーパワー史(488)アジアが世界の中心となる今こそ100年前の
大アジア主義者・犬養毅(木堂)から学ぼう

http://maesaka-toshiyuki.com/person/detail/2513

 

 

 

●<犬養毅について前坂俊之が書いた記事30

http://maesaka-toshiyuki.com/tag/209

 

https://www.google.co.jp/search?q=前坂俊之 犬養毅&oq=

前坂俊之 犬養毅&aqs=chrome..69i57.25162j0j8&sourceid

=chrome&es_sm=93&ie=UTF-8#q=%E5%89%

8D%E5%9D%82%E4%BF%8A%E4%

 

 - 人物研究 , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(527)『有言不実行』の安倍首相よりも 「有言実行」「断固行動派の橋下氏のほうが数段と上↑」①

  日本リーダーパワー史(527)   安倍首相と …

no image
★(まとめ記事再録)『現代史の重要復習問題』日本敗戦史(41)『太平洋戦争の引き金を引いた山本五十六のインテリジェンス』★『日本敗戦史(43)「終戦」という名の『無条件降伏(全面敗戦)』の内幕—<ガラパゴス日本の『死に至る病』①』

★(まとめ記事再録)『現代史の復習問題』 ★『ガラパゴス国家・日本敗戦史④』 & …

no image
『野口恒の震災ウオッチ②』東日本大震災の復興策にも生きる「浜口梧陵」の業績ーー復興策の生きた教材-

『野口恒の震災ウオッチ②』   東日本大震災の復興策にも生きる「浜口梧 …

129246449954a54ba5f37b33.01512058570020656
百歳学入門(189)『大隈重信(83歳)の人生訓・健康法』➀語学の天才になる。②コミュニケーションの達人になる③楽天的、陽気な、話好きになり「大風呂敷を広げる』④『わが輩は125歳まで生きるんであ~る』⑤『人間は死ぬるまで活動しなければならないんであ~る』⑥『恐れるな、愚痴をいうな、過去を忘れよ』⑦『将来に望みをおけ、人のために善をなせ』

百歳学入門(189) 『早稲田大学創設者・大隈重信の人生訓― ➀語学の天才になる …

no image
日本リーダーパワー史(148)『(資料)明治・大正の政治はどのような実態だったかー長州閥を打倒せよ』(永井柳太郎)

日本リーダーパワー史(148) 『明治・大正の政治はどのような実態だったのか』( …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(8)『陸奥外交について『強引、恫喝』『帝国主義的外交、植民地外交』として一部の歴史家からの批判があるが、現在の一国平和主義、『話し合い・仲よし外交』中心から判断すると歴史を誤る。

日中北朝鮮150年戦争史(8)  日清戦争の発端ー陸奥宗光の『蹇々録』で読む。 …

no image
◎「世界が尊敬した日本人―「司法の正義と人権擁護に 生涯をかけた正木ひろし弁護士をしのんで②」

   ◎「世界が尊敬した日本人―「司法の正義と人権擁護に 生 …

ダウンロード
日本リーダーパワー史(651) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(44)日清戦争を外国はどう見ていたのか、『本多静六 (ドイツ留学)、ラクーザお玉(イタリア在住)の証言ー留学生たちは、世界に沙たる大日本帝国の、吹けばとぶような軽さを、じかに肌で感じた。

日本リーダーパワー史(651) 日本国難史にみる『戦略思考の欠落』(44)   …

no image
日本リーダーパワー史(41) 『坂の上の雲』・軍神・東郷平八郎の功罪① 日本を興してつぶしてしまった

日本リーダーパワー史(41) 『歴史的にみた日本の国家破産の要因―軍人・官僚・政 …

no image
<日本風狂伝②昭和文壇の奇人ベストワンは永井荷風だよ>

                   2009,6,10 日本風狂人伝②昭和文壇 …