前坂俊之オフィシャルウェブサイト

地球の中の日本、世界史の中の日本人を考える

*

片野勧の衝撃レポート(32)太平洋戦争とフクシマ⑤悲劇はなぜ繰り返されるのか▶ヒロシマ・ナガサキからフクシマへ」❺

   

   片野勧の衝撃レポート(32

 

 太平洋戦争とフクシマ⑤

≪悲劇はなぜ繰り返されるのかー

★「ヒロシマ・ナガサキからフクシマへ」❺

 

 

 

片野勧(ジャーナリスト)

 

福島から江東区の東雲住宅に避難

 

福島第1原発の事故で福島県から県外に避難した人は6万2736人(復興庁調べ、2012年4月5日現在)。うち3割は東京周辺の1都3県。東京都江東区の国家公務員宿舎・東雲(しののめ)住宅では、全国で最も多い約1200人が慣れない生活を送っている。

 

その公務員宿舎を訪ねたのは2012年3月13日。1年が過ぎていた。個人情報保護法で個人的には中に入れないので、東京都の建設課を通して取材を申し込んだ。

浪江町加倉下から避難してきた豊島力さん(76)は息子さんと暮らす。福島第1原発から12キロ圏内。彼に話を聞いた。

 

――福島第1原発が水素爆発してすぐ避難したのですか。

「そうだ。避難先は浪江町津島のJA津島支店の会議室。ところが、津島は放射線量が最も高いところと知ってびっくりした。俺もきっと内部被曝しているかもしれない」

 

――いつ、江東区の高層住宅に来たのですか。

 

「震災から約1カ月後の2011年4月19日だ。浪江では田んぼと畑をやっていたけども、それもできないのが悔しい。米や野菜を兄弟に送っていたけども、それも送れない」

――戦争体験はありますか。

「小学4年だったから、記憶にない。ただ、満州から引き揚げてきて、浪江に開拓団として入ってきた人は多くいた。でも、その開拓地も放射能でダメになっちまった。これが俺として一番、情けない。涙が出てくるよ」

三澤宏造さん(70)は南相馬市小高区から避難。居酒屋を営んでいた。彼にも話を聞いた。

 

――戦争体験は?

 

「当時、3歳だったけれども、子供心に覚えています。原町にも飛行場があって、そこへ艦載機が爆撃をしてきました。防空壕の中へ逃げましたよ」

――南相馬市は20キロ圏内ですか。

「うちは16キロぐらいかな。すぐに避難ですよ。避難したあと一度、店に戻ったが、グチャグチャ。足の踏み場もない状態。片付けもしないでそのまま避難したから、冷蔵庫の中は腐った匂いでいっぱい。電気を落としているから、ものすごい匂いですよ」

 

東電の悪口ばかり言うのもおかしい

 

――政府や東電にどんな思いをお持ちですか。

 

「東電、東電というけど、やっぱし政府だな、悪いのは。国策でつくったのだから。いつまで住めるかもわからない。法律では2年ぐらいしか住めないとか言って、規制が厳しい。それならば、原発に対する新しい法律をつくればいい。原発事故は初めてのことなんだから。自分の家があるのに、なぜ帰れないのか、悔しいよ」

――原子力はクリーンなエネルギーで絶対安全と言い続けてきた政府が、まず問題ですか。

 

「想定外とか言って東電ばかりを責めているけど、『絶対安全』と言ってきたのは自民党だ。たまたま民主党になって事故が起きたわけだから、与党とか野党とかは問題ではない。みんな一緒になってやってもらわないと困るんだよ

。何かあると東電が悪い。東電いじめばかり。もちろん、東電も悪いのだけども、町は原発で支えられてきた部分もある。原発があるおかげで働く場所もできて、雇用が生まれたということもあるよな。それで事故が起きると、掌を返したように東電の悪口ばかり言うのも問題だよ」

 

――原発事故は被害者であると同時に加害者でもあるわけですね。

「東電を認めてきたわけですからね。我々も反省しなければならないけれど、絶対安全だということに洗脳されてきた。まさか、こんな事故が起きるとは誰も想像していなかった。だから、確かに東電は悪いが、政府も自治体も悪い」

 

――ほかの原発についても同じことが言えそうですね。

「原発事故はたまたま東電で起こったが、どこでも地震が起き、津波が来れば、原発事故は起こり得る。今回と同じ規模の地震が来れば、福井県や新潟県で原発事故は起こる可能性はある。だから、国になんとかしてもらわないと困るのだよ」

三澤さんに対するインタビューは延々と続く。

 

――仕事もなく、どうして生活しているのですか。

「貯金を切り崩しているだけ。東電にはまだ請求していない。3回、請求してくださいと言ってきたけど、たかだか慰謝料一律10万円と、その決め方に問題があると思うから。慰謝料は個人差があってしかるべきなのに、一律10万円なんて納得できないよ」

 

三澤さんの場合、原発事故が起こってからの避難先は転々とした。地震当日は南相馬市小高区の中学校に一晩。次の日の午後、水素爆発が起こると、危ないから北へ逃げなさいといわれ、原町の石上第一小学校に3日間。屋内退避で外出は禁止だった。

 

さらに、そこも危ないということから廃校になっていた旧相馬女子校に3日間、避難生活を送る。三澤さんの奥さんは松葉杖をついていて、洋式トイレがないから、仮設トイレには入れない。皆、それぞれ生活スタイルも違い、千差万別。だから、慰謝料一律には納得できないのだという。国がある程度、基準を示してくれなければ……。

 

国家の嘘、国家の隠蔽

 

さらに国の対応についても怒りを込めて、こう語る。

 

「国はメルトダウンしているのを知っていながら、発表しなかった。相当危機的状況になっていたにもかかわらず、政府はお首にも出さないで、2011年11月に収束宣言を出すなんて、この国はおかしいよ」

 

国家の嘘。国家の隠蔽。私は三澤さんの話を聞いていて、沖縄の普天間移設問題を思い出した。「最低でも県外」「移設先の腹案がある」。だが、それは虚言だった。

「沖縄の人々にお詫び申し上げないといけない。すべてを県外に、というのはなかなか難しい」

 

2010年5月4日。当時の鳩山由紀夫首相は沖縄を訪問し、「国外、最低でも県外」という持論を撤回した。そして移設先は事実上、名護市の辺野古に戻ってしまったのである。

私は2年数カ月、沖縄に住んで、何度か辺野古の海辺で座り込みを続け、反対運動の先頭に立っている人たちを取材したことがある。彼らは異口同音に語っていた。

 

「辺野古を撤回させるまで、座り込みは絶対にやめない。沖縄にだけ負担を押し付けて、政府はいったい何を考えているのか」

この取材時はまだ自公政権で、民主党政権が誕生していないころだった。ところが、民主党に政権が移り、鳩山内閣が誕生すると、「最低でも県外」という甘い言葉を投げかけたのである。

もちろん、住民は鳩山首相を信じたに違いない。しかし、それはウソだったのだから県民の怒りは収まらない。那覇市に住んでいる友人・真栄里泰山さん(67)はこう伝えてきた。真栄里さんとは、かつて「空襲・戦災を記録する会」全国連絡会議でよく話し合った仲である。

 

「こんなウソで県民を騙すなんて、政治家として恥ずかしくないのかね」

これは3・11「東日本大震災」にもいえる。原発事故直後から重要な情報を隠蔽し、矮小化する。福島第1原発は次々と爆発しているのに、政府は「ただちに健康に影響はない」と繰り返した。この言葉は枝野幸男官房長官(当時)によって繰り返し使われ、「2011年新語・流行語大賞」にノミネートされた。

 

 

片野 勧

1943年、新潟県生まれ。フリージャーナリスト。主な著書に『マスコミ裁判―戦後編』『メディアは日本を救えるか―権力スキャンダルと報道の実態』『捏造報道 言論の犯罪』『戦後マスコミ裁判と名誉棄損』『日本の空襲』(第二巻、編著)。『明治お雇い外国人とその弟子たち』(新人物往来社)。

 

                               続く

 

 

 

 - 戦争報道 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
日本リーダーパワー史(889)-NHKの『西郷どん』への視点<自国の正しい歴史認識が なければ他国の歴史認識も間違う>●『今、日中韓の相互の歴史認識ギャップが広がる一方だが、明治維新、西郷隆盛、福沢諭吉への日本人の誤認識がそれに一層の拍車をかけている』

日本リーダーパワー史(889)- NHKの『西郷どん』―自国の正しい歴史認識が …

no image
再録『世田谷市民大学2015』(7/24)-『太平洋戦争と新聞報道』<日本はなぜ無謀な戦争を選んだのか、500年の世界戦争史の中で考える>③

『世田谷市民大学2015』(7/24)- 戦後70年夏の今を考える 『太平洋戦争 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(28)『「米国は旗色を鮮明にせよ」と元米国防総省日本部長 尖閣問題に米国はどう関与するのか(古森義久)」●『中国を弱体化させるには韓・露との関係改善が必要だ』●『海自とアメリカ第7艦隊の戦力分散を画策する中国 中国軍がこの時期に日本海で軍事演習を行った理由』●『日本から中国の我が家に帰宅、この寂しさは何だろう 李さん一家の「はじめての日本」~帰国後の振り返りの巻』●『ワシントンで「毛沢東」国際シンポジウム――日本軍と共謀した事実を追って』

  日中北朝鮮150年戦争史(28)   「米国は旗色を鮮明にせよ」と …

no image
 日本リーダーパワー史(831)(人気記事再録)『明治維新150年』★『日露戦争勝利の秘密、ルーズベルト米大統領をいかに説得したかー 金子堅太郎の最強のインテジェンス(intelligence )③』★『ル大統領だけでなく、ヘイ外務大臣、海軍大臣とも旧知の仲』●『外交の基本―真に頼るところのものはその国の親友である』★『●内乱寸前のロシア、挙国一致の日本が勝つ』

2011年12月18日<日本最強の外交官・金子堅太郎③> ―「坂の上の雲の真実」 …

no image

日本リーダーパワー史(68)   勝海舟の外交コミュニケーション術・至 …

no image
『リーダーシップの日本近現代興亡史』(215)ー『リーダー不在の人材倒産国・日本の悲劇①> 『明治の日本を興したリーダー』と『昭和の日本 を亡ぼしたダメリーダーたち』(上)★『 近衛文麿 、石原莞爾、松井石根 板垣征四郎、松岡洋右 、富永恭次、野村吉三郎 、永野修身』

  2011/12/30  日本リーダーパワー史( …

no image
『日米戦争の敗北を予言した反軍大佐/水野広徳の思想的大転換②』-『軍服を脱ぎ捨てて軍事評論家、ジャーナリストに転身、反戦・平和主義者となり軍国主義と闘った』

 日米戦争の敗北を予言した反軍大佐、ジャーナリスト・水野広徳② &nb …

no image
日本リーダーパワー史(297)原発事故から1年半-④原発報道は『戦争報道の教訓』を活かしー<本質報道>に徹せよ④

日本リーダーパワー史(297)   –3.11福島原発事故 …

no image
日中北朝鮮150年戦争史(20 )尖閣問題で一触即発!『尖閣事態、米国識者は日本の国家危機とみている』●『中国の脅威で必要性高まる改憲 アジア専門家が指摘 古森義久』●『「尖閣諸島」…中国の傍若無人ぶり強い姿勢で報道する』●『中国はなぜ尖閣で不可解な挑発行動をエスカレートさせるのか』●『米外交専門誌「尖閣で日中衝突なら中国が5日間で勝つ」』

   日中北朝鮮150年戦争史(20 ) 尖閣問題、中国の主張には2つの誤りがあ …

no image
『リーダーシップの日本近現代史』(93)記事再録/『日韓レーダー照射問題にみる『異文化コミュニケーションの難しさ―『感情的』か、『論理的』かーが文明度の分かれ目』★『外交バトルの底に日中韓ケンカ作法の違いが見える』

    2019/01/28 の記事再録 &nbs …